2002年の下半期占い。




2002年、えるぱーくでやったやつです。ご参考まで。


牡羊座
愛がテーマ。
今年前半、牡羊座は主にプライベートな面で、いろいろな摩擦や変動を体験したかもしれません。家族のこと、自分がいる場所のことで、もめたり争ったり移動したり、ゴタゴタしたのではないでしょうか。 それでも夏以降はだんだん楽しくなってきて、今は小康状態であるものの、なんだかイイ予感をお感じのはずです。
今年の後半、牡羊座はとっても魅力的です。愛すること愛されることに、とってもいい空気が流れ込んできます。恋人とはもちろん、仲間や子供、パートナーと、こころからめいっぱい楽しむことができるでしょう。対人関係全般が刺激され、多くの人に出会うことになります。建前や枠組みにとらわれず、一人の人間同士として、愛をもって接すると、多くの収穫が得られるでしょう。人のコミュニケーションパターンは時期によって変化しますが、そうやって変えながら、少しづつステップアップするもの。今年の後半は、そういう意味では人とのつきあい方・接し方をいろいろ試行錯誤するチャンスが得られる時期といえるでしょう。
9月から周囲の騒がしさが始まり、10/17以降は特に、人との中身の濃いやりとりが多くなります。12月初旬に一段落しますが、年末は大人の恋の予感。本質的な深い対人関係に晒されることで、自分自身の奥深くにあたらしく芽生えるモノを発見できるかもしれません。
新しいことに着手するなら、11/23から12/6がおすすめです。

いい流れの中で、自分に潜んでいた見えない行動パターンを打開し、新しい運命に入っていける画期的な時期になります。ただし、何もしなければ単なる多忙期に終わる恐れもないではありません。 自分から進んでいく方向を見つけるべく、どんどん動き回っていて吉です。


牡牛座
心の中の階段を上る。
今年前半までは多忙な中でも柔らかい調子で推移していたのが、夏になって突如、強いストレスやプレッシャーに晒された方も多いかもしれません。この夏はここ数年来のなかでの一つの大きな切り替えの時期に当たっていて、この「切り替え」は来年の夏頃まで、貴方をいろいろなカタチで刺激してくるでしょう。この間、貴方にとっての「切り替え」のテーマは、自分の居場所や家族といった、最も身近な分野に起こってくるようです。
9月から10月前半、恋愛面では出会い運が強く刺激されます。新しい出会いがあり、その相手とキッチリ対峙する事を要求されそうな雰囲気があります。愛情を感じたあとは、その相手をよく観察し、内面を分析し、そのあと、言語外の深い内面的交渉に入るというプロセスをたどることになりそう。きちんと内面を伴った手順を踏んでいくことで、表面的でない、長持ちするつきあいが実現できるでしょう。9月後半以降は特に、先を焦らないことが肝心。後戻りしているように見えても、実は前進のための必要条件を集めている段階なのです。
仕事では、10月前半までは職場のゴタゴタや小さな雑務の積み重ねに振り回されてしまうかもしれません。でも、10月半ばからは勢いがかかり、その後どんどん片づいて行くでしょう。契約毎や対外的なやりとりが活発になるのが12月。この時期の貴方には交渉力と集中力がみなぎっていますので、自信を持って立ち向かって吉です。

ステップアップのためには新しい出会いが刺激となることがしばしばありますが、牡牛座にとって今年の後半は、ちょうどそんな時期です。様々な人と出会い、接触を重ねる中で、自分の内面にどんどん豊かななにかが育っていくことでしょう。


双子座
走れなくても、歩いてでもすすめばたどりつける。
後半の前半、ってなんかおかしいのですが、9月から11月いっぱいくらいまで、強い追い風が吹きまくっている感じの双子座です。心の中に重苦しい課題やプレッシャー、ストレスを抱えながらも、常に前向きに活動的に生きている、強い姿が想像できます。今年の後半の前半、つまり9-11月ですが、この時期は出会いにも恵まれ、愛情に満ち、素晴らしい時間を過ごせるでしょう。特に10/17から11/1あたりは黄金期。自分からちょこまかと動いて回ることで、どんどん運気が上昇傾向に転じます。 恋愛面では、自分が相手に対してしなければいけないこと、に焦点が当たるかもしれません。相手が貴方に求めていることも様々ですし、愛情関係はあるレベル以上になると、相手の周囲や自分の周囲の人間も巻き込まれることになります。貴方が果たすべき義務もそれに従って増えていくことになり、何より自由を愛する双子座にとっては、愛の魅力も半減してしまいかねない事態も想定できます。これは辛いことですが、それを乗り越えてもかなえたい関係があるなら、妥協は禁物です。
11月いっぱいは、仕事も恋愛も「楽しむ」気持ちを大事にして下さい。この時期の出会いはとても大切です。なぜなら、長続きする可能性が高いからです。仕事は11月以降、そして12月に入ってさらに多忙になる暗示。貴方の身の回りにたくさんの人がやってきて、助力を乞うてくる事になる気配があります。骨身を惜しまず頭を使ってあげることで、どんどん経験値が上がるでしょう。

土星のもたらす貴方の長期的なテーマに対し、他の星星があたたかい手をさしのべて応援してくれるようなイメージの今年後半です。今まで1年以上に渡って辛かった分、最後の力を振り絞ってどんどんぶつかっていって下さい。貴方が思うほど、壁が固くも冷たくもないことがわかるはずです。


蟹座
心温まる時間が一番の巣。
バタバタの多忙期を終え、疲れ気味でも自分を取り戻しつつある蟹座です。今年の後半は、がんばった貴方にご褒美のような、キラキラの運気が待っています。つまり、恋愛運がめちゃくちゃにいいのです。今年の後半はほとんどずっと、金星が貴方の愛情関係をゆたかに支援してくれます。そこへもってきて水星、火星が年末に向けてどんどんボルテージを上げるがごとく、出会いやコミュニケーションのチャンスを提供してくるのです。貴方は感情が豊かすぎて、それがひとたび傷ついたときの痛みを恐れるあまり、今手の中にあるモノさえも信用しないような面があるのですが、今年の後半はそれではソン。手に入れたものはちゃんと見つめて、楽しみ倒していて吉です。恋愛関係のみならず、子供や趣味といった人生の中で最も楽しい分野が、今年後半とても刺激されてくるのです。
仕事面では、9月中は発信を怠らないことが成功のカギ。どんどん自分から企画やアポイントをとりつけて、積極的に動いて下さい。年末近くなると、対外的な折衝の機会が多くなりそうです。対人関係に一種の切り替わりが生じる人も多く、今まで出逢ったことのない人たちとつきあうチャンスがあるかもしれません。新しいことの苦手な蟹座ですが、食わず嫌いは禁物。10月半ばから12月あたまにかけては住居や職場を移る人も多いかもしれません。契約ごとはできるだけ、10/8-9/16、10/12-11/23を避けてすると良いでしょう。さらに12/6以前であればベストです。

自分の居場所の問題は、貴方にとっては最重要課題とも言える大きなテーマです。そこに揺さぶりがかかる可能性が高い今年の後半は、不安定な気持ちになる人も多いでしょう。でも、貴方の順応性と生命力はなみなみならぬもの。今年はそれに愛情というとっておきの味方もついているのですから、どうぞ臆さず進んでいって下さい。


獅子座
花も実もなる木を植える。
幸運という言葉にはいろんな意味があって、私たちを時に悩ませます。自分にとって最もすばらしい経験は、実は苦労したことだったりする、なんてこともありますね。この夏から、12年に一度の発展期をもたらしてくれる木星が獅子座に入り、良くも悪くも忙しい日々が貴方の周りを満たしていると思うのです。この中に潜む幸運の種を、どうぞ上手に見つけだして、よい土に埋め、適当に水をやって下さい。木星が自分の星座にいた時期に「すごくシアワセだった」という意見は実はあまりきかないのですが、この時期にはじめたことがあとで花開いた、というハナシは、最近けっこう聞くのです。自分がしたいことが始められる時期、それがのびて行きやすい時期、と考えれば、これほど幸せな時期もないものです。
細かい運勢でみますと、10月半ば以降は積極的にコミュニケーションに参加したい時期となります。国内程度の近距離であちこち動き回る機会が増える人も多いことでしょう。自分からどんどんそんなチャンスを作って正解です。11月いっぱいまでは、いろんな事が身に付く時期ですので、短期のセミナーとか前から行きたかった場所などへ足を運んでみると良いかもしれません。12月には不思議と居場所に関わる変動が起こりそうな暗示。家族とのやりとりも多くなりそうです。
9/16-10/8は今まで音信不通だった相手との交渉を再開しやすい時期かも。新しい案件はなかなか進まなくても、少し遅れるだけですので大丈夫です。
恋愛面では、切り替えが起こる時期かもしれません。今までの関係にカツが入り、一つ先の関係に進むか、あるいは相手を変えて再度新しい関係をはぐくむか。愛情関係は一種の居場所のようなものともいえますが、そういった「心のベースキャンプ」としての恋愛に、一つの深化が訪れるようです。また、今までの腐れ縁に苦しんでいた人、思い切るべきなのに思い切れなかったおもいに縛られていた人は、コレをきれいに断ち切って新しい空の下に進むチャンスが来ます。本来の貴方の姿で、もっとホンモノの愛を手に入れて下さい。

チャンスへのカンは誰もが持っているものです。それを信じてどのくらいまで進めるかは、人それぞれなのですが。運気はあくまでもどこまでも貴方を支援していますので、どうぞその大切な「きっかけ」を逃さないでください。


乙女座
あとひといきで山を越えるところ。
乙女座の9月はとても多忙です。その多忙さは今年の夏前の多忙さの比ではないかもしれません。ただ、それにとらえどころがないのも事実。何のために自分がこんなに時間を使わされ、労力を払っているのか解らない、と思う方もいらっしゃるかもしれません。合目的的に考えてしまうとなるほどそんな感じもするのですが、実際は違います。少し視点を変えてみると、なるほどと合点のいくことがみつかりそうなのです。つまりたとえば、それは単純に生活を運営するためのお金であったり、自分の得意な、身に付いた技術をもっと高度なものにすることであったり、となるのです。当面の課題自体を成功させるにはとても大きな力がいります。その成功が貴方に何をもたらすかについて貴方が懐疑的であっても、それは仕方のないことです。私は、むしろ成功にたどり着くまでのプロセスが貴方に与えるものの方が大きくなるだろう、と言いたいのです。
9月半ばから10月初旬まで、強い懐疑にさらされるかもしれません。なかなか先に進まないように思えても、貴方の信じるとおりのやり方で段取りを組み直し、進めていって下さい。10月末になって一つの明るい場所にたどりつき、そこをターミナル駅として、今まで一年以上続いてきた問題の最終結果への道を踏み出すことができるでしょう。
恋愛面では、「やりとり」がクローズアップされるかもしれません。特に12月にはいると、相手とのコミュニケーションが貴方の生活の中で独特の光を帯びてきそうです。昨年来、愛情関係は貴方の生活の中でむしろ影を投げかけることが多かったのではないかという気がしますが、この点が最終決着へ向けて、少々揺り戻しをかけてくるようです。あせらずおちついて、貴方の真実に正直にいれば、恐れることはありません。

大きな峠の最後の山を越えようとしているところです。すでに解決したこともあるでしょうし、まだ慢性的に残っていることも多いかもしれません。今年いっぱいで全てがきれいに片づくわけではありませんが、来年の初夏にはまるっきり景色が新しくなってしまうことは請け合います。


天秤座
実現できる夢。
仕事が忙しいとか、動き回らねばならないとか、そんなことはどうでもいいかもしれません。誰かに認められたり、信頼できる相手とやりとりを重ね、素敵な時間を過ごすことこそが、貴方にとっては重要なのではないでしょうか。今年の残り、貴方はそういう意味で大変幸運な経過を経られることになるはずです。
仕事でもプライベートでも、やりとりがとにかく多くなってくるのは9月から11月いっぱい。特に10月は出会いやコミュニケーションに多様性とエネルギーが入り込み、良くも悪くも活発な動きがめだつようになります。言い過ぎや「断じ」すぎには十分注意し、自分の意見と相手の意見を折り合わせる方法を模索してください。貴方にとって情報や言葉はとても重要な人生の要素の一つですが、それを何のために使うかを、少し変えなければならないようです。9月中旬から10月頭にかけては天秤座の中で水星が逆行するため、進行方向とは逆向きのエスカレーターに乗ったような気分になるかもしれません。今までやったことのおさらいや見直しやり直しをしっかりして、新しい案件に関しては結論を急がないことが一番。なることはなるように、なるべきときになるのです。
恋愛では、10月半ばから11月いっぱい「強い」運気に満たされます。新たな出会いの可能性もありますし、今までの関係に変化が生じ、もっと濃く熱い関係になったり、あるいは結婚その他のオフィシャルな話が出たり。年末は自分から相手に渡すプレゼントにパワーをかけて大吉です。

今は自分でかなえたい夢の総仕上げのような時期かもしれません。もう一度見直して、足りないところを整理して、もっと先へ進める要因を見つけだして、そして最終段階へもちこむ。今見えているゴールのラインは数年前に貴方の思い描いた理想とは少し違うかもしれませんが、それでもかなえる価値は十分以上にあります。よりうつくしい結果を来年後半に見いだすために、今ががんばり時となるでしょう。


蠍座
チャレンジと恋の両立。
今年の後半は貴方の目に入るモノが一つだけになってしまわないことを祈っています。というのも、貴方に一番大きく感じられるのは、恋の予感だと思うからです。予感に留まりませんで、この時期は年末に向けてどんどん恋愛が加速していきます。フリーだろうがカップルだろうがおかまいなし。相手が一人だったらちょっと意外なくらいです。でも、それだけじゃないのです。実は今、貴方をもっと広いところから見つめている瞳があります。このことに気づきにくいくらい、貴方の蠍座的頭がカーッとなってしまうんじゃないかと、私はそれを懸念しているのです。
広いところ、というのは、人によって違うと思うんですが、まず仕事です。それと、貴方が心からやりたいと思っていること。貴方の一番クリエイティブになれる分野で強い追い風が吹き始め、貴方を表舞台に立たせようとします。そこでうまく主役を演じられるかどうかは全くの努力根性向上心しだいです。
愛し愛されることと仕事や対外活動で実力を試されることが同時に起こるなんて、なかなか大変なことです。どちらかに注力できればいいのですが、数年、いや十数年に一度のチャンスがガツンと重なってしまうなんて、ちょっとリンダこまっちゃうみたいな感じになるかもしれません。
でも、それって、よく考えれば素晴らしいことですね。だって、恋がうまくいってないときに、仕事なんかする気にならないですもんね。
9月半ばから10月頭にかけては、人目に触れない部分でやり直しに時間をとられる可能性があります。また、過去のミスをほじくりかえされたり、昔のハナシを蒸し返されたりするかもしれません。でも、別にひるむ必要はありません。冷静に、やり直さなければ前に進めないと判断されたことだけをこなし、人の噂は気にしないことです。恋愛面ではもう9月中旬からキランキランしていますが、10月半ばから11月にかけ、少しペースダウンして不安になるかもしれません。でもご安心を。12月はまさに貴方のためにあるような時期となるはずですので。

なんだかんだいって忙しい割に心のわだかまりが取れなかった人も、出会いはあったけど進展が遅い人も、心配はご無用に願います。これからが貴方にとっては夏みたいなものですから。


射手座
言葉では説明できないエネルギー。
同じ時代に生きているのにどうしてこうも違うんだろう、と周囲を見渡してつくづくいぶかっている方もいるかもしれません。何でこんなに自分ばかり、変転が多いのか。その感想は、この占いが対象としている向こう4ヶ月間は少なくとも、続いてしまうような気がします。自分の根本的な内面の問題を否応なく刺激され続けている射手座なのですが、この面に木星からのスポットライトが当たっていて、今年の後半も、あちこち移動することや遠くの存在と受発信することで、ビシビシ刺激を受け、どんどん変わっていくことになるでしょう。
仕事はむちゃくちゃ忙しくなります。特に9月から10月初旬は多忙で、様々な対人関係の処理を経験することになります。ただ、このことは貴方の成長に直結していて、凄くわかりやすい経験値として今後長く使えるネタになるでしょう。次の多忙期は11月中旬から12月初旬。動き回らされることになりますが、「動き回らされる」を「動きまわる」に変えると、何でも思い通りになる時期といって過言ではありません。ビジョンを強くもてば持つほど、そちらの方向にスムーズに動いてゆけます。仕事や対外的な分野で脚光を浴びやすく、それだけに摩擦も多くなってきます。にっちもさっちもいかなくはなりませんので、ねばり強く交渉を繰り返して下さい。時間が経てば気持ちも和らぐものです。 恋愛では、ここではコメントを差し控えましょう。と言いたいくらい、ヒミツの恋に夢中になってしまう危険があります。触ってはいけないと言われるモノほど触ってみたくなるものですが、ちょうどそんな危険な領域にたくさんの刺激がありそうな気配。まあ、ホントはスリル大好きの貴方にとってみれば、そんなのはチャンスと呼びたいくらいかもしれませんね。ただ、9月中旬から10月前半、そして11月の前半は、ヒミツが露呈しやすいとき。くれぐれもお気をつけあれ。

単純に「幸運期!」というコメントを出すのはバカバカしいかな、とおもってこんな風に書きましたが、実は何でもほしいモノが手にはいるような絶好調期の射手座なんです。どうかこの時期を逃さず、いろいろぶつかっていってみて下さい。


山羊座
忙しくてもお墓参り。
今年後半のチャートをばっとみて、山羊座に思うのは「仕事たいへんそうだなー」ということです。うーん。仕事いそがしいだろうなあ。転職される方もいらっしゃるかもしれませんが、とにかくお仕事、対外活動が活性化する時期なんです。まず好調な9月がやってきます。この時期は遠出したり、今まで触れたことのない専門分野に関わったりする可能性がありますし、またはご自身の専門分野でカッと注目を集めるような事態も予想されます。10月中旬まではそんな幸福な「仕込み」の時期を過ごし、10月中旬から11月いっぱい、仕込んだ結果として実力を試されるようなイベントが起こってくるでしょう。逆に言えば、10月中旬までは何一つカタチにならなくても悩む必要はありません。進み方がゆっくりでも、その目の前のものをこねこねできる時間をめいっぱい楽しんでいただきたいのです。そうするうちに、いつの間にか芽が出て花が咲いてきます。年末は細かい雑事もあわせて、濃い多忙期となります。
恋愛面では、ゆったりした好調さが見られます。9月から10月中旬までは出会い運が刺激されていて、友人関係が次第に愛情関係に発展する人も多いでしょうし、友達の紹介できっかけができる暗示もあります。今年の後半から来年を通じて、フィジカルな関係が強調されている時期でもあります。山羊座の強さがセクシーさに変わる瞬間が増える時期、思い切っていろいろ開拓してみるのもイイかもしれませんね。

日頃のテリトリーより外にいる人たちとの接触は、貴方をずばっとステップアップさせてくれること請け合いです。今年後半はそれに加えて、ちょっといつも目を向けない部分にも目を凝らしてみて下さい。今まで気づかなかった部分、いつも後回しにしていること。お墓参りなんかはそのよい例です。


水瓶座
袖が触れるのも、何かの縁。
対人関係の変化が色濃く示唆されています。夏以降、いろいろな人に会ったり交渉を重ねたりと動きの多かった分野かもしれませんが、この傾向は今年後半も続いていくことになりそうです。人とのつきあい方にはひとそれぞれ、いろいろなスタイルがありますが、このパターンに少し変化が加わるとき。自分で「こういうインタフェースを身につけたい」とおもう所があるなら、多くの人からそれを学び、実験できるチャンスといえるでしょう。
10月から11月まで、移動運が出ています。仕事でもプライベートでも遠出する機会が増えそうです。自己主張も強くなってくる時期ですが、どんどん発信して大丈夫。貴方の個性が生かされ、集中力も強い時期となります。残務整理のような業務があるのが9月から10月半ばくらいですが、10月から11月いっぱいは波に乗って加速してゆけるでしょう。年末は最も多忙な時期となりそう。職場の女性たちとの関係には少しギクシャクする面が出てくるかもしれませんが、この時期はあまりハッキリ問題を指摘するような発言は避けた方が無難。もしどうしても問題をストレートに解決したいときは、できるだけ相手の自尊心が傷つかない方法を選んであげて下さい。
恋愛では、メジャーな決定が起こる人が少なくないはず。一緒に住むとか、結婚するとか、子供のこととか、オフィシャルな判断を行う可能性が高くなります。10半ばから11月いっぱい、出会いの可能性も強い時期。積極的にあちこちで向いていって吉ですし、お見合い運もあるようです。決定事項に関するセレモニーや意思表示の時期は、できれば11/23以降がおすすめです。

ここ数年来の苦闘の最終仕上げの段階を、もう少しねばり強く進めていくことになります。11/6以降は特に、そのことに思いをはせてください。来年夏以降、景色が劇的に変わることになります。その前にできることは、部屋の片づけであろうが貯金であろうが、すべて納得のゆくよう算段を。貴方の思いも寄らない幸福な成果が、きっとうまれてくるはずです。br>


魚座
苦労した分のバラ色の世界。
しなければいけないこと、と言いますが、なににとって「いけない」のかを考えさせられる時期です。魚座が考える生活のイメージとか仕事の定義とかは、他人にとってはちょっと突拍子もない事が多いのですが、今年の後半、ことさらにそんな部分にスポットが当たるかもしれません。他人との差異を発見し、そこに問題があった場合に、自分を変えるか相手を変えるかはその人のやり方に寄りますが、あえて職場を変えてみたり、住居を変えてみたりする人も多いかもしれません。そのとき、単に環境が変わったことに全てを任せて、今までの問題が解決することを期待するのはちょっと難しそう。やはり、自分と人との差異の構造とか、行動パターンのようなものの洗い出しが必要で、その自分での分析作業をやりやすくするために環境を変える、くらいの姿勢が大切になってくるようです。
9月から10月半ばまでは、強い対人関係の渦に巻き込まれそう。いろいろな人との交渉を重ね、自分でも変えるべき所は変えることになるでしょう。その後、強い変化の渦の中でたくさんの問題点を抽出し、ひとつひとつ解決していくことになります。結果、年末にはとても大きな成果を得、たくさんの味方ができていることに気づくはずです。
恋愛面では今年後半、文句のつけようがありません。愛情関係はおおらかに活性化していて、出会いも多いことでしょう。二人だけの小さな枠にはまろうとするより、一緒にいろんな行動をした方が関係が深まるかもしれません。情報収集やスキルアップ、人脈拡大など、自分の対外的活動に相手も引きずり込むか、または相手の対外活動に関係することに首を突っ込んでみても良さそうです。遠出すると出会いが生まれやすい暗示もあります。

運気は尻上がりの様相を見せています。ステップアップするときにはいつも痛みがつきまといますが、他人との接触の中からこそ生まれてくる実質的な幸運、ってあるものです。怖がらずに進んで大丈夫。 今の貴方には、愛情関係という強い癒しの味方がついているのですから。



topをねらえ。

if you want to say anything to:::iyukari@st.sakura.ne.jp