2007年9月末、「星ダイアリー2008」出ました! どうぞよろしくお願いいたします!



中の帯カバーをはずすと↓

 「星ダイアリー2008」 石井ゆかり著    幻冬舎コミックス
   B6版 ビニールカバーつき 税込1500円
   Amazon
   楽天ブックス 好評発売中です!

 ■ 目次 ■

 ・はじめに
 ・2008年、2009年カレンダー
 ・星と部屋の意味、貴方の星座と部屋
 ・年間、月間、週間カレンダーの使い方

 (以下、手帳部分)
 ・年間カレンダー (月齢、朔望の星座、金星水星火星の逆行、木星以下の位置)
 ・月間カレンダー (月齢、朔望の星座、太陽、水星以降8天体の位置、逆行、ボイドタイム)
 ・週間カレンダー (月間の要素プラス、毎日の月の位置と移動、「今月の全体の空模様」)

 ・月間簡易ホロスコープ
 ・2008年12星座年間占い
 ・12星座プロフィール
 ・おわりに


  この手帳のくわしい使い方は、
  「星読み(新装版)」(2007年以降バージョン)
  「星読み」(2005-6年バージョン)
  をご参照下さい。



以下、よくあるご質問をまとめました、FAQです。

--------------------------------------------------

Q:アマゾンや近所の書店で買えますか?

A:はい。買えます(嬉泣
 フツーの「書籍」なので、発売後、もしお近くの本屋さんになければ
 その本屋さんに注文して頂くことも可能です。

--------------------------------------------------

Q:誤記などの修正情報はありますか。

A:若干誤記がありました。ご案内はこちらになります。
 内容は、9/24のボイドタイムが抜けていた、というところです。
 2008年9月24日 6:18〜18:15
 のボイドが入ります。
 大変申し訳ありませんでした。深くお詫び申し上げます。

--------------------------------------------------

Q:2008年の年間占いは、「筋トレ」では例年通り公開するのですか?

A:します。
 今回の本に掲載したものは、ページ数の関係でかなり短くなってます。
 フルバージョンは例年通り、年末年始に「年間占いへの道」でやります。こうご期待v

----------------------------------------------------

Q:ハウスの解釈は、アセンダントが解っている場合にも使えますか。

A:はい、ハウスシステムは違っていても、
 意味の解釈は同じです。

--------------------------------------------------

Q:自分の正しい星座や、太陽以外の星の星座を知るにはどうしたらいいですか。

A:ミステリーアートの「天体位置計算」
 nakomata's tarot pageの「ホロスコープ作成サービス」
 などのサイトで、無料で計算することができます。
 生年月日と出生時間、出生地まで解れば、正確に出せます。

--------------------------------------------------

ご質問はご遠慮なくメール下さいませね!


皆様のお陰様をもちまして、
2008年版も出せることになりました。
諸般の事情により、タイトルが「星ダイアリー」に変わりました。
去年と違うのは、
「簡易月間ホロスコープ」を載せたところです。
石井ゆかりが月間占いを書く時に自分で用意するのとおなじようなものを
つけて頂きました。
これでだいぶ、使いやすくなったのではないかと思われます。
昨年初めて出版し、
びっくりするほど多くの方にご愛用頂けて
本当に感謝しております。ありがとうございます!!!
今年は、レクチャーやサイン会などでこの使い方についてお話をする機会が何度かあるので
そこで、またご意見やご感想をリサーチし、
来年も出せるようでしたら、さらに工夫を凝らしてみたいと思います。
昨年使って下さった皆様からの
アイデアや疑問点など、お寄せ頂けましたら幸いです。

単なる個人的な星占いサイトだった「筋トレ」から
こういう風に毎年手帳が出せたりするなんて
ほんとに、不思議な感じがしています。
さらにサイン会っていいんかいみたいな(爆
いや、本当に、信じられないなーという気持ちがしています。
毎週読んで下さり、応援して下さる皆様のおかげです。
本当にありがとうございます。

これからも、いろいろな企画を実現して
皆さんに楽しんで頂けたらと思っています。
なかなか思うようにバリバリやれない自分が歯がゆいですが
こけつまろびつでも、ちょっとずつでも、進んでいきたいと思います。
皆様今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます!


topをねらえ。