2008年9月末、「星ダイアリー2009」出ます!
 Amazonと楽天で予約開始しました、どうぞよろしくお願いいたします!



中の帯カバーをはずすと↓

 「星ダイアリー2009」 石井ゆかり著    幻冬舎コミックス
   B6版 ビニールカバーつき 税込1500円
   Amazon
   楽天ブックス 好評発売中です!

 ■ 目次 ■

 ・はじめに
 ・2009年、2010年カレンダー
 ・星と部屋の意味、貴方の星座と部屋
 ・年間、月間、週間カレンダーの使い方

 (以下、手帳部分)
 ・年間カレンダー (月齢、朔望の星座、金星水星火星の逆行、木星以下の位置)
 ・月間カレンダー (月齢、朔望の星座、太陽、水星以降8天体の位置、逆行、ボイドタイム)
 ・週間カレンダー (月間の要素プラス、毎日の月の位置と移動、「今月の全体の空模様」)

 ・月間簡易ホロスコープ
 ・2009年12星座年間占い
 ・12星座プロフィール
 ・おわりに


  この手帳のくわしい使い方は、
  「星読み(新装版)」(2007年以降バージョン)
  「星読み」(2005-6年バージョン)
  をご参照下さい。



以下、よくあるご質問をまとめました、FAQです。

--------------------------------------------------

Q:アマゾンや近所の書店で買えますか?

A:はい。買えます(嬉泣
 フツーの「書籍」なので、発売後、もしお近くの本屋さんになければ
 その本屋さんに注文して頂くことも可能です。

--------------------------------------------------

Q:2009年の年間占いは、「筋トレ」では例年通り公開するのですか?

A:します。
 今回の本に掲載したものは、ページ数の関係でかなり短くなってます。
 フルバージョンは例年通り、年末年始に「年間占いへの道」でやります。こうご期待v

----------------------------------------------------

Q:ハウスの解釈は、アセンダントが解っている場合にも使えますか。

A:はい、ハウスシステムは違っていても、
 意味の解釈は同じです。

--------------------------------------------------

Q:自分の正しい星座や、太陽以外の星の星座を知るにはどうしたらいいですか。

A:ミステリーアートの「天体位置計算」
 nakomata's tarot pageの「ホロスコープ作成サービス」
 などのサイトで、無料で計算することができます。
 生年月日と出生時間、出生地まで解れば、正確に出せます。

--------------------------------------------------

ご質問はご遠慮なくメール下さいませね!


昨年、一昨年と出版してきましたこの手帳、
ご好評を頂き、また今年も出せることになりました。
本当にありがとうございます!!!

「星栞」といい、このダイアリーといい、
継続して出版できるものが生まれたのだなあ、と
今年になって実感しています。
三度目の正直
とか
二度あることは三度ある
とか
桃栗三年柿八年
とか
「3」というのはなんかこう、
継続ということのスタートなんじゃないかなと思うわけです。

最初は、カレンダーの形で出しました。
あれは出版ではなく、ほぼ手売りといって良い形でした。
そういう活動だったものが、
今ではたくさん「今年は出ないんですか」とお問い合わせを頂くまでになったのは
ホントにうれしいことでした。
応援して下さった皆様、本当に感謝です。ありがとうございます。


このダイアリーには、年間占いや12星座の基本性格みたいなのを
毎年書き下ろしています。
今年もやりました。
特に、12星座の基本性格なんかは
ふつう、毎年変わるようなモノじゃないから使い回せばいいようなもんなんですが
編集者・齋藤さんに「書き下ろしましょう!」と言われ
「じゃあ、書き下ろしましょう!」と受けて立ってしまったので
毎年書き下ろすことになりました。
でもこれ、そうして良かったと思っています。
12星座は、辞書的な「意味」をもっているものではなく
ひとつひとつが、一つのコスモスみたいなものを
内包しているのだ、ということが
すごくよくわかる気がするのです。
毎年同じコトを書いていますが
毎年違うことを書いているのです。
そんなことができるのは、
12星座というものが持っている機能のためです。
1つ1つの星座に、「性格判断」にとどまらない、
広くて丈夫な広がりと構造がそなわっているので
そこで、ジャングルジムでいろんな遊びを作りながら遊べるように、
安心して暴れることが出来るわけです。

そんな星占いの世界を楽しんで頂きたくて
このダイアリーを作りました。
星は「影響を与える」ものではない、と私は考えています。
これは私の思考です。持論です。
時計が時間を作り出しているのではないのと同じように、
星が運命を作り出すわけではないのです。
でも、私たちは時間を生き、運命を創造します。
星占いがもし、私たちが楽しんだり役立てたりすることができるものであるなら、
星は私たちに一切影響を及ぼしたりしないはずです。
時計は私たちの邪魔をしないのです。
私はそういうふうに、執拗に言い続けていて
これからもそうしていくだろうと思っています。
このダイアリーにもそんな思いが詰まっています。

星の時間を考え始めると、
時間を長い長いスパンで捉えられるようになりますし
年齢を重ねることを体感できる気がします。
時間の感覚を変えるものが、星なんだと私は思っています。
満月や新月が「節目」なのは、
それらが何かの影響を及ぼすからではなく、単に
今日と明日が違うものなのだ
ということを意識に上らせることができるからなんだと思っています。

星に影響されるのではなく
星を遊んで、星の言葉を味わう。
この星ダイアリーがそんな遊びのお手伝いをできたらいいな、と祈っております。
皆様どうぞよろしくお願いいたします!


topをねらえ。