2009年9月末、「星ダイアリー2010」出ます!
 Amazonと楽天で予約開始しました、どうぞよろしくお願いいたします!



中の帯カバーをはずすと↓

 「星ダイアリー2010」 石井ゆかり著    幻冬舎コミックス
   B6版 ビニールカバーつき 税込1500円
   Amazon
   楽天ブックス 

 ■ 目次 ■

 ・はじめに
 ・2010年、2011年カレンダー
 ・星と部屋の意味、貴方の星座と部屋
 ・年間、月間、週間カレンダーの使い方

 (以下、手帳部分)
 ・年間カレンダー (月齢、朔望の星座、金星水星火星の逆行、木星以下の位置)
 ・月間カレンダー (月齢、朔望の星座、太陽、水星以降8天体の位置、逆行、ボイドタイム)
 ・週間カレンダー (月間の要素プラス、毎日の月の位置と移動、「今月の全体の空模様」)

 ・月間簡易ホロスコープ
 ・2010年の星の移動日、満月・新月の一覧表 NEW!!
 ・2010年12星座年間占い
 ・12星座プロフィール
 ・おわりに


  この手帳のくわしい使い方は、
  「星読み(新装版)」(2007年以降バージョン)
  「星読み」(2005-6年バージョン)
  をご参照下さい。



以下、よくあるご質問をまとめました、FAQです。

--------------------------------------------------

Q:アマゾンや近所の書店で買えますか?

A:はい。買えます(嬉泣
 フツーの「書籍」なので、発売後、もしお近くの本屋さんになければ
 その本屋さんに注文して頂くことも可能です。

--------------------------------------------------

Q:2010年の年間占いは、「筋トレ」では例年通り公開するのですか?

A:します。
 フルバージョンを例年通り、年末年始に「年間占いへの道」でやります。こうご期待v

----------------------------------------------------

Q:ハウスの解釈は、アセンダントが解っている場合にも使えますか。

A:はい、ハウスシステムは違っていても、
 意味の解釈は同じです。

--------------------------------------------------

Q:自分の正しい星座や、太陽以外の星の星座を知るにはどうしたらいいですか。

A:ミステリーアートの「天体位置計算」
 nakomata's tarot pageの「ホロスコープ作成サービス」
 などのサイトで、無料で計算することができます。
 生年月日と出生時間、出生地まで解れば、正確に出せます。

--------------------------------------------------

ご質問はご遠慮なくメール下さいませね!


これで4冊目となりました、「星ダイアリー」です。
マニアックかなあ・・でも星占いってそんな難しいもんじゃなくて
だれにでもできるようなものなんだよな!
その楽しさをみんなに伝えたい!
という思いから、
「星読み」という本と、そのデータ本に当たるこの「星ダイアリー」を
毎年、お届けしてきました。
書籍「星読み」は最初のバージョンから新装板になり、
その新装板も、実は、ひっそり第3刷まで重ねています。
「星占いは難しくない、そして、とても楽しい」
ということが、こうして皆さんに伝わってるんだなあ・・・・と
じわあっとした喜びを感じています。

出版業界は非常に厳しい空気に包まれていて、
結果が出ないとなかなか「次」に結びつかないのですが
この「星ダイアリー」は、毎年、着実に部数を伸ばしているのだと、
出版社さんからうかがいました。
純粋に、とてもうれしいです。本当にありがとうございます!!
ビニールカバーで、カバーを自分でカスタマイズできるところとか、
中の手帳部分はとてもシンプルであるところなど、
私はこの手帳の、ある種の「大人っぽさ」も
ちょっと気に入っています。

今年は新しく「星の移動日一覧」をつけてみました。
「今、金星は乙女座にいます」
「今日から水星が逆行します」
などの記述をしたとき、
「それはいつまでですか?」
というお問い合わせを、とてもたくさんいただいてきました。
なので、その疑問にさくっと素早く答えが出てくるようなページがあればいいのでは!
と思い立ったわけです。
ちなみに
新装板「星読み」をお持ちの方にはすぐお解りかと思いますが
「星読み」の後ろの方にある星の位置データの形式そのままです(爆)

このダイアリーでは、
「12星座プロフィール」、つまり、12星座の基本傾向みたいなものを
毎年、書き下ろしています。
そんなの毎年かわるものじゃないんだから、
同じものを使えばいいのに・・・
と自分でも思うのですが
担当編集者の齋藤さんに
「書き下ろしましょう!」
といわれると
「はい!」
っていっちゃう自分が居ます。
でも、おかしいのですが、毎年、
いやもう、すごくよく書けたなあ・・・と思えるのが
実は、このページなんです。
よく考えてみれば
12星座の基本傾向は年ごとに変わるようなもんじゃないですが
石井ゆかりの考え方とか関心事とか、心のありかたみたいなものは
毎年、かわってってるわけですね。
その変化がここに、あらわれているのかもしれません。

たくさんの皆様にかわいがって頂けて
本当にうれしいです。
皆様のおかげで、今年も出すことができました。
今年、また、ちゃんと皆様のお手元において頂くことができたら
来年も出せるかもしれません。
そうなることを、今は祈るしかありません。

年末年始を境に4月くらいまでしか書店に置かれないダイアリーですので、
刷りを重ねることはまず、ありません。
なので、ご興味をおもちいただけましたら、
どうぞお早めにチェックしてみてくださいね!!



topをねらえ。