2014年 おひつじ座の空模様。





少年マンガの中で、
ほとんどの主人公は「戦い」に明け暮れます。
凶悪な敵と戦ったり、強大なライバルと戦ったりすることで
物語が展開していきます。
戦えば戦うほど、主人公の潜在的な才能が目覚め、開花し、
さらに鍛え上げられていきます。
物語の始まりには子供っぽかった表情が、
次第に周囲の信頼をあつめ、
人間的な厚みを帯びたものへと変わっていきます。


そうした物語を読むとき、私たちは、
主人公が歩む物語の本質的ゴールが
「その敵を倒すこと」「その試合に勝利すること」
ではないことを、直観しています。
負けようが、勝とうが、本当は、どうでもいいのです。
問題は、そこで主人公がどんな才能を花開かせ、
どんな力を手に入れるか、ということなのです。
彼等の「戦い」は、敵との戦いから、
自分自身との戦いへと変化していきます。


2014年前半、牡羊座の人々の風景は、
ちょうどそんな少年マンガのような雰囲気を持っています。
すなわち、「誰か」と、熱く対峙することになるのです。
刺激的な出会いや情熱的な関わったり、
タフな交渉に挑んだりと、
冒頭から述べたような「戦い」がそこに、展開していきます。
他者と出会い、情熱をぶつけ、ときにぶつかり合う中で、
実際「他者」の中に貴方が見ているのは、
その人がいなければ気づくこともできなかった、
他ならぬ貴方自身の姿です。
ここで相手という鏡に映し出される貴方の姿は、
おそらく、かねてから「自分はこういう人間だ」と信じていた姿とは、
かなり違ったものとなっているはずです。


ライバルとの戦いも、ビジネスの交渉も、
恋愛のやりとりでさえ、
そこにはどこか「勝負」の意味が込められています。
こちらの意志が通れば、それは「勝利」ですし、
意志を通すことができなければ「負け」です。
ですが、この時期牡羊座の人が直面する「戦い」はおそらく、
「勝ち負け」は問題ではありません。
たとえばその目的は、
自分を今までにない形に変革することであったり、
何か大きな野心に到達することであったり、
人と深く結びつくことであったりするかもしれません。


生き物同士のあいだには、
しばしば、切っても切れない関係が結ばれます。
たとえば、樹木の実を小鳥がつつき、
小鳥のお腹に入った種子が遠くまで運ばれていって、
フンとして地に落ち、そこから樹木の新しい芽が出て育っていく、
というような関係です。
コバンザメや、寄生虫を食べる鳥と大型獣など、
善意や道徳ではない、命の緊密な「助け合い」が、
生き物の世界には広く存在します。
私たち人間同士のあいだにも、
そうした「もちつもたれつ」は随所にあります。
生活の必要や利害関係の上だけでなく、
心情的に支え合う「もちつもたれつ」もまた、そこら中に存在しています。
2014年前半、牡羊座の世界において、
新たな「もちつもたれつ」が、熱いぶつかり合いの中から生まれます。
出会い、関わり、対立し、さらに相対するところに、
密度の濃い、豊かな関係が、深く根を下ろすことになるのです。


こうしたプロセスは、
この時期出し抜けに始まるものではありません。
すでに2012年後半頃から着々と進んできたストーリーが
ようやく、このような形で実を結ぶ、ということだと思います。
この2014年は、そのストーリーにおける
「クライマックス」のような出来事が幾度か、起こりそうです。
クライマックスには、物事が強い緊張の中に置かれ、
予想外の出来事が起こり、
激しいぶつかり合いの中から強い光が生まれます。



2011年頃から2013年に至るまで、
様々なことが一変してきたと思います。
その「変化」は、これまで、
貴方の周囲にとどまるものだったかもしれませんし、
どこか「内側」で進んできた面があったかと思います。
2014年は、先に進めば進むほど、その「内なる変化」を、
徐々に他者にぶつけたり、
自ら表現したり、
遠い世界に出向いて成果を試したりすることになります。
自分の中に起こった変化を、
「外へ外へ」と出して行く段階に進んでゆくのです。


自分の中だけで起こっている段階では、
フィードバックを得られることがありません。
これを外の世界に「出して」いくと、反応が得られますし、
他者に対して影響を及ぼすこともできます。
そうしたフィードバックは、
変容の方向を、軌道修正してくれます。
2014年は、2011年以来の、あるいは2008年以来の変化の結果を
、他人に、外界に、「ぶつけ始める時期」です。
たとえば、今までは内輪ウケだったものを
外の世界に問うてみるのかもしれません。
または、今まではごく親しい人とだけやっていたことを、
全くの他人と組んでやることになるのかもしれません。


この「ぶつける」作業は、あくまで段階的に進展します。
最初は、誰かとの一対一の関係において行われ、
次に、自己表現というかたちで現れ、
2014年の年末から2015年にかけて、
たくさんの人々がいる遠い世界へ「発信」する、
といった段取りになるはずです。
前述の「熱い対峙」「戦い」は、
貴方に起こった2011年からの変化を
「顕現する」意味を持っています。



2014年後半から2015年前半は、
牡羊座にとって「愛と創造の季節」です。
この間、自分の内なるものを、
自分の弱さに傷つけられることなく、
のびのびと外の世界に打ち出していくことができます。
恋愛や子供との関係において素晴らしい成長を遂げられますし、
創造的な活動に携わっている人は、
「代表作」を作り上げることができるでしょう。


愛や創造という活動は、
外から眺めたり、夢見たりしているときには、
いかにも美しく、甘い世界に感じられます。
でも、その「中」に入ると、もしかすると、
そこは最も厳しい世界と言えるかもしれません。
恋愛において、創造活動において、子育てにおいて、
だれもが不安になり、切なさに耐え、
答えのない世界をさまよい歩く苦悩を体験します。
それでも、そこで得られるものはやはり、
誰もが心から欲しがるかけがえのない宝物であり、
「人生の意味」と呼べるものの1つなのです。



時期的なことを少し申しますと、
まず1月は「ミッションスタート!」のタイミングです。
年明けから月の前半にかけて、
勢いよくアクセルを踏み込むように、
新しい仕事や世界に飛び込んでいく人も少なくないはずです。
ですが、この時期は「レスポンス」は、
必ずしも、よくないかもしれません。
働きかけたことに対する反応が鈍いのは、
誰にとってもとても不安なことですが、
反応がないということを理由に手を抜いたり、諦めたりしてしまうと、
あとで後悔することになるかもしれません。
月の半ば以降は、不安なことがあれば、
友達や仲間、直接利害関係のない人に意見を請うと、
現状を冷静に理解する手掛かりを得られるでしょう。
この時期は交友関係が広がり、
そこから、うれしい手応えを得ることができるときです。


2月になると、
仕事や対外的な活動の面で鈍っていた手応えが、回復します。
一方、交友関係には少し、
複雑さが出てくるかもしれません。
とはいえ、旧友と再会できたり、
古い仲間とチームを再結成できたりする、
うれしい「復活」も期待できます。


3月は「深く潜る」ような出来事が起こりそうです。
過去に起こったことに再度向き合ったり、
人の心の奥深くにあるものに触れたり、
あるいは、ごく身近な人に対して、
じっくり時間を割くことが必要になりそうです。
この作業は、これから来る大きな転換点に向けての、
「準備」のような意味を持っています。
普段は目を向けないようなことに敢えて多くの労力を割くと、
見えないところで引っかかっていた障害物を、
きれいに取り除くこともできそうです。

4月は、非常に大きな変動の季節です。
引越や転職、人間関係の激変など、
目に見えた、ハッキリした変化が起こりそうです。
人との衝突や大事な話し合いも発生しやすく、
忙しさと緊張感に満ちた季節ですが、
不思議とネガティブな雰囲気はなく、
むしろ「どんどん前に出よう!」という、
明るい気合いが湧いてくるでしょう。
人とのぶつかり合いもあまり暗い所がなく、
「正々堂々と戦い尽くす」といったような共通認識を持って、
建設的にぶつかっていけます。
4月の末には、こうしたぶつかり合いや変転について、
あたたかなコンセンサスが生まれ、
心の深い所にまで、新しい変化を「着地」させることができそうです。


5月は、人間関係の上で特に
「切っても切れないもの」を意識するときです。
たくさんのコミュニケーションがうまれ、
ここまでにこじれた関係も、
ここで着実に改善していけます。


6月は「時間を遡って話す」ことがありそうです。
ここでは、かつていた場所に
懐かしく再訪する場面もあるでしょう。
失われたコミュニケーションが「復活」する時期でもあります。

7月は星座を問わず「時間の切り替え」のタイミングです。
2013年後半から続く一つの時間が、
ここで「一段落」し、新しい時間への扉を開くことになるのです。
牡羊座の人にとっては特に、
情熱的な愛の季節に入るタイミングです。
今まで、人とのぶつかり合いにストレスを感じたり、
自分のことより周囲のことを優先して不自由を感じていたりした人にとっては、
かなり強い解放感があるでしょう。
16日前後、26日前後には、
「愛の時間」「自己表現の時間」に突入したことを暗示するような、
印象的な出来事も起こるかもしれません。
創造的な活動を仕事としている人には、
仕事に強い追い風が吹きはじめます。
人目を気にしたり、人と比較したり、言い訳したり、等々、
創造的な活動を阻害するあらゆる弱さに打ち克って、
ぐんぐん理想に近づけるはずです。
自己表現と創造と愛の季節はここに始まり、
2015年の半ばまで続いていきます。


8月はかなり特別な出来事が起こりそうです。
非常に個人的で、心の深い所から揺さぶられるような、
大事なプロセスが進行するでしょう。
でも、このことはとても個人的なことであるため、
第三者に話したりすることもできませんし、
人からはほとんど見えないかもしれません。
この体験は、深く掘り下げ、
じっくり見つめることが大切だと思います。
表面的なところで満足してしまうには、
もったいない出来事だろうな、と思います。


9月から10月は、遠出する人が多いでしょう。
出張や留学、旅行など、
たっぷりと時間をかけて
かなり遠い場所まで出向くことになりそうです。
「遠征」のような形で、旅先で勝負に挑む人もいるでしょうし、
「冒険旅行」「探検旅行」のように、
何かを探し求めて旅する人もいるはずです。
この時期、精力的に勉強に打ち込む人も少なくないだろうと思います。


一方、10月は人間関係に熱い変化が起こりそうです。
この変化は、4月に起こった大転換と強く結びついているはずです。
過去に起こったことをもう一度見直して、
そこから、誰かと一緒に、やり残したことに取り組むのかもしれません。
再会や、一度壊れた結びつきの復活、
何かを解きほぐして再構築するような作業が発生しそうです。
10月末は、誰かと貴方のあいだに
関わりが深く「根付いた」ことを報せるような、
特別な出来事が起こるかもしれません。


11月になると、俄然忙しくなってきます。
仕事や対外的な活動の場で、
チャンスがめぐってくるでしょう。
抜擢や昇進があるかもしれませんし、
「勝負を挑まれる」こともあるかもしれません。
自ら望んで戦いを挑んだり、
今まで人の力を借りていたことをここで、
独立してやってみる人もいるはずです。
この、外の世界に向けて挑む「勝負」は、
12月頭までの、短期決戦です。
誰の目にも見えるはっきりとした結果を
一気に出すことができるでしょう。


12月は、視野が広くなり、
物事を広いスケールで捉えられるようになります。
プレッシャーやストレスを感じることなく、
「自分」を広やかに肯定し、
未来の可能性を信じて積極的に動く事ができるでしょう。
交友関係のいざこざがもちあがるかもしれませんが、
そこから「真の友情」を構築するきっかけを得られます。
友とすべき人を友とし、そうでない相手とはこの際、
決別することもできるはずです。
また、刺激的な出会いもありそうな時期です。
目標について心から語り合える相手が、
年末、貴方と「ともにある」だろうと思います。



愛情関係については、年の前半は「刺激的で熱い時期」、
後半からは「スケールの大きな愛の季節」となっています。

年の前半、パートナーがいる人は熱くぶつかりあうような場面が多く、
時には大喧嘩などに至る可能性もあると思います。
日ごろガマンしていること、ムリを溜め込んでいる部分、
思っていても言えなかったことなどが、
長い時間のあいだに積み重なっていたなら、
ここでそれらを「一掃」できるはずです。
短期的に見れば激しい「ファイト」であっても、
長期的に見れば、
ここでぶつかって膿を出しておくことに大きな意味があります。


いわゆる「腐れ縁」のような、
あまり望ましくない関係に縛られていた人は、
ここで、関係をあるべき姿に建て直したり、
思い切って断ち切ったりすることも可能です。
とはいえ、「自然にそうなる」のではなく、
あくまで貴方の意志あってのことです。
貴方の心に沿わないことは、
おそらく、実現はしないはずです。
ただし、相手を試すために「別れる」と言ってみたり、
もののはずみや勢いで極端な結論を出してしまうと、
取り返しのつかないことになるかもしれません。
貴方の内なる「情熱」を押さえ込むことはないにせよ、
『暴走」させることがないように注意することは、大切なことだと思います。
「別れる」「終わりにする」などの「ラストワード」は、
本当の「最後」までとっておくことが大事です。


年の後半、牡羊座の人々は、
愛に強い追い風が吹く時期に突入します。
この7月から2015年の夏まで、
恋人を得る人もいれば、結婚する人もいれば、
子供を持つ人も少なくないでしょう。
貴方の世界に「愛するものが増える」時期なのです。
一方、過去二年ほどの中で、
貴方は「人から受けとることの意義」を
深く、慎重に考えてきたはずです。
受けとることを拒否するというよりは、
その意味を考え、責任や義務を意識し、
一歩一歩成長を遂げてきた、ということだと思います。
人に甘えること、人の力を借りること、
相手の気持ちは相手に任せてみること、
長い時間のなかで相手との関係を信じること。
そうしたことへの問題意識が、
貴方の中でここ二年の中で、
静かに育ちつつあるのですが、
この誠実で深い力が2014年後半以降、
愛の世界で絶大なパワーを発揮するはずです。
愛の世界では、
「受けとること」「委ねること」はとても大きな問題です。
2014年後半に愛の世界に踏み込んだときも、
相手との距離感や関係のありかたに迷ったり、
妙に臆病になったりすることがあるかもしれません。
でも、その緊張感は決して「弱さ」ではありません。
それは、貴方が過去二年の中で遂げた成長の証であり、
愛において大きな責任を背負おうとする意識の表れなのです。


年の後半すべて、愛の強い追い風に恵まれるのですが、
そのほかに愛があたたかく照らし出されるのは、
5月、8月半ばから9月頭、10月、11月半ばから12月上旬です。



「他者」と向き合ったり、
あるいは熱く勝負を仕掛けたりするときほど、
「自分を守ってくれているもの」の存在が、
強く意識にのぼります。
味方の存在、理解者の存在、帰っていける場所の存在が、
特に年の前半、貴方の目にありありと見えているはずです。
2013年後半から、貴方はそうした「身内」を
じっくり育ててきていたと思うのです。
そして、「身内」の力は2014年前半も、
引き続き、すくすく育っていきます。
そこから力を得て、前述の「戦い」が可能になります。


人から恩恵を受けとることへの、
過去二年ほどの「慎重さ」が、
2014年「確かに受けとっていいものを受けとる人間力」へと変化していきます。
それは「受けとっていいと思えるだけの関係が、ここへ来て、
ちゃんとできあがってくる」ということなのかもしれません。


人を受け止めること、自分を人に投げかけること。
2014年を通して、そうしたことに、
勇気を持って取り組めるようになります。
私たちは、そういう勇気のことを、
「愛」と呼んでいるのだろうと思うのです。






2014年占いのtopをねらえ。

topをねらえ。