2014年 しし座の空模様。





「教えること」「救うこと」は、
「教えられること」「救われること」と、表裏一体です。
教える側は、教えたことで何かを教わりますし、
誰かを救った人は、救ったということで救われることになります。
一方的に教えるだけ、救っただけ、というふうにしか感じられないなら、
その場合は相手の方も、
完全には教えられたり救われたりはしていないのかもしれません。
2014年、獅子座の人は誰かに何かを教えたり、
誰かを救ったりすることになるのではないかと思います。
あるいは、誰かを育てたり、
誰かのために献身したりするのかもしれません。
そのことは同時にそのまま、貴方の方へ「反射され」ます。
やって上げたこと以上のことがすぐさま、対象から返されます。
これは、お礼とかお返しとかいうことではありません。
やっているそばから、
きらめく贈り物が貴方のもとへ絶え間なく、
流れ込んでくるのです。


誰かに何かを教わったり、
あるいは、誰かに救われたりすることもあるかもしれません。
その場合でも同じことで、
貴方は教わることで先生に何かを教え、
救われることで救済者を救う役割を果たしています。
この「逆向きのベクトル」は、
自分で感じとることは難しいわけですがそれでも、
そこには厳然として、
ただ一方的に起こっているのではないやりとりが存在します。


救ったり教えたりするということは、
相手の未熟さや弱さと向き合うということです。
他者の未熟さや弱さと向き合うとき、
私たちは自分自身の弱さや未熟さに
無意識でいることはできません。
弱さや未熟さは、それを意識しないときは、
不可解な障害物として作用します。
でも、弱さや未熟さを正面から見据えたときには、
それらはもはや、障害物としては働かなくなります。
むしろ、もっと別の、新しいひかる力として機能するようになります。
弱さや未熟さは、それに目を向けないときは、「内なるワナ」です。
でも、それに目を向けてしまえばもう、
ワナではなくなります。
誰かを救ったり教えたりするとき、
私たちは自分自身の弱さや未熟さを思い起こします。
そして、そのとたんに、
ワナから自由に解放されるのです。
ですから、そこでは「真の目的」を達成することが可能になります。
疑念や怠惰やコンプレックスや過去の傷など、
さまざまなものが私たちの理想をジャマしてくるのに、
それらに目を向けてみたとたん、
理想はそのままの形で実現可能になるのです。


2014年前半、
貴方はそんな不思議な「自由」を生きることになると思います。
貴方が誰かに対して「先生」「救済者」「教育者」の立場に立ったとき、
貴方自身が救われ、教えられ、
解放されることになるのです。
これは、逆も又然りです。
貴方が教わる側、救われる側に立ったとしてもやはり、
自分の弱さや未熟さと向き合い、そこから自由になることができると思います。
この場合は、教えてくれる人や救ってくれる人も、
自分自身の弱さや未熟さに傷つき、
それと格闘しているはずです。
それを目にしたからこそ、
貴方自身もそれらと格闘する勇気が湧いてくるのです。


このプロセスは必ずしも、
苦しいものではないと思います。
むしろ、不思議な快さや、純粋な感動を感じつつ、
これを体験できると思います。
また、それが「一対一」の小さな範囲での出来事であったとしても、
それはもっと大きなスケールの出来事と直に繋がっています。
たとえば、大きな災害のときに、被災地に出向いてたった一人を、
1日だけ助けた人がいたとして、
その人自身は「たった1人の人を1日助けただけだった」としか
思えないかもしれません。
でも、第三者から見れば、
その人は確かに「被災地を救う」ことをしたわけです。
さらに、その災害だけではない、すべての災害において、
その人は「ある人が他の人を救う」という行為を体現しうるという、
証明ともなり、希望ともなります。
私たちは一人一人が切り離され、
別々の人生を歩んでいますが、
その一方で、大きな、
目に見えない「時代」のようなまとまりとして生きてもいます。
まるで大きな小魚の群れのような私たちは、
お互いがお互いに働きかける小さな力を通して、
その全体を生きることができているのだろうと思います。
2014年前半に獅子座の人が体験することは、
そんな、スケールの大きな出来事なのだろうと思うのです。


こうしたプロセスが一段落したあと、
年の後半、獅子座の人々は「新しい時間」の中に入っていきます。
約12年に1度めぐってくる木星という星が、
貴方の星座に入るのです。
これは、12年のストーリーがひとつの段階に達し、
ここから新しい12年のストーリーが幕を開ける、
というようなタイミングです。
自分を変革するときであり、
生まれ変わるように新しい力を手に入れる時でもあります。
2014年半ばから2015年半ばにかけて、
全く新しい世界に飛び込む人もいれば、
引越や転職、結婚や出産他、
人生における「大きな、目立った出来事」を何かしら、
経験する人が少なくないでしょう。
「これまで」が終わり、「これから」が始まる節目ですから、
新しいことに向かう不安感や、
慣れたものから離れる辛さを感じる場面もあるかもしれません。
でも、ここではつねに、新しいものが選択されていきます。
過去12年をかけて成長を遂げた「今の自分」にふさわしいものを、
この時期、新たに選び取っていくことになるわけです。


この、12年に1度の「自己変革」の季節は決して、
貴方個人だけの範囲に収まるものではありません。
特に、貴方を取り巻く身近な人間関係や環境から受けとるものが、
この時期の「転換」に強く作用しているはずです。
身近な人に対する役割が変わったり、
背負うものが増えたりするかもしれませんが、
これは貴方を制限するものではなく、
むしろ「新しい自分になる」ことの一部であり、
それを後押ししてくれる条件だろうと思います。
人がブツブツと切り離された個人としてだけ存在しているのではない、
ということを、
この時期にも、実感することになるはずです。


思うに、私たちは様々な「神話」の中で生きています。
たとえば、「目上」と「目下」や、組織や社会でのヒエラルキー、
地域に根付いた階級制、嫁姑といったものにいたるまで、
その「枠」にはまり込んでしまえば
その枠にふさわしい関係で関わらなければなりません。
もし、街角で、全くの個人として出会ったなら決して起こらないようなことが、
こうした関係の中では頻発します。
2012年頃から、
獅子座の人々は因襲や文化に根ざした様々な「制度」の中に足を踏み入れ、
その場に生起することを学ぶとともに、
冷静な疑問を投げかけたり、
それを選び取るかどうか悩んだりしてきたのではないかと思います。
2014年はそうした「因襲」の世界での学習を一段落する時期なのですが、
そこでは単に「学び、受け入れる」だけでなく、
不必要なものは排除したり、
自分やそこにいる人々を苦しめるものと対決したりすることで、
今の貴方にふさわしい世界を作ることができるタイミングと言えます。
そこでは、ただ古いものを切り捨てるのではなく、
その一方で、自分の自由な生き方を押さえ込むのでもない、
貴方ならではのクリエイティブな作業が進められるはずです。
2014年は、
そんな貴方の考え方や方針を受け入れてくれる「味方」にも
恵まれるでしょう。


時期的なことを少し申しますと、
まず1月は早々に、
頼まれ事が多いかもしれません。
中には、頼まれたことが意外にも自分に「合っている」ことを
発見する人もいそうです。
月の半ばからは、人と会う機会が多くなるでしょう。
特に2月にかけて「再会」の気配が濃厚です。


2月は、1月までに体調が悪かった人は「復調」に転じる時です。
とはいえ、ここは全体に物事の進み方が遅く、
特に獅子座の人にとっては、
人との行き違いや誤解が生じやすいかもしれません。
アポイントがころころ変わったり、
ドタキャンになったりするかもしれませんが、
これは、本質的な問題ではありません。
3月になると、こうしたややこしさは収まり、
スムーズに流れ出すようになるはずです。


3月は人と関わるのが楽しくなっていきます。
パートナーシップに明るい光が射し込みますし、
魅力的な出会いの気配もあります。
人から「知恵を授かる」機会も増えそうです。
この時期はどこか、
「人のリズムに合わせる」「相手に呼吸を合わせる」ような方針が
功を奏するところがあるかもしれません。
自分からゴリゴリ押すのではなく、
相手のアクションを待って一呼吸置くと、
楽しくなっていきそうです。


4月は星座を問わず、
大きな転換点となっています。
獅子座の人は特に、未知のもの、普段触れないようなもの、
行ったことがない場所などに、
突然アクセスできるようになるかもしれません。
突発的な出張や旅行、移転などの気配がしています。
また、意外性の強い朗報が飛び込んできたり、
思いがけず自分の心の奥深くにある大切なことを、
誰かに語ることになるかもしれません。
4月末は、
そうした経緯から新しい具体的目標が生まれそうです。


5月は「家の中のこと」「過去のこと」に
スポットライトが当たるかもしれません。
貴方の居場所や身近な人々が、
ずっと以前から継承してきたものを「棚卸し」し、
新しい風を当てて、
現在に合った形に作り直すようなタイミングです。
これをきっかけに、
身近な人と活発に議論を交わすようになるかもしれませんが、
そこできちんと
「あるべきものがあるべきところに」片付いていくでしょう。


6月は「旧交を温める」ようなタイミングです。
古い友達に再会したり、
かつての仲間とチームを「再結成」したりすることになるでしょう。
ちょっとしたチャンスに恵まれる気配もあります。


7月は、どの星座にとっても「節目」のタイミングですが、
12星座中最も大きな「扉」を開けることになるのが
他ならぬ獅子座です。
約12年に1度めぐってくる星・木星が、
貴方の星座にはいってくるのです。
ここから2015年中程まで
、大きな自己変革の時間が続きます。
過去12年ほどの中で起こったことを総括し、
この先12年の物語をスタートさせるためのアクションを
起こすことになるでしょう。
7月は同時に、
これまで賑やかだった「議論」が収束するタイミングでもあります。
また、フットワーク良く動いていた人は、
ホームグラウンドにもどることになるかもしれません。


8月は、最も身近な世界が活性化します。
引越やリフォーム、模様替えなど、
「普段の景色」が様変わりするようなイベントが発生するかもしれません。
あるいは、家の中にじっとしていず「旅をねぐら」とする人もいるでしょう。
家族の誰かが人生の転機を迎え、
それをサポートするために貴方も生活習慣を変える、
というようなことも起こるかもしれません。
環境に新しい風が吹きこむことによって、
貴方の心の中の風景も、一変していきます。


9月から10月は、情熱と創造の季節です。
この時期はめいっぱい自由に自己主張できますし、
創造的な活動に打ち込むことも可能になります。「
やりたいことをするので忙しい」タイミングです。
非常に官能的な時期でもあり、
魅惑的な誘いに事欠かないかもしれませんが、
一時的な情熱に流されて大切なものを失わないよう、
注意も必要です。
とはいえ、この時期は獅子座の人にとって、
大いなる追い風が吹く時期と言えます。
行きたい場所に行き、やりたいことをやり、
自分が自分である事を自ら確かめに行くような、
とてもアクティブで力強い季節なのです。
様々なチャンスがめぐってくるでしょうし、
愛や意欲が高揚し、
いくつかの望みを叶えることもできると思います。


11月は多忙な時期です。
10月から一転して「やらなければならないこと」で
てんてこ舞いになるかもしれません。
貴方を必要とする人がたくさんいて、
一つ一つの要望に「熱く」応えて行くことになるでしょう。
一方、普段のルーティンワークや請け負っている役割が
「自分に合わない」と感じている人は、
ここで転職や異動、方針転換ができそうです。
自分に合った任務や生活習慣を、
長く楽しく走れる形に調整する作業を、
ここで一気に進めていけます。


12月は人間関係が「熱い」時期となっています。
人に会う機会が増えますし、
刺激的な出会いも期待できます。
その一方で、タフな交渉事が発生したり、
「勝負」しなければ成らない場面もあるかもしれません。
ここではぶつかりあうことを回避せず、
膿をしっかり出して、関係を正常化することが可能です。
ただし、勢い余って簡単に
「別れる」「終わりにする」などの言葉を使ってしまうと、
望まない結果に着地してしまう可能性もあります。
相手を試すようなつもりで極端な表現をすることは、
裏目にでやすいはずです。
自分の「本心」を踏まえ、
「試合に勝って勝負に負ける」ようなことにならないようにしたいところです。


愛情関係については、
年の前半は不思議と「過去」に目が向かうかもしれません。
一度失った愛が復活したり、
過ぎ去った愛から多くを学んだりできる時期となっています。
この時期は、貴方の弱みや隠し持った痛みなどが、
愛と強く結びつく傾向があります。
普段は強い所ばかり見せてしまう貴方ですが、
ここは自分の内なるものを直視し、
弱さや未熟さ、さびしさや無力感などを認めた上で、
愛の世界においてそのことを肯定するようにすると、
相手の内なるものに触れるきっかけをつかめるでしょう。
誰もが知っているとおり、愛の道筋は危険で一杯です。
自分の内なる弱さが他者という「外の世界」に持ち出されることが、
その危険の由縁ですが、
本当に愛を求めるならば、これを避けて通ることはできません。
強くあろうとするより、弱さを認めること。
過去の物語の中にある、涙を認めること。
これらのことが、この時期の貴方の愛の「養分」となるはずです。

愛に強い追い風が吹くのは5月、
8月半ばから9月上旬、11月半ばから12月上旬です。
12月の月末以降、貴方はじっくり手間暇かけて、
丈夫な愛の城を「構築する」ような時期へと入って行きます。
愛を学び、愛の前で自分と戦い、
信頼と誠実という言葉のふさわしい愛を、
ひとつひとつ石を積んで高い石垣をつくるようにして作る時期が、
2015年からの時間帯です。
そうした季節を前にして、2014年に自分の内なる繊細さ、
脆さを受け止めておくことは、
とても大きな意味があると思います。


2014年後半に貴方の星座にめぐる星・木星は、
古くから「グレート・ベネフィック(大吉星)」と呼ばれ、
幸運をもたらすと考えられてきました。
ゆえに、多くの占いでは「幸運な時期」と書かれています。
でも、私が思うに、
木星は「その1年だけを幸福にしてくれる星」ではないのです。
そうではなく、ここから12年という時間をかけて新たに育てていける、
「幸福の種」をくれる星なのだと思います。
一時的に、何の苦労もなくいられる時間があったとして、
それは本当に「幸運」でしょうか。
木星が教える「幸運」は、そんな軽々しいものではなく、
もっと長い時間に、
貴方の中に根を下ろして育つ大樹のような姿をしています。
小さな種をもらったときには、
その「幸福の大樹」の姿が想像もつかないかもしれません。
でも、2014年後半から2015年前半にかけて貴方が手に入れるものはたしかに、
他ならぬ「幸運の種」なのです。








2014年占いのtopをねらえ。

topをねらえ。