2014年 うお座の空模様。





「クリエイティブな活動」は、
「正解」のない世界で、自分なりの答えを出し、
その答えによって外の世界になにかをつくり出し、
あるいは実現する活動です。
これは一見、自分一人の世界だけで完結しそうに思われます。
実際、人に見せずに自分のプライベートな世界だけで、
クリエイティブな活動を楽しんでいる人もいます。
でも、ある見方をすれば、これは必ずしも、
創造的活動がちゃんと「完結した」とは
言えないところもあるように思います。


たとえば、ある人が1枚の絵を描いたとします。
この絵を多くの人が馬鹿にしましたが、たった一人だけ、
「この絵は、自分のために書かれたものだ」
と感じました。
このとき、この絵の「創造性」は、
一つの完結を見たと言える気がするのです。
一方、誰もその絵を気に入ることがなかったなら、
その創造性は、作り手たった一人の心の中にしか顕現しません。
それでよし、とすることもできますが、
何となく物足りないものが残ります。


これは「他人の機嫌をとれ」という意味ではありません。
創造性はあくまで、
自分の内なる要請から生まれるものだと思います。
でも、そうした、人のご機嫌取りではない、
ひたすらな「内なる要請」が、
全くの他人の心に強く響き、
時には「この絵は私のために描かれたのだ」とさえ思えることがあるのは、
いかにも神秘的なことです。
このことは決して珍しいことではありません。
マーケティングに寄らず、誰の作為にも寄らないものに、
突然大勢の人が夢中になることがあります。
大人気を博しているアーティストがいて、
そのファンは皆
「あのアーティストの本当の良さは、
自分だけにしか解らないのだ」
と信じていることさえあります。


2013年後半から2014年前半にかけて、
魚座の人々は愛と創造の世界を生きています。
この「愛と創造」は決して、
貴方の心の中だけにとどまり、
貴方だけを充足させるようなものではありません。
この時期の「愛と創造」は、
前述のような「受取手」が確かに存在する、
真にクリエイティブな活動だろうと思います。
貴方の愛や創造性はこの時期、
他者や外界としっかり、
魔法のような結びつきで結ばれています。


自分が不意に恋した相手が、
自分のことを同じように好きになってくれるなどというのは、
ほとんど奇跡のような事柄です。
でも、前述の
「一枚の絵画と、それを自分のためのものだと思った人」
の関係のように、
お互いに恋しあう奇跡は、たくさん実現しています。
「奇跡」だなんて大袈裟すぎると思われるかもしれませんが、
考えれば考えるほど、
創造性や愛が、他者によって「受けとられる」ことは、
実に不思議な出来事です。
この不思議な世界を、
2014年前半の魚座の人々は、
身をもって体験することになるはずです。
2014年前半、魚座の世界は官能的で、情熱的で、本源的で、
社交的な車間距離はほとんど守られないでしょう。



年の後半、魚座の人は新しい役割を得る為のプロセスに入ります。
年の前半までが「自分のために生きる」時期であるとするなら、
年の後半は「誰かのために生きる」時期となっています。
このプロセスが、前半までの「愛」と結びついている可能性も高いと思います。
即ち、人は誰かを愛すると、相手のために何ができるかを考えます。
そこに、新しい役割が生まれる可能性もあるというわけです。


2012年頃から、魚座の人はごく専門的なこと、
あるいは非常に高度なこと、精神的な高さを目指すようなことを、
学び続けて来たのではないかと思います。
人間的に鍛えられ、キャパシティを拡げ、
今までよりも多くのことを深く理解する力を得てきたはずです。
でも、これらの体験にはどこか、
「現世」とは離れたところがあったかもしれません。
上へ上へと目指し、山の頂点に達したとき、
その裾野に広がる町の美しさを見て、
はっとする人も多いと思うのです。


2014年後半から2015年前半にかけて、
魚座の人はこんな物語を歩むことになるかもしれません。
すなわち。


仙人になることをめざして高い山に登ったひとが、
修行を積んでめでたく仙人になりました。
仙人としての力を得たところで、
この人はこの力を何に使うべきか、とくと考えました。
山の上から、人々が住む街や村を眺めながら、仙人は
「この超人的な力を、あの人々のために使おう」
と思い決め、やおら山を下りて、
市井に交わって生きたのでした。


2012年頃から貴方が積み重ねて来た知識や経験を、
これから「誰のために使うか」が、
2014年後半からのテーマとなっています。
仙人のように「超人的な力」とまではいかないかもしれませんが、
ここまでに貴方が培った力を、必要としている人々がいることに、
この時期、気づかされると思います。
人を助けたり、サポートしたり、導いたり、
あるいはその他様々なニーズに応えるために、
貴方はこれまでいた場所から少し低い場所に、
下りていくことになるのかもしれません。
心から充実できる新しい役割が、
そこで貴方を待っているようです。




時期的なことを少し申しますと、
1月は年明け早々、
新しい計画が幾つも持ち上がるかもしれません。
仲間から嬉しいオファーが寄せられたり、
友達と会う約束が幾つもできたりしそうです。
人間関係が広がるきっかけをつかめそうな年明けです。
1月の中程から2月にかけて、
「過去」に目が向かうかもしれません。
失われたものを取り戻したり、
やり残したことに再チャレンジしたりする人もいるでしょう。
なにかが目に見えないところで「復活」する気配もあります。


3月はとても賑やかで忙しいタイミングです。
あちこちから声がかかり、
忙しく動き回ることになるでしょう。
この時期の忙しさには刺激と楽しさ、明るいリズムがともなっていて、
勢いが感じられるはずです。


4月は星座を問わず大きな転換点となりそうなタイミングです。
魚座の人にとっては特に、
経済的な面で変動が大きいかもしれません。
臨時収入があったり、大きな買い物をしたりと、
出る方にも入る方にも、意外性とボリュームがあります。
突然「どうしても欲しい!」と思えるものに出会う人もいるかもしれません。
また、愛についても重要な転機が訪れる可能性があります。
経済的な活動を介して出会いがめぐってくるようなことも、
もしかしたらあるかもしれません。
4月末、不思議な朗報が飛び込んで来る気配があります。


5月は大きなうねりの中にある時期です。
自分から意識して動いている感覚がないのに、
自然と「あるべき方向」に向かって
動かされていくような感じがするかもしれません。
愛情と知恵とが貴方をサポートし、
どんなに遠い場所にでも行けそうな、
とても骨太な追い風が吹くタイミングです。
経済的な混乱に見舞われていた人は、
ここから混乱解消の気配が感じ取れます。


6月は居場所や身近な所に、
ゴタゴタした感じが起こるかもしれません。
久々に実家に帰ったり、
普段構わない身近なことに力を注いだりする人もいるでしょう。
家族にじっくり時間をかけて向き合ったり、
身の回りをしっかり整理したりするのにも良い時期です。


7月はどの星座にとっても
「新しい時間への扉」が置かれているタイミングです。
魚座の人はここで、「愛と創造」の世界から、
「担うべき役割」の世界へと入って行きます。
「担うべき役割」の季節は、2015年夏まで続いていきます。
一方、経済的な問題を抱えていた人は、
ここで問題が収束するでしょう。


8月から9月は遠く旅に出る人も多いかもしれません。
折しも夏休みですが、
この時期はいつもよりもスケールの大きな冒険の旅に出かけるか、
あるいは「遠征」を試みる人もいると思います。
この時期に勉強に打ち込む人も少なくないでしょう。
外の世界に目が向き、アクティブに動いていけるタイミングです。


9月半ばから10月にかけては、
非常に忙しい時期となっています。
大きなチャンスがめぐってきたり、
自ら勝負を挑んだりできる
「熱い」チャレンジの時期なのです。
この時期のチャレンジは、
貴方の新しい役割を創造する意味も持っています。
たとえば、ここで「勝負」をかけた結果として、
望んだポジションをゲットできる、という人も少なくないはずです。
10月末には、遠くから素敵なメッセージが舞い込むかもしれません。


11月は未来を思い描くタイミングです。
10月までに出した具体的な成果をうけて、
ここから遠い未来の夢を描くことが出来るようになるのです。
新しい友達ができたり、
夢を共有できる仲間に恵まれたりする時期でもあります。
少し肩の力を抜いて、
ロングスパンで物事を考えられるようになります。


12月は「隠れたもの」に目が向かうかもしれません。
周囲の人からは見えない部分で、
深く探究すべきテーマが目の前に置かれます。
過去におこったことや慢性的にかかえている問題と向き合い、
それを「自分のものにする」ことができる時期です。
この時期の内なる格闘は、
貴方の周りに広がる人間関係や出来事にも、
目に見えない強い影響を及ぼします。
ずっと目を背けていたことに目を向けるところから、
素晴らしい物語が始まる可能性もあります。
この作業は、ごく密かに進められますが、
おそらく、貴方を心から理解してサポートし、コミットしてくれる存在が
ちゃんと、そばにあるはずです。




愛情関係については、
冒頭から書いたことがそのまま当てはまります。
2014年の夏までに、新しい愛を得る人もいれば、
結婚や出産など、
愛の大事な局面を体験する人も少なくないでしょう。
既にパートナーがいる人にとっても、
愛が活性化する素晴らしい季節となるはずです。


一方、愛について誤解していたり、
未熟な愛の世界にいたりする人にとっては、
愛について学ぶ機会がたくさん、
めぐってくるだろうと思います。
愛を「受け取れるもの」と考えている人は、
それを転換しなければならないような出来事を
体験することになるかもしれません。
それでも、その経験を経ることで、
「愛する力」を確かに得て、
新しい会いに向かって行くチャンスを掴むことができるでしょう。


年の後半からは、
「愛においてできること」
「愛する人のためにできること」
を模索する時期に入ります。
ただ「尽くす」というイメージではなく、
真に相手の人生に益することとはなにか、を、
色々な面から考えていくことになると思います。
また、自分で自分を生かす力についても、
考えさせられることになるかもしれません。
愛する人のために何ができるか、を考える時、
まず、自分が自分の足で立っているかどうかが問われます。
自分の足で立つということは、
必ずしも、「人に頼らない」ということを意味しません。
そうではなく、責任持って人に頼り、
自分の意志で自分を充実させて生きることができるかどうか、が
問われることになるわけです。


こまやかな感受性や柔軟さ、
自分と相手の現実をすりあわせていく粘り強さが、
この時期、魚座の愛の世界で育っていきます。
それは愛に関してだけでなく、
他のすべてのことに、
好ましい影響を及ぼすだろうと思います。


愛に追い風が吹くのは7月16日までずっとですが、
特に4月から5月頭、7月半ばから8月半ば、
9月、10月末から11月中旬に、
嬉しい出来事が起こりそうです。




2014年の、魚座の人々に「愛と創造」を促す星の配置について、
ある本にはこんなことが書かれていました。
「愛についてこの時期、
かつて夢見た以上のことを教えられるだろう」。
私たちは「愛」というものに限りない夢を描きます。
守ってくれる力、認めてくれる力、世話してくれる力、
甘やかしてくれる力、充たしてくれる力、望みを叶えてくれる力。
そうした力が全部集まって、
「愛」ができているだろうと想像します。
でも、実際のところ、
愛の世界はそうしたものとはかけ離れています。
努力しなければならないこと、自分と戦わなければならない場面、
リスクを負う覚悟、愛の周辺にあるものを理解し受け止める胆力。
愛の夢とは正反対のシビアな世界が、そこに待っています。
クリエイティブな活動もそうで、
多くの親が「アーティストになりたい」という子供を引き留め、反対します。
お前が思うような楽しいだけの世界ではないよ、といさめます。


それでも、愛し、創造することには意味がある。
2014年が終わる頃、
魚座の人はそう考えているだろうと思います。
愛の世界に「現実に」あるものをくまなく味わって、
そこに「夢見た」ものを遙かに超える力強いものを、
魚座の人はこの時期、手に入れることになるからです。







2014年占いのtopをねらえ。

topをねらえ。