2014年 おうし座の空模様。





山を登っている最中、
「山の頂上」はなかなか、見えません。
誰かと出会ったとき、その人とずっと関われるのか、
それともその場だけで終わってしまうのかは、
その場では決して、知ることができません。
でも、私たちはつい、
山のてっぺんや遠い未来などを、
目をこらして見ようとがんばります。
そして、それがどうしても見えないことに不安を感じ、焦り、
なにか不可解な力に絡め取られるように、
足元をぐらぐらさせてしまうこともあります。


2014年は、
そんな「見えないもの」に目をこらすことを一旦棚に上げて、
「既に見えているものをじっくり見つめる」ことに力を注ぐときです。
足元にあるもの、身近にあるもの、
周囲から聞こえてくる声、既に解っている道順。
そうしたものは一見、ありふれて退屈に思えますが、
「ありふれて退屈なものだ」という先入観が、
見えなくしている部分もあります。
私たちは、何かを「ありふれたものだ」とおもうと、
それを注視することをやめてしまいます。
何か名前を付けたり、型にはめたりして、「わかった」ことにして、
「次」にいこうとします。
そこで、「ありふれたもの」が持っている宝物を見過ごしてしまうのです。


2014年、とくに前半は、
牡牛座の人は「目の前にあるもの」を手掛かりに、
冒険を展開して行きます。
これは決して、
この時期の冒険が小さな世界に押し込められている
という意味ではありません。
そうではなく、たとえば
「次にどこに向かえば良いか」という指令書のようなものが、
いつもごく近くの、普段通りの、
慣れ親しんだ場所に落ちている、ということなのです。


得た知識を、自分の眼前にある体験と結びつけること。
すでに知っている人の何気ない話に、耳を澄ますこと。
一度出かけた場所に、もう一度出かけてみること。
一度体験したことを、くり返し体験してみること。
手元にあるメッセージを細部まで読み込み、
隠された秘密をデコードすること。
こうした作業が
、2014年の牡牛座の世界では、とても重要だと思います。
あちこち出かけていく機会も増えますが、
そこれは「全く自分の知らないことに出会う」のではなく、
すでに知っている自分の世界と、
新たに出かけていく世界とを、
結びつけるような作業が発生するはずです。


「思考」は静的なイメージをまとっていて、
彫刻「考える人」も、頭を支えてじっと静止しています。
でも、「考え」は
そうした静止状態からだけ生まれてくるものではありません。
この時期の牡牛座の世界において、
アイデアや思考、発見は、いつも「動き」のなかから生まれてきます。
外に出かけていくこと。
言葉にして発信すること。
聞き取り、学び、うたい、心を動かすこと。
そうした「動き」が、「考え」を作り上げていきます。


2014年後半、牡牛座の人は
「自分を守ってくれる力」「居場所」を作る季節に入っていきます。
ここから2015年半ばにかけて、
家族を得たり、新しい家や部屋を得たり、
環境を刷新したりする人も少なくないでしょう。
外に出て戦うための「ベースキャンプ」を作るような作業が、
この時期の大きなテーマとなっています。


不動産など物理的な「居場所」を作る流れも強いのですが、
同時に、人を守る場所は「人」でできています。
2012年頃から、牡牛座の人は「他者」との関わりを、
時間をかけて慎重に、時には自分を制限しながら、
作り続けてきたのではないかと思います。
これは言わば、
「長い時間をかけて関わっていける関係を選択し、構築する」
というイメージの作業でした。
たとえば、仕事においてある種の「専属契約」や「顧問契約」などを結ぶ時、
その相手はごく慎重に選ばなければなりません。
なぜなら、その関係が長い期間にわたって自分を理解し、守り、
強くしてくれることになるからです。
ある種の人間関係は、人を守ります。
場合にも寄りますが、
人は、たった一人で行動するときよりも、
2人、3人で行動する時のほうが、
外界に対して「強い」状態に置かれます。
2012年頃から、牡牛座の人はそうした、
自分の生き方をいい意味で強化し守る力を持つような、
長い時間を見越した人間関係を、
誠実に選択しようとしてきたのだろうと思うのです。
この作業は、2014年の年末に一段落し、2015年の中で収束します。
つまり、信頼できる確かな人間関係が「できあがる」時期なのです。


「長期にわたって信じられる関係ができあがる」タイミングと、
「居場所を作る」タイミングとが不思議と重なっているのが、
この2014年後半から2015年という時期です。
これを実現するために、2014年前半に展開するコミュニケーションが、
大きな意味を持ちます。
2013年後半から2014年前半は、
いつもよりずっと「人と話す」機会が多くなると思います。
このコミュニケーションが層状に積み重ねられたところに、
前述のような、居場所とも盾ともなってくれる関係が生まれる可能性も、
少なくないと思います。
誰かが貴方にとっての居場所であり、盾であるなら、
貴方自身もまた、相手にとっての居場所とも盾ともなることができます。


こうした関係が、公私ともに作られていく中で、
貴方は何度か、冒頭に述べた「山のてっぺん」を見上げるのかもしれません。
目の前にあることを自分の体験と結びつけ、
「動き」から「思考」を作り上げるプロセスを進むうちに、
「てっぺん」の様子は次第に鮮明に、
貴方の視界に入ってくるだろうと思います。


時期的なことを少し申しますと、
まず1月は「遠い場所」とのやりとりがスタートしそうです。
自分で旅に出たり、
遠くから誰かが訪ねて来たりと、わくわくするような出来事が起こりそうです。
月の半ばからは、明確な目標を前にして気合いが入りそうです。
ここから3月くらいまでにまたがって
ミッションの「仕上げ」をする人もいるでしょう。
この間、かなり忙しくなりますが、雑多さもありますので、
優先順位を意識することが必要になるかもしれません。


2月は星座を問わず、物事の進み具合が少し遅くなります。
特に牡牛座の人にとっては、
仕事や対外的な活動の面で
「見直し」「待ち」「棚上げ」「行き違い」
などが起こりやすくなるかもしれません。
ここは慌てず、じっくり時間をかけて進むことで、
かえって状況を好転させることができます。
一方、遠方とのやりとりで待ち時間が生じていた人にとっては、
2月は「復調」のタイミングとなります。
勉強で滞っていた部分も、解消されるでしょう。
何が問題だったのかがわかり、
その問題を遡って解きほぐすことで、
全体の流れをスムーズにできるかもしれません。


3月は勢いのある、活発なタイミングです。
自然なリズムが出てきて、未来に大きな希望が持てるでしょう。
人間関係も新鮮な広がりを見せますし、
仕事や対外的な活動においては、
華やかなチャンスがめぐってくる気配もあります。
立場を気にせず、いろいろな人に声をかけ、
人間関係を拡げることで、自分も得る者が大きいだろうと思います。


4月はどの星座の人にとっても、
かなりインパクトの強い転機となっています。
牡牛座の人にとっては、特に
「担うこと」「誰かのためにやっていること」に
スポットライトが当たるかもしれません。
肩書きや責任の範囲が変わったり、
誰かのために盛大に「尽力」することになったりするかもしれません。
あるいは、日ごろ担っていることの重みが過剰な人は、
ここで任務をきちんと整理し、適正化することもできるはずです。
ここまでに無理を重ねてしまっていると、
ここで体調不良などを起こす可能性もあると思います。
それをきっかけに、日ごろのムリを見直し、
長く心地良く走れる体制を作ることもできるはずです。
4月末は、どこか神秘的な出来事が起こるかもしれません。
自分がこれからどこに向かって行くのか、
未来をちょっとだけ垣間見ることができるような、
面白い出来事が起こりそうです。
この出来事をきっかけに、
新しいミッションをスタートさせる人もいるでしょう。


5月は骨太なコミュニケーションが重ねられていきます。
ここで「満を持して」計画を実行に移す人もいるかもしれません。
ここでの動きは、
2013年後半からの流れの「仕上げ」のような趣があります。
交渉や相談の末、大切な約束を結ぶ人もいるでしょう。
誰かにとっての自分の存在の大きさを、
あるできごとを通して実感させられることもあるかもしれません。
パートナーがいる人は、
相手とじっくり語り合う時間が必要になりそうです。
小さなことから大きなことまで、
きちんとすりあわせることが大切です。
普段言わないままに甘えてしまっていたことをここで
「ハッキリさせ、理解し合う」ことができそうです。


6月は経済的に少々もたつきが感じられるかもしれません。
ただ、これは単に時間的な流れなので、
問題があってもタイムラグのあとに、
自然に収束していくでしょう。
一方、日ごろの誤解をただしたり、
矛盾を洗い直して軌道修正したりするのに良い時期です。
なくしたとおもっていたものが戻ってくる可能性もあります。


7月はどの星座にとっても「時間の転換点」です。
2013年後半からの流れがここで一段落し、
新しい時間へと入って行くタイミングです。
牡牛座の人はここから
「居場所」を作る時間へと入って行きます。
同時に、ここまではどこか「やらなければならないことをやる」という責任感、
義務感に縛られていたのが、
ここからふわりと解放されるかもしれません。
とはいえ、「自分の好きなことができる自由な時間に入る!」という感じではなく、
むしろ、
「自分が心から好きだと思える人のために動くことができるようになる」
ということかもしれません。
単に社会的責任や義務を果たすのではなく、
携わるテーマを自ら好みで選択できる時間に入る、
というイメージです。


8月は人間関係に熱がこもります。
刺激的な出会いがありそうですし、
その一方で、人とぶつかりあうこともあるかもしれません。
この衝突は決して悪いものではなく、むしろ、
是非ともぶつかっておく必要があるもののように見えます。
言いたいことを言い、膿を出してしまうことで、
人間関係はリフレッシュし、
絆を強めることができるでしょう。
ただし、「勢い余って」しまいやすいときでもあるので、
相手を試そうとしたり、
言葉尻を捉えたりして、極端なことを言うと、
後で後悔することになるかもしれません。
牡牛座の人は、一度怒りを発し、その怒りが暴走すると、
自分自身が怒りに縛られて、
身動きできなくなってしまうことがあります。
そうなると、本心では態度を変えたいのに、
怒りで自縄自縛となり、望まぬ結果を自ら掴んでしまう、
ということにもなりがちなようです。
挑発的な「ラストワード」には、十分な注意が必要です。


9月から10月は、
他人からは見えない「内側の世界」が活性化しています。
たとえば、家族や自室の中などは「内側の世界」の代表ですが、
そうしたプライベートな世界で
やっておかなければならないことがありそうです。
中には、過去の出来事と向き合い、
やり残したことに取り組む人もいるでしょう。
後悔や失敗を「昇華」するための作業を進める人も少なくなさそうです。
10月下旬、公私ともに、
素晴らしい出会いに恵まれる可能性があります。


11月は「旅」の気配が濃厚です。
どこか遠くに、導かれるように遠征する人が多いでしょう。
この時期は、出張や留学、取材旅行など、
目的を持った旅をする傾向があります。
あるいは、この時期に海外に移転する人もいそうです。
また、自分より若い人と関わったり、
教育的な活動に携わったりすることで、
刺激を受けることができるかもしれません。


12月は非常に忙しくなります。
目立つ立場に立たされて、
大活躍する人も多いでしょう。
チャンスを掴んだり、抜擢されたりする可能性もあります。
自分の可能性を試すために、
思い切って挑戦できるタイミングです。
そこから学べることも非常に多いはずです。
「師」と呼べる相手に出会えるかもしれません。



愛情関係については、
トキメキやわくわく感ではなく
、なにかもっと長い時間を渡っていける丈夫な石橋のような、
そんな関係を目指している時期だと思います。
2012年頃から特に、そうした関係をゆっくりじっくり、
少しずつ構築しつつある人が多いのではないでしょうか。
2014年後半には、そうした「前進」が一つの形をなし、
お互いの関係が「場」としての機能を持ちつつあることが
感じられるようになるでしょう。
「パートナーシップ」と「居場所」という2つのテーマが、
長期的に見て非常に強調されている時期なので、
2014年から2015年にかけて、
パートナーを得たり子供を得たり、
新しい家族を得たりする人も少なくないと思います。
それは「弾みで」とか「勢いで」といったうかつさのない、
とても誠実で、階段を一段一段上るようなプロセスであるはずです。

愛に追い風が吹くのは5月末から6月、9月、10月下旬から11月半ば、
そして12月中旬以降です。
4月末から5月頭、そして10月下旬に、
ドラマティックな出来事が起こるかもしれません。



2014年の年末は、過去二年ほどにわたった、
人間関係における一つの「山越え」が出口に至るタイミングとなっています。
このところずっと人間関係に緊張感があったり、
パートナーシップについての悩みを生きてきた人にとっては、2014年年末は、
トンネルの出口が見えてくる、明るい瞬間となるでしょう。
同時に、過去二年の中で自分と対話し、
時に自分の内なるものを抑制し、
あるいは自分の中にある現実誤認を解体しながら進んできた「関わり」の道のりが、
確かに意味のあるものだったと実感できるはずです。
貴方は非常に誠実な人で、時間をかけてものを作り、
作り上げたものを長い時間をかけて守り育て、
価値あるものとして人に手渡すことを
使命としているところがあると思います。
2012年から2014年に至る道のりは、
そのことを主に「他者との一対一の関係」の中で
実現した時間だったのではないでしょうか。
たくさんの人と関わった人もいれば、
たった一人の人間と関わった人もいると思いますが、
そこで紡がれていたのはいつも、
「貴方と相手」という、細く頼りない、
でも、キラキラと光を放つ一本の糸だったと思うのです。
最初はすぐにも切れそうな儚さだったのに、
いつのまにか、ちょっと引っ張ったくらいでは決して切れることのない、
丈夫な糸に仕上がったことが、年末、実感できるでしょう。
それは、貴方が、貴方の手で紡いだ糸で、
この先も決して、貴方を裏切ることはないだろうと思います。








2014年占いのtopをねらえ。

topをねらえ。