2015年 かに座の空模様。





「トレイン」は「列車」で、移動手段です。
これを動詞として、進行形にすると
「トレーニング」となります。
一つの場所から別の場所へと移動すること。
身体や能力を「改造」するような活動。
なるほど、イメージが重なるところもあります。

2014年まで、蟹座の人々は
「定める」「形にする」「まとめあげる」
ような作業に取り組んでいたのではないかと思います。
焼き菓子などを作るときは、
まず、グニャグニャしたタネをつくり、
これを成形して、熱や冷気などで固めていきます。
2012年頃から2014年に至る時間帯は、
この
「熱や冷気で固める」
ようなプロセスが多かったのではないかと思うのです。

そこでは、新しいものを外から取り込むことより、
既に集めてきたものに形を与え、安定させたり、
新しい道具を使いこなしたりすることが優先されます。
過去1,2年ほどの中で、
「だいたい形になったな」「安定してきたな」
と思えることが、いくつかあるのではないでしょうか。
「持ち歌」「持ちネタ」などのような武器が出来上がり、
こなれて馴染んだ動きができるようになってきたところが、
なにかしら、あるのではないかと思います。
これは、冒頭の話でいうならば、
「一つの場所」であり、「一つの状態」です。

2015年は、そこから移動のための電車に乗ることになります。
しっかりつくりあげた一つの場所を後にして、
これからつくりあげていきたい場所目指して
移動を開始するのです。
いきなり次の場所に到達するのではなく、
いったん「移動」というまとまった時間帯に入っていくのです。
ここでは、新しいものをどんどん取り入れたり、
一度固まったものをもう一度崩してみたり、
「これでいいのだ!」と思える鉄板の型を、
ゆるゆるぐずぐずと分解して、
「もっとちがうありようがあるんじゃないかな?」と
新しい要素や材料を探し始めるのです。

世の中には、ずっと絶え間なく勉強や訓練を続け、
自分を育て続けることができる人もいます。
でも、そうした人であっても、
いったん一つのことにとどまり、形にした後で
そこから離れて、また新しいものを探しに行く、
という「緩急」「波」はあるんじゃないかと思います。
それは、一旦作りあげた「形」を否定するようなことではなく、
季節が巡るサイクルのようなことなのだろうと思います。
たとえば、夏にたっぷりと太陽の光を浴びたからこそ、
秋の実りがあります。
季節はめまぐるしく移り変わりますが、
必ずその前の季節の盛りに起きたことを受け継ぎ、
それをメタモルフォーズさせています。
2015年の蟹座の人々は
今までやってきたことを失ったり否定したりするのではなく、
あくまで、季節の変化のように、
前の段階で蓄えた力を次の姿に変えるべく、
変容を選択しはじめる、ということなのだろうと思います。

たとえば、年齢をかさねるうち、
いつか、経験則だけに基づいて生きるようになり、
新しいものを否定ばかりしている人がいます。
その一方で、いくつになっても柔軟な心を持ち、
新しい時代に生起するものをすうっと吸収して、
価値観や思想を生き生きと変化させていく人もいます。
コチコチに固まった心や、既にある概念でみっしり詰まった心には
新しいものは、入っていきにくいものだろうと思うのです。
2015年の蟹座の人々は、
自分の中にあるものをゆるめたり、余裕を持たせたり、
やわらかく解したりすることになると思います。
疑問や不安感、なにかが足りないという感じ、
既にあるものをリリースしたいという気持ちなどが、
胸に湧いてくるかもしれません。
そうした思いは、いわば「心のスキマ」です。
ゆるくほぐれたスキマに何を入れるか、
味見したり、いろいろ吟味したりして、
迷いながら選び取っていくことになるでしょう。
何かを習い始めたり、訓練したり、
既に十分知っているはずのことを
もう一度、ゼロから学び直したりする人もいるかもしれません。
そのとき、これまでやってきたことが
別の意味や価値を持ち始めるかもしれません。

既に出来上がった形をちょっと緩め、
若々しい気持ちで新しいものを探し始めること。
これまで培ったものを、
別な形に「メタモルフォーズ」させていくこと。
このプロセス全体が、いわば、
ある地点から別の地点へと移動する「列車」です。
移動中はめまぐるしく景色が変わっていきますが、
それは不安定さではなく、
貴方の変容の可能性の大きさの証です。

 *********************

過去2年ほどの中で、
自己主張や自己表現を、厳しく抑制してきた人もいるようです。
思いや考えを表に出すことに疑問を感じ、
あるいは、不安や自信のなさに縛られていたかもしれません。
そうした抑制や縛りが、2015年、消えていきます。
これまで抑制してきた分、自分の表現や主張を
客観的に捉えることができるようになっているのではないでしょうか。
かつて、感情に押し流されるような形でしかできなかった「表現」を
今は、もっと自分のものとしてコントロールし、
理想に近い形で実現できるようになっているはずです。

好きなことをしたり、
自分の思うように行動したり、
イマジネーションを形にしたり。
そうした活動も、過去2年ほどの中では
なんとなくギクシャクしていたのではないかと思います。
2015年は、そのギクシャク感から自由になり、
もっとストレートに、純粋に
物事を楽しみ、喜ぶことができるようになりそうです。

 *********************

2014年後半から2015年前半にかけて、
蟹座の人は自分の手で価値あるものを獲得するために、
精力的に行動していくことになります。
過去12年ほどをかけてやってきたことが実を結び、
それを収穫するような作業をする人も多いでしょう。
この収穫はここだけのものとはならず、
そこから種芋のような「次への力」をちゃんと確保し、
さらに次回の収穫への道筋をつけることもできるはずです。

そして、2015年の後半からは、
収穫したものを元手に、
取引の旅に出ることになるのです。
これは、前述の「形を崩す」ことに重なります。
自分が一旦確保したものを、
人が持っているものと交換していくとき、
真に「得たものを活かす」ことができます。
もう少し遡って、2013年からの流れを考えますと
2013年から2015年半ばまでは
「自分自身になる」「自分の中にあるものを最大にする」
ような時間帯だったと言えます。
2015年半ば以降は、これまでに培った「自分」を、
外界と交わらせるための準備を始めるような時間帯に入ります。
たとえば、外国に旅行をする直前には、
その国の挨拶やお礼の言い方など、
簡単な言葉を覚えたくなるものです。
この「外国に旅行をする直前」から「外国に足を踏み入れる」所までくらいが、
2015年後半からのプロセスのイメージです。

 *********************

[時期について]

年明けは、旧年中の活動への「レスポンス」を受けとることで
忙しくなるかもしれません。
価値ある贈り物をもらったり、人の情熱を感じたりできる時期です。
1月半ばから2月にかけて、かなり遠出することになるかもしれません。
あるいは逆に、遠くから誰かが訪ねて来てくれる可能性もあります。
未知の世界に触れることで、世界が広がりそうです。
または、かつて行った遠い場所に再訪する人もいるでしょう。
遠く離れた場所が「第二の故郷」となるかもしれません。

2月下旬から3月は、非常に忙しくなりそうです。
仕事や対外的な活動の場で、
大きなチャンスを掴む人もいるかもしれません。
高い評価を受けたり、
「勝負」に出たりできるタイミングです。
特に3月半ばは、ずっと続けて来たチャレンジに
最終的な結果が出る気配もあります。
その結果を受けて、思いがけない扉が開くかもしれません。

4月から5月半ばは、仲間との交流が活発になります。
一つの新しい「チーム」が出来上がりそうな時期です。
また、友達と会う機会が増えますし、
この時期で会った相手と意気投合し、親友になれるかもしれません。
人間関係が外側に広がっていく時期です。

5月半ばから6月にかけては、
裏方に回ったり、慢性的な問題の解決に取り組むなど、
人から見えないところで忙しくなりそうです。
パイプの詰まりを直すような作業を経て、
気持ちがスッキリと軽くなるでしょう。

6月末から8月頭は、「勝負」の雰囲気が漂っています。
自分から思い立って新しいことを始めたり、
自分を変えるための具体的な行動を起こしたりできる時です。
イメージチェンジや生活の変革も、
この時期ならスムーズにできるでしょう。
自分の力を試したり、自分を鍛えたりする人も多そうです。

8月から9月は、経済的に大きな動きが生じます。
すでに6月から経済的に大きな上昇気流の中にあり、
この気流は10月頭まで続いていくのですが、
その「ピーク」のような時間帯が、この夏に置かれています。
経済力を強化したい人や、欲しいものがある人にとっては、
チャンスが多く、嬉しいこともたくさん起こるでしょう。
ただ、この時期はお金の面でとても楽観的になりやすく、
物欲もいつもより嵩じる気配もあります。
「ある分だけ使う」「見栄のために使う」
ような使い方を続けていると、
上昇気流も乱気流に変わってしまうかもしれませんので、
「本当に必要なものは何なのか」を見極める目が大切です。
9月半ば、少々神秘的なメッセージを受けとることになるかもしれません。
貴方を深く理解してくれるだれかと、
大切なことを「語り始める」ようなタイミングです。

9月末から11月半ばは、
かなり「移動」が多くなりそうです。
あちこち出かけていって、いろいろ仕入れてくるタイミングです。
また、コミュニケーションもこの時期、非常に盛り上がりますし、
向学心に火がついて、勉強や研究に打ち込む人も少なくないでしょう。
新しい知識や情報、考え方などをどんどん仕入れて、
貴方自身の価値観と世界観がグレードアップしていきます。
また、9月末はずっと頑張って来たことが認められ、
意外な形で社会的な立場が変わるようなこともあるかもしれません。
10月半ば、熱いコミュニケーションを通して、
人間関係がぎゅっと濃くなる気配もあります。

11月半ばから12月にかけては、
「居場所」が動くかもしれません。
引越やリフォーム、模様替えなど、
環境変化が起こりやすい時間帯です。
また、家族構成が変わったり、
家族の誰かが転機を迎えることで、
サポートに回る貴方の生活も変化したりする可能性もあります。
「いつもの風景」が様変わりするような時間帯です。
12月はとても楽しいことが多そうな時期でもあります。
愛と遊び心に溢れる、かなり賑やかなクリスマスとなるでしょう。


 *********************

[愛について]

2012年頃から、愛について非常に抑制的だった人が
少なくないだろうと思うのです。
愛に対して臆病になっていたり、
少し「閉じこもって考えたい」という気持ちだったり、
愛するとはどういうことなのかよくわからなくなったり、
以前のような興奮をなぜか感じなくなったりした人も
もしかしたら、いたのではないかと思います。
そうした抑制や冷静さ、慎重さが、
2015年、段階的に解消していきます。
愛に対してふと、積極的になれたり、
今までできなかった愛情表現を
「試してみる」気になったりするかもしれません。
愛の世界における孤独感が薄れ、
自由な気分になれるかもしれません。

過去2年ほどのプロセスは、
愛の世界における義務や責任、誠実さといった「堅い」部分を、
時間をかけて育てるような意味を持っていました。
恋の興奮状態が過ぎた後に、育てるべき「愛」があっても、
それを育てる方法を知らなかったり、
面倒くさくなってしまったり、
恋の興奮にこだわりすぎたりしたために、
愛を育てきれずにいる人は、世の中に少なくありません。
そうした未熟さは、どんな人の中にも多少はあるものですが、
過去2年ほどの中で、貴方はそうした未熟な部分を
大きく成長させてきたのです。
過去と比べて、貴方の愛する力は、
2015年、飛躍的に丈夫に、分厚くなっていると思います。
懐の深さ、心の広さ、感情のタフさ。
水面で揺れる波の下に、
どっしりとゆるがない潮流のような愛を
2015年以降、誰かのために用いていけるだろうと思います。

2015年、愛に追い風が吹くのは、
3月半ばから4月半ば、5月から6月頭、12月などです。
さらにこれまで、
パートナーや恋人との関係と、
自分自身の野心とが、
何らかの形でぶつかり合っていた人は、
3月にその衝突が収束するのではないかと思います。

 *********************

「確保する」「根付かせる」「形にする」段階から、
「交換する」「解体する」「変容させる」段階へ。
2015年の蟹座の世界は、
とてもやわらかく、初々しく、
さわやかで、どこか賑やかな雰囲気に満ちています。
確信に満ちた話し方ではなく、
疑問を含んだ、どこか曖昧な話し方のほうが、
かえって相手の話を引き出したり、
議論の盛り上がりを生んだりすることもあります。
私たちは、わからないことに遭遇すると不安になるため、
すぐに物事を既存のテンプレートに当てはめて
「わかった気になる」傾向があります。
そして「わかった気になる」と、
それを直ぐに過去へと流し去り、忘れてしまうのです。
一方「わからないものをわからないままにしておく」と、
それを直ぐに忘れはてることは、なかなか、できません。
「わからない」ことに踏み込んでいく探究心がわき起こり、
深い思索や研究が始まります。
子どもから発せられた、素朴でちょっとユーモラスな質問が、
それを受けとった大人に、
哲学的な研究を促すこともあります。
2015年の蟹座の人々は、
そんな「素朴でちょっとユーモラスな質問」を自分に発し、
自分自身でそれに答えるべく、
考えたり勉強したり、
誰かに会いに行ったりするのではないかと思うのです。
そして、それを続けているうちに、
心や頭が、かつてよりもっと広く大きく、
世界を捉えるようになっていきます。
2015年に蟹座の人が乗り込む目に見えない列車は、
「次の場所」に向かって走り続けます。
列車が向かっている「次の場所」とは
「関わるべき人々のいる世界」であるはずです。





2015年占いのtopへ。

topへ。