2015年 やぎ座の空模様。





ある若い研究者が、ヨーロッパに留学した際
以前から尊敬していた高名な学者に偶然、知己を得て、
その部屋に招かれました。
その高名な学者はかなり歳を取っており、
あまり外に出ることもなくなっていました。
古いアパートの書斎に閉じこもり、
孤独な生活をしていると聞いていたので
研究者はおそるおそる、彼の自室を訪ねました。

世間から遠ざかった寂しい独り暮らし、
というイメージを描いていた彼は、
書斎を訪ねてみて、その先入観を覆されました。
書斎で彼を出迎えたその学者は、
溢れんばかりの知識と好奇心に満ち、
世の中の動きにも敏感に反応し、
実に生き生きと「生きて」いたのです。
彼の頭には今も新しいアイデアやイメージがこんこんと湧き出ていて
そのあたたかな感情と新鮮で豊かな知性に触れ、
若い研究者は、狭い書斎を壮大な宇宙のように感じたのでした。

私たちの精神や感覚、感情は、
そとがわから、その有様を捉えることができません。
ごく華やかで活動的な生活を送っている人の心が
砂漠のように乾ききっていることもあります。
激しく動き回っている人の精神が混濁、停滞していたり、
じっと座っている人の魂が古今の時空を自在に駆けていることもまた
珍しいことではありません。
人里離れて自分だけの世界を作り、
「隠者」「仙人」のような暮らしをしている人が
前述の学者のように、自由な精神世界を生きていることも
ごく普通に起こり得ることです。
2015年の山羊座の人が「隠遁する」と言いたいのではありません。
むしろ、外形的にはどんな状態におかれようとも、
その「精神の宇宙」が、外の世界に向かって
大きく拡大する時間帯に入ろうとしている、
ということが言いたいのです。

過去2,3年の中で、
貴方はかつてよりもずっと多くの
「人との交流」の中に身を置いていただろうと思います。
人と出会い、人に会いに行き、集団に揉まれ、
そのなかから自分の道を見つけようとしていたのではないでしょうか。
人に力を借りたり、人に力を貸したりすることも、
大きな意味では、一つの「修行」だったかもしれません。
他者は理解しがたい存在であると同時に、
自分自身の鏡のような存在でもあります。
人に接し、人に踏み込むところに、
貴方はずっと、自分自身を発見し続けて来たはずです。

2015年、他者との交流は、
今までとは少しちがった段階へとシフトしていきます。
おそらく、ここ2,3年のような「密着」感が薄れ、
もっと自由に、仙人が空を行くように交際できるようになっていくのです。
これは「関係が薄れる」「孤独になる」ということではありません。
たとえば、本当にふかく解り合った親友同士であれば、
遠く離ればなれになって、何年も会わなかったとしても、
お互いに結びついていることを信じ、
目に見えない精神的な交わりを保ち続けることができるものだと思います。
つきあいが浅く、まだ解り合えていないときの方が、
側にいる時間を必要とするものです。
関係が強くなったからこそ、自由に交われる状態。
2015年のパートナーシップや人間関係は、
そういう状態に到達するだろうと思います。

その一方で、
貴方の内なる精神世界の躍動が始まります。
この時期は実際、「世間から遠ざかる」どころか、
むしろ、旅をして未知の世界にどっぷりはまったり、
「師」について勉強や研究に没頭するなど、
「外に出る」機会が多くなるはずなのです。
前述の例で言えば、「高名な学者」よりは、
「留学中の若い研究者」のような生活のほうが、
山羊座のこの時期の雰囲気に当てはまっています。
物理的に未知の世界に身を置くことも
「広い宇宙を旅する」ことの1つです。
でも、この時期の山羊座の人々は更に、
学者が自由自在に時空を飛び回ったような、
「精神の宇宙」のひろがりをも、体験することになるでしょう。

そこでは、古い方法論や小さな価値観にこだわる気持ちが、
どんどん薄れて、消えていきます。
新しいことへの警戒心が薄れ、
幼い子どもの言葉も、偉い科学者の言葉も
区別することなく透明な心で受け止められるようになります。
なにより
「このやり方でなくては成功できない」
という思い込みから解放され、
いろいろなやり方を取り入れる心の余裕が生まれるのです。
このことは、自分の強みに新しい可能性をもたらすだけでなく
他者への理解力が一気に高まることを意味します。
「もっと他のやり方もあっていいのかもしれない」
という発想は、自然に
他者の心を開かせるカギとなるのです。

 *********************

2012年頃から、
未来に夢を描けないように感じられたり、
自分が向かって行くべき大きな方向性に自信が持てなくなったり、
将来のことを思い描くのが味気ないように感じられたり、
これからのことを悲観しきってしまったりしていた人も
少なくなかったのではないかと思います。

実際、私たちの抱く未来への夢や希望は、
厳しい現実に行く手を阻まれ、
シャボンの泡のように儚く消えてしまうもののほうが
ずっと多いのではないでしょうか。
夢を描いては夢に破れる、
という経験を子どもの頃から何度も積み重ねた結果、
夢や希望そのものが描けなくなってしまったとしても、
当たり前と言えば、当たり前のように思えます。

でも、2012年頃から2014年にかけて、
夢が味気なく灰色に見えていたのは
夢と現実のギャップに疲れていたから、では、
なかったのかもしれません。
たとえば、子どもの描く夢と、大人の描く夢は、
大きくちがっていると思います。
私たち自身が成長するに従って、
夢もまた、成長を遂げるものなのだろうと思うのです。
大人になれば、子どもの時の遊びは
それほど楽しく感じられません。
それと同じように、幼い夢が成熟した夢へと成長する、
そのプロセスの中にあったからこそ、
かつての夢が灰色に思えたのではないでしょうか。

2015年を境に、
山羊座の人々の夢と希望は、
明るい色彩を取り戻します。
未来はこんなふうにしたい、という光り輝く風景を
心に描くことができるようになりますし、
思い描くだけでなく、
それを現実に変えるべく、行動を起こすこともできるようになります。
大人の夢と子どもの夢の、もっとも大きな差は
それを実現する責任を負うかどうか
というところにあるのかもしれません。
2015年、山羊座の人は、
夢に終わらない夢を描く力を再生させることになるはずです。

 *********************

[時期について]

年明けは経済的な動きが大きいかもしれません。
お年玉のやりとりやお年賀など、
いつもよりも物質的、金銭的なやりとりが活発になりそうです。
1月の中程から2月にかけては、
外に出る機会が増えるでしょう。
フットワーク良く動き回り、
知識や情報、新しいアイテムなどを貪欲に集められます。
また、この時期は知的好奇心や向学心が活性化していて、
勉強や研究で大きな成果を出せそうです。

2月下旬から3月にかけては、
「居場所」に動きが起こりそうです。
家族構成が変わったり、
引越やリフォームなど、
物理的な条件が変化したりするかもしれません。
この時期は家の中に新しい要素がいろいろ、入ってきやすくなっています。
お客様が多かったり、愛の対象が家族に加わったり、
美しい家具を導入したりと、
風景がどんどん変化していくでしょう。
あるいは逆に、家にじっとしている暇も無くあちこち飛び回り、
「旅を住処」とする人もいるかもしれません。
この時期の「居場所」の変化は、
貴方の心の変化を映し出しています。
3月後半、心の扉をふと、開かれるような
神秘的なメッセージを受けとる人もいるようです。

4月から5月半ばにかけては、
とても楽しい季節となるでしょう。
やりたいことにとことん打ち込めるときです。
また、素晴らしい愛が開花するようなタイミングでもあります。
クリエイティブな活動に取り組んでいる人は、
大きなチャンスを掴むことができるかもしれません。
4月頭、これまでの努力が認められて、
社会的な立場が変わったり、
勲章のようなものを授かったりする人もいそうです。

5月半ばから6月は、かなり忙しくなるでしょう。
やらなければならないこと、
やりなおさなければならないことが
盛りだくさんの時間帯です。
この時期は特に、過去に遡ってもう一度、
自分がやってきたことを見直すような作業が発生します。
また、押し入れの中を片付けるような作業も、
必要になるかもしれません。
慢性的な問題を棚上げしていたり、
健康上の問題、生活習慣の問題などを抱えていたりする人は
ここで、根本的な問題解決に取り組めそうです。

7月から8月頭にかけては、
人間関係に熱がこもります。
魅力的で刺激の多い出会いに恵まれる一方で、
人との間に摩擦が起こる場面もあるかもしれません。
人の感情に巻き込まれて、
自分も感情を暴発させてしまうと
問題が大きくなる可能性もありますが、
権利や要望をはっきり主張することはとても大事です。
曖昧にしないこと、正面から向き合うことによって、
お互いの関係をかえって強化できるはずです。
交渉事も、ストレートに勝負して良い結果を出せそうです。

8月から9月にかけては、
誰かとのあいだに、とても深い関わりを経験することになるかもしれません。
貴重なものを譲り受けたり、
何らかの役割を「継承」することになったりするかもしれません。
引き継ぎの際には、知識だけでなく、
ある種の「思い」までをも受けとる場面があるでしょう。
人生のリレーのバトンを繋いでいくことを自覚する人も
多いだろうと思います。

10月から11月半ばにかけて、
旅に出ることになるかもしれません。
2015年8月から2016年の秋にかけての全体が
「旅の季節」と言っていいのですが、
この時期は特に、一つの山場と言えるタイミングです。
ここから遠く旅に出て、何ヶ月も旅し続ける人もいるでしょう。
また、勉強や研究のような形で、
物理的ではない、精神的な「旅」に出る人もいるかもしれません。
未知の世界に身を置いて、
世界と自分を再発見するプロセスがスタートします。

11月半ばから12月は、
社会的な立場が大きく変わるようなタイミングです。
新しい地位を得たり、独立したり、
大きなプロジェクトに挑戦したりする人もいるでしょう。
思い切って背伸びして、
今の自分にふさわしいステージに立てる時です。

 *********************

[愛について]

2015年の山羊座の愛は、
非常に官能的です。
深い欲望と感情がわき上がり、
それを誰かと融け合わせるような時間を
たくさん持つことができるでしょう。
また、この年の愛は、
とても創造的でもあります。
クリエイティブな愛、というと
なんだか奇妙な感じがするかもしれませんが、
たとえば、他人と「恋バナ」をしていても
どうも、ぴんときてもらえないような話ばかりが
口を突いて出てくるかもしれません。
そも、恋愛や愛情に「普通の形」などはないように思われます。
他人の恋愛話を聞いてびっくりさせられることが多いのは、
恋愛が非常に個別性の高いものだからです。
外形的にはどんなに「よくある話」でも、
愛の関係の中では、他人がびっくりするような
異様なことが必ずといっていいほど、起こっているものです。
クリエイティブ、というのは、
その人にしか出し得ない答えがそこにある
ということです。
驚くほど大きな矛盾を耐えて愛し合っている人もいれば、
びっくりするほど些細なことで別れてしまう人もいます。
そこには、他人には絶対にわからない優先順位や感情、官能が躍動しています。
2015年の山羊座の世界では、そうした
「自分ならでは」
「自分たちならでは」
のことが起こりやすいだろうと思うのです。
そこにこそ「お互いが出会った意味がある」と感じられる場面も
決して少なくないはずです

愛に大きな追い風が吹くのは、
3月半ばから4月、5月から6月頭、
9月末から11月頭です。
また、8月から9月は前述の通り、
非常に官能的な季節となっています。

 *********************

「専門性」という言葉は、
小さな石を一つずつ積み上げて、
高い壁や大きな城を創り上げるようなイメージで捉えられます。
でも、現実の「専門家」たちは、
どっしりとして動かない石壁のようには感じられません。
むしろ、柔軟で、開かれていて、
まだたくさんある「わからないこと」をじっと見つめています。
「自分には何もかもわかっている」と主張する専門家より、
「わからないこともたくさんあるんです」と言う専門家の方が
私たちは何となく「信用できる」と思います。
作風をずっと変えない芸術家もいるでしょうが、
高い評価を得ている芸術家ほど、
その人生において何度も、作風が変化していきます。
おそらく「専門性」や「芸術性」というものは
小さな石を少しずつ積んで、ある程度出来上がったなと思えたところで、
自らの手で破壊したくなるようなものなのかもしれません。
それは、たとえば、
子どもが積み木を積んで、時間をかけて丁寧に作ったお城を
自らの手で破壊して大喜びするのと似ています。
この時期の山羊座の人は、ひょっとすると
自分が創り上げて来たものを、ある意味「壊す」作業に
快感や興奮を感じるのかもしれません。
いわば、茶道などにおける「守破離」のイメージです。
未来への大きすぎる警戒心や悲観が解除されたとき、
私たちは新しいものを創ることに惹かれます。
2015年、山羊座の人は非常に大きな「未知の世界」へと足を踏み入れますが、
そこでは、なにかがゼロになってしまうのではなく
壊しては作りかえられる「専門性」や「芸術性」のような目に見えない、
しかし、確かに実体のある力が、
飛躍的に成長していくのだろうと思います。






2015年占いのtopへ。

topへ。