2012年 かに座の空模様。






たとえば
大きな、干上がってしまった池があるとします。
あらわになった池の底面のまんなかあたりに
ちいさな丸い穴があいています。
その穴を覗き込むと、かなり深い穴で、
穴の底の方には、まだわずかに水が溜まっています。
その穴の底の水たまりをよくよく見ると、
小さな魚が何匹か、静かに泳いでいるのが見えます。
その下には、カエルやカメなんかも、
もぞもぞ動いているようです。

この池は、一見、乾ききって失われたように見えるのですが
この穴の底を見る限り、
まだまだ、命が残っています。
穴がどのくらい深いのかは解りませんし、
穴の底は、もしかすると、地下水脈などにつながっていて
すぐに干上がってしまうことはないのかもしれません。

この様子は、2011年の終わり頃の蟹座の世界の
ほんの一面を表すために、私が考えた架空の風景です。
思うに、過去数年間、
激しい風や強い太陽光に照らされて、
生き生きと活動を続けてきた人が多いと思うのですが
その一方で、こんなふうに
風や熱にさらわれて、乾いてしまった部分が
あるのではないかと思ったのです。
とはいえ、その水場は完全に失われてしまったわけではなく、
まだこのように、小さな命や潤いが生きています。

2012年、蟹座の人たちは
この、瀕死の池に、なみなみと大量の水を
注ぎ込み始めることになるのではないかと思います。
水が池にたっぷりと波打つようになれば、
小さな穴の底に閉じこもっていた魚たちも
新鮮な水に満ちた広い世界に
どんどん、浮かび上がってくるはずなのです。
自分の中に失われてしまったかもしれない、と思えたその力が
また、いきいきとよみがえり、光を跳ね返し始めるのです。


過去数年にわたって続けて来た変革の道を、
蟹座の人たちは2012年も
勇ましく歩き続けるだろうと思います。
この道は短期間に終了するような道ではなく、
長く続く、シルクロードのような道なのです。
ですから、このことは既に貴方の日常に取り込まれてしまって
あまり肩に力を入れるような
「変革!前進!」
という意識は、最早湧かなくなっているだろうと思います。
2012年はそれとは別に、
新しい風が吹き始める年なのです。
これは、貴方がこれまで続けて来たフレッシュな変革とは全く別の、
人から見えにくい、心の奥底で起こる出来事です。


心で学ぶ。
心で考える。
蟹座の人は決して、何かを学ぶときにも
頭だけで処理するようなことはありません。
心とは何か、といえば
これは、感情の住処です。
喜怒哀楽が躍動する場所が心、とするなら
頭は、論理や客観的でクールな知性が動く場所です。
蟹座の世界では、この2つの器官に
明確な壁が存在しません。
感情が動かなければ何も覚えることが出来なかったり、
計算でさえも、個人的な喜びや悲しみと結びついていたりします。
この「心の知的活動」が、
2012年はどんどん活性する時期となっているのです。
外に向かって動いて行くためにも
蟹座は、フレッシュな感情を必要とします。
それも、一時的な感動ではなく、
常に溢れ続ける湧き水のような、
決して枯れない、内側からの力です。

2011年までの激しい展開の中で
この「内側からの力」が
疲労していたり、弱くなっていたりした感じがあるでしょうか。
この疲労感、無力感から、
2012年は、着々と回復していける年にあたっています。
夏の強い日差しにしおれた花が、
激しいスコールに生気を取り戻すように、
2012年の蟹座の内側には
潤いある知的エネルギーが湧いてくるだろうと思うのです。
とはいえこれは、自然発生的にわき上がってくる、というよりは
自分の手で、まずは水脈を探し出し
冒頭に述べた「池」にしっかり水路をつなげて水を流し込むような、
そんな力強い工事のような作業によるものであるはずです。


時期的なことを少し申しますと、
まず、年明けはかなり賑やかな雰囲気です。
色々な人に声をかけられたり、会いに行ったりと
風通しのよい季節となるでしょう。
年の前半を通して、
コミュニケーションのゆたかさとフットワークの熱さは続いていきます。
2月になると、不思議な潤いが貴方の世界に入り込んできます。
ずっと感じていた閉塞感から解放されたり、
心がぐっと広がっていくような感触があったりと
なにかしら、窮屈だったものがゆるむような流れがありそうです。
3月から4月頭にかけては、
対外的な活動や仕事面で、少し停滞感があるかもしれません。
何かをやりなおしたり、見直したりする作業が発生し
そこから、得られるものもあると思います。
遠い場所から不思議な声で呼び寄せられ、
長距離を異動する人もいるかもしれません。
5月になると、過去とのあいだに面白い架け橋が生じ、
なにかが「戻ってくる」のを感じられそうです。
6月、この「戻ってくる架け橋」が、太さを増し始めます。
ずっと以前にやり残したことに再度着手したり、
自分のなかにある、棚上げしてきた大きな問題を
俎上にのせたりすることになるでしょう。
7月から8月は、物理的な変化の多い時期です。
居場所が変わったり、経済的に変動があったりと、
「所有」「環境」に動きがあります。
多少不安定さを感じたとしても、
8月中旬には、先がクリアに見えてくるはずです。
9月から10月は、これまで数年間背負い続けて来た、
身近な人々に対する大きな責任から
ふいに、解放されるような出来事があるかもしれません。
背負ってきたものを正々堂々と手放せるような、
明るいシチュエーションが巡ってきそうです。
11月はかなり忙しいタイミングです。
誰かに献身的に尽くしたり、
あるいは、逆に誰かから無償のサポートを受けたりと、
「尽力」ということがテーマになるかもしれません。
この時期、普段の生活環境を変えるために
積極的に細かい変化を選択していく人も多そうです。
12月は人間関係が熱くなる気配があります。
ストレートなぶつかり合いの中から、
新しい扉を探し当てることができるでしょう。
年末は、人との距離がぐっと縮まります。
大事なものを分かち合ったり、
「授ける」「授かる」というような出来事が起こるかもしれません。


愛情関係については、
重みと深さのある時間が続いています。
切っても切れない結びつき、
過去とは別の形でよみがえる感情など、
言葉では説明できないような、
世間的なカテゴライズには収まりきらないような、
いのちそのもののような体験がずっと、
この時間の骨組みのように、隅々まで行き渡っています。
この時期の愛情関係は、「この時期だけ」では説明できるものではなく、
遠い過去からの物語と、一見断続的に、
でも本質的には連続して、展開しているように見えるのです。
全く新しい、まだ見たことのない、新規な何事か、だけを追い求めている人にとって
この時期の愛は不可解で不毛なように思えるかもしれません。
この時期に体験できる愛の形は決して
女性ファッション誌やテレビドラマに描かれるような
「すき!あいしてる!」で完了する、架空の形式には
あてはまらないのです。
10月からはさらに、その濃度や密度が増し、
誠実でおごそかな愛が育っていく時期に入ります。
意志や責任といった、欠かせない要素が
愛の世界においてむきだしになっていく、
そんな季節に入って行くのです。
また、愛に「秘密」という要素が組み込まれている時期でもあります。
恋愛の話を華やかに語る「恋バナ」とか「女子会」などが、
今日ではとても一般的ですが
本当に大切な想いや、深い恋については
そんなふうに、座談のサカナにされたりしたくないものだろうと思うのです。
この時期、大切な相手との、お互いだけにしか伝わらない暗号のようなもので
ゆたかなコミュニケーションが行われるのかもしれません。
時期的には、8月から9月上旬に強い追い風が吹きます。
さらに、11月下旬から12月前半にも、
とてもあたたかな後押しが感じられるでしょう。


疲れたから眠る、
悲しみを悲しいと感じて涙する、
愛を求める心を認める、
大切な人の声を聴く。
そんな、人間の誰もが必要とし、
そこから生きる力を得るような営為を
ここしばらく、おろそかにしていたような気がするでしょうか。
あるいは、何かを好きだとか愛しいとか思う気持ちを
不器用に扱いすぎてきたのかもしれません。
貴方の「心」が無意識に感じ続け、蓄積し続けて来た重い荷物を
2012年は、静かにリリースすることができます。
そのとき、貴方は既に進めつつある貴方の世界の改革に
新しい可能性を見いだすのではないかと思います。

チャンスはしばしば、外の世界からやってきますが、
それを自分のものとするための力は
内側から湧いてくるしかありません。
この「内側から湧いてくるもの」は、
気合いや意欲などの精神論的なもの以外にも、ちゃんとあります。
それは、貴方の心が行う学問であり、思索であり、
あらゆる知的な活動だと思います。
この「知的活動」と、悲しみや疲れを感じる機構とが
蟹座の世界では、切っても切り離せないのです。
ちょっとフライングになりますが
2013年の後半から、とてもアクティブな季節が訪れます。
その季節を前にして、
秋に盛大に栄養を得て蓄積し、さらに冬眠する熊のような、
静かで、ゆたかで、あたたかなプロセスが
この時期の、貴方の知的活動の位置づけなのだろうと思うのです。







2012年占いのtopをねらえ。

topをねらえ。