「星栞 2009年下半期の星占い」好評発売中です! 
  どうぞどうぞ、よろしくお願いいたします!




 「星栞 2009年下半期の星占い」 石井ゆかり著
   幻冬舎コミックス 税込1050円
    Amazon
    楽天ブックス

内容は、

 ・12星座の2009年下半期占い
 ・相性占い(7つの組み合わせ。)
 ・星の特別な時間(2011年までの「転機」)

という構成です。
例年よりももりもりに盛りすぎて
「あとがき」がはみ出し、
仕方がないのでカバーを外した表紙に入れて頂きました(爆

今年も、画家のうえだ幸平さんに、
マットな透明感の聖心な絵を描いていただきました!すばらしいですv




今年も出せました、「星栞」です!
昨年は本当にたくさんの方に買って頂いたおかげさまで、
なんと、重版いたしました(感涙
刷りがかさなるというのは、書き手としては
なにかこう、社会的にちゃんと認められた、というような、
すばらしい出来事なんです。
皆様に応援して頂いたおかげです、本当に本当にありがとうございました!

この本は、「下半期12星座占い」を書籍にしたものです。
もともとは、PDF配信とか、オンデマンドパブリッシュとか、
もっとライトな方法でいろいろ、試してみていたのですが
書籍という最も「手に入れやすい形」を幻冬舎コミックス様からご提案頂いて、
4年にわたって、リリースしてきました。

ですが、私は毎年、書籍化にあたり、
胸にちくちくするものを感じていたんです。
というのも、
「書籍」であるにもかかわらず、
自分の星座のページ、つまり12分の1しか読むところがなく、
さらに、その年の半年しか意味を成さない本、なのです。
もちろん、ほかの星座の頁も読んで下さったり、
過去を思い返す手段にして頂いたり、
素晴らしいイラスト部を切り取って額にして頂いたりと、
いろいろな楽しみ方をしてくださるかたもたくさんいらっしゃって、
「こうしてます!」というお話を伺う度に、
かわいがってもらってよかったなオマエ!(涙

生みの親としては感無量なこともたくさんありました。

でもやっぱり
12分の1、そして、半年。
このことをどうしても、自分の中で解決できず、
編集者さんともよく相談をして、結果、
「下半期占いの『星栞』という本は、ここでいったん、クローズしよう」
という結論に至りました。

今までご愛用下さった皆様からは、
これで一段落します
と書いたところ、
もっと続けて欲しい、という有り難いお言葉もたくさんいただきました。
これは、すごく、うれしかったです。
「下半期占い」自体は、何らかの形で、
来年もまたやるつもりです。
でも、書籍の形で出すのは、これまでみたいな形では、
とりあえず、やらないことにしました。

今回は、シメの一冊として、
コンテンツをいつもより多くし、
より長く楽しんで頂けるように、工夫してみました。
長期占いと、相性占い。
どちらも、普段からお問い合わせの多いテーマだったので、
自然にそう決めました。

これまで「星栞」をご愛読頂き、本当にありがとうございました!
ここまで作ってこられて、すごく良かったと思っています。
一人では決してできなかったことでした。
「下半期占いの本」は終わってしまいますが、
書籍は、これからも書いていきたいと思っています。
それに、「星栞」というタイトルは、私はすごく気に入っているので、
このタイトルで、べつの内容の本を出してみたい!
という思いもあったりします。

皆様、どうか、これからもよろしくお願い申し上げます!



ちなみに
去年はこの「星栞」、品薄になって重版させて頂いちゃいました。
なにしろ半年しか読めない本なので
昨年も申し上げていたのですが、あまりたくさん刷れないんですね(これが
なので、お買い上げはお早めに! お願いします!えへ!
レビューとかも頂けると大変うれしいです、よろしくよろしく!!!





topをねらえ。