2008年3月、書籍「星なしで、ラブレターを。」が発売になりました! どうかよろしくお願いいたします!




 「星なしで、ラブレターを。」 石井ゆかり著    幻冬舎コミックス
   ソフトカバー 217頁 税込1680円
    Amazon
    楽天ブックス




石井ゆかり初の「星占いじゃない本」です。
はてなダイアリーを利用して2005年から綴ってきた、
「石井NP日記」の記事から作りました。
まさかこれが出せると思っていなかったので
本当にうれしくて、たまりません。

星占いは、とてもおもしろい道具です。
私は占いを、神秘的なものとか、信ずべきものとかは思っていません。
そうじゃなく、
いわば楽しいゲームのような、おもしろい小説のような
そんなものとみなしつつ
夢中になって遊んできた、という気がします。
星占いは非常に古い歴史を持つツールでありながら
現代社会でも多くの人たちに愛されています。
それだけの懐の深い体系を持っている、という気がします。
それは、当たるとか神秘だとかいうこと以上に
人間の心理のかたちに、とてもフィットするところがあるからなのだろうと思います。
人間が潜在的に共有している心理的世界観が
星占いの体系の中に、ぴったりと描き出されているからなのだろうと思います。

そんな「星占い」の世界を遊びながらも、
私はずっと、「文章を書く」ことを目指してきました。
星占いの文章を書く、ということのうしろめたさやとまどい、迷いなどは、
拙著「12星座」の冒頭にも書きましたし、
この本を出す過程で書いた以下の記事でも触れています。

石井NP日記 2008/3/13 「ラブレター」

石井NP日記 2008/3/22 「バースデー。」


純粋に「文章を書く」ことを、仕事の一部にできないだろうか
という長年の願いについて、
こうしてスタートラインまでたどりつけたのは
今まで応援して下さった読者の皆さんのお陰様です。
本当に感謝しています。
いくら感謝してもしたりないです。
ひたすら、ありがとうの気持ちでいっぱいです。

この本では、相田諒二さんという新潟のカメラマンの方と
コラボレートさせていただきました。
編集者さんやデザイナーさん他、
本当に全力でがんばって頂いて
私自身も最後まで手を入れつづけてできた力作です。
我ながら出色の出来だと自負しております。

一人でも多くの方に手に取って頂ければ、と強く願っています。
レビューやご紹介を戴けましたら、すごく嬉しいです。
今後、私がこうした活動を続けていくためには
これが売れなければ話にならないのです(爆
そういうわけなので
ほんとにみなさま、
いつも甘えてばかりで申し訳ないのですが
どうかどうかどうか、よろしくお願い致します!!!!

2008/3/26  石井ゆかり






topをねらえ。