水瓶座

  水瓶座。
    その名前から水の星座と思われることもしばしばですが、
    なにしろ風の星座です。
    でも、風なのに、かなり頑固なんです。
    世の中の物事は、なににせよ、
    先人の考えとかの上に成り立っていることが多いわけですが、
    水瓶座にとっては、どうもそうではないような。
    水瓶座は、自分自身によってのみ縛られる星座です。
    
    ふしぎちゃん
    という言葉は最近では一般的に使用されておりますが、
    12星座の中で不思議ちゃん扱いされることが多いのは、
    水瓶座と魚座ではないでしょうか。
    でも、その不思議さ加減は、
    魚座と水瓶座は大分異なっている様に思えます。
    水瓶座は、その人個人の中で練り上げられた論理なのです。
    魚座は、なにかの電波でもキャッチしているとしか思えない
    曰く言い難い不思議さです。
    水瓶座の不思議加減は、そういうわけで、
    説明してもらえれば、感情移入はできないまでも、
    ああ、そういうことなのね
    と、理解はできる内容のことが多いです。

    水瓶座の批判精神についてはよく言われることですが、
    乙女座の分析精神とは、これもことなっています。
    乙女座の分析は、何かを怖れる気持ちからきていたり、
    状況を安定させるために行われたりすることがおおいのです。
    でも、水瓶座の批判精神は、
    おそらく何か実質的なことを成り立たせるためには
    機能していないように思えます。
    じゃあ、空理空論か、観念遊びか
    といわれると、そういうところも、実はないんです。
    水瓶座には水瓶座の「現実」という感覚があって、
    そのために寄与するような現状認識を行っている、らしい。
    その内容が、他人を飲み込もうとかコントロールしようとか
    そういった一般的な意図が無いので
    現実離れ
    などといわれることもあるのですが、
    現実、が人によってどんなに違うかと云うことを、
    ある程度潜在的に知っているのが、
    水瓶座という星座のおもしろさのようです。

    水瓶座の支配星は天王星ですが、
    天王星の引き起こす事故って、突発的で、びっくりさせられます。
    でも、人災で荒れ天災であれ、    
    タネのない手品はないのです。
    そういう意味で、不思議なことなど何もない
    と思っているのが、水瓶座のすごいところだなあ、と
    おもったりして。

    しかし、オイラの周り、どういうわけか水瓶座が多いんだよね。。。    
    上記のことはあくまで、占いをしてきて思ったことなわけですが、
    自分で書いたのを読んで、実際の水瓶座の人たちを思ってみると、
    うーん。
    あてはまってるのかね^^;) 

    さらに引き続き、水瓶座です。
    水瓶座に触れるとき、いつも持ち出すのは
    「フラット」
    という表現です。
    平等。

    誰かと向き合ったときの相手の認識の仕方って、
    星座によってそれぞれ特徴があるような気がします。
    面白いか、おもしろくないか。
    正しいヤツか、間違ってるヤツか。
    スキになれるか、なれないか。
    自分の味方か、それとも敵か。
    感情や、論理や、価値判断。いろいろな動機があります。
    
    では、水瓶座はどんなふうに人を見るかというと、
    これは非常に面白いのです。
    まず、切り捨てません。
    相手のしてくることや態度によって、
    そのひとつひとつに評価をしますが、
    相手をいくつかの出来事で「あいつはこういうやつだ」ときめて、
    意識的に排除したり、あるいは盲目的に愛したりは、
    しないようにおもえます。
    いつもだれにでも手加減なく批判的ですが、傲慢に見捨てたりは絶対しない。
    これは、特筆すべきことです。
    愛情と価値判断が全く違う層で扱われているのかなあ、とおもうこともあります。
    でも、言い方としては「あいつこういうやつだよね」という言葉遣いを、
    多用するときもあります。
    だから、日和見だとか、気が変わりやすいとか思われることも、
    あるみたいですね。
    他の星座とは、その意図するところが違うんだと思うんです。
    他の星座の人が「あいつはこういうやつだよね」というと、
    それは人格全てにその色を塗るような処があるわけですが、
    水瓶座が「あいつこういうヤツだよね」という言い方をするときは、
    「こういうところも、あるね。」
    くらいの、部分的な意味なことが、多いようです。


topをねらえ。

if you want to talk to:::iyukari@st.sakura.ne.jp