海王星の逆行(2003/5/20)

水瓶座で海王星が逆行するんです。
もうし始めています。
海王星は、夢とか、無意識とか、お酒とか、薬とか、
目に見えにくい力
を扱う星です。
海王星の進み方はとても遅く、1つの星座を移動するのに、
14〜15年もかかります。
その逆行する期間は、2,3ヶ月。長いときは半年くらいになることがあります。
逆行、というのは、
筋トレのユーザ様はご存じだとおもうのですが、
地球から見て他の星が軌道を逆送しているように見える状態、を指します。
星占いで扱う星のウチ、
逆行しない星は、太陽と月だけです。
あとはみんな、すこしは逆行するのだ。

逆行は、みんな同じような構造を持っているといわれています。
それは、
まず「遅れる」のです。
あるいは「おもいどおりにならない」のです。
または「予期せぬなにかが戻ってくる」のです。
これってどういうことでしょうか。

この3つ、どれも、外側から見た現象ですね。
たとえば、恋愛ドラマをみていても、
メールを出したり、言葉に出したり、デートに誘ったり、コトに及んだりする
というのが、「進展」です。わかりやすーい。
でも、実際は、
こう、憂いに満ちた表情で窓の外を見つめたり、
さっそうと都市の街角をあるいていて、ふとショウウィンドウに目をやったり、
誰かの言葉を耳にして微笑んだり、
そんなとき、言葉にならないその人の内面で、
何かが起こり、
その次の「目に見える進展」を引き起こすわけです。
上手な演出者は、その「内面で起こった何か」を
とってもうまく表現します。
だから、実際に告白したりしたときより、
その「心の中で何かを悟った、決めた」瞬間のほうが、
ほっとするシーンだったり、感動するシーンだったりします。

行動している時って、自分が何をしているか、よく分からないんです。
でも、ストレートなので、周囲から見てもわかりやすい。
逆に、内面で何かが起こっていたり、
深くさかのぼって考えていたりするときは、
本人は「何が起こったのか解るプロセス」にあるんですが、
周囲は「なんだかわかんない」わけですね。
自分でも、自分の中のプロセスを信用できないときもあります。
人は、自分の体験を他者と共有することで、
自分でも信用できるようになるらしいんです。
自分だけがおもったことは、「気のせい」になってしまうこと、
私はよくあります。
でも、気のせいではない。
明らかに気のせいではない。

海王星は、順行していてもその影響がわかりにくい星です。
上記のような「ゆめまぼろし」に近い性質であることと、
進む速度が大変遅いため、
その「効果」が短期的にでも「日常」となって、
慣れてしまうからなんですね。
だから、今回海王星が逆行していても、
水星の逆行のように、
日々の生活の中で目に見えてなにかがうまくいかなくなる、
あるいはうまくいく、
ということはほとんど現象として感じられないと思います。
3年とか6年とかのスパンで自分自身に起こっていることを
リアルタイムに理解するのは、
すごく難しいことです。
あとになって、あのころはこんなコトで苦しんでいたなあ、とか
思い出すことはできるんですけどね。
あるいは、
あのころの自分に会いに行ってアドバイスしてやりたいこと、
ってありますよね。
リアルタイムに自分自身の力でそれに気づけたら、
もっといろんなコトが見えていたかもしれない、とおもったり。

私が思うに、海王星の逆行は、そんな、
未来の自分からのアドバイス
っていう作用があるのではないかという気がするんです(仮説)
アドバイス、
でなければ、
怒号
でもいいんですが。。
私、
昔の自分に会いに行って穴に埋めてやりたい
と思うことがひじょーにたくさんございます。
でも、その失敗や愚行のいくつかは、
やっぱり体験しなきゃいけないことだったと思うし、
全部否定するわけではありません。
しかしやっぱりねー、
もうちょっと正気に返っていてくれてもよかったんじゃねーか
とおもうことも、いくつもあるわけですよね!
その、正気に返れるタイミング、ってのが、
海王星の逆行ではないかと。
もしこの時期、イライラぎしぎし痛む場所があるなら、
それは未来の自分が私に
「なんとかせい」
といっている部分ではないかと思います。

今回の海王星逆行、10月の半ばまで続くんです。
これは長い。
この間に、星空ではいろんなビッグイベントが起こります。
まず、6月に土星が蟹座に入り、火星が魚座に入り、
そして8月に木星が乙女座に入ります。
この3つの現象、みんな海王星の逆行中に起こるんです。
いくつかのことが現象として前に進んだり、
終わったり始まったりするとおもうのですが、
その中で、自分の中の暗くて深い淵にアクセスしていくことが可能です。
そこでは時間軸が意味をなさないので、
今何が起こっているのか、が、
自分でもある程度認識できるんじゃないかと思います。

多分、強烈さとしては水瓶座当人を筆頭に、
獅子座、牡牛座、蠍座、そして魚座と射手座。
そのほかもそれに順じて、上記のような現象がおこるかもね。

さあ、またわけわかんないこといってますね石井ゆかり。
星占いの大家!とか先生!とかが見てないことを
すごく祈ります(祈願)
いい加減な上に気が小さいので、攻撃に弱い。
コンテンツクリエイターとしては致命傷。

ああ、アングロサクソンみたいに強くなりたい。
でなければ、ぴょん吉様のように強くなりたい。
(けっこう根強いファン@ど根性ガエル)


topをねらえ。

if you want to talk to:::iyukari@st.sakura.ne.jp