2010年 さそり座の空模様。





まちがっていません。
人は誰でも、自分が選び取り進んでいる道についてときどき
「私はまちがっているのだろうか?」
という疑いを抱きます。
立ち止まってしまったときや、
誰かに反対されたときや、
誤解されたり、タイミングがずれたりしたとき
「私がまちがっているのだろうか?」
という不安を感じます。

でも、2010年の貴方は、まちがってはいません。
まちがう可能性があるとすればそれは
自分で選ぶことを放棄したときです。
貴方のゆたかな感情の目指すところに向かう限り、
その道がどんなに曲がりくねっているように思えても
正しい行路を進んでいるのです。

たぶん
誰かの期待や指示に対して従順であったり
自己犠牲を払って誰かに尽くしたりすることの方が
簡単なのかもしれません。
自分で何かを選ぶということは
失敗したときのリスクを負うということです。
誰もがそれを怖れて
無意識に、自分以外の誰かに行き先を決めてもらおうとします。
そうしたときはあとで必ずと言っていいほど
後悔が生まれます。

2010年の蠍座は、
たくさんの望みを心に抱きます。
そして、その望みを選び取ります。
この行動は、まるで、太陽のようです。
太陽は自ら輝き、周囲に惑星や彗星たちを従えています。
2010年、蠍座は太陽のような役割を担っています。
自ら望み、選び取り、そっちに向かって手を伸ばすのです。
誰かの望みを叶えるのではなく
自分の望みを叶えるのです。
そのことで
周囲があたたまり、行き先を見いだし、幸福にもなります。
貴方は誰の命令に従うこともできません。
誰に命令されてもできないことを
2010年は、成し遂げなければなりません。

誰に命令されてもできないこと。
それは、何かを愛することです。
さらに、何かを楽しむこと、何かを喜ぶことです。
心から愛したり楽しんだりする、ということは
だれかに「そうしろ」と言われても、できません。
さらには、創造もそのひとつです。
「素晴らしい作品を作れ」と言われても、
それをしたい、という思いがなければ、
自分の内側から自然にわき上がってくるイメージがなければ
何かを創り出すことはできません。

愛、楽しみ、喜び、創造。
これらは、自分の中にある、
ある絶対的な「肯定」です。
なぜそれが正しくて善いか、ということの説明がつかないのです。
愛は他の愛情と比較することもできません。
説明も比較もできない、命令されてもやれない、
そんなことが、2010年の蠍座の世界を充たしています。

2010年は、もしかすると
それを思い切りやることを妨げてきた障害物を
しっかり破壊する年になるかもしれません。
「NO」と言い続けてきた内なる他者の化けの皮を剥ぎ、
それがいかに不当な制限だったのかを糾弾し、
晴れて、解放されることができるのかもしれません。

貴方の中で、最も大切に、
美しい花のように扱われなければならなかったものを
もしかすると今まで
暗い箱の中に押し込めて、放り出してこづき回していたのではないでしょうか。
空を自由に飛翔すべき鳩を
小さな箱に閉じ込めて、暗闇に置き去りにしていたのではないでしょうか。
2010年はそれらを救い出すための年です。
貴方の中にある最も柔らかで純粋で美しいものを
助け出して、あたためて、滋養ある食べもので養って
もっと大きく育て、自由にしてあげなければならないのです。

時期的なことを少し申しますと、
まず、年明け、
何か不思議なメッセージを受け取ることになるかもしれません。
それは過去の方から投げかけられていて、
それにレスポンスすることで、いくつかのバラバラだったピースがつながります。
1月半ば頃から、状況が動き出し、
貴方の心は熱く強く燃えてくることになります。
何かを強く欲したり、ゆたかな愛情が心に湧いたりするのを感じ、
それだけを動力として動き出すことになるでしょう。
年の前半を通して、非常に多忙でもあります。
2009年の秋頃から始まったミッションに、
これでもか!というほど能動的なパワーを注ぎ込んでいけます。
このミッションでは貴方がリーダーであり、
最も目立つ位置で動かなければならないのだろうと思います。
3月は折り返し地点のようなポイントで、
4月には少しだけペースダウンするものの、
ここから一気にスパートをかけていけるでしょう。
4月から5月の展開は、
2009年に貴方が打ち破った壁を最後まで壊しきる、
その集大成のような意味を持っています。
6月から9月は、年の前半の成功を受けて、
全く別の「ポジション」ができたことを確認するような時期になります。
一つの大きなプロジェクトを終えたことによって、
周囲が貴方に対して、新しいニーズを持ち始めるわけです。
その役割は、ちょっと意外なものなのかもしれません。
9月以降は、蠍座にとって特別な時間となります。
ここから年明けまで、
素晴らしい愛が貴方の世界に流れ込んでくるのです。
冒頭から述べたようなものが、ここで言う「愛」です。
恋愛ももちろんその一つですが、それに限らず、
子供や家族に対する愛、創造、自ら好んで打ち込めること、
何か価値あるものを獲得すること、等々、
なにかしら、貴方が
「自ら望んで選び取る」ものが
貴方の世界を支配します。
特に9月半ばから10月は、その流れに一気に飛び込んでいくような
主体的で勢いの強いタイミングです。
自分から手を挙げて人々を集め、そこからうちこんでいく、
アスリートがベストコンディションで試合に臨むような
心地よい緊張感とプレッシャーを
つねに感じていられるだろうと思います。
年末、誰かの心の奥に手を触れるような出来事が起こるかもしれません。
この出来事は、貴方が思うよりずっと
誰かの心の中で貴方が大きな存在になっているということを
教えてくれるのだろうと思います。

愛情関係については、
2010年の蠍座は、12星座中「最強」です。
愛を扱う場所に木星が位置し、
年の後半、
愛の星である金星があなたの星座にずっと滞在します。
貴方がもし、恋愛したいと望んでいるなら
その方向に進んでいくべきだと思います。
もし万が一、2010年に何も得られなかったとしても
その先に誰かを愛する力と魅力は、貴方の手に入っていると思います。
既に恋人やパートナーがいる人は、
お互いの愛を深く強くできるだろうと思います。
結婚を約束したり、こどもが生まれたりと
人間同士に起こるもっともゆたかな体験ができるだろうと思います。
人として生きていく上で、
最も大きな喜びは、
誰か自分以外の人から、
かけがえのない存在として大切にされることだと思います。
この無上の喜びを、2010年はどこかで、
強く、完全に信用できる形で、体験できるだろうと思います。
それは同時に
貴方が誰かに、そのような喜びを与えることができる、
ということも意味しています。
愛情は、ビジネスのような取引とは全く違ったかたちでやりとりされます。
ビジネスは、フェアで、win-winで、ギブアンドテイクでなければなりません。
ですが愛は
失えば失うほど増え、全くフェアではなく、
お互いに負け合うようなかたちでやりとりされるものなのです。
この不思議なやりとりのしくみを
2010年の蠍座は、深く理解することになるだろうと思います。
1年を通じてゆたかな追い風が吹いているのですが
特にそれが強まるのが、
2月、4月、そして9月半ばから10月です。

人は誰でも、心の中に
自分の生き方を邪魔するようなものを自ら、抱えています。
かつてそれに守ってもらったことがあるからです。
かつてそれが自分を守ってくれたがゆえに
それを捨てるのが怖くて
邪魔になっているのがわかっていながら
ずっと抱え続けてしまったりします。
でも、いつかはそれを捨てなければなりません。
2010年の貴方は、
内なる障害物をきちんと壊し、
そのうえで
自由な心で何かを愛することになると思います。
蠍座はいつも
「ほんとうのこと」
を知っている星座です。
表面的なタテマエにごまかされない人たちです。
2010年はそんな力を
自分に対して働かせることになるのかもしれません。
自分のなかの「ほんとうのこと」を引っ張り出したとき、
誰かが貴方に「ほんとうのこと」で応えてくれる、
そんな愛が実現する年ではないかと思います。







2010年占いのtopをねらえ。

topをねらえ。