2009年 さそり座の空模様。





環境が変化しそうです。
引っ越しする人も少なくないと思います。
2009年は、貴方がいる「場所」が様変わりします。
貴方がそれを能動的に変えるのですが
貴方にとっては、周囲が勝手に変化しているように思えるかもしれません。


貴方は、その環境の変化を選択することによって
何かを変えようとしているようです。
「何か」とは、他人からは容易に見ることができないことかもしれません。
たとえば、長いこと抱えている問題を解決したり、
強い悲しみや心細さを解消したりするために、
それにふさわしい「場」を作ることになるようなのです。
あるいは、自分を大きく成長させたり、
自分の中にある才能や可能性を引っ張り出すために
ある作業場に入っていく、という印象もあります。
要するに、貴方はその場所で
個人的に是非ともやりたいことがあるのだと思います。
風邪を引いたとき、部屋を暖房で暖めるように
貴方は今の貴方が是非とも必要としている何かを
その場所に、整えることになります。


この「必要」は、目に見えないものではないかと思います。
少なくとも、2009年のスタート時点では
まだ、目に見えてはいないかもしれないと思います。
でもそれはだんだん、
ハッキリした形で見えるようになります。
それが「見える」のもまた、貴方の環境においてです。
貴方の部屋を映画のスクリーンのようにして
貴方の内面から、何かが映し出されます。
年の半ば、貴方の環境は
不安定にめまぐるしく変化を続けるかもしれません。
それはそのまま、貴方の内面に起こっていることを
何らかの形で象徴しているのです。


2009年の貴方の環境を「部屋」と呼んでみると、
この部屋には、一種の魔法がかかっています。
部屋は家具などの物理的条件と、
そこに住んだり訪れたりする人々でできあがっています。
これらを包み込むような、
ある不思議な力が働いているようなのです。
この不思議な力は、
物理的条件や人間的条件を動かし、
貴方の内面を成長させようとします。


過去数年にわたり、
貴方は自分が長らく寄りかかってきた何かを
強引に取り外す試みを続けてきたように思います。
個人として立つというのはどういうことか、を
様々な手段で探してきたはずです。
このプロセスでは、痛みも伴ったと思います。
それらの痛みについても、
洞察の星座である蠍座は、深く考えてきたと思います。
ただ、やはり、自分で自分のことを考えるのには
限界があるのです。
2009年は、自分以外の力を
自分の一部のようにして使える年です。
その力が、貴方の痛みや傷を治癒する手助けをしてくれます。
そして、今まで寄りかかってきたものから本当にはなれて、
更にその向こうで、本当に他者と手を繋ぐ方法に
導いてくれるだろうと思います。


時期的なことを少し申しますと、
まず1月、誰か古い知り合いや兄弟からの連絡があるかもしれません。
それによってちょっと旅行に出たりする可能性もあります。
この「動き」が、貴方の環境の変化を示唆するでしょう。
2月、友人関係に、再構築のような出来事が起こりそうです。
壊れる関係と、壊れるところから生まれる関係があるはずです。
ここ二年ほどは、友人関係は「鍛える」時期に入っています。
表面的な関係は脆くも壊れますし、
紡いでいくべき貴重な関係がそれによって、浮き彫りになります。
4月、なにか不思議な出来事が
あなたの心を満たすかもしれません。
あるいは古い傷に触れて、それがもう治っていることに
気がつくのかもしれません。
誰かの深い傷に触れてそれを癒すような
奇跡的な出来事が起こるかもしれません。
初夏から夏にかけては非常に忙しいときです。
貴方の才能や実力が多くの人に求められ、
評価もうけるでしょう。
ここで、日々一緒に動いている仲間の再編があったり
家族について、変化が生じるかもしれません。
冒頭から述べた「環境」は、
家族のこととして現れてくる場合もあります。
年間を通して、家族が増えたり、家族に変化が起こったりし、
そこで貴方が精神的に大きな成長を遂げる
という展開も十分考えられます。
秋以降、貴方は大きな舞台に上がります。
これは、2010年まで続く、一大プロジェクトです。
このチャレンジに邁進する中で、
不思議な味方が一人、現れたことに気づくかもしれません。
この味方は、大変地味な存在ですが、
おそらく「最強」です。


愛情関係については、
印象的な展開が続いています。
特に、2008年の秋に強いインパクトを体験した人は
この流れを2月と9月の二度にわたって
更に先に進めることになるでしょう。
このところ、数年をかけて
蠍座は愛において本当に必要な力を
手に入れようとしています。
強い愛の機会に近づく度に、そのことが求められます。
愛の構造はしばしば、ほかのテーマとはまったく反転しているため、
とても難しく感じられます。
たとえば、愛は、人と繋がる力であるにもかかわらず
それを本当に行使しようとしたとき、
なによりも自立していることが求められたりするのです。
ここ数年のあいだ、蠍座の世界では
愛と自立は同じテーマとして扱われています。
2008年の秋、そして2009年2月、9月に
この「愛と自立」は一つの山を越えきります。
カップルも、フリーの人も、
愛の前に立って自分の中にあるある癒着を示唆され
そこにメスを入れることになるでしょう。
いままで誰かに任せてきたことを
ここへ来て自分で引き受けるところから、
大きな愛を手に入れることができます。
意外な展開や難問の提示など、
今年も「想定外」のできごとには事欠かないはずです。
本質を鋭く見つめる目を愛情関係にもちゃんと、生かすなら、
誰も手に入れられないような本物の関係を
今年、未来に繋がる形で作り上げられるはずです。


貴方の深く強い感情は、常に
他者と融合することを欲しています。
この「融合」への希求は、
なかなかまったき形で叶えられることがありません。
なぜなら、幼い段階でのその望みは
しばしば、単なる依存や吝嗇としてしか現れないからです。
ですが、望みをしっかりと鍛えていくなら、
最終的に、他の誰にもできないような融合を
現実に実現することが可能です。
それは、蠍座に星を持つ貴方だけに可能なこと、なのかもしれません。
その場所への長い道のりを、
貴方は10年くらい前から
すでに、歩き始めていたのだと思います。
この道のりは既に、相当以上に完遂しかけています。
2009年はその、最後から数えて3つめくらいの
マイルストーンにあたるような年になるはずです。






2009年占いのtopをねらえ。

topをねらえ。