2004/4/15

ニュースを見た。
 3人解放、
 2人拘束。
解放は目出度いが、
なんだか、
 わけがわからない。
ファルージャに爆撃
 集める人間の楯?
イタリア人が
 一人殺害されたけど
 それにはあまり
 「反応」
 してないメディア。
あたりまえといえば
 当たり前かも。
日本人じゃ
 ないもんね。
遠くの殺人、
 近くの殺人。
なにもかも
 同じようになんか
 できないし、
 意味がない。

こういうとき、
 何事もないように、
 陽気に商品を語る
 CM
 が、  ちょっと不気味。
ああ、こんなに
 「企業のお金」が、
 ニュースを作るのだ
 と、気付く。
これってちょっと、
 こわいよね。
どんなに
 シビアなニュースも
 たくさんのコピーに
 いたばさみ。
人が死んでも
 モノは売るのだ。
それが
 当然なんだけど。
おかしくは、
 ないんだけど。

以前、恋人の父親が
 不意に死んだのだ。
訃報を受けた直後、
 商店街を歩いた。
 いなか商店街の
 陽気な宣伝放送が
 なんだか
 きもちわるいくらい
 現実離れして
 きこえた。

いろんなことが
 なんとなく
 もやもや。
今日は、そんなかんじ。
過去を振り返る
もどる