2004/4/29

皆さんのお祈りや
バンテリン(貼る)
のおかげさまで
首がだんだん
治ってきた。
うれしい(涙)
でも実は
治ったのは
もう一つ他の理由があるかも、とも思う。

そもそも
首を寝違えて
回らなくなったのだが
これ
「回らない」と言うよりは、27日の日記にもあるように、
「上が向けない」
という現象だった。
これはどういうことだろう。
私はシンクロニシティの信奉者なので、こういうとき、つい
今の私、
これかな。
とか思う。
すなわち
上を向きすぎか
上を向かなすぎか
どっちかだな。
上を向けなくするぞ!っていう警告なのかな。
そう思ってしまうのだ。

上を向く
ってのは
どういうことか。
石井ゆかり
ほんとは
すごく自己顕示欲の強い人間である。(皆さんご存じです)
褒められたい。ちやほやされたい。できれば世界を征服したい。東京の高層ビルのてっぺんの回転レストランを買い切ってそこで孔雀を飼いたい。
くらいに思っている人間である。
我ながら
バッカじゃないの
と思うこともある。
でも仕方ない。そうなんだもん。

天下とりたい
と思ってないと
ダメになる
人間がいる。
マグロは止まると死ぬ。
それと似ている。
世界新記録を出そうと思わなければ
日本新記録が出ない。
一等賞とるぞ!
と思わなければ
三等賞も取れない。
私は多分
そういう人間だ。
だから
上を見ないと
死んじゃう
のだ。多分。

最近そういえば
勉強してないなあ
と、
思い当たった。
向上心を持って一生懸命勉強、って、してない。それはもしかしたら、上を見てない、ってことなのかなあ。

と言うわけで
昨日から今日にかけて
できるだけ本を読んでみました(直球)
そんなわけで
首の痛いの治った
なんて
信じられますか。

私はそういうの
信じる方です(迷信)



過去を振り返る
もどる