2004/5/3

今日は町に出て、買い物をした。
何を買ったかというと、プリンタだ。
前から欲しかったんだけど、なかなか機会がなくて、買わずにいた。機械だけに
機会がだいじ。
(スミマセンモウシマセン)

。。。
上記のごとく
私の身の回り
友人仲間や
家族では
つまらんシャレやギャグを言ってしまったときは
あやまれ
ということになっている。
ギャグ、シャレ。
自分では面白いと思えても、他人様にはそうでないことは多々、ある。
そこに気付かず、つい心のままを口走って場の空気を冷やしたりするのは、
業務上過失致傷
的なところがあるので
謝罪あってしかるべきなのである。
全く面白くないのに
自分だけウケながらそんなのを聞かされた日には
「私も笑わないとマズイだろうか」
「面白くないけど、笑ってあげないと、嫌なヤツだと思われるだろうか」
などと
要らぬプレッシャーをかけて相手にストレスをもたらす
けっこう凶悪な所業なのである。

しかし
たまに人は
ウケない
とは解っていても、それでも言いたくなって言ってしまう時がある。
あれはナゾだ。
その場合はもちろん
故意
であり
犯意が明確にある
ので、
謝罪が当然である。
でも
謝ることになるって解ってるのに
だれも笑わないって解ってるのに
なぜ人は
そのギャグを言わずにいられないのか。
なぜそのギャグは
その人「だけ」をそこまで魅了してしまうのか。

そんなこんなで
今日も2回
謝りました(爆

ナゾは
深まるばかり。


過去を振り返る
もどる