2004/5/17

むす。
いや、
モー娘。
ではない。
蒸し暑い
のだ。
私は
梅雨は
大嫌い。
なんだかこう
じめじめじとじと
やりきれない。
身体にまとわりつくようなこの湿気。
気に染まない男にうるさく言い寄られているかのようである。
(いや、そういう経験は、ナイんだが。)
(でも多分、そんな感じだろう。)
(つまり、あてずっぽう。)

エアコンを
ドライ
にすると、寒いし、かといってかけないとすぐに
蒸す。
洗濯物は乾かない。
カビや妙なニオイの原因菌やドクダミやハルジョオンなどは、誠にすくすくはえのびる。
叶って欲しいことは
叶わない。
育たずとも良いことが
育つ。
梅雨。
つーゆー。
我が人生に
さも似たり。

がんばれよ!
と言うとき
Do your best!
と言うのだ
と中学で教わった。
でも
高校の先生は
「他人に『やれ(Do)』なんて、失礼なのだ。ほんとはこう云うのだ」

Be your Best!
って教えてくれた。
(今調べたけど出てこない、、ガセ?)
先日、メールに
「StingのEnglishman in N.Y. 、私も好きです」
って書いて下さった方がいて(ありがとうッ!)
そのことを思い出した。
この曲の中に
英語オンチの私にも聞き取れる歌詞で
「Be yourself, no matter what they say 」
というのがあるのだ。
つまり
「そいつらがなんと云おうと、オマエはオマエであれ」
ということだ。きっと。(多分)

カビがイヤだとか
ニオイ菌がイヤだとか
梅雨がイヤだとか
ゴキブリがイヤだとか
いやがられるものは
たくさんある。
だが
私だって
カビがないと生き物の生命連鎖みたいなのが成り立たないとか、ニオイ菌だってその一種だろうとか、ゴキブリがいやがられるのは、ゴキブリが悪いワケじゃないとか、
そんなことは
解ってるんだ。
嫌がられても
それはそれで
存在していいし
嫌がるヤツを気にする必要はない。
そんなのは
ほんとは
解ってるんだ。
非難されても
肩身の狭い思いをするなんて
ホントは
一切
いらんのだ。
自分は悪くないから
あやまらない
のではない。
極論すれば
悪くたって
謝らない
でもいいのだ。
だって
カビも
ゴキブリも
絶対に
あやまらないもんな。
まあ
極論だけどな。

ドクダミの花は
私はほんとは
スキです。
白くて
もちっ
としてて
輝くようで
スキです。
ニオイや繁殖力のせいで嫌われているけど
ドクダミ
悪くない。

誰かが
私の何かを嫌ったって
なにほどのことがあろう。
カビだって
ゴキブリだって
ドクダミだって
生きる権利と自由があり
Be yourself
なんだぜ。
どうだ
まいったか。

まあ
カビやゴキブリと一緒にするのは、いくら石井ゆかりだってちょっと
カワイソウ
だけどな。

ドクダミ
くらいに
しとこうね(;;)

過去を振り返る
もどる