2004/7/9

下半期
いっぱいお申し込みいただいた。
ほんとにどうも
ありがとうございます。

でも
ほんとは
心ぐるしい。
なぜって
お申し込みメールに
たくさん、
メッセージ
を添えて頂いたからだ。
あたたかいの
おもしろいの
気合いの入ったの
ちょっとブルーなの
厳しいの
辛そうなの
もよんまほろんなの。
直接お返事
したかった。
でも
かなしいことに
BCC一斉配信
だけで
精一杯。
ごめんなさい。
でも
全部
読んでるよ。
ありがとね。
すごくうれしかった。
できるものなら
みんなに
ハグしたい
くらいだ。
(メイワク)

頂いたメールには
週報のご感想
なども
あったりする。
その中で
今週の蠍座について
「あれは
TOKIOの
沢田研二ですね」
というのがあった。
いや
TOKIOに
リーダーに替わってジュリーが入った
わけじゃない。
そういう意味でなく
ある年代以上の方なら誰もが知っている
沢田研二の
大ヒット曲のことだ。
当時
テレビで
彼はパラシュートのようなモノを背負って
不思議なぶら下がり踊りを踊っていたのだ。
TOKIOが二人を抱いたまま
TOKIOが空を飛ぶ。

この詞を書いたのは
糸井重里だったとおもう。
たしか
「ほしいものが
ほしいわ」
のコピーでも有名だ。
新しいところでは
ゲームの
マザー
シリーズもたしか、ヤツが関わっていたように思う。

歌の歌詞。
コピーライティング。
ゲーム。
すげーな
とおもう。
企画屋
なんだなあとおもう。
それぞれに
それぞれの「専門家」がいるわけだが
専門家
にはならずに
「職業」
という肩書き、表札を選択せずに
仕事する。
これ、
いいなあー
とおもう。

私が日々頂く
お悩みメールには
「コレって恋でしょうか」
「不倫は良くないって解ってるんですけど」
「本当の愛ってあるんでしょうか」
「運命の相手に出会えるでしょうか」
って書いてあることが多い。
でもそれって
たぶん
「ゲームのプログラマーになりたい」
とか
「作詞家になりたい」
とかと
同じだろうな
とおもう。
世の中にすでに
枠組みが存在する。


結婚
夫婦
不倫。
その枠組みの中から、既製品の服を選ぶみたいに
形を選択
してしまう。
でも
糸井重里。
そういう生き方しかできないヤツもいる。
そんな中でも
無理矢理
「プロデューサー」
だの
「コピーライター」
だの
いろんな名前が可能だろう。
でも
その名前の意味することは
彼のやってることと比較すると
とても薄い。
とても浅い。

友達とも恋人とも愛人とも妻とも妹ともつかない
名前の付かない
この人と私だけのあいだにしか成り立たない
つながり。
オーダーメイドつながり。

職業名
が定まらないから
無職
ってわけじゃないだろう。
それと同じで
関係に名前が決められないから
カンケイナイ
ってことも
ナイと思うんだ。
名前なんか
自分で決められる。
コイツと私の関係には
「赤い旅団」
という名前を付けよう。
とかね。
「ね、二人はどういう関係なの?恋人?それとも、タダの友達なの?」
「ううん
『キューティー・ペア』
よ」
などと言ってみる。
とかね。
赤いバラの花束を持って
「結婚しよう」
じゃなく
「僕とキミ、山神家の一族になろう」
って言ってみる。
とかね。

でたらめでいいのだ。
だれになんといわれようとかまわん。
大事なのは
名前より
実。
どんな仕事をしてどれだけ儲けた、あるいは社会になにかをもたらしたか、が大事なのだ。
どんなキモチで
どんな関係で
何を得て、与えているか
が大事なのだ。
みんなそれがわかってるのに
紙切れ一枚ではシアワセになれないのに
なぜか
「結婚しようって云って欲しい」
って思っちゃうんだよね。
人目
親の目
バーチャル世間の目。
世の中には
人の正しい判断をねじ曲げようとする力が
たくさんある。
地雷のように思いがけないところにバリバリ敷設されていて
私たちの心を
おかしな形にしてしまう。

「相撲取りは
太っている。
だから
デブはみな
相撲取りだ。」
と言われたら
嗤うだろう。
だけど
「結婚の時は
愛を誓う。
だから
愛してるなら
結婚しようって云ってくれるはずだ!」
っていうのは
あまり疑問を
もたれないんだな。

歌詞を書くなら
作詞家だろう。
なんてのも
それもまた
違っているのだな。

自分で
いろんなものに
名前つけるの
楽しいよ。
星占いのサイトに
「筋トレ」
とかね(爆)


過去を振り返る
もどる