2013年 うお座の空模様。





昔は、年明け15日を「女の正月」と呼ぶことがあったそうです。
年末年始、女性は料理を作ったり掃除をしたりお客をもてなしたり、
休む暇もなく立ち働くことになります。
ゆえに、オフィシャルなお祝い事の一段落した月半ばになって、
女性がゆっくり新しい年を祝える日を設けた、というわけです。
地方によっては、この日は男性が炊事をすることもあったそうで、
どこかユーモラスで、愛情の感じられる風習だなあと思います。

誰かのために、あるいはみんなが集まる「場」のために、
精力的に活動を続けた後で、
こんどは「自分」のための時間に入る。
この展開は、なんとなく
2013年の魚座の世界にぴったりくる感じがするのです。
というのも、2012年後半から2013年前半、
魚座の人は、身近な人や、なかま達や、家族などのために
本当によく尽くして来ただろうと思うからです。
あるいは、ただ「相手のために尽くす」だけでなく、
身近な人や自分を取り巻くものをもっと大切にし、
みんなを守れるような環境を盤石にするために
力を注ぎ続けていただろうと思うのです。
自分一人の事を考えるのではなく、
自分を取り巻く「場」を考え、試行錯誤を繰り返すこと。
これが、2012年後半から2013年前半の、
魚座の世界のテーマとなっています。

そして、2013年後半からは、こんどは
「自分の世界」に突入していける時期となっています。
たとえば、小学生くらいの子供は、
親と一緒に旅行に行ったり遊びに連れて行ってもらったりするのを楽しむわけですが
これが小学校高学年から中学生くらいになると
親と出かけるよりも、友達や恋人と出かける事を好むようになります。
この変化は、「身近な人との世界」から「自分の世界」への変化によく重なります。
自分が個人としてやってみたいこと、
好きなこと、手に入れたいもの。
2013年後半から2014年前半にかけて、
貴方はそうしたことを生活の中心に置くことになるのだろうと思うのです。

たとえば、家族のために尽くして来た人が、
突然、誰かと恋に落ちて、
自分の中にある熱い情熱が花開くのを感じることもあるでしょう。
また、たとえば、
結婚して新しい家庭を構えた後に、
子供を授かって、新しい愛を胸に燃やす、という人もいるでしょう。
自分の中から生まれる、自分だけにしか解らないような、熱い思いが
2013年後半からの、魚座のテーマとなっています。

ただ、この2013年後半の動きの面白い所は、
貴方の目線が非常に高い、ということです。
新しい社会的な力を手に入れたい、
自分の専門的な力を増強したい、
という、外の世界に向かう強い意志が
2012年の秋頃から、貴方の中に固まってきたと思うのです。
それによって、仕事や対外的な活動に
今までとは少し違ったやり方を導入してきたのではないでしょうか。
また、少し時間のかかる勉強をスタートさせたり
さらに、後進の指導に当てるパワーを殖やしたりと
なにかしら、目先の利益ではない
もっと遠くの成果や力を追うために活動を
ふやしてきていると思います。

2013年の後半に始まる
「好きなもの」「好きなこと」「愛」の世界は
そうした「社会的な力を求める活動」と
まったく分離していないのです。
強く結びついていて、互いに影響し合い、
その双方が、貴方の中に眠る大きな力を、
全力で引っ張り出そうとしているようにも見えます。
この時期、貴方を取り巻く世界は、
貴方を乗せた大きな船のように感じられるかもしれません。
自分で舵をコントロールしているのかどうか、
あまり実感も感じられないままに、
全体が「こちらに行くしかない」という確信に満ちて進んで行くのです。
そして、その旅の先々で
貴方は、貴方にしかフィットしないと思えるような
様々な道具を発見するだろうと思います。
さらに、新しく出会う人々や、既に出会っている人々が
貴方にたくさんの愛を授けてくれるだろうと思います。


時期的なことを少し申しますと、
まず1月、ずっと抱えてきた難問に
正面からぶつかることになるかもしれません。
見て見ぬ振りをしてきたこと、
ずっと悩みつつも手が付けられなかったようなテーマについて
ここで、ふと、手を触れてみることになるでしょう。
そして、おそらく、信頼できる人の手を借りながら
根本解決することができるはずです。
このことは、貴方の経済的な状況にも
少なからず影響を及ぼすだろうと思います。
2月から3月前半にかけて、
タフな勝負の季節となっています。
自分から外の世界に打ってでる人もいれば
自分で自分に挑んでいく人もいるでしょう。
ここで選択したことは、
このあと大きな意味を持つことになりそうです。
3月後半から4月は、
星座を問わず大きな転機となりそうな時期なのですが
魚座にとっては特に、
自分が所有するもの、獲得するものについて
変化が起こりそうな気配があります。
経済的にかなり大きな決断を下す人もいるかもしれません。
4月から5月は、旅行や出張など、
短い移動の多い時期となっています。
フットワーク良く動いていける時期ですし、
コミュニケーションが非常に肉厚になります。
たくさん語り、たくさん聴き、たくさん学ぶ、ということをくり返し、
そうするうちに、自然に周りに人が集うような状況が生まれるでしょう。
貴方を中心に、水面に「輪」が広がっていくようなタイミングです。
6月は、環境が変化しそうなタイミングです。
引越や模様替え、リフォームなど、
物理的に環境を替える人が多いでしょう。
あるいは、一時的に新しい「場」を設けて
そこをベースキャンプとして動いたり、
家の中に多くの人を招き入れて新しい空間を作ったりするひともいるかもしれません。
「場」を動かしていく時期なのです。
6月下旬から7月にかけて、
愛について複雑なもたつきを感じることもあるかもしれませんが
過去に遡ってきちんと愛の道筋を整理することで
大きなうねりを招き入れることができるでしょう。
7月、「愛が動く」気配があります。
8月は、何かしら自分の意志で選び取らなければならないことがあるかもしれません。
経済的な問題、あるいは愛する人との問題について
大事な決断を下す人もいると思います。
この時期、婚約など大切な約束を交わすことになる可能性もあります。
9月はかなり忙しい時期となっています。
頼まれ事が多く、かなりボリュームのある仕事を任されるかもしれません。
自分で自分を鍛えたいという気持ちが強くなり、
ストイックに「訓練」を自らに課す人もいるでしょう。
あるいは、就労条件に問題を感じていた人は
異動や転職にむけて動き出すことになるかもしれません。
10月から11月は「出会い」の季節です。
衝撃的な出会いがありそうですし、
自分から頑張って「会いに行く」こともあるかもしれません。
この時期、「争い事」が起こる可能性もありますが、
敢えてそうしたシチュエーションを避けず、
毅然として対抗していくうちに、
むしろ、新しい道を切りひらくことができるかもしれません。
諍いをしていた相手や、
あるいは、共闘してくれた人と、
この諍いを通して、強い絆が生まれる可能性もあります。
12月以降、「受けとるもの」が増えていきます。
人の力を借りる事もあれば、
人の愛に恵まれる事も多いでしょう。
うけとったものを自分の力としてどう活かすか、
ということに、目を向けていくことになると思います。


愛情関係については、
2013年の後半から2014年前半にかけての約1年、
おおいなる追い風が吹く時期となっています。
嬉しいことが多いでしょうし、
自分の心に大きな愛が満ちるのが
感じられるだろうと思います。
中には、遠い距離を超えての愛を実らせる人もいるでしょう。
この時期の愛は、個人的なものにとどまらず、
貴方の社会に対する眼差しや、
精神的な強さや価値観の鋭さなどが
そこに、ぎゅっと結びついている感じがあります。
刹那的な恋の勢いで結婚!
などという幼い恋愛の形は、
この時期には、まず発生しないだろうなという気がします。
むしろ、自分が目指した愛の高見にふさわしい自分になるために、
自らをすすんで鍛えようとする人も少なくないはずです。
愛に追い風が吹くのは、3月、6月、7月下旬から8月半ば、9月中旬から10月上旬などですが、
6月末以降はずっと「追い風の時期」と言っていいと思います。


難解な哲学書を読もうとして苦しんだ後で、
大好きな絵本を開いて見るとき、
心が解放されるような気がします。
でも、絵本の中に描かれる物語をたどるうちに
ふと、あの哲学書の中に書かれていたことの片鱗が
そこに見つかったりすることがあります。
遠くにあるものと、自分の一部と思えるような親しいもの。
その両者が、2013年に貴方の世界ですうっと結びつくのは
実に面白いことだと思います。
この時期、貴方はあたたかな居場所を作るでしょうし、
素晴らしい愛に恵まれるでしょうし、
深遠な知恵を身につけることになるだろうと思うのですが、
そうした動きは全て、貴方の心の中で結びついていて、
互いに共鳴し合いながら、
貴方の周りに新しい世界を作りだしていくのだろうと思うのです。






2013年占いのtopをねらえ。

topをねらえ。