2013年 おとめ座の空模様。






外国から来た人とコミュニケーションをはかるためには
その人の使う言葉を学んだり
あるいは、その人に、自分が使う言葉を教えてあげたりすることが必要です。
お互いに言葉を覚え合って、
互いの言葉が混ざったような、二人だけに通じる言語を
編み出してしまうことも出来るかもしれません。
「外国から来た人」が相手でなくとも
こうしたことが必要な「場」は結構あります。
たとえば、新しい職場に就職したら
その職場特有の言い回しや、よく用いられる語を
覚えるところから全てが始まります。
小学校から中学校へ進学するときなども、
小学校ではしなかった、中学独特の語法があったりするものです。
世代が違う人同士が喋るときにも
ときどき「翻訳」が必要になります。
男女の間でも、そうした「言葉の上の誤解」を
すりあわせていかなければならない場合があります。

2013年から2014年にかけて、貴方は
「言葉が通じない人と仲間になる」
ようなプロセスを体験することになるかもしれません。
この動きは、すでに2012年から始まっていたのですが、
2013年に特に加速するのは「仲間になる」部分です。
これまでは、意思疎通するのに必死で、
そこにさらに友情を育てたり連帯感を感じたり、というところまでは
至っていなかっただろうと思うのです。
2013年前半は、まだ目の前のミッションについて成果をだすので手一杯かもしれませんが
そのミッションにも必要となっている
「言語の習得と、意思疎通」の試みを続けて行くうち、
いつのまにか「仲間が集まっていた」というふうな展開なのかもしれません。


新しい職場で新しい言葉を覚える
というシチュエーションなら、
必要に迫られて「やるしかない」わけですが、
この時期、そんなにまでして「意思疎通したい」と思えるのは
別な動機もあるようです。
たとえば、英語ができないのに、英語しか話せない恋人ができたら
必死で英語を覚えようとするはずです。
そこには「愛を成就させたい」という強い動機が作用しています。
これは、学校で「覚えなさい」というのとは
比較にならない動機の強さです。
単に用件が話せるようになるだけでなく、
愛の微妙なニュアンスや、自分の心の細かな動きに至るまで
なんとかして「伝えたい」という思いがわくわけです。
2013年、乙女座の人はなにかしら、
そうした個人的な強い動機を持って
「新しい言葉を覚え、あるいは教える」ことになるだろうと思います。
恋愛以外にも、そういう情熱的動機が生まれることはあります。
海外のアニメファンが、びっくりするほど日本語が上手だった
という動画をどこかで見たことがありますが
なにかが強烈に「好き!」となったとき、
頭の中に勝手に流れ込んで来るように
新しい言語が身についてしまうことも、あるのかもしれません。

「言葉」は、考え方や価値観を変えてしまいます。
自分が使う言葉が変わったとき、
今までとは違った価値観がそこに、生まれています。
英語と日本語の両方を使える人が
「英語を使うときは英語で考え、日本語で話すときは日本語で考える」
という話を聞いたことがありますが、
「考え方」は、言葉と不可分なのです。
言葉とともに考え方が変化していったとき、
自然と「集まる仲間」も変化していくのは
当然のことと言えるかもしれません。
過去の自分であれば決してつきあうこともなかったような人々と
深く広く、関わっていくことになる可能性のある時期です。

2013年から2014年にかけて、
乙女座の人は大きな人脈を得るだろうと思います。
この「人脈」は、組織や上下関係を離れた、
あくまで貴方個人として拡げていくネットワークであるはずです。
貴方は既にある組織や人間の集まりにしなやかに参加していくことができる人ですが
その反面、なんとなく「集団に馴染まない」ところがある人でもあります。
有能な組織人として動けるのに、
なぜか、その組織に馴れきってしまわない、
妙な分離感をかかえたままでいる傾向があるのです。
ですが、この2013年から2014年にかけて貴方が得る「仲間」との関係の中には
そうした不思議な分離感、「解り合えない」という感覚は
ほとんどないのではないかと思います。
それは、貴方があくまで、とんがった個性的な貴方個人として
そのなかまたちを「選び取って」いるからだろうと思います。
あるいは、結果的にその集まりが「集団」であったとしても、
貴方自身はそれを「集団」とは意識しておらず、
あくまで一対一の繋がりとして捉えているからなのかもしれません。


時期的なことを少し申しますと、
まず1月は、騒々しいような忙しさを感じるかもしれません。
誰かのサポートをしたり、縁の下の力持ちになったりと、
目立たないけれど積極的に動かなければならない、
という場面が多そうです。
その一方で、自分の「日常」を変えようとする人も少なくないでしょう。
日々を構成する条件を変化させること、
今まで担ってきた「自分に合わない条件」を刷新することが
メインテーマとなる人もいるかもしれません。
生活習慣を変えたり、疲労して調子を崩した身体を立て直したりする人もいるはずです。
また、異動や転職、所属する「場」の転換を
思い切って決断する人もいるだろうと思います。
この時期は、嬉しいことも多い時期であり、
そんな嬉しい出来事も貴方の「勇気」を後押ししてくれるはずです。
2月は「出会いの季節」となっています。
懐かしい人に再会する場面もありそうです。
人との出会いが、新しい刺激を与えてくれます。
電話やメールで済むようなことでも、
敢えて会いに行くことで、もっと大きな結果が出せるでしょう。
その一方で、月の下旬からは、
人間関係の上での行き違いが多くなってくるかもしれません。
これは単に「時間の問題」で、3月半ばには解消していくはずです。
3月中盤までは、人との嬉しい関わりが多い時です。
3月後半になると、人との距離感がガツンと変化するかもしれません。
人の力を積極的に借りることになったり、
あるいは、誰かから重要な任務を引き継いだりすることになりそうです。
このことは、貴方の生活を少なからず、変化させるでしょう。
4月は、他者のテリトリーに一歩も二歩も踏み込むことになるかもしれません。
遠慮はかえってジャマになるでしょう。
やってもらったことやしてあげたことを
すぐに「精算」しようとせず、
敢えて「恩」の形で貯蓄していくことで
あとでそれを、もっといい形で返しあえることになりそうです。
5月は遠く旅することになるかもしれません。
大切な人に会いにいったり、
愛を届けに出かけたりするようなタイミングです。
また、向学心や向上心が非常に強まる時でもあります。
遠く留学に出かける人もいるかもしれません。
6月は、プレッシャーから解放されるようなタイミングです。
自分一人で背負ってきたものを仲間とシェアできたり、
取り組んできたことに一定の成果を出して、
「次」に向けて一旦、短期的な目標から解放されたりするのかもしれません。
とても自由な時期ですし、
6月後半から7月にかけては、旧友に再会できるような流れも生じています。
7月は、今まで経験したことのないような、
新しくて真剣なコミュニケーションの発生するタイミングです。
ただ語り合うだけでなく、「集まる」ような動きが生じます。
貴方がひそかに暖めて来た思いが
多くの人に認められるような場面もあるかもしれません。
8月はとても楽しい時期となっています。
賑やかに騒げる日もあれば、
プライベートな落ち着いた時間を楽しめる時もあり、
とても充実した時間となるでしょう。
さらに、そこで
「自分が本当に欲しいもの」を自覚することにもなりそうです。
人々と交わることの楽しさの中にも、
そうした人々と関わる動機が、
ごく個人的なものであることを悟るのかもしれません。
「自分に正直になる」ことが必要なタイミングです。
9月は、過去を振り返ることが多くなるかもしれません。
これは、センチメンタルなことではなく
自分がたどってきた道のりを検証し、
ここからどの道を選ぶか、ということについて
大事な判断材料を得ようとするような意味を持っているはずです。
ずっと棚に上げてきたことにここで再度着手したり、
苦手意識を持っていたテーマを克服したりすることになるかもしれません。
厄介な問題に手を焼いていた人にとっては、
ここで「根本解決」できる気配もあります。
10月から11月にかけては、
非常に忙しい時期となっています。
自ら熱い「勝負」を選び取る人もいるでしょうし、
ごく個人的なテーマについて
思い切った変化を選択する人もいるはずです。
あくまで「自分」の範囲での挑戦を始める時なのですが、
それに次第に周りの人々が足並みを揃えてくることになるかもしれません。
12月になると、そうした熱い勝負の雰囲気は収まり、
選択したことを軌道に乗せていこうとする動きにシフトします。
一方、ここから翌年の7月まで、
経済的に大きな動きが生じそうです。
大きな買い物をしたり、
新しい収入の途を開拓したりと、
スケールの大きな「獲得」のストーリーが展開していきます。


愛情関係については、
とても「濃い」時期が続いています。
観念的な恋愛ではなく、
自分の中にある、生き物としての部分にスイッチが入っているような、
非常に強力な欲求を身体の中に発見する場面も多いでしょう。
この状態は2008年から始まっているのですが、
2013年11月から2014年4月くらいまでの期間、
そうした情熱にさらに「油が注がれる」ことになっています。
この時期、情熱を傾ける相手に巡り会ったり、
あるいは、既に出会っている相手との間に、子供ができたりする可能性も高いと思います。
パートナーシップについては、
リクツで片付けられない、とても深い精神的関わりが発生しています。
あるいは、冒頭から述べたような
「外国語を覚える・教える」ような作業を、
既に出会っているパートナーとの間で、進めなければならないかもしれません。
そうしたプロセスを経て、パートナーが、同時に
かけがえのない「親友」であり「戦友」に変わる
ということも、あるだろうと思います。
愛に追い風が吹くのは1月、3月、7月下旬から8月半ばなどですが、
なによりも11月から2014年4月という期間が、
フリーの人にも、カップルにとっても、素晴らしい時期となっています。


「旅の仲間」は、
一緒に同じ目的地を目指して旅していたとしても
それぞれが心に抱いている目的や動機は、完全にバラバラです。
自分固有の目的が確かであればあるほど、
仲間の結びつきも、自由でありながら力強いものになり得るのだろうと思います。
結びつくこと自体は、目的にはなり得ない
という共通認識があるとき、
人はむしろ、真に「友」たりえるものなのではないでしょうか。
「友」は、お互いの繋がりの中に
一切の実利や権益をもとめない関わり合いだと思います。
そうしたものがないにもかかわらず、
どうしても関わっていきたい結びつきです。
2013年に貴方が得る人間関係の中には、
その関係がどんな名前で呼ばれるものであろうとも
「友」という仕組みが色濃く刻み込まれているように見えるのです。





2013年占いのtopをねらえ。

topをねらえ。