2014/5/26-6/1 全体の空模様。


こんにちは、石井ゆかりです。
もう6月です。
もうなにがなんだか……(涙)


で
今週後半くらいからそろそろ、
毎年恒例下半期占いの本「星栞」が
書店さんにならびはじめると思います。
是非、立ち読みだけでもお願いいたします!
また、こちらも例年通り7月にモバイル「星読み」でも下半期12星座分けを公開しますが、
モバイル「星読み」には、「全体の空模様」や写真、ターニングポイントなどはついておりません。
週報や年報、メルマガ、ツイッターの占いなどの無料コンテンツは、
こうしたコンテンツをご購読くださっている皆様に支えていただいております。
いつも本当に、ありがとうございます!!!


で
今週の空模様ですね。
今週は、29日に強い強いスポットライトを当てたいです。
29日は双子座で新月となるのですが、
同日に、金星が牡羊座から牡牛座へ、
水星が双子座から蟹座へと、それぞれ、移動します。
新月は「はじまり」のタイミングで、
双子座での新月ですから、
対話が始まったり、移動が始まったりする
というイメージが湧くわけですが
これと同時の2つの「星の移動」、
この2つそれぞれにちょっとずつクセがあって、
非常に面白く感じられます。


まず、金星の移動ですが、
牡牛座は金星の支配する星座であり、
「帰還」のイメージがあります。
さらに、5月3日から金星と火星との間に結ばれていた、
ミューチュアル・リセプションが、ここで「解除」されます。
金星は牡羊座ではあまり調子が出ないということになっており、
2重の意味で金星が緊張感から解放されるわけです。
金星は愛と美と財と快の星ですが、
そのような世界において、ふわっと解き放たれ、
本来の持ち味を取り戻すような出来事が起こるかもしれません。


一方、水星は双子座の支配星で、
こちらは「家から出る」ようなかたちです。
水星は蟹座で特に調子が悪いという設定はないのですが、
一説には「水星は水の星座で調子が出ない」とされます。
水星には「翼」のイメージがあるんですが
雨がふってるときは確かに、調子が出にくいかも、と思います。
論理が感情の世界にはいるわけですから、
両者を結びつけるのには少々手間がかかる、みたいなこともあります。
さらに、水星はこのあと、6月7日から逆行を始め、
17日には双子座に戻ってくることになります。
そして、7月13日まで双子座を再度、旅することになるわけです。
家から出る、といっても、本格的に離れてしまうのではなく
ちょっと近所の様子を見てくる、みたいな感じです。
水星-双子座はコミュニケーションやビジネスの世界ですが
ここから先、「気持ち」や「過去」、最も柔らかな「心」に触れながら、
ゆっくりと対話を進めていくことになるのかもしれません。


双子座の新月という「始まり」の一方で、
金星の牡牛座入り、水星の蟹座入りは
どこか「ペースダウン」です。
さきへさきへと急ぐ雰囲気が弱まり、
身体や物理的条件、大地のペース、心の動きなど
時計では刻めない時間に軸足を移すようなシフトが
ここでは、感じられるのではないかと思います。
水星の逆行は未だ少し先ですが
すでに先へ進むベースは緩んできています。
柔軟にスケジュールを組み替え、
ゆっくりじっくり進むことが求められる、のかもしれません。


今週はそんな感じです。



----

「愛する力。」試し読みがこちらでできます。


「石井ゆかりの星読み テーマ別セレクション【星で「あの人と私」を読む】」が、リリースとなりました!
コンピュータによる「個人占い」、第4弾です。
もとより、機械で読むのはどうにも限界があるのですが、それでも、できるとこまでやってみよう、的なアレです。
モバイル「石井ゆかりの星読み」のデータベースを元にしているので、会員の方にはおなじみの記事ですが、
パソコンやスマホでまとめ読みできる、パソコンならプリントアウトもできる、というあたりが魅力です。
詳しくはこちら。




全体の空模様、バックナンバーをねらえ。>>
もう月曜なのに更新されてへんよ、のときは、こちらかも。>>
2011年秋より前の12星座分け(筋トレ本体で更新していた)バックナンバーはこちらで探せます。2003年までさかのぼれます。>>
2011年秋から年末の12星座分け&全体の空模様バックナンバーはこちらで探せます>>
全体の空模様、2006年8月7日以前と、2007/9/30〜2008/12/14のログ>>
全体の空模様、2008年/4月〜6月は「筋トレ回覧板」>>
NP日記・全体空模様ログ(2006/8/7から2007/9/30までの分)>>
topをねらえ。