2014/9/1-9/7 全体の空模様。



こんにちは、石井ゆかりです。
一気に秋めいてきまして、
すこしだけホッとしております。
が
仕事はホッどころではなく
よりホットになってきております……


ああ!
おいつめられすぎて!!
ダジャレまで出て!!!(末期


で
今週の空模様です。
今週はまず、
2日に水星が天秤座へ移動します。
さらに、金星も6日、乙女座入りし、
ここにミューチュアル・リセプションができあがります。
天秤座と乙女座という星座は、
「他者」の存在との交わりが強調されている世界です。
人に手をかすことや、人と手を結ぶこと、
ひとりではできないことを、
手を携えて成し遂げる道筋を示す世界です。
関わること、反応すること、
感じとること、見抜くこと、などに、
この時期、軸足が置かれる感じがします。
また、「交渉」「調整」も一気に加速するイメージがあります。
これも、複数の存在が在るからこそ必要になる作業です。
これまで、獅子座、蠍座という固着宮が強調され、
風の星座に星が一つも無い状態が続いていましたが
ここへきて、風がすうっと通る道ができたようにも見えます。
今まで何となく「缶詰状態」のような感じだった人にとっては、
その外側に出るドアや窓ができたように思えるかもしれません。


土星と火星はまだ蠍座で同座していますが
すでにコンジャンクションのピークは過ぎ、
金星が獅子座から抜けることで、
マレフィックとベネフィックの「ぎゅっ」と濃密な感じが
今週を境に、すうっと軽やかになっていく感じがします。
今までなんとなく煮詰まったような、
一つの方向をぎゅっと見つめ続けているような感じだった人は
そうした「凝縮感」がほどけていくのではないかと思います。
とはいえ、
5日は木星と冥王星がインコンジャンクトとなります。
この形は、けっこう「濃い」です。
冥王星は蠍座の支配星ですので、
上記の獅子座-蠍座の凝縮ぶりと韻を踏んでいます。
獅子座と冥王星の位置する山羊座には、
「支配者−王者」というイメージの部分集合みたいなものがあります。
獅子座は甲冑を纏った、陽気で勇敢な王様のイメージ、
山羊座は老皇帝のようなイメージですが、
誇り高く、「統べるもの」という点では重なるところがあるんですね。
木星と冥王星もまた、ナカミは別々ですが、
社会を動かす力、
それも、どちらかといえば「人が欲しがる力」を象徴しているところが
少しだけ似ています。
権威や力の誇示、ナカミを伴った誇示
というイメージが湧いてきます。
ごく卑近なところでいえば、
なんかこう、ねちっこい自慢話みたいな
アクの強い、でもナカミがナイでもないアピール、みたいな
そんなイメージも沸いてきます。
水星は火曜日に動くとはいえ、
金星が獅子座を出るのは週末ですから、
風の星座の柔軟さや軽やかさ、反抗心がじわじわ顔を出すにせよ、
週の中程まではどちらかといえば、
先週までの「濃い」展開にまつわるバリエーションの方に軸足が置かれ、
週末を越えて一気に風通しが良くなる!
みたいな感じかもしれません。


今週はそんな感じです。



----


過去に雑誌に掲載された特集記事等をまとめた
「星読み図書室」がリリースされました!
モバイル「星読み」の特別室みたいなサイトです。
是非お試しください!







全体の空模様、バックナンバーをねらえ。>>
もう月曜なのに更新されてへんよ、のときは、こちらかも。>>
2011年秋より前の12星座分け(筋トレ本体で更新していた)バックナンバーはこちらで探せます。2003年までさかのぼれます。>>
2011年秋から年末の12星座分け&全体の空模様バックナンバーはこちらで探せます>>
全体の空模様、2006年8月7日以前と、2007/9/30〜2008/12/14のログ>>
全体の空模様、2008年/4月〜6月は「筋トレ回覧板」>>
NP日記・全体空模様ログ(2006/8/7から2007/9/30までの分)>>
topをねらえ。