牡羊座 2012/4/23-4/29の空模様。

「工夫」を重ねていくときです。 ひとつひとつはささやかでも、 アイデアを取りこぼさずに実現していったとき 最終的な効果は、見逃せないものとなります。 あるいは、かなり思い切った「工夫」を 周囲を説得して、実行に移す人もいると思います。 ちょっと変わったことをしたり やったことのない方法で物事に取り組んだりするとき かならず「失敗を避けることを優先すべきでは?」という疑念が 自分の胸の中にもよぎりますし、周囲からも提示されます。 ですが、幾多の発明は、星の数ほどの「実験」から生まれました。 この時期の貴方を取り巻く環境には どこか「実験室」のような趣があります。 結果に対してはあくまでフラットで客観的な態度を保ちつつ、 挑戦する気持ちは、熱い主観に支えられている、というイメージの時期です。

牡牛座 2012/4/23-4/29の空模様。

ちいさな不満を「このくらいは」とガマンしてしまったがゆえに あとになって「それは本当はいやだった」と言えずに もっと大きな不快を受け止めなければならなくなってしまうことがあります。 最初は、小さなストレスを回避するためだけの、 ささやかなガマンだったのに いつのまにか、大きなストレスを聖者のように 耐え続けなければならない状況に置かれたりします。 この大きなストレスが、 「もう耐えきれない!」という怒りの爆発につながったとき、 関係そのものが跡形もなく消え果ててしまうことも、少なくありません。 一般に、ワガママは悪いことだとされますが 自分の思いを伝えたり通したりすることは むしろ、人間関係を維持する上で 非常に重要なことなのではないかと思います。 この時期、貴方は 「自分はこうしたい」 という思いに従って生きるように、促されているようなのですが 「こんなに自分の思いを実現しようとして良いのだろうか?」という疑念が 心の片隅に、いかにも賢そうな様子をして、現れる気配もあります。 でも、その疑念はたぶん、 最終的に物事をぶちこわす要因になりこそすれ 決して、生産的な提案ではないように思えます。 「自分はどうしたいか」を心の中に探し当てることは 現実には、なかなか難しいことなのですが この時期は、そのことから手を抜かない方がいいのだろうと思います。

双子座 2012/4/23-4/29の空模様。

人間と人間が関わるところには リクツや計算では説明しがたいものが 常に、血流のように発生します。 出張のお土産とか、祝儀袋とか、「ご挨拶」とか、 なんだかよくわからないもののやりとりを介して うなずきあって関わっています。 なぜか他人であるはずの人物にどうしても抱きつきたくなったり なぜかお腹の中から子供が出てきたり そういう、「なんでかわからないけどそうなる」ことで 私たちの人間関係は、できあがっているわけです。 こういうことをさかしく分析したり説明したり あるいは「そんなことをして貰う筋合いはない」とか 「そんなやりとりは非合理だ」と切り捨てたりしてしまうことも多いわけですが この時期、双子座の世界では、そうした 「わけのわからないやりとり」に、 ずっしりと重心が置かれている気がします。 説明がつかなくても、計算があわなくても、 どうにも、しかたなく、そうなるしかない という関わりの中に、 花の球根を植えるようなタイミングです。

蟹座 2012/4/23-4/29の空模様。

何となく相づちをうったり、調子を合わせたり、 共感する言葉を並べてみたり。 日常的に、こうしたことは、 人との関わりを円滑にする上で、好ましい効果を生みます。 決して、単に適当に流しているのではなく、 相手の様々な思いを柔軟に受け止め、 相手の立場や誇りをまもるために、 それがとても重要な機能を果たす場合もあります。 でも、この時期の貴方は、 そうした軽やかなコミュニケーション技術に対して どこか、懐疑的になっているようです。 懐疑的になっている、というよりは もっと本気な、 リスクを負いながらも本音で関わるようなコミュニケーションに 自分のインタフェースを「特化」しているような感じがあるのです。 「お天気が良いですね」 「ええ、わたしのせいじゃありませんよ」 という落語の中のやりとりは、単純な笑い話のようでいて、 じつは、この「私のせいじゃありませんよ」と言った人の 純粋素朴な率直さ、心の確かさを捉えています。 「お天気が良いですね」と語りかけた人の、 「何でも良いからとりあえず天気の話をしておけば大丈夫」という、 話の中身への無関心さをずばりと暴く、 「裸の王様」のラストシーンに出てくる子供のような無邪気さと真剣さが そこに、現れているのだと思います。

獅子座 2012/4/23-4/29の空模様。

獅子座の人は、クールでかっこいい表情を持っています。 物事に鷹揚で、 「べつにがっついたりしません」 という表情を、安定した穏やかさで保っていることが多いようです。 でも、この時期はちょっと「がっついている感じ」を出した方が いい情報やオファーが、はいってきやすいかもしれません。 「どうしてもそれが欲しいです!」 という感情と情熱をおもてに表していた方が、 実際にそれが回って来やすい、という雰囲気があるのです。 自分の願望や欲求についての意思を表明しておくことは、 弱みを見せる事には当たらないと思います。 少なくとも、この時期はそうです。 妙に遠慮して、あるべき交渉を避ける人も多い昨今ですが、 交渉をこころみることは、相手を否定することとイコールではありません。 この時期、自分の立場や望みを自己主張することは あとで「そんなはずじゃなかった」という怒りを抱くことを回避するために、 どうしても必要なことなんじゃないかという気がします。

乙女座 2012/4/23-4/29の空模様。

大筋では間違っていないのです。 今、貴方は大きくてまっすぐな「王道」を進んでいる最中で、 心に確信を抱いているそのやり方で、 まっすぐに、ゆるぎなく進んでいくだけで 目指す場所に到達できるはずです。 ただ、今週は、 「それではちょっと緩みがなさ過ぎる」とか 「もう少しこの辺りも考慮した方がイイのでは」など ちょっとした軌道修正の勧めを だれかから、受けることになるかもしれません。 この勧めはおそらく、 貴方の心の奥にあるものと呼応するはずで、 もし、そうした「噛み合う感触」を感じたなら、 あまり迷わずにすっと受け止めてしまっていいかもしれません。 というのも、相当以上にその人のアドバイスが突飛に思えたとしても その言葉はどこか、貴方の内なるもう一つの声を 代弁してくれているような感じがあるからです。

天秤座 2012/4/23-4/29の空模様。

誰かの意志や望みに 「乗っかってみる」 ような雰囲気の週です。 自分が決定し実行していくのではなく、 誰かの「やりたいようにやらせてあげる」という感じがあるのです。 それが、貴方自身のことだったとしても そんなふうにしてみると、 状況が面白い具合に変わっていく気配があります。 なにごとも、自分の頭で考えて自分の手で掌握していたい貴方ですから そんなふうに「誰かに便乗する」「任せてみる」ということには 不安や違和感もあるかもしれません。 でも、そうしてみたときに初めて、 自分が無意識に避けていたことや、しらずしらず見ないようにしてきたものに 気づかされる事もあるわけです。 自分自身のことなのに、 なぜか他人である周囲の方が熱くなっている というような場面もあるかもしれません。 無理に「これは自分のことだから」と、他者を切り離そうとせず 敢えて、そのことを受け入れてみると 面白い展開に結びついていくんじゃないかと思います。

蠍座 2012/4/23-4/29の空模様。

予想外の答えだと 「それは、不正解です」 と、なりやすいわけです。 正解不正解が本質的には決まっていないような問題でも、 投げかけた疑問に対して返ってくる答えが 自分の心の中にあったものとぴったり合っていないとき 「こいつ、わかってない」 というふうになります。 でも、その予想外の答えの中にこそ、 本当に今まで解っていなかった情報や想いが みっしり込められている、ということがあります。 相手に尋ねているようでいて 本当は、自分の言いたいことを理解しているかどうかだけをテストしているようなときは、 相手が返してきた言葉が「自分のものではない」ということで 意味を持たない、無効 というふうに判断されてしまうのは 勿体ないことなのかもしれません。 自分の思いを解ってくれているかどうか試験する目的で相手に問うのか、 相手の考えや思いが知りたくて、相手に問うのか。 この2つは、容易に入れ替わってしまいますが 今週は少なくとも 後者の要素を意識的に残しておいた方が、 生産的なのではないかという気がします。

射手座 2012/4/23-4/29の空模様。

「仕事人」「職人技」というような言葉がぴったりくる週です。 こだわりを持ってなにかに取り組み、 思った通りの結果を出していく ということに、生き生きした心で没頭できる時なのです。 誰かに勝とうとか、失敗しないようにしようとか、 そうした邪念が一切入り込まず、 ただ「自分が生み出す結果」のみに 意識を集中できるような雰囲気があります。 心の奥にあった様々なイメージや記憶が、 手を通して、さまざまな形を得ていきます。 時にはそれを誰かと共有することで、 実現する可能性が出てくるのかもしれません。 偉大な発明のなかには、 ささやかな疑問や、幼い頃に抱いたイメージなどが 発端となっているものがあります。 この時期、貴方が着々と具体化していくことの中には そうした、小さな想念が核として内蔵されているのではないかと思います。

山羊座 2012/4/23-4/29の空模様。

自分の中に矛盾を抱え込むことは 決して、悪いことではないと思います。 あるテーマについて、 肯定の意見しか自分の中になかったとしたら、 否定的な意見を述べる人々に対して 「理解できない」 という気持ちしか抱けないだろうからです。 否定的な意見も、肯定的な意見も、 どちらも理解できた上で 敢えて、どちらかを選択している、という状態の方が きっと、柔らかな強さを持てるはずです。 この時期、ある大きなテーマについて 自然に、旗幟を明確にしながらも、 もっとも大事な人からそのことを批判されたり、 あるいは、自分で自分に 密かに自己批判を加えたりすることがあるかもしれません。 このことは、貴方を打ち負かすのではなく、 貴方が掲げた旗を、もっと丈夫なものにしてくれるはずです。

水瓶座 2012/4/23-4/29の空模様。

「自由」は簡単に、 「孤独」や「空疎」にすり替わってしまいます。 「自由」を求めたはずなのに、 いつのまにか「からっぽ」の中にいた という経験をした人は、少なくないだろうと思います。 「自由」と「孤独」を一体化させないために必要なものは 何なのでしょうか。 「自由」はそもそも、「孤独」と不可分なものなのでしょうか。 たぶん、「自由」は、「孤独」とは 全く別のものなのだろうと思うのです。 でも、あるシチュエーションにおいては この2つは、外形的に大変よく似ています。 この時期、貴方は「自由」と「孤独」の差に 気づかされるような体験をするのではないかと思います。 この体験が、具体的にどんな形のものなのかはわからないのですが 少なくとも、「失って初めて解るありがたみ」というような 切ない形で起こるのではないことは確かです。

魚座 2012/4/23-4/29の空模様。

握手にも、いろいろあります。 軽く手を触れるだけ、というようなさらっとしたものもあれば、 ぎゅっと握ってブンブン上下に振るようなの、 両手でがしっと握りあうもの、 文化によっては、ハグしたりほっぺにキスしたりすることが、 他の文化における握手のような意味を持っている場合もあります。 たとえば、 いつもは軽く手を握って笑顔を向けるだけ、という習慣の人も 今週は、両手で相手の手を強く握って、 その目をまっすぐに見るのかもしれない、と思うのです。 同じことをするのでも、 今週は、人間対人間、という場では いつもよりもそこに込める力や思いが 熱く、大きく、強くなっている感じがします。 同じ言葉でも、その言い方によって、伝わるものがちがう ということは、誰もが体験したことがあると思います。 お菓子をお裾分けして貰って言う「ありがとう」と 命を助けてもらったときに言う「ありがとう」では そこにこもるものの大きさが遙かに異なります。 私たちはそれを、「言い方」で表そうとします。 今週、魚座の世界ではそんなふうに いつもよりも重みを持ったコミュニケーションが かわされる感じがするのです。


バックナンバーはこちら。>>



topをねらえ。