牡羊座 2012/10/22-10/28の空模様。

大事にしなければならないものと、 そうでもないもの。 わかりきっているようで、 この両者の区別はわりと、ハッキリしません。 特に、忙しいときや、状況がややこしいときは なぜかどうでもいいことのほうが気になったり、 一番大事なものほどおろそかになったりすることがあります。 不思議なことです。 このところずっと、 大事なこととそうでないことの境目が 曖昧になっていたかもしれません。 あるいは、 優先順位がいつのまにか、 本当は望んでいない形に 変化してしまっていたのではないかと思います。 今週以降、そんな混乱をびしっと整理することができます。 本当に大事にすべきものと、どうでもいいものとを きちんと切り分けて、 大事にすべきもののほうに、時間や労力を割く、というふうに 頭を切り換える瞬間が今週、巡ってきそうです。

牡牛座 2012/10/22-10/28の空模様。

非常に生真面目な人に出会ったり 心のとてもうつくしい人に出会ったりすると 私たちは、別に相手が何を言ったわけでもないのに 自分の内側にある弱さや醜さを発見してしまい 赤面したり、後ろめたさを感じたりします。 さらに、そうした人に褒められたとき、 自分の特徴をそんなふうに評価されるとは! というふうに、新鮮なおどろきを感じることもあります。 ありふれた、だれにもあるクセだと思っていたことを 珍しい美質として賞賛されると、 すでに自覚していた長所を褒められるときとは ちょっと違った喜びがわいてきます。 今週、牡牛座の人は そんな「出会い」に恵まれるんじゃないかと思います。

双子座 2012/10/22-10/28の空模様。

やっていることはごく当たり前の、 華やかでもスケールの大きいことでもない、 地道でジミなことなのに それに勲章や月桂冠を授けられたら ちょっとびっくりします。 でも、よく考えてみると 勲章や月桂冠に到るまでの道というのは たいてい、ジミで地道なものなのかもしれません。 この時期、貴方は硬い意志をもって なにかしら、 とても具体的で、ある意味ジミで、 地道で現実的なことをスタートさせたり、 日々やっていることをそうした観点で増強したり というプロセスを、 自発的にすすめているのではないかと思います。 それは、何らかの形で「名誉」に結びついていて 貴方の社会的な姿を輝かせてくれることになっているようです。 刹那的な運の良さとか、 小手先のワザとかでは生み出しようのない「名誉」が、 貴方の目の前にくりひろげられている現実の中に 深く根を張っていくように見えるのです。

蟹座 2012/10/22-10/28の空模様。

創造的である、ということは 非常に苦しいことです。 なぜなら、 どこかに正解があってそれを当てればよい ということではないからです。 どんなに「参考になる意見」を聞いても 結局、最後の所は自分自身で決定しなければなりません。 それは、不安で、あやふやで、 「ほんとうにこれでいいんだろうか?」という疑問を 最後まで払拭しきることはできないままに 選び取られるしかない答えです。 今週、貴方は真に創造的な道を歩くことになっているようです。 「創造的」というと アートとか、音楽とか、 そういう「作るもの」というイメージがわきますが、 「正解のないところで自分なりの答えを出す」 という意味の「創造性」は 人間関係でも、恋愛でも、どんな場面でも起動できるものです。 「正しさ」のない世界で、 自分だけの答えを生きるということを 粘り強くやっていこうとする意志が 今週、貴方の中に、結晶のようにかたまるのだろうと思います。

獅子座 2012/10/22-10/28の空模様。

頼られるといやと言えない姉御・兄貴肌 というフレーズが、しばしば獅子座の説明に用いられますが 今週、誰か身近な人にどっぷり「頼られる」ことがあるかもしれません。 あるいは逆に 貴方自身が誰かにどーんと「頼ってみる」ことになるのかもしれません。 頼りにしてるよ! と言われると、 相手にも寄りますが、たいていは 何となく嬉しくなるものです。 頼られる、ということは、 必要とされる、ということであり、 人は誰でも、必要とされたい、という気持ちを抱いて生きているわけで 頼りにしたりされたりということは 本質的には「いいこと」なんだろうと思います。 「ワガママだ」とか「甘えている」とか そういう非難が当然のように横行する世の中ですが ワガママや甘えを怖れすぎて 人を必要としたり、必要とされたり、という結びつきを 極端に弱体化させてしまうと 私たちの生活の生命力は、どんどん乾いて涸れていくように思えます。 今週、頼るとか、頼られるとかいう動きの中に なにかが生命力を取り戻す瞬間を 目の当たりにすることになるのかもしれません。

乙女座 2012/10/22-10/28の空模様。

解らないことを解るまでなんども聞く ということは、けっこう、難しいことです。 ですが、 ごまかして適当に流したり、 聞きにいくことを遠慮したりして、 あとになって大問題になる!ということも 珍しくありません。 単に興味本位で勉強しているだけで、 その点はすっとばしても大きな問題にはならない、 ような場面ならいいのですが、 何かを理解することに「責任を負っている」場合は 「わからないけど、ま、いいや」で 済ませるわけにはいきません。 また、この「理解する責任」は 「仕事の内容を責任持って理解する」 みたいな場面以外にも、存在します。 たとえば、家族との関係や恋愛関係において 責任持って理解しないと大変なことになる、 というポイントがあったりします。 今週、貴方の世界には何かしら、 「責任持って理解しなければならないこと」 が存在しているように見えます。 あるいは、逆に 「責任持って伝えなければならないこと」 があるのかもしれません。 貴方は、素晴らしい理解力に恵まれた人ですが 今週「理解しなければならないこと」は 頭と心、感覚や感情を総動員したところで、 やっと理解できる、というような、奥深い内容を秘めているようです。

天秤座 2012/10/22-10/28の空模様。

長い時間をかけてコツコツためた貯金や、 長い時間「自分のもの」として所有し続け、使い続けたものなどは 自分の世界の中で 非常に大きな意味を持ちます。 自分の「分身」と言っても良いくらい、 その「価値」の重みは、金銭に換算したりできません。 でも、そのことがはじまる「最初の一歩」は 決して、特別でもなければ、劇的でもなかったりします。 今目の前にあるもののどれとどれが10年後も自分の目の前にあり、 どれとどれが途中で脱落していくのか、は 今この瞬間にわかることは、ほとんどないと思います。 でも、今週、何かしら 今後長く使っていけるようなもの、あるいは 今後長い時間をかけて育てていけるようなものが 貴方の世界に「登場する」気配があります。 流行や人々の人気など、 移ろいやすいもののヴェールの向こう側に 自分の分身のようななにかにふと、出会う瞬間が 巡ってくるのかもしれません。

蠍座 2012/10/22-10/28の空模様。

お誕生月の始まりですね、おめでとうございます! お誕生月は星占いの世界では 「お正月」にも似たタイミングです。 自分が生まれたときと同じ場所に、太陽が戻ってくるのです。 お誕生日は、過去1年分の物語が収束し、 新しい1年の物語が始まるタイミング、と言うことができます。 太陽のサイクルの節目に当たっています。 今年のお誕生月の始まりは、 少々特徴的です。 というのも、 単に「ここからの1年のはじまり」にとどまらず、 もっとずっと長い時間の「はじまり」と、 ふわりと重なっているからです。 今週、貴方にとってたしかに 「これは、自分だけの思いだ」 と感じられるような ごく個人的な愛や、夢や、意志や、個性などが ここから2,30年をかけてたどっていく長い道のりの方向性を 静かに選択するような出来事が起こるかもしれません。 誰にも左右されない、絶対的に個人的な意志が 「こっちに向かおう」というふうに 行き先を選択する、そんな場面が ゆらゆら揺れていた方位磁石の針がやがてすうっと位置を定めるように 静かに、巡ってくるのではないかと思います。

射手座 2012/10/22-10/28の空模様。

アクティブに活動し、華やかに人と関わり、 どんどん自己主張している時期だと思います。 でも、その一方で、 自分の心の奥を、湖の底を見つめるように見つめていたり あるいは、 自分の心の強さを試すように 様々な矛盾や他人の弱さを受け止めていたりする部分が あるのではないでしょうか。 感情と意志とはふつう、 別々のものと考えられています。 感情は一時的なもので、うつろいやすく、 一方の意志は、 長い時間の中でも変わることがない、たしかなもの と捉えられます。 でも、 感情にも、時間の中でふらふらと変化するものもあれば 何年も何年も変わらずに心の奥に秘されて生き続けるものもあります。 また、深い感情の裏打ちのない意志は、 形骸化しやすいところがあります。 今週、貴方の心の中で 意志と感情とが重なって強く結びつき、 静かで変わりにくい「決心」に変容しそうな感じがします。 この「決心」には、客観的な正しさとか、 論理的な必然性などは一切なく、 ただ、貴方にとってそれが真実である、ということだけが それを支えているのだろうと思います。

山羊座 2012/10/22-10/28の空模様。

未来のことは誰にも解りませんが 誰もが未来に向かって歩を進めています。 未来のために準備をし、 未来に希望や夢を描き、 未来をすばらしいものにしようと必死になって 今を生きているような感じがします。 見えない未来を見ようとして目を凝らし、 わかりっこない未来のために今を決めて行く。 これは、なんだか、よく考えると 不思議な生態のようにも思えます。 今週、山羊座の人の目には 未来が道のように見えてくるかもしれません。 道を全て見通せるというわけでもないし 全てが描かれている地図が手に入るというワケでもないと思うのですが 未来が、様々な事が待っているブツブツと分断された場のようなものではなく 過去から未来へとちゃんと繋がった道として ある程度以上に理解可能なものとして 見えてくるのではないかと思うのです。 山羊座は、12星座中最も 「自分がどこに向かっているのか」 を意識する星座、と言えると思います。 その意識が今週、かなり遠い未来までを 「照らす」ことになるんじゃないかと思います。

水瓶座 2012/10/22-10/28の空模様。

今週以降、社会的に「立場を得る」ような動きが生まれるかもしれません。 新しい肩書きを得たり、 新しいミッションを請け負ったり、 なんらかのかたちで、 今までよりも一段高い舞台に立つことになるんじゃないかと思います。 だれもが、誰かの力を借りて生きているわけですが それでも、「自分の足で立っている」という感覚を持つことは とても大切なことです。 この「自分の足で立つ」というのは 経済的に自立するとかそういう、 外的な条件のことではありません。 どういう生活のかたちであろうとも、 自分の意志や気持ちを、 自分のやりかたで責任持って充たしているかどうか ということです。 今週、そんな 「自分の足で立っている」ということを 強く意識する場面があるかもしれません。 そのことが、真に自分の役に立つ自信に変わったり、 あるいは、周囲に対して示せる強さに変わったりするんだろうと思います。

魚座 2012/10/22-10/28の空模様。

幼い頃、一緒の教室にいて同じことをしていた同級生達が 年齢が上がるに従って徐々に、別々の道に進み、 いつしか、全く重なるところのない生き方をするようになります。 扇のように、最初は一つに集まっていたのが 時間が経てば経つ程、互いに遠ざかって、 バラバラにばらけていくように思えます。 年齢が上がれば上がるほど、 ある意味において、選択肢は増大し続けていく という感じがします。 「進学か、就職か」といったような、 ある種の型に基づく選択のかたちは 年齢が上がるほどに、消え失せてしまうのです。 今週、自分の「進路」をひそかに、 選ぶ人も多いと思います。 この「進路」は、 決して、学生時代のような型をもったものではありません。 ある人にとっての「進路」が 他の人から見れば、遊びのように思える場合もあるでしょう。 その人にしか選べない、オーダーメードの「進路」というものがあって、 それを、このタイミングでみずから 「こっちにいこう」というふうに、選べるわけです。 世の中には様々な専門家がいますが、 時には 「そんなことに専門分野があったのか!」 と、驚かされるようなこともあります。 何千何万とある「専門分野」、 それをゼロから新しく追加する人だっています。 この時期、魚座の世界では 最も広い意味での「専門分野」を、 なにかしら、選択する人が多いんじゃないかなと思うのです。


バックナンバーはこちら。>>



topをねらえ。