牡羊座 2013/2/25-3/3の空模様。

生活の中では、 「うんと身体を動かす時期」とか 「アタマをめいっぱい使う時期」とか そんなふうに、 「使うところ」を集中して使うタイミングというのが、 あるんじゃないかと思います。 この時期は、星座を問わず多くの人が 身体の一部を 「集中的に使う」 ことになるようなのですが、 牡羊座の人は特に、 「心」をめいっぱい使うことになるのではないかと思います。 思いを根拠にして行動を起こすこと、 物事に深く感じ、その感じた感情を掘り下げること。 心動かされ、そこからスタートする、ということが この時期は、何よりも大事なことだと思います。 感情から動くことを頭ごなしに「NO」とする人も多いわけですが、 この時期は、感情という強い動機なしにはできないことが 貴方の前に、大事なテーマとして横たわっているのではないかと思います。

牡牛座 2013/2/25-3/3の空模様。

「恵みの多い」時期です。 たとえば、トランプのゲームをやってもなんとなく 「いいカード」がめぐってくるような、 それがあらかじめ予感されているような、 不思議な感覚があるのではないかと思います。 その一方で 「今、この時期だから挑戦できることだ!」 と思えることもあると思います。 時間的に少し余裕があったり、 経済的に切羽詰まっていなかったり、 やらなければならないことが少し軽減されていたりするとき、 「いましかない」 と、満を持して着手することができるテーマが この時期、思い浮かぶのではないかと思うのです。 それは、以前、「やりたくてもできなかった」こと、 なのかもしれません。

双子座 2013/2/25-3/3の空模様。

大きな山をぐんぐんのぼっていくような時期です。 道行きは少々複雑かもしれませんが 確かに「のぼって」いるのです。 道行きの複雑な山を登るときというのは ときどき、下り坂になったり、 頂上とは違う方向に進んだりしなければなりません。 でも、やっぱりそれは 全体から見ると「のぼっている」と言うしかありません。 この時期、貴方がのぼっている山は、本当に大きいので 自分が行程のどこにいるかも解らない場面も たぶん、あると思うのです。 パッと見渡せば全行程が一望できるような、 そんなちゃちな山ではないのです。 この「山」というのは、もちろん 「チャンス」や「目標」の比喩です。 優れて大きなチャンス、とても高い目標に向かって 自分が思うよりずっと確実に、 自分の道を「攻めて」いけるタイミングです。

蟹座 2013/2/25-3/3の空模様。

大きく「移動」する時期です。 あるいは、たくさんの手紙を書くことになるかもしれません。 この時期の貴方は、 「懐かしい未知の世界」 に、踏み込むことになるのではないかと思います。 普段の景色とは全く違った風景が広がっている、 という意味で、 この場所はいつもの場所から遠く隔たっていると思います。 「隔たり」はこの場合、距離ではなくて 「いつもの風景との差」の大きさのことだと思うのです。 「今いる世界」の外側の世界との接点を多く持ち、 さらに、外側の世界にぐいぐいと踏み込んでみる中で、 いくつかの「価値観の変化」が 貴方の心の中に、根を下ろし始めるかもしれません。 「価値観」は、ある衝撃をうけてバーンと変化することもあるかもしれませんが 多くの場合、樹木が大地に根を下ろして枝葉を伸ばすように、 ゆっくりと「根付いて」いくことのほうが 多いのではないかとおもうのです。

獅子座 2013/2/25-3/3の空模様。

いつもならそこに存在しているはずの「線引」が この時期、なんとなく、見つからないだろうと思います。 自分と他者の間に引かれている線や、 自分の責任や義務の範囲を囲む線、 ガマンすべきラインなどが この時期、なんとなく薄くなっているか、 あるいは、消えてしまっていると思うのです。 私たちはそういう「線引」に頼って生きているところがあります。 たとえば、小さな机を一つ置いただけで、 そこに「カウンターの中」のような場所と、 「お客さんの居場所」というふうに 「場」が仕切られて、 そのしきりに従って、お互いの役割が決まります。 その役割に従って、私たちは行動するわけです。 でも、この時期はそんな「線」が薄いか、無いために、 お互いの領域に深く入り込んだり、 どーんと体重を預け合ったりすることになりやすいのではないかと思うのです。 そうした「融合」が、私たちの生命力を維持しているところもあります。 中には、いつもびしっと設定してしまっている線を ここで、自ら壊していく人もいるかもしれません。

乙女座 2013/2/25-3/3の空模様。

自分と誰かの関係について、 誰もが無意識に、いろんな「定義」を行っています。 「あの人とはうまくいっている」とか 「あの人はちょっと苦手だし、向こうもそう思っているらしい」とか 「ずっと以前のケンカについて、まだ腹を立てているだろう」とか、 そんなふうに、 「この関係は、こういう状態」 というふうに、ステータスが定義されているわけです。 でも、それが必ずしも正しいわけではない場合も かなり多いだろうと思います。 人間は変わっていく 自分も変わっていく ということを、誰よりもよく知っているのが乙女座の人々です。 ですから、そうした「ステータス」がずっと保たれるわけではないのも よくわかっているだろうと思うのです。 この時期、そうした「関係のステータス」が 様々に、勢いよく変化していきます。 あるいは、既に変化していたことが この時期、顕在化する、ということなのかもしれません。 いずれにせよこの時期、 関わりが「息を吹き返す」のを体験する人が かなり多いだろうと思います。 関係は生き物みたいなものだ、と、何度も書いてきましたが、 関係が持っている生命力の威力を 今週以降、改めて実感することになるかもしれません。

天秤座 2013/2/25-3/3の空模様。

「ここにゴミを捨てないで!」と看板がある場所は 何となく人がゴミを捨てたくなる場所、なんだそうです。 自分の心の中にも、そんなふうに 「なんとなくそこに、ガラクタを置いてしまう場所」というのがあって 時間が経つうちに、だんだん、 大変なことになっていきます。 今週、そんな「大変なことになってしまった、ガラクタ置き場」に 強いスポットライトが当たりそうです。 その光の中で、 今や障害物のようになってしまったガラクタを 丁寧に片付けることになるだろうと思うのです。 これによって、今までどうしてもうまく行かなかったことを ふわりと正常化させることができそうです。 この「ガラクタ」は、 疲労、ムリ、身体的な負担、 コンプレックス、 罪悪感、後ろめたさ、ガマンし続けて来た気持ち、 嘘、言い訳、不要なプライドなど 人によって様々です。 誰もがそういう部分を抱えていますが、 ジャマされることに慣れてしまって、 そうしたものが実際に、どんなに自分をジャマしているか、ということに なかなか気づかないものです。 でも、貴方を苦しませているものの正体が今週、 不意に、解るのではないかと思います。 そして、それを解消するための助け船を 誰かがすうっと、出してくれる気配もあるようです。

蠍座 2013/2/25-3/3の空模様。

貴方にとってもっとも大事なものに 強いスポットライトが当たっています。 人は誰もが、 自分の「大事なもの」を持っていると思うのですが、 それに対して割ける時間や労力は けっこう、限られているものです。 社会的な義務や責任、経済的な制約など 様々な事情が絡み合って 私たちは、私たちの「一番大事なもの」に なかなか、どっぷりつきあえないところがあるわけです。 でも、この時期はそうではありません。 この時期、なによりも「一番大事なもの」に どーんと力や時間を投下することができそうなのです。 ですが、そうなってみて初めて 「一番大事なものって、なんだろう?」と 自分の心が解らなくなってしまう人も 中には、いるかもしれません。 その場合は 「一番大事なもの」を見つけ出し、あるいは建て直すことが この時期の主たるテーマとなるだろうと思います。 もちろん、 恋に落ちたり、恋心が復活したりする人もいるかもしれません。

射手座 2013/2/25-3/3の空模様。

社会的に、功成り名を遂げた人が 「なによりもこの成果を父に認めてもらえて嬉しい」 などと口にすることがあります。 どんなに偉い人にほめられるよりも、 どんな「その道の権威」にほめられるよりも、 自分の最も身近な誰かにほめられることが嬉しい、というのは よく考えてみると、不思議な心情のようでもあります。 でも、たぶん人の心の喜怒哀楽というのは そんな具合に出来ているものなのだろうとも思うのです。 この時期、そんなふうに 自分の社会的な力が、自分の「心」とどう結びついているかを 実感させられるような出来事が起こるかもしれません。 あるいは、自分の「心」が 社会的な活動の場で、どんな威力を持っているのかを 気づかされるのかもしれません。 深い心の奥の動機と、 広く社会に出て行くときの行動とが がっしりと結びついていることを、再認識できるタイミングです。

山羊座 2013/2/25-3/3の空模様。

遠慮は無用です。 解ってもらっているはずのことが解ってもらえていないし、 自分でも、解っているはずで解っていないことがあります。 この時期 「こんなことは聞いては失礼かな」とか 「こんなことまで話したら相手は引くかも」とか そんなふうに遠慮してしまうと ものごとがかえって、こんがらがってしまう可能性が高いと思います。 パズルのピースは、全部が揃っていてはじめて、意味を成します。 出し惜しみしていては、ゲームを始めることもできません。 この時期、思いがけないものが大事なピースとして機能することがあります。 変な形をしているピースがあったとしても、 他のピースが出てきたら 「ああ、これはこの形しかない!」 と判明したりします。 「出しあい、聞きあう」ことが、とても大事なのだと思います。 今週、とても素敵なメッセージのやりとりがあるかもしれませんが そこでも、変な「制限」は取っ払ってしまった方が もっと素敵な方向に、結びついていくんじゃないかと思います。

水瓶座 2013/2/25-3/3の空模様。

たくさんの宝物が見つかる時期です。 「財」が貴方の手の中にある様子が 星の姿から浮かび上がってきます。 ちょっと釣り糸がこんがらがっていても ゆっくりほぐせば、ちゃんと魚がかかります。 まだ青い実しか見えなくても それらは確実に甘みを増していっています。 「自分の手」の力を、 大いに信用していい時期だと思います。 道はちょっと凸凹していますが ちょっと時間がかかるだけで、ちゃんと進んで行きます。 今週は、週の早い段階で、 そんな貴方の「手の力」に、 強い力を添えてくれる誰かの手の感触を 感じることもできそうです。

魚座 2013/2/25-3/3の空模様。

いよいよ、貴方の星座に 5つの星が集まってきました。 貴方自身が、ちょっと不思議な変革期に入っているのですが そのことは、自分自身ではちょっと わかりにくいのです。 自分が変容のプロセスの中にあるとき それを自分自身でも認識するのは かなり困難なことです。 でも、今週、それが面白い形で叶うかもしれません。 誰かとの関係を鏡のようにして、 自分が変わりつつある、ということが 解りそうなのです。 あるいは、誰かにボールを投げてみて、 そこで投げ返されるボールによって、 それが見えてくるのかもしれません。 今週、誰かとの関係が変化したり、近づいたりするなら それは、相手の変化が主要因ではなく 貴方の努力や、貴方自身の成長こそが もっともおおきな原因なのだろうと思います。


バックナンバーはこちら。>>



topをねらえ。