牡羊座 2013/5/27-6/2の空模様。

ここしばらく 「ここは確保しよう」 と思い続けていたテーマをリリースしたところで まったく別のものを 「ここだけは守りきろう」 と思えるようになりそうです。 たとえば、今までは収益の確保を最優先していたのが、 そのテーマから解放され、こんどは 仲間同士の気持ちの結びつきを最優先しよう! というふうに、問題が移り変わっていく、ということです。 これは、 一つを投げ出して別のものを選ぶ ということではなく、 最初のテーマをきちんと「やり遂げた」からこそ、 別のテーマに移っていけるということだと思います。 「衣食足りて礼節を知る」とは 用法がちょっと違ってしまいますが、 この時期の「シフト」にはちょうど、そんな感じもあります。 一生懸命「衣食足りる」状況を作り出したからこそ、 今度は深く語り合える場を創っていける。 手元のことをしっかりやり遂げたからこそ、 外に行って勝負していける。 そんな転換点です。

牡牛座 2013/5/27-6/2の空模様。

心をイガイガさせるものが、 すうっと貴方の世界から抜けて行きます。 4月中程から今に至るまで、 何か重大な変化や、摩擦や、挑戦しなければならないテーマが 貴方の前に厳然と立ちはだかり、 それとがっぷり四つに組んでとっくみあいしているような感じだったでしょうか。 あるいは、まったく新しい状況が突如として目の前に表れ、 それに応戦するだけで手一杯だったかもしれません。 一方、外からは何も投げられては来ないものの、 じわじわと自分で自分を変えていき、 「自分はこういう人間だ」というイメージが ここ1ヶ月ほどで、大きく変わった人も少なくないと思います。 この変化は、実は、一昨年の中程から去年の中ほどにいたるまでの 貴方の大きな「脱皮」の、「その後の物語」でもあったように思います。 あの頃何が起こっていたのか、を ここ1ヶ月ほどの出来事の中でやっと「悟った」人も いたのではないかと思うのです。 今週以降、俄然集中力が出てきます。 なにをすればいいかということが具体的にハッキリしていて、 それへの手応えも感じ取れるからです。 成果や報酬など、物理的な手応えもさることながら 今週半ば以降は、「声」もたくさん受け取れるでしょう。 思ったよりずっと多くの人が 貴方を理解していることに、気づかされるはずです。

双子座 2013/5/27-6/2の空模様。

パンチの効いた時間の到来です。 ここからしばらく、 「現状維持」の正反対のような時間が訪れます。 自分でも「変えたい」という思いが強くなるでしょうし ずっと溜め込んできた気持ちがぱーんと弾けるように、 外側に向かって飛び出していく人もいるだろうと思います。 あるいは、突然「解決すべき問題」が浮上し、 それを解決するプロセスで、 現状を根本的に変えていくことになる人もいるでしょう。 ふと思い立って、長かった髪の毛をばっさり切ったり、 特に理由もないけれど、 普段持っているものの色を明るくしたくなったり。 頭で考えるよりも身体の方が先に 「時間」のうつりかわりを敏感にキャッチしていることも けっこう、あるようです。 この時期、変化の気配をとらえたら、 そっちの方向にぐいっとハンドルを切ることで 自分が心の底で望んでいることの正体に 出会うことができるんじゃないかと思います。

蟹座 2013/5/27-6/2の空模様。

「考える」ことや「伝える」ことには、 そのテーマによっては、相応の時間がかかります。 蟹座の人は、考える前に答えが出てしまっていることも多いようですが、 今週以降、 2ヶ月くらいじっくり腰を据えて考えたり、伝えたりするテーマが 浮上するのではないかと思います。 物事は目に見える「今」と、 賭けのような「未来」だけでできているわけではありません。 この2つだけでできているなら話は簡単なのですが、 もう一つ、今の自分を形成している、 目には見えないけれども厳然と存在する「過去」があります。 私たちは何かを決断するとき その決断と未来に得られる結果が整合することを期待しますが ここで考えたり伝えたりしなければならないことは 過去の自分と現在の自分の整合性、なのではないかと思います。 歴史は、本に書かれているだけの 死んだ情報ではありません。 私たちの生活の中に生きている時代史や個人史をここで 少し時間を使って、大いに「生きる」ことになりそうです。

獅子座 2013/5/27-6/2の空模様。

プレッシャーが軽くなり、 視野が広がる感じがするかもしれません。 それと同時に、 直接的な利害関係のない人々との関わりが更に広がり、 そこから強い刺激を得ることになりそうです。 今まで意欲を燃やしていたのは、 「目標」に向かう一本道だったのではないでしょうか。 ここからは、もっと大きな「広がり」に向かって 気持ちが燃えていくのではないかと思います。 摩擦の「向こう側」にあるものは、 人の予想を大きく裏切ることがあります。 ケンカしたら仲違いするだろう、とか ライバルを打ち負かしたら相手は去るだろう、とか そういう予想が、全く違った方向に向かう場合があります。 今週貴方が到達する場所は、 そんな、予想外の「摩擦の向こう側」なのではないかと思います。 そこで貴方は、人間の「心の深さ」を、 不思議な形で知ることができるかもしれません。

乙女座 2013/5/27-6/2の空模様。

「挑戦」という言葉がぴったりくる時間帯の到来です。 挑まれたり、挑んだり、 自ら危険な賭に出る人もいるかもしれません。 「安心安全」を指向することはむしろ、 ここでは危険なことかもしれません。 この「挑戦」の機会は 外から与えられる場合もあるでしょうし 自ら選び取る場合もあると思います。 中途半端な妥協策を採るより、 思い切って突っ張ってしまった方が むしろ、「大団円」に結びつく可能性もあると思います。 小さくまとまらず、視野を広く。 心にそう願っていたとしても、 日々の生活の中では、現実を直視し、地に足を付けることを どうしても、意識してしまいがちです。 でも、ここでは貴方の感受性の鋭さや高い知性を 必要としている人がたくさんいるようなのです。 ここでの挑戦は決して、 自分一人のものではないだろうと思います。 どこか「他者のために戦っている」という意識が 貴方の中に、強まっていくだろうと思います。 自分のためでない、だれかのため となったとき、貴方の行動力は冴え渡ります。 今週以降、そんな持ち味を いかんなく発揮できる舞台に立つことになりそうです。

天秤座 2013/5/27-6/2の空模様。

外へ、外へと向かいます。 この時期の貴方は 「大冒険」 の中にいるように思われます。 すでに長いこと大冒険しているよ という人もいるでしょうが、 だとするなら、今週以降、その「クライマックス」にさしかかりそうです。 未知のものが広がる外の世界には 解り合えない相手もたくさんいます。 だからこそ、解り合えるわずかな相手の確かさを 実感させられることになります。 あるいは、何度話してもわかってくれなかったのに 何十回目かに話しかけた瞬間、 すうっと受け入れてもらえるような 不思議な瞬間が巡ってくることもあります。 外の世界に自分を投げ出してそこで行動するとき、 危険や辛さを感じたりすることもあるわけですが だからこそ、なにかが「開通」したときの喜びは はかりしれません。 今週以降、貴方はそんな喜びをともなう冒険を どんどん、加速させていくことになると思います。

蠍座 2013/5/27-6/2の空模様。

人間関係やパートナーシップの中にあった、 プレッシャーをともなう緊張感が、 今週を境に、すうっと抜けて行きます。 ここしばらく、タフな交渉事を経験したり、 誰かと真剣に格闘したりしていた人も 少なくなかったと思います。 4月半ばからのそんな熱い風が、 今週、すうっと静まるのです。 その一方で、貴方が格闘したことへの「結果」が 意外な形で引き渡される場面が増えるでしょう。 そこでは、 相手の気持ちの予想外のありかたを 目の当たりにすることになりそうです。 自分を嫌っているだろうと思った相手が 実際は深く信頼してくれていたり、 負担に思っているだろうとおもったのに 実は感謝されていたりするかもしれません。 遠ざかったとばかり思っていた間柄が 思いがけず、近づいていたことが解って 安堵するような瞬間も、めぐってくるだろうと思います。

射手座 2013/5/27-6/2の空模様。

人の心を動かそうと思ったら 「熱意」が必要です。 もし、相手が「熱意」をぶつけてきたら、 それを受けとったということを表すにはやはり 態度に、温度が必要です。 人は、自分の態度に温度を持たせることを恐れます。 でも、感情が強く高ぶったとき、 私たちは思いがけないほどの熱量を 意志とは関係なく、相手にぶつけてしまうこともあります。 「熱」の取り扱いは、 私たちにとって、ひどく難しいことなのかもしれません。 今週以降、貴方は誰かとの関わりの中で 常に「熱」を意識し、あるいは、必要とすることになるだろうと思います。 相手の中に「熱」を探したり、 自分の持つ熱量で相手の熱を呼び覚まそうとすることもあるでしょう。 相手の心に火を付けたとき、 自分のそれより大きく燃え上がることもあります。 誰もが心の火を見たいと願いながら、自分ではそれを隠しています。 そんな欺瞞を暴くチャンスが、 今週以降、何度も巡ってくるのかもしれません。

山羊座 2013/5/27-6/2の空模様。

ここからしばらく、 長いラリーやキャッチボールが続いていきます。 投げて、返してもらい、また投げる。 これを繰り返せば繰り返すほど、 お互いの中に、目に見えない時間と体験が積み重なっていきます。 それが、お互いの心の中で 相手のための「椅子」になっていきます。 目に見えるところに生まれているコミュニケーションや活動は、 あくまでごく表面的な意味しか持っていません。 たとえば、学生時代に一生懸命勉強したとして、 教科書の内容の多くを忘れ去ったとしても 勉強したことそれ自体の経験や方法論は しっかり、身についていくだろうと思います。 それと同じで、日々起こっていることをもう少し長い目で見たとき、 積み重なっている大事なものは、 目に見えているものとは違ったものなのです。 仕事に打ち込んで打ち込んで、打ち込んだ結果 最終的に得られた一番大事ものは、 仕事を通して培われた、仲間からの強い信頼だった ということもあると思います。 今、目に見えている忙しさの向こう側に そんな「大事なもの」が、 他者との関係において、育まれている真っ最中のようです。

水瓶座 2013/5/27-6/2の空模様。

「試行錯誤」とは、 何かを試して、それがダメで、 何がダメだったのかを検証してまた試して、 でもやっぱりダメで、 もう一度違うやり方でやってみたら、 今度はちょっとだけうまく行ったけれど完璧じゃなくて… というプロセスを繰り返していくことです。 失敗を怖れる人は、これがうまくできません。 「試行錯誤」は、失敗することを前提として「やってみる」ことなので、 失敗することがある程度、解っていることも多いわけです。 失敗すると解っているのにやる必要は無い と思ってしまうと そも、「試行錯誤」をスタートさせることができないのです。 だめだと解っていても、やってみる。 そこからなにかが始まる場合もあります。 今週以降、水瓶座の世界では 華やかに「試行錯誤」が始まります。 見込みがないように思えてもトライし、 トライした結果を深く検証し、 やり方を変えて、またトライする。 それを続けられる「場」にも恵まれると思います。

魚座 2013/5/27-6/2の空模様。

「他人」に話す時の話し方で「身内」に話してしまうと、 「どうしたの?怒ってるの?」と驚かれるでしょう。 親友や家族、恋人、ペットなどに話しかける言葉と 近所の人に話しかける言葉は 誰でも多かれ少なかれ、違っているはずです。 あるいは、外の世界に出たときであっても 社内での話し方と、社外の人への話し方は けっこう、違うのではないかと思います。 これまで、どこか「外向けに話す」機会が多かった人も 今週以降は「身内」に話す時間が増えていきそうです。 すでにそういう世界にいた、という人もいると思いますが、 身内には身内に解る話し方で話さないと、 かえって、関係にゆがみが生じる場合もあります。 お互いだけに解る言葉、というものを、 ここからひたひたと醸成していく人もいるでしょう。 距離が近く、結びつきが強いからこそ話せる言葉、 というよりも、 そうした「他の人には使わない言葉」こそが 距離の近さや結びつきの強さを「生み出している」 というほうが、現実的なのではないかと思います。


バックナンバーはこちら。>>



topをねらえ。