牡羊座 2013/6/24-6/30の空模様。

「貴方はどんな人ですか」 なんて、ずいぶん失礼な質問のようですが 進学や就職の面接、恋愛や結婚の場など、 けっこう、これに類する問いが発せられる場面は少なくありません。 ストレートにそう聞けないために、 遠回しに、肩書きや生まれた場所や性別や年齢などから 「その人がどんな人なのか」を推し量ろうとするわけですが それで結果的になにかが解るわけではありません。 自分はどんな人だろう と思ったとき、 欠点ばかり思いつく人も少なくないようです。 もちろん、長所をあれこれ思いつく人もいるだろうと思います。 自分が何でできていて、その材料をどう使っているのか、 自分のバックグラウンドにどんな特徴があって、 それがどういうふうに顕在化しているのか。 何が好きで、何が嫌いか。 いろいろな切り口から 「自分はこんな人間だ」 という像を形作っていくとき、 驚くほどたくさんのものが自分を作っていることが解ります。 今週はどうも、そんなふうに 「自分を形作っているもの」と 「自分がどんな人間であるか」ということに 意識が向かうのではないかと思います。 「自分」という人間のもっともナマなところで 行動したり、判断したりしなければならない場面があるのかもしれません。 今週以降、愛に強い追い風が吹いてきますが、 恋愛の場でも、上記のことはそのまま、 当てはまるんじゃないかと思います。

牡牛座 2013/6/24-6/30の空模様。

子供の頃、「知能テスト」というものをときどき、 うけさせられたことがあります。 図形や数字を扱う問題がほとんどですが、 その中に、言葉を扱う「乱文整序」という問題がありました。 言葉が、文節事にデタラメに、バラバラに並んでいるのを 意味が通る文章に整理しなおす、という問題でした。 今週以降、牡牛座の人はとても大切なメッセージのやりとりを 静かに開始することになります。 でも、そのメッセージの「はじまり」は この、乱文整序の問題のみたいなものかもしれません。 意味の欠片がバラバラにやりとりされるので 最初の段階では、お互いに何をしているのか解らなかったり あるいは、誤解や行き違いも発生するかもしれません。 でも、メッセージの順序を入れ換えたり、 穴埋めを考えたりしているうちに、 徐々に、今やりとりされていることにこもっている 大切な意味が、見えてくるかもしれません。 コミュニケーションにおいて、 人はいつも、相手が何を言うかに気を取られます。 あるいは、自分がうまく話せるかどうかを問題にします。 でも、本当に考えなければならないのは 自分が「どう思っているか」とか「何を伝えたいのか」です。 自分の思いや伝えたいことは コミュニケーションを始める前には まだ、自分でも解らない場合もあります。 乱文整序のさなかに見えてくるのは なによりも「自分の本心」なのかもしれません。

双子座 2013/6/24-6/30の空模様。

去年の6月12日から貴方の星座に位置していた木星が、 今週の26日、おとなりの蟹座に抜けていきます。 木星が位置している約1年間は、 その星座の人々が「耕耘期」を迎えます。 一般的には「幸運」と書いてある記事が多いようですが、 私は「耕耘期」と書いています。 これは、「幸運」という言葉の持つ、 棚からぼた餅・濡れ手に粟の、おもしろおかしい日々 というイメージとは、大きく違う時期になると考えているからです。 成長の星・木星がいる一年の中では、 その時期だけ嬉しいことがあるのではなく、 ここから、この先12年をかけて育てていける幸いの種が蒔かれる、 そんな1年になるのだと思うのです。 種は、種の状態では、かたくて、黒くて、たべられもしません。 この種が芽を吹くのが、今週から来年の7月までの1年です。 過去1年間、新しい世界に飛び込んだ人もいれば、 大きなものを失った人もいるかもしれません。 今、きれいに整地された新しい畑に満足感を感じている人もいれば、 既にちょっとだけ顔を出した芽に喜びを感じている人もいれば、 土がむきだしの、何にもないように見える地面を、 途方に暮れて見つめている人もいるかもしれません。 でも、今の貴方の目にどんな風に映っていようと、 そこには、ここから1年かけて育てていける種が蒔かれているのです。 ここから、それをぐんぐん育てていけます。 もう少し短期的に見ると、 ここ1,2ヶ月ほどトライしてきた事について 今週から、勝負の「ポイント」が絞れてきそうです。 ポイントが絞れると同時に、 かなり手間暇のかかる、時間のかかる作業が浮上するかもしれませんが、 これは決して、悪い展開ではありません。 むしろ、今週以降、嬉しい「音信」が増えていき、 ここで粘って作業することの意味を、 しっかり確かめることもできるでしょう。 「遅延」を「後退」と誤解する人も少なくありませんが 「遅延」はあくまで、「遅延」にすぎません。 この時期、なにかの進み具合が遅くとも、 ちっとも心配要らないと思います。 過去と未来をロングスパンで見渡したとき、 ここで減速することの大事な意味が、見えてくるはずです。

蟹座 2013/6/24-6/30の空模様。

なんとなくフンワリした雰囲気から、 きりっとした雰囲気へとシフトしていきます。 この「きりっとした雰囲気」は、 ここから1年ほどのなかで、 非常に大きなプロジェクトを進めることになる という予感から、自然に生まれているものだろうと思います。 とはいえ、ここでは「スタートダッシュ!」とはいきません。 そうではなく、長旅を前にして まずは、靴や乗物の修理をするところから始まります。 今週以降、経済的にもいい風が吹いてきます。 新しいものを手に入れたり、 古いものをなおして新しい力に変えたり、 様々なかたちで「ゆたかさ」を実現していくことになるでしょう。 でも、この「ゆたかさ」にはすべて、 ちゃんと用途があるようです。 単に楽しむためだけではない「ゆたかさ」を 自分の手で着々と生み出せるタイミングです。

獅子座 2013/6/24-6/30の空模様。

楽しい雰囲気が流れ込んできます。 同時に、ちょっとした「ゆるみ」も 感じられるようになるかもしれません。 無駄だと思えるような時間の使い方、 怠惰とも思えるような過ごし方などが なんとなく生活の中に増えていき、 「これでいいのだろうか」 という不安感を感じたり、 自分を責めてしまったりする人もいるかもしれません。 でも、実はこのすこし「ゆるい」時間が とても重要な役割を持っているようです。 貴方の心の中で熟していくもの、 今の貴方がもっとも必要としているもの。 言葉にならない、スケジュール帳に書くことのできない、 心と体が発する無言の「スケジュール」に 私たちは非常に鈍感です。 この時期の貴方の心身は、 自分に必要なものをちゃんとしっていて、 時に貴方の「思考」をとびこえて、 それを勝手にスケジューリングしてくるのではないかと思います。 ここから、貴方の才能と魅力の輝く、素晴らしい季節の到来です。 貴方の笑顔や優しさを必要としている人がたくさんいるようです。 様々なものを、あかるさややわらかさによって 救い出せるタイミングだと思います。

乙女座 2013/6/24-6/30の空模様。

私たちは日々、肩書きや立場が要求する所に従って、動きます。 ゆえに、なかなか 「単なる個人」 としての自分を、意識することが難しいようです。 大人になると、「単なる個人」同士としての友人が、 学生時代ほどには得にくいのは そうした、立場や肩書きなどの社会的枠組みから出にくい ということが原因なのかもしれません。 この時期、貴方は 「単なる個人」 として発想したり、行動を起こしたりすることが 比較的容易になっていくようです。 ゆえに、古い友達に再会して新しいつながりを得たり、 周囲のしがらみを考慮せずに「やりたいこと」を見いだしたり、 そんなことができるようになっていきます。 ここから先、約1年ほど、 乙女座の世界では「自由」がテーマとなります。 「自由」というと、「何ものにもしばられない」というイメージから 「孤独」のイメージがくっついてくるところがありますが この時期の「自由」は、そうではなく 自分がつきあいたいと思う人々とつきあえる、という意味での「自由」です。 義務や肩書き、責任の世界では、なかなか 自由に、好きなようにだれかとつきあう、ということが 難しいような気がするのです。 ここから先、人との関わり方が少しずつ変化していきますが その手始めとして 「以前やっていて、今はもう忘れてしまった 人との関わり方を思い出す」 ことが、今週の生活のテーマとなりそうです。

天秤座 2013/6/24-6/30の空模様。

大きな目標やチャンスが巡ってきたとき、 「少し、考えさせてください」 という気持ちになることがあります。 事が大きければ大きいほど、 その決断がこの先長い未来に影響を持つほど、 「少し考えさせてください」 は、むしろ好意的に受けとられるのではないかと思います。 軽々しく「はい!やります!」と言ってもらっては困るような、 「重み」がそこにあるからです。 この時期、天秤座の人はそんな 「少し、考えさせてください」 というのに似たシチュエーションを体験することになるかもしれません。 貴方の側から「考えさせてください」とお願いするのか、 あるいは「すこし時間をかけて色々考えて見てください」 と促されるのか、 そこはちょっとわからないのですが、 とにかく、時間をかけて考えるだけの価値のあるなんらかの「機会」が 今週以降、めぐってくるだろうと思います。

蠍座 2013/6/24-6/30の空模様。

人にものごとを預けたり託したりする中から、 行動範囲が広がっていく気配があります。 自分だけで全てを抱え込んでいる状態では なかなか、遠くまでは行けないものです。 たとえば、仕事の段階が上がっていくと、 細かいことを人に任せて、 自分は今までよりも大きいスケールで活動することになったりします。 任せたり預けたりすることは、 自分の活動の幅を拡げる上でも大事ですし、 さらに、「きっかけ」を得る上でも、重要な事ではないかと思います。 人にものを頼むとか、相談するとか、知恵を借りるとか。 こうしたことが、最近では、 どうも、やりにくくなっているような感じもします。 なんでもシステム化され、細分化され、 お金を出せば承けられる「サービス」は増える一方で、 お金を介さずに「人を必要とする」ことが タブーのように思われている気配もあります。 でも、ここしばらく、 そこを超えて人と関わってきた人が多いのではないでしょうか。 力を託したり託されたりする、そんな動きを経て、 ここから、それをしたからこそ広がる世界に、 ぐいぐい、冒険していけるのだろうと思います。

射手座 2013/6/24-6/30の空模様。

遠くから嬉しい知らせが届くかもしれません。 あるいは、誰かにあげてしまってもうなくなったとおもっていたものが ここで、戻ってくるかもしれません。 誰もが、他者にアクションするときには あらかじめ相手のリアクションを予測するものですが、 その予測が完全に現実と一致することは けっこう、少ないのではないでしょうか。 更に言えば、相手のリアクションへの予測が、 自分のアクションを縛ったり、矮小化してしまったりしている、 そんな場合も多いような気がします。 「自分がこう言ったら、相手はこう返すだろう。 だから、違う言い方にしよう」とか 「言ったって解ってもらえないから、 言わないでおこう」とか 「以前にも話したけど突っぱねられたから 今度もダメだろう」とか そんなふうにあらかじめ前提してしまったがゆえに、 取りこぼしてしまう宝物というのも、 あるんじゃないかと思います。 今週はそうした「予測」を一度取っ払って、 どうアクションすべきかをもう一度、考え直してみると 非常におもしろいリアクションが返ってくるかもしれません。

山羊座 2013/6/24-6/30の空模様。

たくさんのボールが飛んできます。 でも、それらの全てが 貴方のことをよく理解して投げられているわけではなさそうです。 貴方にふさわしいボールなのかどうかは、 何度か投げ返し、さらに返ってきたものを吟味しているうちに 少しずつ解ってくるものではないかと思います。 この時期、いろいろな人との間に 多くのキャッチボールが発生するだろうと思います。 ボールのやりとりが繰り返されるほどに、 今まで知らなかった相手の顔と、 さらに、自分でも気づいていなかった自分の顔が よく見えてきます。 相手がどんな思いでいたのか、 自分が何を望んでいたのか、 ボールがいってはかえるなかで だんだん、ハッキリしていきます。 山羊座の人は「見る」力に恵まれていますが、 今週以降、その「見る」力が、 いつにもまして、必要になるだろうと思います。 人を公平に見る力、 型にはめない力、 わかった振りをせずに、ほんとうにわかるまで見る力が 試されるのではないかと思います。

水瓶座 2013/6/24-6/30の空模様。

人と会いたくなってきます。 あるいは、何人もの人が貴方に「会いたい」と 言ってくれるのではないかと思います。 貴方が今抱えている、ごく具体的な悩みや問題意識は、 この「会いたい」という感じとは まったく関係ないような気がするかもしれませんが、 実は、大いに関係がありそうです。 今週以降、貴方が会いに行く人は、 とても貴方の助けになってくれるでしょう。 「これが役に立つよ!」と言われても 「そんなものが何の役に立つものか」と見向きもしなかったのに ちょっと気になって、それを少しだけ試してみたら 痛みや苦しみが驚くほど軽くなった! などということがあります。 魔法の薬やおまじないでなくとも、 たとえば、少し外に出るとか、美しい音楽を聴くとか そんなことで、不思議に解決してしまうこともあります。 今週以降、貴方が会う相手は そんなふうに、不思議な力で 貴方の悩みや苦しみに、触れてくれるのではないかと思います。

魚座 2013/6/24-6/30の空模様。

大事にしているものであればあるほど 手間をかけない、という 不思議な習性を持っている人がいます。 多くの人が、大事なものほどないがしろにする、という愚を犯し、 あとで悲痛な後悔に苛まれるという経験をします。 今週以降、魚座の人はそうした落とし穴にはまらないための 貴重な機会を得ることになりそうです。 見逃していた誰かの気持ち、 貴方を必要としている人伸ばしている手、 どうせ受け入れてもらえない、と飲み込まれたままの誰かの言葉、 一緒に過ごせる時間、協力し合えるテーマ。 そうしたものたちが、貴方を背後からそっと呼ぶのが聞こえるはずです。 そんな声をキャッチしたら、 先を急ぐ足を留めて、 ふりかえったり、しゃがんであげたりすることが とても大事だと思います。 その出来事自体が、この先を進む貴方の力になり、 あるいは、未来のチャンスの「種」になる可能性が高いと思います。


バックナンバーはこちら。>>



topをねらえ。