牡羊座 2013/10/14-10/20の空模様。

「努力」はジミで苦しいもの、 と受けとられることの多い言葉です。 でも、華やかな結果の背後には必ずと言っていいほど、 この「努力」が存在しています。 第三者に「あの人は努力家だね!」と言われていても 当人は「自分は努力している」という自覚がなかったりします。 これは、「努力」というものは 何かをガマンしたり、苦痛に耐えたりしながらやることだ という先入観があるからかもしれません。 限界を超えるところまでやって苦しまなければ「努力」とは呼べない という考え方によって、 「努力」はどうも、不当な受けとられ方をしているようです。 今週、貴方が今まで積み重ねて来た「努力」が 予想外の形で報われるかもしれません。 貴方が積み上げたものが不意に、 一つの大きな生き物のようになって、 貴方の手を引いて、面白い場所につれていってくれるかもしれません。 こう書くと 「自分は努力らしい努力などしてこなかった」 と思うか他もイルかもしれないと思うのですが、 ここで書いた「努力」は決して、 何かをガマンしたり苦しんだりして積み重ねたもの という意味ではありません。 たぶん、第三者から見たときに 「あの人はずっとこれを頑張っていたよね!」 と言われるようなことが きっと、誰にでもあるはずだと思うのです。 本人がどう思っていようと、 心を込めて、自分の力を注いで、ずっと育ててきたものが ここで貴方に、素敵な贈り物をくれることになるのだろうと思います。 その「贈り物」は、たぶん、 何らかの「縁」のようなであるはずです。

牡牛座 2013/10/14-10/20の空模様。

これまで「盲点」にあったものが 不意に、姿を現すかもしれません。 その「盲点」には、 今まで明けようとしてどうしても開かなかったドアの 鍵がかくされていたのです。 「隠されていた」というよりは、 ずっとむきだしになってそこにあったのに 貴方にとっての「盲点」がそこにあったばかりに 目に入らなかったというわけです。 「盲点」にあるものを見るには、 姿勢をずらしたり、距離を変えたりする必要があります。 今週、貴方は何らかの形で 今までとは違うポジションに移動し、 そこで初めて、今まで「盲点」だった場所にあるものを 捉えることができるようになります。 おちていた鍵を拾い上げ、扉を開けたとき、 今までどうしても解決できなかった問題を 解決するための道が拓けるかもしれません。 あるいは、誰かの心の謎がここで 解けていくのかもしれません。

双子座 2013/10/14-10/20の空模様。

人の好意や優しさを受け入れる決意をしたとたん、 未来への扉がぱっと開くかもしれません。 あるいは、自分の好意を人に思い切って伝える決意をしたとたん、 新しい計画がぱっと起ち上がるのかもしれません。 人と人との間に生起するものごとは、 決して、足し算のようにはいきません。 この時期は特に、それがかけ算のように、 思いがけないスケールの大きさを見せます。 「自分が持っている力はこのくらいだから 相手と併せてもこのくらいにしかならないだろう」 という予測は、見事に裏切られます。 それは例えば、恋人とのデートのようなものです。 ある場所に一人で行くのと、 大好きな人と二人で行くのとでは、 その喜びの差は、計り知れないものがあります。 今週起こるのはちょうど、そんなようなことだろうと思います。

蟹座 2013/10/14-10/20の空模様。

自分の「立場」が、 大きく変わったことに気づかされるかもしれません。 おそらく、自分で見積もっていたよりもずっと大きな存在感を、 貴方は周囲に、感じさせていたのです。 自分が、自分で思うよりずっと「重要人物」だったことを 意外な出来事を通して、 知らされることになるのではないかと思います。 「肩書き」は、自分で作って名乗る人もいますが、 多くの場合は、自分が属する組織や社会の側から、 「付与」されるものではないかと思います。 たとえ、自分で新しい肩書きを作って名乗ってみても 社会がそれを受け入れてくれなければ、 「自称」が前にくっついてしまいます。 今週を境に、肩書きががらっと変わる人もいるでしょう。 さらに、自分の肩書きに備わっていた意味を 新たに発見する人もいるかもしれません。

獅子座 2013/10/14-10/20の空模様。

映画やドラマのキャッチコピーで 「愛と冒険の物語」 というフレーズを、しばしば目にします。 今週の獅子座の星回りを見ると、 このキャッチコピーがいかにもぴったりです。 今週の獅子座の人々は、何らかの形で 「愛と冒険の物語」を生きることになるのではないかと思うのです。 「愛と冒険の物語」は、たいてい 意外性に富み、スリリングです。 今週の獅子座の人々も、 計画通りでも予定調和でもない、 想定外で不思議なストーリーを生きることになるはずです。 さらに、「愛と冒険の物語」の中で、 主人公はいろいろなキャラクターに出会うわけですが そうした「縁」も、 今週の獅子座の世界には、ちりばめられていると思います。 さらに、貴方の心の奥深くにずっと流れていた一つの「思い」が 意外な径路を経て、伝わるべき人に伝わっていく という可能性もありそうです。

乙女座 2013/10/14-10/20の空模様。

スリルに富んだ物語は 1,2度最初から最後まで筋を辿れば たいていは「満足」できます。 でも、好きな「曲」ならば 1、2度聴いたくらいでは、飽き足りないだろうと思います。 何度もくり返し聞くところに、喜びが生まれます。 それでも、どんなに好きな曲でも 立て続けに何十回も聴いてしまったら いつかは、飽きてしまいます。 この、飽きたはずの曲を、 ライブ会場で生演奏してもらったならば、 そこには一転して、強い歓喜が生まれます。 更に言えば、ライブやコンサートの場では、 知らない曲ではなく、知っている曲をやってほしい、 と感じる人のほうが多いだろうと思います。 この現象は、たとえば料理などにも当てはまるかもしれません。 慣れ親しんだ味の好物について、 「あれを作って!」とせがむ気持ちは ライブでヒット曲を聴く感覚に似ているのかもしれません。 繰り返される喜び、知っているものを体験する喜び。 今週、乙女座の人はそんな世界の中に、 面白いものを発見することになるかもしれません。 それは、誰かからもたらされる素晴らしいギフトであり、 他者と自分の間の境界線を越えて流れる、 熱い血流のようなものではないかと思います。

天秤座 2013/10/14-10/20の空模様。

「この人との人間関係において、 こんなことは絶対に起こらないだろう」 と思っていたことが 今週、起こるかもしれません。 それも、おそらく貴方の起こすアクションによって それを「起こせる」のかもしれません。 おもしろいことに、貴方の起こすアクションも 今まで自分で「できる」と思っていたこととは 全然違う内容のものだろうと思うのです。 たとえば 「教えてあげられる」と思っていたのに 「教えてもらおう」に変わったり、 「問い詰めよう」が「お礼を言おう」に変わったり、 といったようなことです。 この、アクションの反転と 相手のリアクションの反転は、 決して、非合理な自制や意に反するガマンから 生まれるものではありません。 むしろ、なにか憑き物がおちたような感じで 「ああ、今まで考えていたことは あまりリアルじゃなかった」 というふうに、景色がクリアになった結果 起こる転換だろうと思うのです。 冬場に梨を買い求めるが如く、 欲しいものを、それがありっこない場所に探している ということは、誰にでもあることです。 そのことに気がついたとき、いきなり 誰かとの関係がぐっと縮まるのかもしれません。

蠍座 2013/10/14-10/20の空模様。

「反応する」タイミングです。 今まで自分に対して働きかけてもらったことに対して、 ひとつひとつ、反応を返して行くのです。 たとえば、お誕生日にどっさり贈り物をもらったとき、 あとからそれをくれた人ひとりひとりに お礼のハガキを書いて送る、 というようなイメージです。 反応した方がいいのに、 なんとなくスルーしてしまっていた ということを思い出して、 今週以降、時間差でレスポンスしていく人もいるでしょう。 そのレスポンスは、 単に「義務を果たす」「恩を返す」ということに終わらずに、 お互いの人間関係を深く根付かせるような、 あるいは、貴方の役割を深く重いものにしてくれるような、 そんな効果を生み出すだろうと思います。 誰かが貴方を、今までよりももっと必要としてくれるようになる、 その契機となるだろうと思います。

射手座 2013/10/14-10/20の空模様。

愛について開きたい扉があれば、 今週、思いきり叩くか、押してみるといいと思います。 開いてもらおう、と待っていても なかなか開かないかもしれませんが 今の貴方のパワーと熱量なら 少々無理をして押し開けてしまっても 相手も何となく、 納得してしまうだろうと思うのです。 愛について、でなくとも、 個人的な心情として 「心からこの扉を開けたい」 と思えるのであれば、 今週、その扉はきっと開くだろうと思います。 「扉を開けたい」という思いが今に始まったものでなく、 もうずいぶん前から押したり引いたりしているのであれば尚更、 今週は「脈がある」はずです。

山羊座 2013/10/14-10/20の空模様。

大量の水を注ぎこんでも溢れないような、大きな壺。 比較したり分析したりしない、絶対的な理解力。 今週、貴方はそういうものの存在に 気づかされるのではないかと思います。 この「大量の水」は、自分の感情です。 感情をいくら注ぎこんでも大丈夫な、大きな壺は、 身近にいる誰かの、深い心のことです。 たとえば、自分を愛してくれている誰かがいるとして 「その人は私を理解してくれている」 と思える時、 それは決して、自分を分析したり客観的に観察したりして 「理解」してくれているわけではないと思うのです。 心理学者や精神分析家、脳の専門家などが人を「理解」するのと、 人が愛する相手を「理解」するのとは 「理解」のありかたが大きく違うだろうと思うのです。 今週、貴方が感じるのは、 後者の「理解」であるはずです。

水瓶座 2013/10/14-10/20の空模様。

誰かと会って話をしようとするとき 「こういうことを話そう」 と前もって考えていても 実際、会話が始まると 全然違った話になるのは、よくあることです。 さらに、話しているうちに今まで考えたこともない思いが 自分の口からすらすらと出てくることもあります。 そんなときは、あとで 「自分はそんなことを思っていたのか」と 呆然としてしまったりします。 今週はそんなふうに 誰かとのコミュニケーションの中で 新しい自分が生まれだしてくるような経験をする人が 少なくないだろうと思うのです。 自分の中にそんな自分がいたのか!と びっくりさせられるような場面が、きっと めぐってくるだろうと思うのです。 そのきっかけとなるような「朗報」が 不意に飛び込んで来る気配もあります。 この「朗報」は、嬉しい知らせではあるのですが、 かなり驚かされるところもあるんだろうなという気がします。

魚座 2013/10/14-10/20の空模様。

自分の力を、どんなことに使えるか。 それを自分だけで考えるには、限界があります。 本人が「これをしたい」と思っていても それがその人に向いているかどうかは、 着手する前には、なかなかわからなかったりします。 時には、人の実力の使い途をすらりと見抜いて 「適材適所」に配置することを特技としている人もいます。 今週、貴方の実力の意外な使い途を、 誰かに教えられる場面があるかもしれません。 「貴方の力はもっとこういう場で生きるかもしれないよ」 というふうに、貴方を誘い導いてくれる人に 突然、出会えるのかもしれません。 自分が持っているもの、力、知識、経験。 自分が積み重ねて来た歴史があるからこそできることを 今週、発見する人もいるのではないかと思います。


バックナンバーはこちら。>>



topをねらえ。