牡羊座 2013/11/4-11/10の空模様。

今週、いくつかの「結果」が出そうです。 あるいは、ずっと重ねてきた作業がある到達点に達し、 「成果物」が生まれるのかもしれません。 この時期に「できあがるもの」は、 それが最終的なゴールで、そこで終わってしまう というかたちのものではなく、 むしろ、その成果物こそが 来年前半にまたがって進む物語の 「出発点」の意味を持っています。 たとえば あるお店ができあがって それが発端となって、 お店を取り巻く人々の様々な物語が広がっていった というようなストーリーの映画があります。 今週、貴方の世界に輝く「成果物」は、 このストーリーの 「お店ができあがった」 段階にあたります。 ゆえに、ここから来年の前半に向かって 広がっていく物語があるんだと思います。

牡牛座 2013/11/4-11/10の空模様。

とても楽しそうな雰囲気が漂っています。 でも、この「楽しさ」には、 ある種の厚みとか、重みとか、熱がこもっています。 たとえば、遊園地に遊びにいくのも「楽しい」ことですが、 文化祭や催し物をみんなで作り上げる作業も「楽しい」ことです。 前者よりも、後者の方が、 緊張感や重みがあって、熱がこもっています。 この時期の牡牛座の世界を充たす「楽しさ」は、 間違いなく、後者の部類だと思います。 「やらされている」わけではないけれど、 目標や責任があって、緊張感もあって、 それでいて、文句なしに楽しいこと。 この時期、そんなミッションが牡牛座の世界を充たしている感じがします。 あるいは、もっと個人的な活動や人間関係、 恋愛や子育てなどにおいて こうした、重みのある「楽しさ」を 体験する人も多いかもしれません。 そうした「楽しさ」には、 人生に意味を与えてくれるような大切な意味がこもっているからこそ その分の「重み」が感じられるのだろうと思います。

双子座 2013/11/4-11/10の空模様。

「スタイリッシュ」とか「おしゃれ」とかは 大変格好がいいのです。 でも、たとえば疲れているときや、 なにかに甘えたいときなどは そうした格好良さは、なんとなく 心にフィットしないことがあります。 一方、「ベタ」でも、古くさくても、 なんとなくダサかったりちぐはぐだったりしても 心を受け止めてくれるあたたかさや居心地の良さを その格好悪さの中に見いだせることがあります。 今週起こる出来事や、貴方が立つ場所は あまり格好良くないかもしれません。 むしろ格好悪かったり、 不器用だったりするからこそ感じられるあたたかさ、 居心地の良さ、 信じられるたしかさ、 というものが、 今週貴方を取り巻く環境に 含まれているだろうと思うのです。

蟹座 2013/11/4-11/10の空模様。

何人かの「人」の姿が 貴方の視野に入ってきます。 一対一で関われる、魅力的で素敵な「人」です。 ここから来年頭にかけて、 貴方はその人々と、それぞれにしっかりと 関わっていくことになりそうです。 この時期のコミュニケーションには なにかと「熱」がこもっていて 時に、軋轢やストレスを感じることもあるかもしれません。 でも、貴方の方でもしっかり熱を込めて語っていくほどに、 階段を一歩一歩上っていくような 「関係構築」が進んでいっているのだと思います。 ここでのコミュニケーションは、 あくまで一対一であり、 ひとつひとつがバラバラに散らばっているように思えるかもしれません。 でも、しばらくすると それらが自然に、自己組織化を遂げるように 一つのネットワークや「場」を形成していくだろうと思います。 その「場」がもつべき力の強さは、 おそらく、この時期のコミュニケーションの熱量に かかっているのだろうと思います。

獅子座 2013/11/4-11/10の空模様。

「元気になる」というのは 本当に不思議な出来事だなあと思います。 落ち込んだり、疲れたりしたとき 「元気になりたい」と強く願っても なかなか、すぐには元気になりません。 でも、しばらく経って、ふと気がつくと 「あれ、自分、元気になっている!」 と気がついたりします。 なにもしないでだらっとしたり、 おいしいものを食べたり、 感動する映画を見たり、誰かに愚痴を聞いてもらったり。 いろいろな小さなパーツが集まって いつのまにか、「元気」ができあがります。 この時期の獅子座の人は、 自分を取り巻く世界から、そんなふうに 「元気」を作るパーツを集めるのかもしれません。 一方、そうではなく、 自分が誰かのために、 「元気」の元素となるようなパーツを 作ってあげられるのかもしれません。 休暇を取ったりおいしいものを購入したりするのは ある種の経済的な行為で いわば「お金で買える」ものです。 でも、「元気になる」という側面から考えると 「元気」自体は、お金で買えるものだけからは 作れないような気がします。 自分を元気にしてくれるもの、 相手を元気にして挙げられるもの。 それがどんなもので、 どんなふうにつくられるのか、 それを実感するような週となるかもしれません。

乙女座 2013/11/4-11/10の空模様。

今週以降、乙女座の世界はしばらく、 「愛と情熱の世界」となります。 こう書くと大変大袈裟なようですが、 自分から「こうありたい」「こんなものがほしい」と 心から望むようなテーマについて、 自ら積極的に、勇敢に、 アクションを起こしていける時期に入る ということだと思います。 すきなもの、すきなこと。 「そんなの思いつきません」 という人も、実際、少なくありません。 なにかを「好きだ」「欲しい」と思うことは そんなに簡単なことではないのかもしれません。 いつもなんとなく聞き流していた音楽に ある瞬間からふと、のめり込んだりすることもあります。 感受性のアンテナがぴんと立っているとき 私たちは世界中が自分に語りかけているように感じ、 そこで初めて、自分と切っても切れないようななにかを 「好きだ!」という気持ちとともに、発見できます。 今週以降、貴方を取り巻く環境は、そんな事情で 貴方に対して、とても饒舌だろうと思うのです。

天秤座 2013/11/4-11/10の空模様。

10月半ば頃から、 自分の内なる螺旋階段を どんどん下り続けるような作業を続けている人も もしかしたら、少なくないかもしれません。 もしそうだとすれば、今週、 その階段を降りきったところに、 あたたかくてほの暗い空間を発見できるかもしれません。 そこには、ずっと見失っていた 貴方の友達である、あるちいさな動物が 待っていてくれるはずです。 そのちいさな動物の話を聞いてみるところから、 一つの物語がスタートします。 この物語は、来年の3月頃まで続いていくのですが、 今はひとまず、そのちいさな動物の話を聞くことがテーマです。 話の内容は、おそらく貴方が今持っている力と、 今まで歩いてきた道のりについて、だろうと思われます。 貴方が密かに封印してきた熱望や、 喪失や、憧れや、野心や、願いについて かなり多くのことを語ってくれるだろうと思います。 それを手掛かりとして、貴方は自然に 自分でもちょっと不思議に思えるようなアクションを いくつか、起こすことになりそうです。

蠍座 2013/11/4-11/10の空模様。

週明けから、どんどん「始まって」いきます。 小さな芽が日々、その姿をかえていくように なにかがぐんぐん伸びていくような勢いのある時期です。 もし、今週中にそうした実感が得られなくても 来週になればきっと、そんな気がしてくると思います。 今の貴方は、扉の「向こう」に出たばかりの状態です。 歩くほどに、今いる世界の様子がハッキリしてきます。 今週以降、かなりナカミの濃い、 「未来についての対話」 が展開して行きます。 これは、「この先どうするの?」といったような 紋切り型の質疑応答ではありません。 すでにある考えや答えを確認するための対話と、 答えを一から作っていくための対話とは おのずと、別々のものです。 今週始まる対話は、後者に属していて、 とても創造的です。 創造的な対話には、時間も手間もかかりますし 時には、リスクもともないます。 でも、ここから始まる対話には、 それをやるだけの意味があるのです。 そこには、愛情と、意欲と、野心が詰まっていて なにより、貴方自身がその中心に置かれているように見えます。

射手座 2013/11/4-11/10の空模様。

しゅっと気持ちが引きしまってきます。 そんな凛とした気持ちの中で、 「これから育つと解っている種を蒔く」作業を今週、 遂行することになりそうです。 何が育つか解らない種ではなく、 どう育てればどんな花が咲き、どんな実がなるか、 それがちゃんと解っている種です。 もちろん、お天気など、不確定要素は存在しますが 「うまく育てれば、こんな具合になる」 ということは、おおよそ解っている種です。 この種を育てきることが この時期の貴方の「挑戦」といえるかもしれません。 収穫できるのはもしかすると、 来年の前半のどこか、ということになるかもしれませんが これは、あてずっぼうな挑戦ではありません。 種の心をわかった上で、それを蒔くのですから、 とても生産的な作業です。

山羊座 2013/11/4-11/10の空模様。

今週以降、ちょっと特別な時間帯となっています。 貴方の世界に「愛」が流れ込んでくるのです。 そしてこの状態が、 来年の3月上旬まで続いていくのです。 更に言えば、今年の12月上旬までの時間帯は 「特別」といっていいかもしれません。 この間、遠い世界から誘うような声が 貴方を、熱く揺さぶり続けているからです。 「愛の時期です」というと、 誰かが無条件に自分を愛してくれるような そんなイメージが湧いてきます。 たしかにそういうこともあるかもしれません。 あるいは、 それとは少し違う「愛」の物語も展開するでしょう。 例えば、この時期の貴方は 非常に存在感があるのです。 いつもよりずっと、輝いて見えます。 非常に創造的で、アクティブです。 もし、そんな、魅力的で創造的でアクティブな人がいたら みんなあたりまえに、ふり向きます。 この時期の「愛」は、そんなイメージの動きです。 貴方は自覚していなくとも、 貴方の側の輝きが、強さを増していくのです。 それに対して、周囲がはっと注目するわけです。 ここから3月頭まで、 貴方はなにかに情熱的に打ち込んだり、 憧れを追い求めたり、 夢見た場所に旅に出たりするかもしれません。 そうしているときの貴方の輝きが、多くの人を惹きつけて、 その結果、愛が生まれ育つ、ということなのかもしれないと思います。 今週貴方の元に巡ってきて、 来年の春先までいる星・金星は、 愛の星であると同時に、 美の星であり、さらに「お金」の星でもあります。 この時期、なにか美しいものを手に入れたり、 「お金」を手に入れたりする人も、少なくないだろうと思います。

水瓶座 2013/11/4-11/10の空模様。

水瓶座の「水瓶」は、 瓶の中に、たくさんの液体を湛えています。 この液体は「神酒(ネクタル)」で、 これを飲むと不老不死になるのだそうです。 星占いの世界で「液体」すなわち「水」といえば、 心の中にある、やわらかくてふしぎな「感情」を象徴します。 水瓶座は理知と客観と革新の星座、とされますが、 その内側には非常にやわらかくて繊細な、 清らかな大量の「感情」を秘めているところがあるようです。 この時期、そんな水瓶座の人の「感情」が、 その量を増していくようです。 この「感情」の内容は、 深い感動であったり、あるいはなにかへの愛情であったり、 人と自分を結ぶ情熱であったりするようです。

魚座 2013/11/4-11/10の空模様。

「仲間」になるには、 それなりの時間がかかります。 この時期から来年の3月頭までかけて、 貴方は幾人かの人々と 時間をかけて「仲間」となっていくようです。 そんな「仲間」を作る道のりのスタートラインは、 少々、鉄火かもしれません。 たとえば、映画などで「仲間に出会うシーン」は たいてい、なにか諍いやトラブルがあって それを、偶然そこに居合わせた人が ぱっと「加勢してくれる」といったものです。 あるいは、相手のピンチに偶然居合わせ それに手をかしたことがきっかけで 「仲間になる」ことができたりします。 もし、既にいま 貴方がちょっとした摩擦の中にいるなら 今週以降、それへの助け船が出され、 その船に乗っている人がこれから 貴方の力強い「味方」となってくれるのかもしれません。 その「逆」もまたしかりで、 誰かを偶然助けてあげるところから、 「仲間」への道がひらけるのかもしれません。


バックナンバーはこちら。>>



topをねらえ。