牡羊座 2014/1/6-1/12の空模様。

重要で具体的な決断を いくつか、下すことになるかもしれません。 最終的には貴方が自ら決めることになりますが、 そこには、周囲の人々の建設的な意見や、 決断の是非を「診断」してくれるようなリアクションが いくつも、噛み合うはずです。 目的地を目指すための協力と 目的地を目指すための対抗が 今週、うまく折り合い、交わりあって 貴方の道を浮かび上がらせています。 目標のためのかなり大きな「決め手」を今週 打つことができる人もいるでしょう。 8日とその前後2,3日の中で、 対峙している対象や競い合っている対象と 見方となってくれる人々との関係が、 いつもよりもずっと際立って感じられるでしょう。 誰もが独自の考え方と意見を持ち、 それを他の人の意見とぶつけ合いながら生きています。 そこで大事なのは、どれほど一致しているかということより どれほど違っていられるか、ということなのかもしれません。 お互いに融け合ってしまわない、 クッキリした自立性を持っているからこそそこに生まれる、 たとえば梅雨明けを告げる稲妻のような、 あるいは恋のような、虹のような出来事が 今週、起こるんじゃないかと思います。

牡牛座 2014/1/6-1/12の空模様。

大変忙しいタイミングです。 座る暇もないくらい、 あちこち動き回らなければならないかもしれません。 今週の牡牛座を取り巻く星の様子には、 砂漠をこえたキャラバンが、 珍しいものをたくさん売っている、大賑わいの町にたどり着いて 精力的に荷物を捌き、あるいは仕入れをしている、 そんな活気が感じられます。 感受性が外側にぐいっとせり出していて そこで、多くのことを感じとり、理解することができます。 遙か遠くにいる人と、 不思議な具合に、心を通わせることができます。 そこでは、単に言葉だけがやりとりされるのではなく ある種の「実用」や「ビジネス」「義務」など、 生活に密着した、とても切実なテーマが動いているはずです。 たとえば、ただ「好きだよ」と言うより以上に もし、風邪を引いたとき、手を尽くして看病してもらったら そこに、ずっと根の深い好意を感じ取れることがあると思います。 言葉で「友達だよ」と言うよりも、 猫の手も借りたいときに応援に来てくれた人のほうが 頼れる友として信頼できる感じがします。 この時期、貴方のコミュニケーションは そうした「実質」と結びついていて そこに、大切な関係が 少々電撃的に、成立する気配もあるのです。

双子座 2014/1/6-1/12の空模様。

自分一人では思いつかなかった、 ちょっと面白い、または嬉しいアイデアを 今週誰かから、手渡されるかもしれません。 これは、贈り物なのかもしれませんし、 メッセージかもしれません。 あるいは、誰かが貴方の足元をふと指さして 「そこにいいものが埋まってるんだよ」と 微笑しながら、こっそり教えてくれるのかもしれません。 星は天にありますが 私たちが足の裏で踏みしめているのも 紛う方なき「星」です。 遠く輝く星に私たちは神秘を感じ、希望を夢見ますが よく考えると、足の下に星を踏みしめている、ということのほうが ずっと不思議で、神秘的なことだという気もします。 今週、大地が恵んでくれるような大きな宝物が 貴方の情熱と直接 結びついているように見えるのです。 誰かの深い愛情に気づかされることもあるかもしれません。 その愛情ははかないトキメキや感情のゆれとはちがい、 もっと長いバックグラウンドと深い根を持っているようです。

蟹座 2014/1/6-1/12の空模様。

今週「福の神」みたいな誰かに 出会えるのではないかと思います。 私たちは神様や天使や悪魔を この目で見ることは(すくなくとも殆どの人は)できません。 でも、私たちは時々、そうした特殊な使命を帯びたなにかが、 現実の「人」の姿をとって現れるように感じます。 それを「貴方は福の神だ!」とか、「あいつは貧乏神だ」とか そんなふうに言ったりします。 その人が来てくれたお陰で その人が声をかけてくれたお陰で 物事が動き出した! と感じられる場面が今週、めぐってくるかもしれません。 でも、いろいろな人が語る 「自分にとっては、この人が恩人です」 という話をよく聞いてみると 最初のきっかけやインパクトは相手がくれたものでも それを確かにキャッチして「動かす」ことをしたからこそ そこに、大切な出来事が起こったのだということがわかります。 してみれば、相手を「福の神」とできるかどうかは 受取手の問題でもあるのだろうと思うのです。 今週、世界の歯車ががちゃんと噛み合ったように感じられる瞬間が どこかで、めぐってくるかもしれません。 その音に突き動かされてどう「動く」かが とても大切なテーマであるようです。

獅子座 2014/1/6-1/12の空模様。

明るい忙しさのあるタイミングです。 雑多な感じもするかもしれませんが、 慌ただしい中にも丁寧に周囲の声に応えているうちに、 その中のいくつかが深く、 貴方の心に響いてくる感じがするかもしれません。 今週起こる出来事には、貴方にとって、 どこか「治療」のような作用を持っている気配があります。 自分から働きかけたことへのレスポンスが、 あるいは相手からうけとったもののきらめきが、 貴方がこのところずっと抱え続けている疑問に 小さな答えをくれるのかもしれません。 貴方が日ごろ取り組んでいることや 誰かのためにやっていることが 周囲から「好評を博している」ことに気づかされるでしょう。 貴方のおかげで助かっている、と ダイレクトに伝えられることもあるかもしれません。

乙女座 2014/1/6-1/12の空模様。

去年の冬の入り口から、 ずっと「愛の季節」の中にいる乙女座ですが 今週、その中でいくつかあるピークのうちの一つと言えるタイミングが 強いインパクトをともなう形で、めぐってきます。 愛は手で触れないものですし、 目では見えないものです。 私たちの多くは、 愛が外側からやってくるだろうと期待しますし、 それがめぐってくるのは、 縁や運によるのだろうと感じています。 今週、そうした「愛の前提」を覆すような出来事が 乙女座の世界で、起こるのではないかと思います。 クリエイティブな活動をしている人にとって 今週はちょっとした 「ブレイクスルー」 が起こりそうなタイミングでもあります。 ぱちんとホウセンカの種が弾けるように 胸の中に、奇跡の種が蒔かれるかもしれません。

天秤座 2014/1/6-1/12の空模様。

「現在地」を確かめたくなるのは どこか目的地を目指しているときです。 「今いる場所」がどこなのかわかった上で、 目的地がどこなのかを確認できれば あとは歩いて行くだけです。 今週、貴方は「現在地」を色々な角度から 発見することになるでしょう。 そして、今目指すべき目的地についても 確認し直すことができると思います。 この2つの地点が噛み合って、 そこに自然に、進むべきルートが炙り出されます。 この作業が可能になるきっかけは、 誰かの熱い情熱か、 または、貴方の積極的な意思表示であるはずです。 今週、ぱっと心の中に光が射すような出会いがあるかもしれません。 冬空に山茶花や椿の紅を見つけるような意外さが そこに、ともなっているだろうと思います。

蠍座 2014/1/6-1/12の空模様。

浦島太郎が、浜辺でいじめられているカメを助けたとき、 まさかそのカメが遠い竜宮城まで自分を連れて行ってくれるなんて 想像もしなかっただろうと思うのです。 カメは特に珍しいものでもなく、 太郎も子供の頃から慣れ親しんだ、 海の仲間だったのだろうと思います。 今週、貴方が竜宮城に連れて行かれるという意味ではないのですが ごく身近な、親しさや懐かしささえ感じられるものが 不意に、貴方を遠くまで連れて行く というような出来事が今週、起こるのではないかと思います。 たとえば、幼なじみが遠い国に引っ越したので、 それをたずねて、その国に行ってみる というようなことは、けっこう起こります。 きっかけは何気ない、「いつもの」存在でも、 その向こうに、見たこともない世界が広がっているかもしれません。

射手座 2014/1/6-1/12の空模様。

人と話すとき、 「本質的だけれど、触れにくい話」 というものがあります。 将来の夢や好きな音楽などのことは比較的、楽に話せても いくらもらっているかとか、コンプレックスはなにかとか、 周囲の人とうまくいってるかどうか、などなど 大事な問題になればなるほど 「触れないでおこう」ということになります。 ビジネスの世界においてさえも、 お金や具体的な条件の話は、なかなかデリケートです。 「ビジネスライクに」という言葉がありますが ビジネスの場のほうがむしろ、 そうっと触れなければいけないようなことさえあります。 ベタなことだからこそ、 なかなか触れられないこと。 今週の射手座の人は不思議と、 そういうことに「触れる」機会を得るかもしれません。 遠回しにそうっと、 相手が気にしていないかどうか確かめながら話すのは なかなか骨の折れることです。 でも、もしかすると今週はそんなことをしなくても そこに自然に、ずばっと、 ここだけの「通路」が出来てしまうのかもしれません。 相手を大事に思うからこそできなかった話を 今週、開始する人も少なくないんじゃないかと思います。

山羊座 2014/1/6-1/12の空模様。

すべての条件が揃わなければ始められない ということはありません。 ちょっとしたことから、 いま、ここから、 手元にあるものだけで、 何かを始めることができます。 たとえば「巣立ち」と聞いて、私たちは ある日突然、成鳥になりかけたヒナが巣の縁にすっくと立ち そこから意を決したようにひらりと空に舞い上がって そのまま、旅立っていく光景を想像します。 でも、現実には ちょっと巣の外に出てみて、 「やっぱだめだ!」 とばかりにまた巣に戻ってきて、 と、それを何度か繰り返したあげく、 だんだん帰ってくる間合いが伸びていって いつのまにか、巣に戻ってこなくなる というような巣立ちをする鳥もいるのだそうです。 今週、そんなふうに、 ちょっとしたことからじわじわと始まることがあるかもしれません。 その始まりは、声に満ちていて、 貴方一人だけのものではないようにも見えます。 あやとり遊びでもするかのように、 相手と自分のあいだに何度も、やりとりが繰り返されているうちに 糸で作られた燕が鳥になって ふわりと飛び立つような瞬間が、めぐってくるかもしれません。

水瓶座 2014/1/6-1/12の空模様。

子供用の歯磨き粉は、 色とりどりで、甘いフレーバーがついています。 風邪薬も甘いシロップです。 大人用でも「糖衣錠」のものはたくさんあります。 「良薬口に苦し」と言われますが、 別に、苦いことが重要なわけではないだろうと思うのです。 ただ「たまたま」苦かっただけで、 薬が効くかどうかと、苦いかどうかは 大して関係はないんだろうと思うわけです。 今週、水瓶座の人は 全然苦くない、するっと飲み込める薬を 手に入れることができるように見えます。 その薬がどんな効果を持っているのかわからないのですが、 きっと、今の貴方にとって 「まさにそれが欲しかった!」 と思えるような、ぴったり合ったものだろうと思います。 もし、その処方箋の内容を知りたければ、 それを知ることもできるはずです。 「身をもってする、心の体験」と「それを理解すること」はこの時期、 水瓶座の世界において、ぴったりと結びついているからです。 処方箋の内容を知らせてくれるようなコミュニケーションが 今週の8日前後に、発生するかもしれません。

魚座 2014/1/6-1/12の空模様。

1つの窓を開いたとき、 既に開いていた、 少し離れた部屋の窓のカーテンが 大きく舞い上がることがあります。 今週、貴方の世界では ちょうど、そんなことが起こるかもしれません。 貴方が窓を開くことによって 目に見えない「空気の通り道」ができあがり、 風が生まれるわけです。 この「窓」や「風」はもちろん、比喩です。 私たちが起こすアクションは、 目の前で起こる「作用」以外にも、 たくさんの動きを連鎖的に生み出すことがあります。 誰かに語りかけたら、別の人が反応することがあります。 目の前のドアを叩いたら、後ろのドアから誰かが出てきます。 この時期に生まれる「通り道」には、 目に見えないものの他に、 目に見えるものも行き来することができるようです。 人の力が別の人の手に渡って新しい力に変わるような、 面白い出来事も起こるだろうと思います。


バックナンバーはこちら。>>



topをねらえ。