5/13〜6/9の空模様




その週の星の運行状況や、全般的な運気の流れについて、石井ゆかりが散漫に書き殴ります。
ちなみに、「今週」と言っているのは、ほんとの今週でなく、タイトル部にある週のことです。

メニューに戻る

星座の前半とか中盤とか後半とかって何だ。


2002/6/3〜2002/6/9のホロスコープ

先週、週報の一周年宣言したら、
掲示板へみなさんお祝いをお書き込み下さいまして、
ホントありがとうございます(涙)
おもわず個人的に打ち上げちゃおうかと思ってます。うるる。
これからもできるかぎりがんばります。えいえい。
でも、ある人には、
「『能書き』は無更新1周年だね、おめでとう」と言われました。
酷い。酷すぎる。
真実は人をきずつけるんだぞー!
だからそのうちやるっていってるじゃないかー!
やろうかなとおもってるときにやれっていわれると、
やるきなくなるんだよこんちくしょー!
などと。
いい年こいて宿題やらずにいる子供のようなコメントかくなよ。

今週は、どこの星座も中盤生まれの方、
すごいですね。
(あ、前半とか何とか、一覧作りました)
ずっと膠着状態の何かを抱えていた方は、
何かの決断が発生しそうな気がします。
その決断とか方向性決めとかのときにね、
自分の愛情がゆがんだ形で影響していないかどうか、
もいちど考えてみたほうがいいんじゃないかという気がします。
ほんとうに護るべきものはなんなのか、ってことです。
インドとパキスタンとか、
アメリカとアフガニスタンとか、
去年から大きな対立がずっと続いてきたでしょう。
この形、個人の中にもなにかの対立とか緊張とかをつくっているんです。
特に星座の中盤生まれの方々には、
その傾向が強い。
今週は、この土星と冥王星の緊張状態に、
太陽の力が加わるんです。
太陽は、方向性や主体性、全体をまとめる力をしめします。
ですから、
ずっと持ち越してきた何かの問題に、
一つの結論が浮かび上がる可能性が強いんです。
で、そのときにね、
蟹座の木星と金星がだいたい重なってる。
蟹座はなにかを愛を持って護りたいと思っている星です。
時には激情にまかせて、自分の行為を正当化します。
それは利己主義と言うより、
なにかを護りたいという愛の行動だったりするのです。
だからかえってたちが悪いのよ。
ずいぶん前、夕方の満員電車に、
あるおばさんが制服姿の高校生くらいの男の子と一緒に乗ってきたんです。
そのおばさんは、突然、座ってたOL風の女性に、
「この子は受験勉強で疲れているので席を替わって下さい」
と言って、女性を立たせ、男の子を座らせたんです。
OLさんは別に、納得して立ったというより、
あまりのことに何が起こったのかわからなくて、
なんとなく立ち上がっちゃったんだと思うんですが、
あとで憤懣やるかたなかったんじゃないかとおもうです。
周りの人たちもちょっと憤懣、なんじゃこりゃ状態。
蟹座の攻撃性って、いきすぎるとこんな感じなんです。
悪気はないんですよ。むしろ、愛でいっぱいなの。
でも、たまに、やりすぎる。

今の蟹座の状態と双子座の状態は、
お互い気がつかないままに相互に影響している可能性が高いんです。
「そんなことないよー」といいつつ、しっかりそうなっている。
うまく使えば土星-冥王星の対立を緩和し、
うまい妥協点を探るきっかけにできるんですが、
どうもなんか、もっと不純な使い方になりそうで、やなの。
この状況に対して、
一番冷静な判断が下せるのは、水瓶座なのかも。
蟹座にとって水瓶座の批判精神とか、ある種の冷静さ聡明さっていうのは、
なんか一番冷や水浴びせられる気分になるものだからね。
一方で、射手座と双子座は、
水瓶座の論理性には一目置いているし、
その個性にも好意的な興味を抱いているから、
意見を受け容れやすいんです。
今の配置を擬人化すると、そんな感じになるんですが、
個人の中で、こう、理想と現実・情報が拮抗して、
自分の中でどうにも制御できない感情が渦巻いていたりしたら、
どっか自分の中の一方的信念を呼び出すといいのかもね。
自分のなかのすごーく偏った価値観を、開き直って開陳する。
冷静に公平に正しくなろうなろうとするから、
逆に自分の中の衝動や本能がアタマをもたげてくるわけよ。
逆に「自分論理」を振り回してる限りは、たいして自己矛盾も抱えないから、
突飛な行動に出なくて済む。
わけわかんないけど、そういうもんなんです。今はね。
いや、多分ね。

上記の厳しい影響を受けるのは、
双子座・射手座の中盤の方々。
何か引きずってきた問題にライトが当たって、
マイルストーンが置かれるでしょう。
この傾向は、魚座中盤・乙女座中盤にもいえることですが、
この方々はもう一つの大きな力を受けているので、
イベントはさらに大きくなる可能性があります。
蟹座の木星と金星の力は、
魚座・蠍座・乙女座のそれぞれ中盤には
ものすごく好意的に働くからです。
なにかラッキーなことが絶対にあります。
でも、全体的に天国的に夢気分かというと、
そうもいいきれないです。根本的な問題が解決したわけじゃないから。
ただね、なーんにも悩みがない平和な状態って、どうよ。
魚座・乙女座・蠍座なら特に、
きもちわるいとおもうとおもうよ。
ぎゃくに不安になっちゃうでしょ。
ちょっとは不幸で、けっこうラッキー、っていうのが、
たぶん一番安心なんじゃないかなあ。
「しあわせすぎて、こわい。」
って言うけど、これが冗談でも比喩でもなんでもないのが、
上記3星座ですから。

蟹座中盤はもちろん、いいです。もうラッキーハッピーなはずです。
単に女性との関わりが増えるだけの人もいるかもしれません。
今の時期水星がまだ逆行してるし、
なかなか期待通りにさくさくすすまないかもしれません。
それはそれとしてですね、
なんといっても幸運な時期なんですから、
種はまいとくといいんじゃないかなあ。
そのうち、忘れた頃に、芽が出ますよ、きっと。

で、各星座の前半の方々は、
水星の逆行の最終週となります。
足止め喰らったりやみくもに整理をしたりした方も多いかもしれません。
押入の中に眠る、既に無くしたと思っていた財宝を発掘するなら、今です。
メーラーの中も、書類入れの中も、是非漁ってみて下さい。
数年前の地層に、なにかいいものが眠っていたりして。
いや、かびたパンが出てくるだけかもしれないけどね。
双子座前半、射手座前半、魚座・乙女座・水瓶座・牡羊座・天秤座前半など、
この傾向がダイレクトです。
蟹座前半には火星が入っていて、
やたら元気か病気でダウンかどっちかでしょう。
これは山羊座前半にも言えます。
元気な場合は、さくさく動けなくてイライラするかもしれませんが、
できることから順番にやって下さい。
出口がみんなふさがれているわけではないし、
何かができないからって全てができないわけではないです。
やたら元気でおまけに出会いにも恵まれるのは
蠍座前半、魚座前半。
この方々も足止めはくらうでしょうが、
しっかり後方確認しながらであれば、前進できます。
貴方が進んでないと思っても、それは進んでます。
獅子座には、なにかのアクションがありそうなんだけど、
よくわかんないです。
でも、前向きな、将来向きな決断はできてくる可能性があります。
友達との関係に、ある深まりができる可能性もあります。
特に中盤はそうです。
まるっきり新しい場所に踏み込む訳じゃないかもしれませんが、
なにかの発見が期待できます。
牡牛座には今の時期は追い風な時期です。
腰が重い牡牛座ですが、ムリしてでも動き回って下さい。
山羊座と牡羊座は
なんだか摩擦が多そうなんですが、
相手が派手な分だけ苦労されられるってこともあるかもしれません。
ただ、足場をきちんと固めておけば、
それほど振り回されず、逆に楽しんでしまえるでしょう。

全体的に、良くも悪くも身近な人たちとの交流が密になる時期なんです。
家族や友達、兄弟姉妹、いろいろ身近な人っていると思うんですが、
その枠組みを越えたくらいに、深い関係を築くことが可能です。
さらに、その関係の中から、自分自身が浮かび上がってくる配置でもあります。

今週はこんな感じです。




2002/5/27〜2002/6/2のホロスコープ

週報、一年経ちました。
さっきログを更新してて、気がついたんです。
ちょうど去年の5/28にスタートしたんです。
すごいなあ。
自分が何かを続けていることを実感するのって、特別な体験です。
すくなくともわたしにとっては。
でも、ここまで続けてこられたのは、
やはり皆々様のエールがあったからなんです。
なんて、まことに月並みな言いぐさですが、
こうやって不特定多数に向かって発信している人間なら、
絶対にわかる感覚だと思います。
どんなにいい加減にやっているように見える人でも、どんな悪人でも、
どこかの誰かが自分の書いたものを読んでくれて、
それについてイイと言ってくれたり、お返事くれたり、
わけわかんないといってくれたりするのって、
強烈なインパクトを持った感激です。
メールを下さった方々も、ROMの方々も、
みなさまホントにありがとうございます。
わたしは恵まれた人間です。
ほんとにほんとに、うれしいです。

で、今週の空模様ですね。
今週はねー、いろいろ雰囲気が変わってくる週だと思うんです。
それは、いままであくまで双子座に固まっていた星星のうち、
いくつかが蟹座に移動するからなんです。
それもラインナップがすごい。
木星・金星・火星が蟹座に大集合。
木星は幸運、膨張、拡大の星。
金星は恋愛、金銭、楽しみの星。
火星は戦い、トラブル・エネルギーの星。
これが一気に蟹座というウェットで、ある種攻撃的な場所へあつまるのです。
蟹座というのは不思議な星座でして、
基本的には「居場所を確保して護りたい」という意志なんです。
だけど、その支配星は月。
心地よい巣穴にとどまりたいのに、いつも不安定に揺れているのです。
不安のあまり、それまで築き上げてきたモノをいっきにぶちこわすこともしばしば。
巣穴の中の仲間と認めた人間にはとことんつくすのに、
それ以外の人間のことはおそれて近づかないどころか、
逆に異常に攻撃的になります。
少しでも自分に危害を加える可能性のある存在については、
否定したり攻撃したりせずにいられないのです。
こんな一種排他的な星座に、愛や豊かさを扱う星星が入ってくるのですから、
どうなっちゃうんだろー、とおもいます。
一番想像しやすいのは「かこいこみ」です。
何もかも自分だけのものにしようとする。
硬い殻の中に大切なモノを全部しまい込んで、
他人にきいきいいう。
それってあんまりよくないよな。
この配置を逆に、上手に利用する方法を考えると、
うーん、そうだな。
蟹座は情愛の星座なんです。
イメージは、母親とか湖とか、なんかそういう、
「つつみこみ」系の存在です。
外に対して何かを護るために攻撃を始めると手がつけられないんですが、
中のモノにはもう涙が出るほどやさしい。
ので、
身近な人たちに愛を注ぐと、すごくよいのではないでしょうか。
それと、模様替えだ。
蟹座は「居場所」を司るので、
部屋の掃除をし、不要品の整理をし、
気持ちよく暮らせるふうに居住空間をととのえるわけですよ。
そうすると、とてもハッピーになれる。
料理とかもよろしいですし、
旅行は国内がよろしいですし、
買うなら真珠がよろしい。
なんだか脱線しましたが、
つまり、蟹座のよいところを引き出すようなアイテムやアクションを考えると、
けっこうよろしいんじゃないかと思うんです。
単純に「蟹座の人となかよくする」でもいいんですが。

逆行についてあちこちで書き連ねていたら、
みなさんが「逆行体験」を送って下さって、
すごく勉強になります。
「一度書いたメールが消えて書き直し」これは基本形(数人いらして、おどろいた(笑))。
「一度断ろうかと思った会社に再アプローチ」これはなかなかよろし。
「溜まった書類を整理していらないのを処分した」これね、いいと思います。
「昔の友達からおさそいのメールがきた」よいですね。これは理想型。
「一度立てた計画に、他の人からのアドバイスで変更を加える」非常によいです。
「いままでご依頼いただいた個人占いをやりまくる」そもそも貯めてはいけない。
このなかで、けっこうおもしろいのは、
「書類の処分」です。
名前はお出ししませんが(出していい?^^;)
「あとでゆりもどして『なんでシュレッダーにかけちゃったんだー!!』となる?」
ということを書かれてたのです。
「絶対大丈夫!」とはもちろん言えないんですが、
いままでの書類を見直して整理する、というのは
「みなおし」ということで理にかなってますし、
さらに、水星の逆行期は
「腐れ縁や捨てるべきモノとの縁をさっぱり断つ」
ことに向いている、とする占い師もいるようです。
このことは私にはまだよくわからないんですが、
(いや、ほかのことがよくわかってるわけでもないんだけどさ)
私としては、違和感がない考え方なんですよね。
人によっては、
「ゆりもどし」よりも「遅延」傾向が強い場合もあります。
遅れる、先延ばしになる。
でも、案件自体は全うされることが多いようです。
当初の計画よりも数ヶ月先になったりするだけです。

てなわけで、
どうにも好調なのは蟹座・魚座・蠍座。
特に魚座はここまでかなりしんどかったはずなので、
おめでとうございますです。
ただし、今の金星は足が速くて、
6/16には獅子座に入っちゃいますので、
「今」を思う存分たのしんでください。
今日できることは明日に回すな。
いまできることはいますぐにやれ。(盗作)
特に前半から中盤までの方は今週から来週が一種の勝負期かも。
つまらないことと大事なことの選別をして、
大事なことを育てるようにするのがいいのかも。
この時期は、雑多にいろんなモノが入り込んでくるからね。

双子座アタマの方々は、
上記の「整理」みたいな作業をかましてみると、
かなりよろしいです。
天秤座・水瓶座もそうなんですが、
先に進むんじゃなくて、
・今までの経過を整理したり、
・じっと待ち受けたり、あるいは待ち受ける状況を作ったりする、
・あるいは人の話を詳しく聞く、
などの作業を、こっちから積極的にやるとよいようです。
双子座のあたまのところで逆行中の水星と太陽が0度になるからなんですが、
太陽は自分から何かをするとき後押ししてくれるので、
タナボタは運んでくれないみたいなんですよね、どうも。
魚座のアタマの方々も、この傾向は結構影響してくるかもしれません。
あとは射手座、獅子座、牡羊座の各前半。

乙女座は薄紙をはぐようにラクになってくるでしょう。
いままでが厳しすぎたんです。
これは魚座も同じですが、魚座は「摩擦の嵐から花の嵐へ」急激に移行するので、
くたびれ気味かもしれません。
山羊座は対人関係が活性化してきます。
玉石混合な出会いに翻弄されそうですが、
美味しそうに見える話でも段取りはこまかくゆっくり踏まないと、
また最初から話を始めなきゃいけなくなるかも。

各星座の後半の方々は、
週の前半にちょっと大きめなハプニングがあるかもしれません。
分野は、なにかなー、
移動に関すること、システムに関すること、
情報に関すること、
などでしょうか。
あとは、男に関することかな。
水瓶座後半は思いがけない出会いとかありそうですな。
この角度は致命的な何かというより、
チャンス系のハプニングの色彩が濃いです。
立ち直りが早い人ほど、
あるいは開き直りがうまい人ほど得をするようになっています。
双子座後半、水瓶座後半、
射手座、天秤座、獅子座、牡羊座、乙女座、魚座、蠍座の各後半、
これらの方々は
・ムリをしないこと
・意固地にならないこと
・危険に近寄らないこと
をおすすめします。

蟹座中旬は、喜びや楽しみが多いんですが、
2つの事象の間で動けないような状況の人も多いかもしれません。
これを打開する力がだんだんに迫ってくるのですが、
誰かが何とかしてくれるんじゃなくて、
結局手を下すのは貴方だったりする(笑)
あえて手助けしてくれるとしたら、
それは、いま貴方が想像する上で一番頼りにならなさそうな人なのかも。
入院中のおじいさんがいるなら、是非お見舞いに行って下さい。

今週はすごくまとまりがないのですが、
数日して書き直そうかとも考えたり考えなかったり。
今日受信したメールでは、
メルマガの情報がウィークリーまぐまぐに載るのが
5/27なんだそうですが、
そのあとに創刊号を出せっていわれても、
もう出しちゃったし、おそいっつの。
今日もだしちゃうっつの。




2002/5/20〜2002/5/26のホロスコープ

みなさまお元気ですか。石井ゆかりです。
なんでこんなことをきくかというと、
石井ゆかりがなんだか暴走しているからです。
水星が逆行するからあたらしいことはするなとかかいといて、
なんじゃこりゃ。

まず、メルマガをはじめました。
なぜか。
週報の更新日がわかりにくくて、
皆様にご迷惑をかけているんではないかと思うからです。
うそです。
ほんとうは、なるべく石井ゆかりのことを忘れないでほしいという、
いじらしい、というかむしろ女々しい気持ちが動悸です。
ちがう、動機。
それに、自分でホロスコープ書いてる方も多いので、
その週のトランシット(惑星の運行状況)をのせたら、
暦がなくても良くて、けっこうべんりかなー、などと。
そのほか、石井ゆかりの雑記をのせたら、
なんか、はけぐちになるかなーと。
そんな感じなんです。

さらに、カンパ用の帽子をおきました。
これは、石井ゆかりが貧乏かつ根性ナシだからです。
やっぱほら、不景気だしさ、
あくせく働いてると、占いのことを
「金になんない趣味」などと言われたり自分でもちょっとそうおもっちゃったりして、
せっかく快く占いのおさそい(?)に応じて下さった方に、
申し訳ないほど待ってもらっちゃったりするわけじゃないですか。
だからさ、
いや、占いはいままでとおり無料なんですよ!カンペキに!!
ただほら、善意の募金って、あるっしょ!
募金募金!
。。。などと。
詳しい石井ゆかりの言い訳はこちらをご覧下さい。

宣伝はこれくらいにして、
今週の星空ですね。
水星があいかわらず逆行しています。
みなおしみなおしとしつこく言っていますが、
事態が後戻りするとみんな不安になるですよね。
でも、「後戻りするよ、この時期は」とわかってさえいれば、
後戻りしてても気にならないじゃないですか。
さらに、後戻りするのが6/10までってわかってたら、
もっと気が楽じゃあないですか。
太陽は双子座にはいるし、まだ火星もそこにいるし、
実はみんなスピードを求めちゃってると思うんですよ、いま。
でも、事態は後退する。
ここで焦ってはいけません。
みんなでうつわのおおきなにんげんになりましょう。
この傾向は、双子座前半に最も強く、
続いて水瓶座前半、
乙女座・天秤座・蠍座とつづき、
牡羊座・獅子座・射手座も、それぞれ前半に影響が出やすいと思います。
特に、水瓶座は必要もないのに気が滅入る可能性があって、
注意が必要です。
事実への正当な感情じゃなくて、
わけもなく気持ちがネガティブな方向へ暴走しがちな気配があります。
事態が悪い方に動いているからそうなんじゃなくて、
気持ちだけが落ち込んでしまう危険があるんです。
昔好きだった音楽を聴くとか、
ゆっくり静かにお酒のむとか、
昔からの友達に電話するとか、
そういうことで気分が晴れるでしょう。
事態が停滞しているのは、悪いことではありません。
とまってるだけなんです。
できるだけ誰かに出力して、発散するとよさそうです。

一方で、今週は火星が天王星と120度を組みます。
危険なんですが、一応調和の角度なんです。
びっくりさせられるけど大事に至らない、っていうかんじでしょうか。
突発的にハプニングが起こりやすいです。
女性は男運に動きが出るときでもあります。
この影響がダイレクトなのは、
双子座後半・水瓶座後半、
乙女座・天秤座・蠍座とつづき、
牡羊座・獅子座・射手座のそれぞれ後半です。
おや。
水星の影響と同じ星座ではないの。
そうです。
だって火星が双子座、天王星が水瓶座なんだもん。
水瓶座と双子座は、このようにまだまだ忙しいってことです。
ああ、交通機関には、くれぐれもご注意を。

さらなる変化として、
今週は金星が蟹座に入ります。
今の時期の金星はすごく足が速いので、
毎週位置がずれるんです。
だから、チャンスはできるだけ大事にしてください。
金星の恩寵に預かれるのは、
今週は蟹座・魚座・蠍座の前半の方々。
あとは乙女座と牡牛座もよろしいでしょう。
昔の恋愛へのウェットな気持ちが出やすい時期でもあるんですが、
あまり感情を先走らせず、
むしろ相手の気持ちに感情移入する形を取った方が、
運勢は安定するのかもしれませんね。

冥王星と土星のきっちりした180度に、
木星の角度がゆるく噛んでいます。
対立する信念や思考、情報が拮抗して大きな緊張状態を作り出しています。
これが、ナショナリズムなどとくみあわさると、
ちょっとイヤな感じですね。
もうすぐワールドカップですが、
蟹座の仲間意識が対立傾向と結びついて、
妙なことに結びつかないといいんですが。。
相手の気持ちに感情移入するのも、蟹座の特技なんですよね。
だから、あまり仲間内だけの論理にこりかたまらず、
相手と一対一、むきだしの人間対人間の関係の中で、
解決策を模索するのがよいとおもいます。
組織とか家族など、人間集団をしょってなにか始めると、
今の時期は過剰な行動に結びつきやすいと思うんですよ。
ひとは一人一人はみんなやさしいいいひとだけど、
集まるとたちがわるいんだよね。。
っていう気がする、今週の配置です。
このことは、双子座・射手座・蟹座の各中盤の方々に一番強く関係があって、
さらに他の星座の中盤の方々にも影響が及ぶでしょう。

しかし、うーん、フーリガンかー。。
やっぱり、すごいのかなあ。
それにさ、中国の領事館問題なんかも、
この配置にあてはまる気が、しないでもないんだよな。
NGOのビデオ報道(双子座土星)、海外領事館(射手座冥王星)
そして母と子供、感情論、ナショナリズム(蟹座木星)。。
そのまんまやん。

などと、今週はこんな感じです。




2002/5/13〜2002/5/19のホロスコープ

こんばんは、石井ゆかりです。
これ書いているのが夜だから、そんな感じです。
人生、生きているといろんなコトがあるですね。
自分から引き金ひいてることも、かなり多いけどね。
温度差とか、許容範囲の差とか、生き様の差とか、
人とやってくのってむずかしいですね。なにごとも。
まあ、自分以外の人間の気持ちなんてどうにもなんないんだし、
自分の頭の中だけのことといえば、そうなんですが。
そうおもうと、すこしほっとしますな。
ちょっとだけど。

さて、気を取り直しまして、今週は。
なかなかいろんな事が起こりそうな週です。
でも一番気になるのは、
海王星と水星が120度を組んだ状態で、両方逆行に入るというところです。
水星は週末17日、海王星は15日に入ります。
水星の逆行は5/17〜6/10です。
「留」っていうんですが、
いままで巡航だったのが、逆向きになるのね。
単独ならまあ、そうかな、なんだが、
海王星と水星。
文学を想像させます。
なにか、うつくしいことば、の雰囲気が。ある。
イマジネーションを相手に伝える力が沸いてきます。
創造性や、なにかを形作るのによいのだ。
で、そのことが逆行する。
さてなんでしょう。
まずね、過去のことを表現する、ということがひとつ。
過去の経験の中で置き去りにしてきた思い、ありますね。
それらを表現する機会があるかもしれません。
また、自分の気持ちを整理する、というのもある。
過去に過ぎ去りしコミュニケーションを、
なにか不思議な形で再開させる、というふうにも読める。
昔の友達や音信不通なモト恋人に連絡を取って酒を飲む。
それもよし。
単に今まで飲んでいた薬の内容を知るっていうのもあるかもね。
などと、思いつくままに書き連ねてみましたが、
ようするに、
感じることと伝えることが結びついて、
それらが過去の方に向いている、
ということは言えるでしょう。
昔のメールとか読み返してみると、意外な発見があったりしてね。

海王星の逆行は、
これまでに起こったことをもう一度「感じる」のに向いています。
感じることと経験することとは、
同じようでちがいます。
何かを経験しても、
「こうおもいたい」とか「こんなふうにおもっちゃいけない」とか、
感じることにはいろいろ制約があるのですね。
で、全うに感じられないで、経験だけが溜まる。
でも、経験することと感じることは、セットで消化されるものみたいです。
経験だけして感じることを許さないでいると、
それは消化されずにどんどんおなかにたまっていきます。
やがて、小さな消化が偶然起こったとき、
雪崩のように今まで溜まっていた「感じられるべき経験」が動きだし、
感情がオーバーフローしてしまう。
そんなことがおこるようです。
「彼と別れたけど全然平気、悲しんでる暇なんか無いわ」
「会社首になったけど、護るべきモノのためにめけていられない」
「ひどいめにあったけど、大丈夫、べつに気にするほどのことじゃない」
と思ってけっこう元気だった経験のある方、そのときはそれで正解です。
すごくポジティブで、たいへんよろしいです。
でも、いますこしラクになった段階で、
あのときのことを思い出してみて下さい。
悲しかったですよね、多分。
その「悲しい」気持ち、大事なんです。けっこう。
悲しい自分とか、辛い自分とか、許してあげて下さい。
そして、悲しんで下さい。
誰かのせいにするとか、誰かを責めることになるとか、
気になるかもしれません。
でも、そうじゃないのですよ。それとこれとは、べつ。
別に貴方は誰かをおとしめようとはしてないです。

ゆりもどしがあると、
ひとは不安になるものです。
だんだん治っているとか、すすんでいるとか思っていたのに、
ちょっとあともどりをしたりぶりかえしたり。
すごく焦ってしまいます。
でも、べつにそれは、振り出しに戻ったわけではなくて、
全快や前進に不可欠な、
確実な一つの段階であるだけなんです。
だから、焦ってその状態を早く脱しようとするのは、
かえって逆効果だったりします。
この時期、水星と海王星の同時の留は、
ちょっと人を焦らせる要素があります。
でも、心配しないで下さい。
まったくだいじょうぶですから。
おちついて、時間をかければ、たいていのことはなんとかなります。
それどころか、根本的に変わってしまうことさえあり得ます。
土星と冥王星の今の角度は決してやさしいものではありませんが、
今の時期はこの厳しさを、
むしろ逆行している海王星のちから、
揺り戻す感覚の力が前向きな動力に変えてくれるようです。

これらの傾向はどの星座にも言えることですが、
非常にダイレクトなのは双子座・水瓶座の前半から中盤のかた、
射手座の前半から中盤。
あとは獅子座、乙女座などもかなり強い影響を受けるでしょう。
牡羊座と天秤座には、万事よい影響としてうけとられるみたいです。
ただ、事態の動きそのものはゆっくりですので、
やはり焦らないこと。
この傾向は週の後半から週末、スタートしますので、
新たに着手することはなるべく17日より前にしたほうが無難です。
蟹座中盤は少々厳しい状態になっています。
複数の相対立する条件の中で身動きがとれないかも。
今の時期はいいことも悪いことも膨らんでいきやすいので、
ガス抜きが必要です。
各星座の後半の方は、恋愛運が非常に活性化しています。
双子座後半を筆頭に、水瓶座後半、天秤座後半、蠍座後半も良いでしょう。
他の星座でも、後半生まれの方々は恋愛に動きが出やすい時期です。

以上、なんだかざっくりですが、
詳しいことが知りたい!方は、
掲示板へどうぞ。




星占いのtopをねらえ。

topをねらえ。

if you want to say anything to:::iyukari@st.sakura.ne.jp