2002/12/30〜2003/1/26の空模様

その週の星の運行状況や、全般的な運気の流れについて、石井ゆかりが散漫に書き殴ったものです。
ちなみに、「今週」と言っているのは、ほんとの今週でなく、タイトル部にある週のことです。


星座の3区分>>
過去ログ>>

2003/1/20〜2003/1/26のホロスコープ

ちわっす。
今週は、はやいなー!
早めにやると、早めに終わるんですね(爆)
知らなかったな。うふ。
でも最近、むっちゃ仕事しんどい。。。精神的にシンドイ。
評価されない仕事って、やだ。
なんつったって、ほめられたいんだよおれはよー!!!!!
どちくしょー!!!!!
くそー、今の上司、
きっとオイラのこと、はなくそみたいにしか思ってねーんだろうな。。
こんなに陰日向無くがんばっているというのに(涙)
あ、すいません、愚痴なんかこいちゃって。

さて、気を取り直して占いでもしようと思います。
今週は、射手座に火星が入るのがおっきいですね。
火星のサイン替えは、週占いをやるものにとっては、
ビッグイベントです。
火星はだいたい2年で12星座を一周するので、
単純に、2ヶ月スパンの変化を読めるんですが、
これって、いい周期ですよね。
2年に一回のイベント、ってそれなりにでかいじゃないですか。
2ヶ月経つと、状況ってかなり変わるし、
傷も癒えれば気分も落ち着く。
長すぎも短過ぎもしない「切り替え」のタイミング。ちょうどいいな。

で、射手座に入った火星ってどんなイメージかというと、
なんかエネルギッシュですね。
パワーがある。
安定感はあまりないんですが、スピードを感じます。
頭を使うのもいいけど、体を使うのも良い。
移動とか、遠くへ行くとか、そういうのにもつかえますね、この火星。
今は射手座に金星も火星もあるので、
移動で何かを得るにはもってこい
な時期ですねえ。
ただ、この「何か」がくせ者で、
あまり一筋縄でいくような、ぽわぽわした幸運やら単純な好奇心では
すまないくさいけどね。
なぜなら、
射手座には冥王星、120度位置の獅子座には木星様が鎮座ましまし、
火星と金星に「徹底的拡大」という
カツ
を入れているからなんです。
射手座はもちろん、恋愛運抜群です。
牡羊座も然り、獅子座も然り。
でも、気合い入れて、リスクをちゃんとうけおっていかないと、
運気の強さを使い切れないかも。
そのくらい、今の火の星座の中にうずまく
(水瓶座という風にあおられつつある)

もえさかってます。
石井ゆかり、強調タグはめんどうなのでよほどのことがない限り入れないのですが、
それをあえてやっちゃうくらい、強烈です。
今は水の星座がからあきなので、
火を消すこともままならんな。

この影響が強いのは、上記3星座はもとより、
双子座、水瓶座、天秤座、
その他の星座も、いろんなところで何かが燃えさかるのを体験するんじゃないかとおもいます。

あともう一つ、今週は水星が
留
になります。
逆行から順行に変わるのが1/24で、
この前後、スピードが落ちてほとんど止まってるみたいに見えるんですね。
ずごごご
という音を立ててベクトルが変わるわけですので、
何か変わる
事が予測されます。
折しも水星と木星の間柄は150度、メンテナンスの角度です。
真剣でなければなりませんし、
地道でなければなりませんし、
目標にはこだわっていかなければならないんじゃないか
という気がするわけです。
人が見てなくても頑張る
って、冒頭の石井ゆかりの愚痴にもありましたように、
非常に
難しいことですな。
でも、やっぱ、天知る地知るちるちるみちる、なわけです。
火星と太陽の連動は、主体性を助けてくれます。
そんなわけで、今週の格言。

「指示待」より「指示侍」でいけ

指示待は指示を待つ態度、受身な態度のこと。
指示ざむらい、は鍋奉行の一種で、やたら指示をしたがるヒトのこと。
侍はもののふなので、いつも戦いに備えて前傾姿勢でスタンバっているわけですね。

あ、それと、金星と木星が120度を組みますな、今週。
これはなんか、自堕落しない方がいいかんじですね。
自堕落したければ自堕落してもいい。
でも、したくないなら、したくても、
なんかたのしいような面白いようなことのほうに自分をもっていっとくと、
イイカンジかもしれません。
恋にも縁ができやすい。
今はいろんなアヤがあるので、おやっとおもったら、とりあえず打診しといても
ソンはないでしょう。
失うことを怖がっていては、せっかくの面白いことをにがすこともあります。
今週は、それ、逃がしたくないような配置に思えます。

あとひとこと、期別にいうと、
第1期と第2期がかなり切迫した運気でして、
第3期はいままでの大変さを少し癒すような、一息つく時期かもしれません。
第1期は、縁を大切に。
第2期は、隠れた衝動を大切に。

今週は、そんなかんじです。




2003/1/13〜2003/1/19のホロスコープ

本当は。
月曜の朝のうちにすでにカンペキなここの記事はできあがっていたのです。
しかし。
家に住む妹という名のついた魔人が部屋にやってきて
私のiMacの電気コードを足に引っかけて抜いてくれました。
ぷしゅーぅ。
驚愕。
さらにこの妹という名の魔獣は、
かたまっている私の背中に向かって
保存してないのが悪い
と抜かしました。
ああ。ぬかしまくり。
もうここまでくると怒りより笑いがこみ上げる今日この頃、
皆様いかがお過ごしですか。
そうだ、水星逆行(爆)
石井ゆかりを盾にして、みなさん少しでも幸福になって下さいね。

で。
今週の第1期から参りましょう。
ロマンティックです。
あるいは、言外のコミュニケーション。
占いのユーザは女性が多いのですが、
それは、占いが言葉を媒介にしている、ということも、
ちいさな一因じゃないかと思うんです。
あくまでちいさいけど。
女性は、言葉重視ですね。
愛してるって言って欲しい。
かわいいねっていってほしい。
いってほしいんだってば。
でも、男どもは
そんなことは照れくさくて言えるか
などとぬかす。むかつきますね。
しかし。
男にもロマンティシズムがないわけではない、
どころか、
けっこう女よりはげしくロマンティストも多いですね。
だから、女を車に乗せたり船に乗せたり飛行機に乗せたり、
ミレナリオといえば東へ
ルミナリエといえば西へ
もうつれまわしまくり。
これは、女性を喜ばせてそのあとどうこうしたい、という下心もあるんでしょうが、
本人もかなり、こう、ひたりたい所もあるんじゃないかと思うのです。
でも、つれてっても、手を握ったりちゅーしたりくだらんことを話したりするだけで
はかばかしい言葉はかけてくれないので、女性の方は
なにかんがえとるんじゃこら
という気持ちになることもあるわけです。
うーん。
でもさ、こう、あれだ、
こないだ公開されたマイノリティ・レポートちゅう映画では、
出てくる科学者みたいな女の人が、
3人いる超能力者のうち、一番能力があるのはだれか、という問いに、
「能力が高いのはいつも女だ」
みたいなことを言うそうで。
才能のことを英語では「ギフト」とかっていうらしいですが、
つまりなにがいいたいかというと、
女の方がそういうとき、融通がきくんじゃないでしょうか。
要するに、男に対して「私らみたいな様式でやれ」って要求するより、
「男の様式をしかたがないから少し受け入れてやるか」って思う方が、
ゴールにはやくたどりつけるということですね。
「なに考えてるんだろうこの人」
っておもったとき、
「何考えてんのあんた」
って問いただすより、
無言できゅっと手でも握って、
5秒くらい相手の目をみつめて、そしてついと視線を離したりして。
うわー。色っぽいわ。
何でこんな事を書いているかというと、
今週、射手座の金星と水瓶座の海王星が60度になるからなんです。
射手座は言葉に長ける星座ですし、
水瓶座は風の星座でコミュニケーションに縁が深い星座なので、
言葉にした方がいいような気もがするんですが、
いやー、どうだろう、海王星は手で触れないもの、
さわれないゆえに貴重なものを扱うんですね。
映像とか、イメージとか、もやみたいなもの。
あるんだけど、あるって証明できないようなもの。
でもたしかにある。
言葉でそれをつきつめると、
かえって俗っぽくなるというか、浅くなる気がするんです。
山羊座で逆行している水星の影響もありますし、
あまり言葉がさくさく機能するときではない。
むしろ貴方のきれいな横顔の方が、強くアピールするときなのでは。
などと、考えるわけですよ、わたくし。

この影響が強く恋愛に好影響を及ぼすのは、
射手座第1期、水瓶座第1期、獅子座第1期、天秤座第1期、牡羊座第1期。
あとの星座も、第1期は有望です。
蟹座の第1期も、別口でなにかありそうですね。。。
言葉で追いつめず、何かを感じ取るアンテナをいっぱい立てて、
相手をじっと見つめてあげましょう。
なんかでてくるかもよ。

続いて第2期。
仕事とか、なんかで、
戻ってくるものがある、ってコメント、12星座分けでも何度かしてましたが、
何が戻ってきたんだかわからん
あるいは
あれは戻ってきたのかどうかわからん
と思ってる方もいらっしゃるかもしれませんね。
今週、それがちょっとハッキリする気配があります。
太陽と逆行中の水星が0度になるからです。
かさなる。
重なったときの星の力って、強烈です。
さらに、今は土星のからみがあるので、
この「戻り」
一時的な気の迷いではすまないんじゃないかと思うんです。
よくよく見分けて、
ちょっと信じて粘ってみてはどうでしょう。
信じることを怖れる方、多いですよね。
私も、信じてしまって裏切られたらどうしよう、って、怖いんですが、
結局、
疑ってても信じてても、
相手がどっかいっちゃったりすれば、
痛いのは同じなんだよね。
だったらさ、疑って相手をイヤな気持ちにさせるより、
信じてあげたほうが、いいかな、なんてね。
信じてた方が裏切られたとき痛いって、ほんとかな、わかんないですしね。
疑ってたら、いざ裏切られたときに、
信じて上げてれば裏切られなくてすんだのかも
とか後悔する可能性だって、あるわけじゃないですか。
そういう考え方、どうでしょうか。
今週の土星と太陽と水星、
なんかこのラインナップって、そんな感じがしたんです。
タロットで言えば、
吊られ男(正位置)
ってなかんじ。どうですか。

この気配が強いのは、
同じ第2期でも、やはり山羊座。そして双子座。
さらに牡羊座、乙女座、蠍座、獅子座。
あとの星座でも、第2期はそれなりにこんな感じのことがあるかもしれません。

さらに第3期。
第3期は今週一番わさわさしてるかもしれません。
忙しいでしょうし、突発的な何かが起こりやすい。
男関係でもびっくりイベントが出やすいでしょうし、
なんかこう、
出会い頭
な雰囲気がありますな。
火星と天王星の90度という、世にもアクシデンタルな配置です。
天王星は、改革、革命、テクノロジー、刷新の星。
火星はエネルギー、スピード、情熱、性愛、戦いの星。
一見
事故?
という雰囲気もありますし、
確かに交通事故には注意が必要です。
それ以外には、やはり異性関係。
天王星、海王星、冥王星という外側の星星は、
不思議と(でもないけど)異性関係に強い影響を及ぼすようなんです。
それも、短期的なモンじゃなく、
がーんと、ごーんと、
ヒトの情熱をたきつけてくれるところがあるらしい。
何があるのかは解りませんが、
あれですね、こういう、パワーのあるとき、
なにかさそわれたりとか、あまり常識的でないきっかけが生じたとき、
前へ出るか後ろへ下がるか、って、迷うところですが、
私なら迷わず前へ出てしまいます。多分。
だって人生短いしさ、そんな、せっかくのおもしろいことを切り捨てて平気なほど
ウハウハな人生
送っているわけじゃないもんオイラ。

そんなこんなで、最もアクシデントの気配が濃厚なのは、
蠍座第3期。水瓶座第3期、牡牛座第3期、獅子座第3期。
他の星座も最後の方のお生まれの方、
なんかびっくりするようなおもしろいことがあるかもよ。うふ。

今週はそんな感じです。
今週末、ちょっと旅にでるのよねオイラ。
だから、来週分の週報のアップは
できればいつもよりしようと思ってます。



2003/1/6〜2003/1/12のホロスコープ

こんにちは、石井ゆかりです。
お正月というのは、毎年、何かこう、独特な気分になりますね。
なにか、あたらしいというか。
特別というか。
あー、なんか巧くいえない。
キライじゃないです、この感じ。
というわけで、ちょっとバックの色を明るく変えてみました。
男性ユーザが減らないことを祈ります。
なんだよ、男はほんとはスキなんだろ、ピンク。このやろ。
。。。年明けからすみません。

どうでもいいんですが、
昔見た夢をふっと思い出す事ってありますね。
あれって、なんなんでしょうね。
そのとき直面している何かが、
その夢につながるところを持っていて、
で、引き出されてくる。のかしら。
そんな直感、今の水瓶座なら、ありそうですね。

昨年のアタマ、どんなことがあったか、私はよく覚えていないんですが、
今の水星の逆行位置と、昨年2月くらいの逆行位置、
よくにているんですよね。
昨年の2月くらい、なにがありましたでしょうか。
バレンタインの前くらいです。
そのときの仕事の状況とか、人とのやりとりの傾向とか、
思い出すと、今年どうしようかなーという対策の、
参考になるかもしれません。

で、まずは第1期なんですが、
金星が入りますね。
射手座の最初の所に、バッと入る。
蠍座の最後の方の方々は、
今が一番旬なんじゃないかという体勢です。
今週の金星の位置というのは、
あまりほかの星とのリンクが無くて、
大きな動きはもっと先になるかもしれないんですが、
今週は、
「ドラゴンヘッド」
というポイントと、180度になります。
ドラゴンヘッドっておもしろいので、
ヘッドというくらいだから、尾もあるんです。
パフ・ザ・マジックドラゴン。
ヘッドとちょうど対岸のところが、テイル。
ヘッドはこの世でのテーマ、
テイルは前世でこなしたテーマ
などともいわれています。
だから、テイルのことは、くだらないように感じられる。
でも、こなしたことだから、慣れていて得意なんだよね。
ピンチになると戻っていったり、甘えたり。
出生図でその人のドラゴンテイルと相手の星が重なっていたりすると、
あ、やべっ、くされ縁だ
とおもってしまう石井ゆかりですが、
つまり、慣れたところとして当たり前のごとく使われてしまい、
甘やかすばっかりで辛かったり、
でもなかなか離れにくかったりするんじゃないかとおもうんです。
供依存
のことをBBSに書いて下さった方がいらっしゃいましたが、
ちょうどそんな感じのこともあるのかもしれません。

で、今週、金星がドラゴンテイルと重なるわけです。
何が起こるんだろう。うーん。
ドラゴンヘッド・テイルは、
人との出会い、縁、やりとりの面で力を発揮するとされています。
ので、たとえば、
愛情関係でなにか本質をさらけ出すようなことがでてきたりとかね。
うーん、むずかしい。

この形的な出来事が起こりやすいのは、
射手座の第1期、双子座の第1期、
乙女座・魚座の第1期
それから獅子座、水瓶座、牡羊座、天秤座。
他の星座でも、第1期の人は、なにかがあっておかしくないと思います。

次に第2期。
木星と太陽が150度を組みます。
これは、なんだろー。
山羊座の太陽は権威を示し、獅子座の木星はなにかこう、やっぱ、王様チックなイメージがありますね。

そういえば、この冬、ある時電車に乗ったんですが、
前の座席に中年の男性と小さい女の子が乗っていたんです。
で、この女の子がだいぶ
わがままぷー
な様子で、
 女の子「どのくらいで着くの?」
 お父さん「20分くらいかな。」
 女の子「やだ」
 お父さん「そんなこといったって。。。」
 女の子「やだやだやだ」

イヤなら降りろ!とはり倒してやりたくなる光景。

 お父さん「ほら、あっちにいる子は、おとなしくしているのに、○○ちゃんはできないの?」
 女の子「どの子?どの子?どの子?」
 お父さん「いいから、おとなしくしなさいね」
 女の子「どの子?どの子?どの子?」
 お父さん「ほら、あの子」
 女の子「。。。だって、○○ちゃん(自分)はピアノ習ってるしさ、○○だしさ、・・・(以下、自慢話)」
。。。。

チェストオー!!!

私はこの子をみて、必死に思い出そうとした言葉がありました。
なんだっけ、なんだっけ、
我が儘、でもないし、いばりんぼ、でもないし、傲慢、でもないし。。。
はっ!
それは、
「こうまんちき」
でした。
この子はきっと、こうまんちきな女に育つに違いない。

今週の木星と太陽の配置を見て、なんとなく、このような
こうまんちき
に悩まされそうだなあ、という気がしたわけです。
しかしこれって、意識してわざとやってるわけではないんですよね。
自然とそうなってしまう。
そう思うと、やってる本人も気の毒ですね。
今週、こうまんちきな人にであったら、
ああ、こいつか
とおもって、ちょっとにっこりしちゃいそうじゃないですか。ぷぷ。

さて、第3期。
第3期は今週、てんこもりです。
土星と天王星がスタンバってるところへ、
水星と火星がそろって引き金を引いて来るんです。
長期的に抱えている、あるいは直面している大きなプロジェクトについて、
実質的な関与が要求されてきます。
年頭からお疲れさまな限りなんですが、かなり強い形です。
火星-水星-土星の3すくみ、
物事を大きく強く、実質的に動かす形です。
どーん
と音がしそうな気がします。
そこへ天王星も加わるので、
ずずーん
という、重たい音になる、かもしれません。激しいです。
自分自身の手で動かせることは少ないように思えるかもしれませんが、
実はそうでもなくて、
細かい砂をまいたり、油を引いたりすることで、
けっこう大きな動きに影響を及ぼせるみたいです。
この水星も土星も逆行していますので、
結果を焦らずに目の前に見えるよさげなことは
ちょこちょこ手を出してみる
ってのが、この大きな流れに対抗する一番の手だて、
なのかもしれませんね。
ちなみに、男運でゴタゴタしたかた、
なにか再度のアクシデントがある気配も濃厚です。
アクシデント
ってのは、良くも悪くもなく、接触です。
機会
というかんじじゃないかとおもいます。
相手も隠し球を持っている感じですし、
自分の中にも自分でまだ気がついていない隠し球がある可能性大。
あまり最初から理詰めに畳みかけない方が、よさそうかも。

今週はそんな感じで、角度的にはかなり激動ですね。
激動にはストレスもつきものなわけで、
夜はしっかり眠ること、大事かもしれないっすね。



2002/12/30〜2003/1/5のホロスコープ

あけましておめでとうございます。
石井ゆかりです。
いや、これ書いてる間は、
まだ年末なんですが。
メルマガでは多分告知するはずですが、
今週、12星座分割はちょっとお休みします。
なぜなら、
年間占いをやるからです。
あしからず。
いや、やっぱ、あれだ、年の終わりとか始まりとかは、
「今週」
などと、区々たる小事にかまけている場合ではないのだよ。
もっと長い目で大きく見てないとさ、ほれ、
長生きできんぞ。
ナニ?長生きなんかしたくない?
そんな厨房のよーなことをいうな!
もっと生きていけ!バリバリと生き抜いていけ!

うまく怠慢をごまかしたところで、
今週の空模様です。
どうでもいいですが、運命、感じますか。
貴方の運命は自分で動かしている気がしますか?
それとも、他人に動かされている感じがする、とか。
人によって様々ですな。
ちなみに、
電車の夢をよく見る人は、運命が自分を連れていくように感じているんだそうで、
車とか、何かを運転する夢をよく見る人は、
自分で動かしていると感じている人だそうですね。
今週、出生図では
「運命の手にからめとられたような」
と表現される、
ヨード
という形に近いモノができあがります。
厳密には、単にそれだけじゃなく、他の星も参加してるんですが。
こういう形ができると、
ダイナミックですね、運気が。
単純にいつものなにかとか、偶然とか、ソウイウコトではすまない。
だいたい、年の最初には多くの人が
目標
を立てるモノですが、
それって、どうですか。
何か、今の自分に足りないものを感じていたり、
変えたいイヤなところがあったり、
もっと違う、素敵な自分を実現したいと思っているから、目標ができるんですよね。
今週は、これ、すごくいいと思います。
上の
ヨード
っていう形、ラインナップがすごくて、
水星・金星・土星の3つでできているわけですよ。
そして土星は逆行中。
水星も留。(これはあとで書きます)
つまり、今までのことを振り返って、
「オレはどうもこのあたりがまずい」
とか、
「私はどうもこういうパターンを繰り返しているような気がする」
とか、
そういう自分の中の運命的問題点を抽出し、
「じゃあこういう鍛錬をつむことで、もっとこの悪いパターンをイイ風につかえるようになろう」
という目標が、建設的に意識できるようなるっつーわけですよ。
金星は、自分の中の良いところ、美しいところに自信を持てる星。
水星は、夢と現実の間を埋めるアイデアを作り出す星。
そして、土星は、根性によって計画をちゃくちゃくと実現させる星。
この3つが、現状を変化させるために、運命的に連携するわけですよ。
どうっすか。いいじゃないですか。
今貴方に思いつく事というのは、
すべて、運命の流れに沿ったことだから、
がんばりゃ、ちゃんとかなうべくしてかなう、っつわけですよ。
どうっすか。

で、これだけじゃない、といったのは、
この3つの星の連携に、天王星が関わっている点です。
天王星は、かなり運命的な色彩の強い星で、
だいたい人のちんけな予想とか期待とかは裏切ります。
裏切る、といっても、傷つける、ってことではなくて、
思いがけない展開を運んでくる、ということです。
でもな、思いがけないと言っても、
それは、その人の真実に反することではなくて、
むしろ、その人の意識に上っていないその人の内面奥深くの何事か、を、
ひじょーにビビッドに、現象として浮かび上がらせてしまうという、
なんともはや、穏やかでない機能をもっているのですな。
だから、大変な事態に陥っても、
みんな何となく最後はなっとくするです。
「まあ、しかたないな、そういうことなんだからな」
と。

上記の「ヨード」というかたちは、
実は「膠着状態、身動きとれない状態」
をあらわすとも言われております。
いま置かれている事態ののっぴきならなさと
そののっぴきならない構造には気づくわけですが、
どうにもしようがない、とかね。
あるいは、無我夢中で頑張ってるんだけど、
ぜんぜん運命に振り回されちゃってる、とかね。
でも、この天王星も参加していると言うことで、
打開の目処がつきやすいんです。
それも、通り一遍の打開策ではなくて、
逆転サヨナラホームラン
的な、爆発力の。
あるいは、
目から鱗!
的なクリーンヒット。
あるいは、もっとイレギュラーな、内面的変化だったり、
見えないところからの援助だったり。

つまり、これはどうつかえばいいかというと、
石井ゆかりにもそれはわからんです。
でも無理矢理考えると、たとえば、
うーん、
自分から垣根をつくんないことかもしれませんね。
「どうせここまでしかオレにはむりだ」
とか
「どう考えてもこれ以上はできません」
とか
「このままじゃまずいのは解ってるけど、どうしようもないぜ」
とか。
どうしようもない、という結論をだしてしまうと、
そこ止まりでは、とおもうわけですよ。
みょーな期待をしてしまうのもアレですが、
戦う前から絶望するのも、どうか。
勝負はいつも水物です。
どんなどんでん返しがあるか、わからん。
ですので、
とりあえず、夢を持つ。
そして、そこに向かうための現実的な手だてを考えて、
少しでも前に進めるよう、頑張ろうと思ってみるわけです。
そうすると、
運命の方で、思いがけないブレイクスルーをやってくれて、
逆転一発さよならホームラン。
と、ならないでもないかもよ。

この運気が年頭、特に強力なのは、
各星座の後半の方々なんですが、他の場所でも、
人は10個も星を持っているので、
なにかしらの影響はあるとおもうです。
星座的には、
双子座、蠍座、山羊座、水瓶座。
そして牡牛座・天秤座。
さらには牡羊座。
他の星座でも、この影響、感じられると思うのです。

さて。
留って事は何か、アレか。
そうです、やって参りました水星の逆行です。
もっと早くからいっとけばよかったですね、すみません。
インフルエンザでそれどころでは、、あ、まだ咳が。げほげほ。
でっ、でも、今回の逆行はそれほど長くなくて、
1/4から1/24まで、20日くらいのことになります。
だから、その間に、
練るべき事はねりねりしていると、いいかもしれないっす。
山羊座・牡牛座・乙女座は、
これは喜んだ方がいいっすよ。
だって、今ここで水星がまっててくれるからさ、
バレンタインデー前1週間くらい、
水星と金星が山羊座にいっしょにいることになってさ、
パワーが増すんだもんね。
水星の逆行中は、筋トレユーザ様はご存じの通り、
新しいことのスタート、
新たな契約、
キック・オフ
は差し控えた方がよろしいようです。
でも、べつに、破壊的なことが起こる
とかいうのではなく、
実質的なスタートダッシュに遅れが出る、ということのようです。
やり直しが入るとかね。
だから、なにかを見直したり、やり直したり、
考え直したりするのには、逆に、向いている時期なんです。
この逆行は、山羊座の後半から中盤で起こるので、
山羊座はもとより
乙女座・牡牛座、
蟹座、天秤座、牡羊座などにそれぞれ影響がクリティカルとなるでしょう。
他の星座でも、中盤以降の方々は、
いろいろゆりもどしがありそうですね。

さて。
今週はもう一つ、イベントがございます。
それは、1/3に起こる、山羊座の新月。
新月でなにがおこるのか。
それは石井ゆかりにもよくはわかんないのですが、
なにかの
きっかけ
がおこりやすいような気がします。
一見何気ない状況の推移のようでも、
おもいがけない展開のタネをはらんでいることってありますね。
たとえば、
恋人とのアポイントがあったのに、
急に家族が倒れた、とか。
このとき、

A:別に自分がそばにいても家族の状態が回復するわけではないので、
 ほかの家族にまかせて出かける
B:やはり家族が倒れたときはそばにいたいもの。
 恋人のことはその気持ちを信じて、素直に状況を説明し、アポを延期してもらう

の2選択肢がかんがえられますな。
どっちにするかはその人次第、なんだけども、
自分の中に
ムリがあったり、ウソがあったり、弱さがあったり、
いろんなことで答えは左右されます。
このとき、より自分に「合った」「誠実な、正しい」こたえを選ぶことで、
事態は好転したり、するのですな。
自分の中に矛盾やウソがあると、
同じように自分の中にあるなにかが、自分に復習、いや復讐してくるのですな。
おそろしいことじゃ。
太陽は自分の意識に上っている考え、意志。
月は自分の意識に上って来にくい、感情や気持ち。
新月の時、これが同じ場所に重なるんですね。
だから、いつもは気づいていない自分の奥底の何かが、
目に見える行動や考えとつながって、
なにか真実の出来事がおこりやすい、ってことかもしれないですね。

この影響が強いのは、
各星座の前半の方々です。
山羊座はもちろん、蟹座、天秤座、牡羊座。
そして乙女座と牡牛座はなにかさっぱりすることがあるかも。
この2星座には、このくりっとしたきっかけ、
すごく支援的です。
他の星座でも、このさくっとした整理のきっかけは、
年頭の気持ちの切り替えに、うまーく使えそうな気がします。

さあ、週報12星座お休みの罪悪感も手伝って、
いつもよりたくさん回したような気がしますが、
いかがでしたでしょうか。
今年は各星座とも、
たくさんの大きな流れの変化があるはずなんです。
土星と天王星の星座またぎがあるからなあ。
でも、土星と天王星、
120度っていう調和的な角度にあるんですよね。
だから、長期的につづけていくことと、
大きな変化を生むことが、
たがいにうまく影響し合って、
自分を作り替えたい人には大役立ちなはずなんです。
みんな、自分の人生は自分でつくりあげたいものですよね。
そして、人生は、実は日々の生活でなりたっているもの。
土星は日々の生活をちゃくちゃくと、
天王星は長いスパンで見た人生のダイナミックな動きを
それぞれ作り出すモノなんですよね。
だからさー、
2003年は、すごくおおきな年になる!
そんな気がして仕方がありません。

2002年中、ホントに皆様には、
すげーくおせわになりました。
10万ヒット達成していただき。
風邪をひいたと言えばげんきづけてもらい。
ひっこしだといえば、しゅうほうをまってもらい。
CDだといえば、きいてもらい。
帽子にはたくさんのカンパを頂き。
掲示板でもメールでも、
すごくいっぱい、素敵なメッセージを頂きました。
変な営業の書き込みとか、嫌がらせとかもなく。
(少なくとも石井ゆかりの目にはとまらず。)
占いのネタとなる体験談をたくさんたくさんいただき。
いや、もう、なんとも恵まれたサイトオーナーです。私。
なかなかないよな。こんなの。
皆様には、なんぼ祈っても祈り足りないです。
こころから、ほんっとうに、ありがとうございます。
ほんとうに嬉しいです。
これからも、真の開運サイト目指して、みなさんの幸福を祈り続けます。

2002年、私は3つの会社ではたらき、
数え切れないほどの会社の面接を受け、
いくつかの媒体に原稿を書き、
引越をし、髪型を2回かえ、
ごたごたし、かぜもひき、
精神的にもなんどもやられかけつつ、
しかしなんとかもちこたえました。
で、2003年。
石井ゆかりも、またいろんな事があると思いますが、
怖がっててもしょうがないし、
また満身創痍でぶつかっていきたいとおもっております。
そんななかでも、
できるだけこのサイト、大事に続けていきたいと思ってますです。
ので、今後とも、
どうぞどうぞよろしくお願いしますね。



星占いのtopをねらえ。

topをねらえ。

if you want to say anything to:::iyukari@st.sakura.ne.jp