2003/8/18〜2003/10/19の空模様

その週の星の運行状況や、全般的な運気の流れについて、石井ゆかりが散漫に書き殴ったものです。
ちなみに、「今週」と言っているのは、ほんとの今週でなく、タイトル部にある週のことです。


星座の3区分>>
ログメニュー>>

2003/10/13〜2003/10/19のホロスコープ

こんにちは、石井ゆかりです。
連休、何となくすっきりしないお天気ですね。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。
石井ゆかりは先週鼻風邪をひきこみまして、
鼻のアタマの皮もひとかわむけて、
やっと占いに専念できそうな勢いのようなそうでもないような。
いや、がんばります。鋭意。鋭意。

で、今週はダラも少な目に、
空模様行ってみましょう。

まず、金星と火星の120度がありますね。
魚座の火星・蠍座の金星。
何ともエロティックと言うか、情熱的な印象です。
120度というのは、ご存じの通り
調和の角度
といわれ、一般には幸運をもたらすと言われております。
あんまり人を傷つけるようなことはしない角度なんですが、
邪悪な行為をたくらんであとあとの地雷を作るひとたちをも、
優しく見守ってくれちゃうところがあるので要注意、という説もあり。
特に、金星は
好きなこと、たのしいこと、らくちんなこと
火星は
燃えること、欲求すること、つきすすむこと
ですので、
悪意を持っているとなんだかやばげですね。
気をつけたいモノです。
蠍座も魚座も水の星座で、
はっきり言って自制心あんまりナシ。
情がわき起こりますと、
怒りだろうが愛情だろうが快楽だろうが正義感だろうが、
鉄砲水のように流れ出して、誰にもとめられません。
感情
って、一般にはあんまりいいもんだとおもわれていないのですが、
水がなければ生き物は生きられない
というのと同様、
感情は肉体にとっての痛みみたいなもので、
これがないと人間、死んでしまうらしいです。
そういう、元来のパワーを持ったモノが力を得るわけなので、
告白したりされたり一線を越えたり
あるいは、気に入らないやつに
気にいらーん!
と言ってみたり、
現実は多彩になりそうですね。
さらに言えば、金星は週末に木星と60度で、
もっとお気楽度が加速するのです。
ラクをしても、なまけても、自分にうそついても、
今週はたのしいし、いたくもかゆくもないでしょう。
だから石井ゆかりとしてはことさらに、
今週は恋愛運絶好調です
とはいわないでおこう。
自分の妄想とかいちばん気楽な場所とかに安住できる分、
ちょっとストイックな心も忘れずにご携帯ください。
とかいっとこう。

などというのは、老婆心かもしれないんですね、しかし。
なぜなら、今週の水星のカタチが実にそれこそ
ストイック
だからです。
土星と水星が90度をくむのですが、
これは実に、厳しくまじめな、教師のような印象の配置です。
おまえそれでほんとにいいんかい
という力が働く感じがします。
本音をといただし、甘えっ子な部分をびしっとさせてくれるような、
そんな感じがいたしますね。
プロセスとしては、だから、
情熱と才能のままに作品をまず作り上げ、
それをあとから、理性とこだわりを最大限に生かして、
修正し推敲して、無駄な部分やツメの甘い部分をとぎすましていく
みたいなことかもしれません。

一方。
これは今週限定、とかではないんですが、
土星と木星と海王星のあいだに、
ヨード
というカタチができつつあります。
ヨード。
ここでも過去に何度か触れているとおもうのですが、
「神の手に縛られたような」
と表現される、
にっちもさっちもいかないというか、
自分の意志では変化させにくいような、運命のようなこと
を扱うと言われております。
海王星は水瓶座、広い境目のない斬新な公平さ、イメージ
土星は蟹座、自分の居場所についての内省、調整、構築
木星は乙女座、人間関係についての分析的アプローチ、認識の広がり
をそれぞれ扱うかな、などとおもいます。
これはどんなことになるかというと
なかなかイメージするのが難しいのですが、
ポジティブに使うなら、
神経質に緊張してしまう対人関係においての自分の態度を
もっと広くリラックスした、現実に沿ったカタチに作り替えられたりしますが、
ネガティブにはたらくと、
領界侵犯に対する訳のわからない疑心暗鬼と過剰防衛
とかになってしまうかなーなんておもいます。
たとえば、
ステージにあがって妙に緊張して、
大仰になったり必要以上に萎縮したりしている人を見ると、
なんとなくこっちも恥ずかしい気持ちになって、
もっとふつうにしてればいいのに、自意識過剰だなアイツ
っておもうこと、ないでしょうか。
そんな自意識過剰なやつになるか、
そんな自意識の過剰さを解消できるか、
どちらかに使える
ってことかもしれませんね。
自分と他人のポジションについて、
認識のダムが少し決壊するようなイメージ
とでももうしましょうか。
ああー、わけわからん。
自分で読んでも。爆。

火星、まだまだ大きいんですねえ。
先日、満月と火星をまた、みてしまいました。
うっすらと雲がかかっていたのですが、
それをつきぬけて、光はちゃんと届きました。
自分で心から納得できるねがいをもっている、というのは、
けっこう難しいことかもな、となんとなくおもいました。
へんな願い、みょーな執着、
そんなもんにまみれて生きているのかも、自分。
星や月をみて、
おもいっきりきもちよく心からなにかを願えたらいいな、なんて、
しんみりしちゃった先週でした。
みなさんは、いかがでしょうか。
正々堂々と短冊に書けるねがいごと、
心にあるって、いいことっすね。

今週はそんな感じです。



2003/10/6〜2003/10/12のホロスコープ

こんにちは、石井ゆかりです。
うっかりしている間に、もう年末も視野に入って来る時期ですね。
みなさまいかがお過ごしですか。
私は、状況の激しい嵐のなかでも、
だんだん根性座ってまいりました。
これを機会に、是非、あの大和撫子の美質の神髄といわれる
シンの強さ
を手に入れたいと、鋭意奮闘中です。
まず、それはいったいなんなのか。(そこからはじめるのかい)
いや、でも、少しずつわかってきた気がするし、
具体的変化も出てきたみたいですのよ(うふふ)
芯の強さ。
くさかんむりに心。
雑草のごとく、
望まれようがそうでなかろうが、堂々と肯定的に生きる。
抜かれたら、すぼっと抜ける。
踏まれたら、へこたれる。
でも、ほかの場所に種をとばしたり根を張ったりして、
またそこで生きる。
定期的にちゃんと自分なりの花を咲かせる。
どうです。
いいなあっ。
。。。この心得に基づき、
ひとまず、週報やってます(爆)

さて、そんなわけで、今週の空模様です。
今週は、2つばかり衝撃的なことがあります。
まずひとつは、満月です。
牡羊座で満月が起こるのです。
かつて体育の日であった10月10日ですが、
現在は違いますね。
余談ですが、私は運動会が
大嫌い
でした。関係ないですね。
今回の満月は、2つの星とリンクしています。
ひとつは、冥王星です。
冥王星は、破壊とそのあとの再生を司る星といわれています。
その星が、「誕生」の意味をもつ牡羊座の満月と120度。
失ったものは戻ってこないかもしれませんが、
私たちは新しいものを焦土の中から作り上げることができる生き物です。
壊れたガラスでも、また溶かして新たな瓶にすることができます。
傷つききった心でも、
痛みの中から何かとりだしてまた新しい、
以前よりもっと深く美しい愛情を育てることができます。
満月はある出来事について、
一つの経過地点としての「結果」を示すものではないかとおもうんです。
そういう意味では、
何がなくなって何を生み出すべきか
何が終わって何を始めるべきか
何が死んで、何が生まれるか
という一つの、現段階での結論が出ると言うことかもしれません。
この満月に力を与えているのは、もちろん天秤座の太陽なわけですが、
パートナーシップ
に再編と深化を加えるには、
もってこいのマイルストーンなのかも。
自分と誰かがいてこその世界であり、歴史なんだなあ、っておもいますし、
今週の満月は、そのへんにとてもプリミティブな激しさを持っているように見えます。

で。
もう一つのリンクともうしますのは、
土星です。
土星というと毛嫌いする向きもありますが、
まあそうおっしゃらず。
今回の満月と土星を結びつけてうまく有効活用するには、
やはり、
あたらしい仕事を始めるってことじゃないかと思います。
仕事
というのは、文字通りビジネスでもいいのですが、
もっと精神的なことを考えています。
もっといい人間になりたい!
って、みんな少しはおもっているものですよね。
それこそ、石井ゆかりの「芯の強い女願望」みたいにさ。
そういうなにかをスタートさせるには、
うってつけ
な満月だといえるでしょう。
居場所のことも、ちょっとみなおしてみるといいですね。
時期が少し違いますが、
最近運気が今ひとつ
というヒトは、
でっかいタンスでも買い込んで、
盛大に模様替えと所有物の整理・リストラをしてみては。
これはたぶん、てきめんに効きます。
たぶんきっと。おそらく。(逃)

ちょうどこれとほぼタイミングを同じくしまして、
金星が蠍座に移動します。
このサインまたぎ、
今回はかなり強烈です。
愛情関係に、一大イベントが巻き起こりそうな感じがするのです。
大変動。
それというのも、
火星と天王星が、現在水瓶座と魚座のちょうど境目あたりにいるからなんです。
金星がこのたび通過しようとしているポイントは、
この火星と天王星に120度の位置なのです。
120度は、調和的でソフトな、扱いやすい、追い風の角度といわれていますが、
なにせ参加している星が激しい。
天王星は変革・革命の星
火星は情熱・戦いの星
なわけです。
突発的な出会いとか、いきなり火がつく心とか、
そういうイメージがあります。
あるいは、
相手のことが全く違うイメージで見えてきて、
ばっと燃えてくる、とかね。
カップルでもフリーでも、
何かがスタートする感じ、おおいにあります。
これが上記満月のタイミングと連動しているので、
なんかすっごい、
ヒット感アリアリ
じゃーございませんか。
あおるわけではないけれど、
いまドツボ中の方、
今週は期待しながらたのしく安心して日々過ごし、
万が一何もなかったら、
来週あらためてがっくりしてください。
今週は、陰気な気持ちで過ごすには、
ちょっともったいないような気がするんです。
運には呼び水ということがございまして、
にこにこ元気にしているヒトの方が、
幸運も入って来やすい、もののようです。
だってそうでしょう、
だれもお客さんのいないお店って、入りにくくないですか。

石井ゆかりの12星座占い、
恋愛運なのか仕事運なのか人間関係運なのか
というおといあわせ、よくあります。
掲示板カキコもいただきましたように、
(真夜中のカウガールさん、唐菓子さん、多謝!)
好きに読む
というのが一番だと思います。
石井ゆかりとしては、
何運にでもあてはまる可能性はアリアリ
と思って書いているフシがあり。
ヒトによって違うだろう
というのが正直な意見です。
同じ牡牛座でも、いろんな状況の方がいて、
いろんな出生図なわけですよね。
そのなかで、
こんな雰囲気の性質を持った何かが起こったり起こらなかったり
という感じで、書かせていただいております。
タロットカードを読むとき、
「インスピレーションで読め」
という言い方がありますが、
それとちょっと似てますね。
。。。。イイカゲンでスマン。

今週はそんな感じです。




2003/9/29〜2003/10/5のホロスコープ

あらためましてこんにちは、石井ゆかりです。
北海道方面の方々、地震、すごくたいへんでしたよね、、、
日本は地震の国、
いつどこで起こるかもわからないのだ!
と、再認識させられる今日この頃。

さて。
しめっぽい前置きの後で今週の空模様です。
なんだか、ちゃかちゃかしちゃってるこのところ。
人の言葉にどうもセンシティブかも。
憶測や想像の翼が、人の心や行動を覆っている感じもしたりして。
ほんとはべっつに、
たいしたことじゃないんだけどなあ。。。なんてね。
こわがっているチワワとパピヨンが
ぷるぷる震えながら白目をはみ出して耳伏せて吠え合っている感じだったら、
ちょっと後で思い出すと自分で笑っちゃうかも^^)

たくさんの「気がついたこと」が
「判断」にむすびつくのですが、
そのあとの「行動」となると、
ちょっとまてよ
になってしまう感じもします。
逆にそういう流れであれば、
いま焦ってゴリゴリ動こうとすることもないのかも知れませんが、
ちょっとしたタイミングに
こうね
って整理するアクションをかましておくと、
思ったより全体がスムーズに流れるのかも。
最初は整然と走り出したマラソンでも、
途中はぐちゃぐちゃと混戦します。
競馬のゲートはきちんと枠がきりはなれていますが、
最後ゴールするときはごたまぜです。
だからとちゅうで、かけひきというか、意思表示して、
おれはここをいくぞ
と、自分のコースをつくるわけですよね。
そんな発信に、縁がありそうな気配です。

今週、魚座の火星が順行にうつります。
逆行になったのは7月のことですから、
それからなんとなく、モタモタ感があったかもしれません。
なにかの予感がするのに、
うすうすわかっているのに、
なんとなく澱んだ空気の中で足踏み
だったことがあれば、今週以降年末までのあいだに、
どーん
って前に進むことがあるかも知れません。
言ってみれば、今年全体がなにかの境目みたいな年なので、
ちいさなスパンではころころゆきつもどりつ
かもしれませんけれど、
後で思い返すと、
あの年は大きくハンドルを切ったなあ
っていう印象を持つ方、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
そういう意味でいきますと、
今週はかなり前へ向かうプッシュがつよいです。
今週劇的なことが起こらなくても、
なんかこう、区切りだったなあ、みたいな。

魚座は、なにかを信じる星座です。
でも、疑う星座でもあります。
信じることと疑うことは、結構にているんです。
疑っている状態って、
誰かが何か言ったり、信用させようとしたりしているのとは逆のなにかを
信じている
ということですもんね。

信じる
ということ、
よく考えると、なかなか面白いとおもいます。
目の前に具体的に見えてさわれるものならば、
わざわざ信じるとか疑うとかいう必要はないですよね。
目に見えないモノだからこそ、
信じるかどうか
が問題になる。
あるひとにとっては真実でも、
ほかのひとにとってはウソかもしれない。
目には見えない、手では触れない、
だれにとっても同じそのものであるとはかぎらない。
でも、
そこにあるかもしれないもの。

魚座の機能は、
過去と未来
自分と他者
のような、さまざまな枠を乗り越える力をあたえます。
距離を埋めるもの。
隔たりを透過するもの。
社会や認識という理性の世界は、物事を取り扱いやすいように切り分ける論理で成立しますが、
魚座はこれにさからい、へだてをとりはらって超越しようとします。

こういう場所にいる火星。
どんなふうにつかえるか、とっても面白いと思いませんか。
などと。
魚座の火星らしく、今週は具体性に乏しい週報ですみません。


あ、掲示板カキコ、みなさんいつもありがとうございます。
元気づけていただいてるのに、
最近はかばかしくレスできなくて、すごく心苦しいです。ごめんね。
早く来年の占いを!とか、
週報の更新を早めに!とか、
たいして当たらない占いなのに楽しみにして下さって、とってもうれしいです^^)
ありがとうございます。

いちおう、最近こちらを発見して下さったのユーザ様には、
石井ゆかりってなにか、っちゅーのを、ちょっとカミングアウトしますね。
まず、石井ゆかりは、「プロの占い師」ではないです。
平日昼間は、普通に会社に出勤して、ぜんぜん占いとは関係ないお仕事をしております。
あと、家族のこととか最近いろいろ、入院とかありまして、身辺ゴタゴタしております。
個人占いは、一応カンパ制でやってますが、
有料、とはちょっとちがいます(払いたくなきゃ払わなくてもイイので)。
というわけで、つまり、たんなる貧弱な個人の趣味のサイトです。。^^;)
余裕があるときは、ジョナサンより早い更新したこともありますし、
どうしてもダメな時は、フィッツウオルターさんなしで1週間休む時もあります。
ご期待に添えないことが多いのはまことにもうしわけないのですが、
時間的にもマジックポイント的にも、カツカツギリギリにやっております。
年間占いも、あれはパワー食うので、いまから考えるとちょっと、
今年やれるのか?自分
みたいな不安を感じますが、多分やるでしょう。きっと。
でもそういえばあれは毎年、
お世話になったお礼のお歳暮+お年始としてメルマガユーザ様に限定告知して、
年明けしばらくしてから一般公開(笑)なので、
年内に来年分公開ってのは、ないんじゃないかと、、、、
年末忙しくなければイケルかもしれませんが、
年末ってのは、あれだ、忙しいもんなんだよね、毎年。。。
等々。ほんと、勝手なオーナーで、すみません。

今週はそんな感じです(どんなだ)。



2003/9/22〜2003/9/28のホロスコープ

こんにちは、石井ゆかりです。
先週の凹みコメントに、みなさんあたたかい書き込み&メール、
ほんとにありがとうございました(涙)
うれしかったです。
別にマスメディアじゃないので、
私はここでグチを書いたって、
いいのだよ
とおもったり(おもわなかったり)。
その仕返しに、みなさんもどんどん掲示板でグチって下さいね(爆)

しかし、台風きてますねー。
石井ゆかりの心の中もなんか台風吹き荒れ気味(涙)
でもしょうがない、
生きてるといろんなことがある。
今友達に電話したら、
みんなそやって泣きながらやってんだよ
といわれてしまいました(TーT)
だよね。それがただしい。なんかちょっと、すくわれた。
というわけで、気を取り直していってまいりましょー。

まず第1期と第3期(またがる)。
まずは新月があります。26日、天秤座。
この新月、火星・天王星と150度あたりの位置で起こります。
150度というのは、2つのまったく違ったもののあいだで
お互いを少しずつ変えたり、なにか予定外の要素を加味したりして
落としどころを探る角度、だと思います。
でも、これはなんというか、
お互いがガマンした末の妥協
ってのとは、すこしちがうかなーともおもうんですよ。
go for it!
という歌がむかしありましたが(ドリカムだっけね)
♪なにもかもまるでちがうふたり
想像もつかない毎日が送れるとおもわない?
(Fさんネタさんきゅ)
などと。
「落としどころ」などという消去法ではなく、
もっと前向きに、クリエイティブに考えるわけですね。
異なった2要素は、違ってるんだからそのまんまするっと解り合うわけにはゆかない。
でも、
そんなに違っているもの同士の接触というのは、
にたよなモノの接触よりも、実はもっとナカミが深いのではなかろーか
というのが、150度の思想ではないでしょうか。
違ってる
それだけで済まなくて、
なにかこう、想像もつかないことがあるんではなかろうか。
アウフヘーベン
するのではなかろうか。
アウフヘーベン。
なんか自分で今思いついたのにおどろいてしまった(汗)
えっとほんとはどんな意味だっけ
などとおもっておもわずしらべちゃいました(笑)
>三省堂提供「大辞林 第二版」
>あるものをそのものとしては否定するが、
>契機として保存し、より高い段階で生かすこと。
>矛盾する諸要素を、対立と闘争の過程を通じて発展的に統一すること。
。。。
つまり
「あるがままでは単純にぶつかるんだけど、
とりあえずなんか役に立つかもしんないから捨てずにとっといたら、
なんかオドロキの展開でミョーにうまくいくようになること。
すったもんだしてるうちに何だか不思議な具合にうまくいくようになること。」
ってことか。
私とカレはあわないから別れる
なんつのは、ちょっと短絡的過ぎるぞ
というハナシ。かどうか。わかんないですすみませんヘーゲル先生。

天秤座と魚座は、ものすごく違っている星座です。
天秤座は、モノ同士を区別して選択したり組み合わせたり並べたり判断したりする星座です。
魚座は、モノの組成を解体して同化させてしまうような溶媒の役割をもつ星座です。
お互いにとってお互いの構造は、どこかナンセンス。
でも、どちらの機能も、世界にとっては歴然と必要なしくみであるわけです。
この2つが巡り会ったときに起こること。
うーん、気になりますね。

次、第2期です。
これは2期と1期の間アタリで起こるのですが、
金星と海王星が120度を組みます。
とてもロマンティックな、ふんわりした角度です。
スタイリッシュで新しいことに関係の深い角度でして、
音楽や映像にも縁が出やすいです。
水瓶座の海王星は、
手で触れない観念のようなモノが、
何かのメディアを通して見えるようになる
という印象があります。
それはたとえば、ネットで星占い!みたいなことにも
ちょっと通じるわけですが(^^;
今週はそこへ、「愛情」そして「審美眼」が参加します。
とはいえ、そういや、愛情自体、目には見えないモノですね。
それがなにかのかたちで、
目に見えるようになるとしたら、
すっごくワクワクしますね。
それがロマンティックということなのでしょうか。。。

あと、水星と冥王星が90度。
キックに満ちた配置です。
水星はコミュニケーション、言葉、そして移動を扱う星です。
乙女座と射手座の間で起こるこの配置、
とぎすまされた分析力と破壊的抽象力が組みあわさるわけで、
知のパワーをびしびし感じます。
長きに渡り連綿と受け継がれた慣習的方法論に終止符をうち、
新しい思考法に方向転換するようなことがあるかもしれません。
冥王星は、なにごとかのパターンを
根本的に
変えてしまう力を持つ星のようです。
根本的に変える、ということは、
その時点まで生きていた価値を殺す、
それまでは価値があったモノがそれ以降価値を持たなくなる
ということです。
その時点までの金持ちは猛反対しますし、
その時点までの貧乏人は強硬に押し進めようとします。
焼き払われる草があり、新たに植えられる種があるわけです。
今週、そんなだいそれた出来事があるかどうかはわかんないのですが、
小さくても、ちょっとした破壊と再生、
あるかもしれませんね。

しんどいときでも、
みんな仕事してるんだよね。
ひとりぼっちでも、ちゃんと生活してる。
泣きまくっても、でもそれでも、いきていく。
ガスレンジ磨いて、ベッドをなおして、ゴミを出して、生きている。
食欲でてきたらごはんもたべ、金魚にも餌をやり。
シアワセって、そういうところから、いつの日か、出てくるんだろうなあ。。

今週はそんな感じです。




2003/9/15〜2003/9/21のホロスコープ

こんにちは、石井ゆかりです。
フェーン現象で大変暑いですね
風が強くて、天気が良くても外に洗濯物を干せないので、
なんかもどかしいです。
もったいないというかなんというか。
指をくわえてみている感じ。
(以下ひとりごと。気にしないでね。)

実は今、石井ゆかり、ちょっと凹んでます。。。
うーん。。占いって何だろう。とか。
信じてるかというと、そうでもないとおもってたんだけど、
けっこう信じちゃってるような言動多いよな、自分。とか。
個人占いってなんだろう、とか。
フツウに考えれば、
人格者にはほど遠い自分が、
あるはずもなかった災厄を新たにひきおこすこと、
いくらでもあるわけなんですよね。
それは、できるだけ、いい人間になりたいとはおもってるんだけど、
やきもちやきですぐ自信過剰で負けず嫌いで傲慢な自分、って、
なんかそう、一朝一夕になおるもんじゃないしさ。。。
ある程度そういうことに自信がもてるまで、
個人占いって、やっぱ、やっちゃいけないのかなあ、とかさ。。。
でも、それじゃ、一生できないかも。
ま、できなくたって、だれもこまんないんだけど。
-_-)。。。。
(あ、もちろん、今ご依頼いただいてる方々の分は、
力不足なりにも悩みながらも頑張ってやります!それはだいじょぶっす!)
週報も今週はちょっと、お休みしようかとおもったりもしたんだけど、
でも、なんというか、
そういえば石井ゆかりがまったく勝手にやってることなので、
とりあえず今週は、つづけよう。
とおもって、なんかわかんないけど、今週もこんにちはです。
あー。
週報でグチってどうする。すみません。
せめて、めいっぱいマジメに考えよう。


で。そんななか、今週の空模様ですとか言っている自分もどうかとおもいつつ。
今週はですね、天王星と火星がものすごく近づきます。
そしてさらに、この天王星が、
水瓶座にちょっとのあいだ、戻ります。
また魚座に入るのは、なんと大晦日なんですね。
来年のお正月って、そういうわけで、
とっても「始まり!」感の強いタイミングになりそうなんですよね。
おお。鬼がわらってしまう。
ともあれ今週。
木星と火星と天王星の作り出していた鉄火なつっぱりは、
木星が徐々に移動することですこし、ゆるんできております。
先週まではバクハツとか連れ去りとか火事とか、いろんなことがありましたけど、
今週はどうでしょう、すこし甘くなってくる感じがします。

一方で、天王星と火星はぴったり密着し、
そこへ金星が150度するのです。
これはなんというか、
愛情関係に思いがけない変化が起こる
という風に読めます。
通り一遍な感じは、すくなくとも、無いです。
なにか意外なことがあるような感じ。
思っても見なかった人にアプローチされるとか、
あきらめきっていたことに光明が見えるとか。
それに、このラインナップ、ちょっと、というかかなり、
セクシーです。
露出系のセクシーじゃなく、なんというか、こう、
喪服を着ている女性が美しい
的セクシー。
社会性を帯びたセクシー。
おっぱいおっきければいいってもんじゃないぞセクシー。
炸裂させてみたいものです。

一方で、ちょっと不安なのが海王星-土星-水星のヨード。
ヨードというのは、出生図では、
運命の手にとらわれたような
と表現されるごとく、なにか軽々に逃げたり出来ないような人生のテーマを表すと言われます。
いくつかの異なった要件要素の中で悩み、
そのなやみのなかから大きな仕事や新しい意味、いきていく理屈を生み出す、
葛藤のカタチなんですね。
でも、葛藤の分、葛藤しきった末には、そのリターンも大きいと言われます。
ともあれ、これは出生図での話。
問題は今週の配置です。
土星は蟹座にあり、水星は乙女座で逆行し、
海王星は水瓶座。
なんか、居場所とか現実感覚とかが、
電波で揺さぶられるような感じがします。
揺さぶられる。
うーむ。
落ちてきそうなものは、
とりあえず平らなところへおろしておいたほうがいいかしら(汗)

そうそう、ハナシが前後しますが、
12星座占いの天秤座のページに書きましたとおり、
今週、金星が天秤座入りするのです。
天秤座は牡牛座同様、金星の「自宅」です。
だから、金星の力が強くなり、
だれかとの関係をきちんと楽しむ
ことがクローズアップされます。
「恋人」だの「結婚」だのという社会的なラベルはさておき、
すくなくともお互いの間で
こういう関係でいようね!
っていうコンセンサスがないと、なかなか安心してつきあいをたのしめない
ということ、ありますよね。
お互いの温度差というか、立場の定義付けがどの程度違うか、
あるいは一致しているかがわかっていないと、
どんな態度とっていいかわかんない
ってので悩ましいです。
天秤座の金星は、そういうのを調整して、
こういうふうでいこうね!
って整理し、コンセンサスを作る力があるのではないかとおもいます。

来週明けに水星が順行にうつります。
ので、今は「留」、とまったみたいに見える時期にあたります。
逆行効果はすでにこの留の段階で薄れてくるようなかんじがあるのですが、
いかがでしょうか。
そういえば、今は水星も火星も逆行中なのですが、
連れ去られた女の子2人、帰ってきましたね。よかったですよね。
水星の逆行中、或いは金星や火星の逆行中に
なくした
ものって、返ってくることが多いと言われています。
すごくちなみに、ですが、新潟の監禁事件のときは、
拉致当時、水星は順行でしたが、火星が逆行中でした。
関係があるのかないのかどうかわかりませんが。

全体に、150度な感じです、今週。
150度って、
なにかとなにかの徹底的なちがいのなかで葛藤する
角度なんですね。
蟹座と水瓶座。
乙女座と水瓶座。
魚座と天秤座。
うーん。似てないわけなのですよ。
でも、そこに結びつきが生じる。
それは、自分にないものへのあこがれとかなのかもしれませんし、
自分のなかの特徴とか、変化させるべきこととかへの、
洞察のきっかけなのかも知れません。

今週は、そんな感じです。




2003/9/8〜2003/9/14のホロスコープ

こんにちは。
なんかイキナリ涼しいですね。
うーん、いいなあ、すごしやすいなあ。
とーとつですが、今朝、洗濯機カビキラーをかけたんです。
。。。。
洗濯機の前でじっと水をみつめ
ムヒョー(レコ大)
とつぶやいてしまいます。つぶやきつづけてしまいます。
すごいよマサルさん。っていうか、カビキラー。

先週「キケン」って書きましたが、
いやー、ビッグサンダーマウンテンは脱線するわ、
タンクは燃えるわ、爆弾はあちこちで爆発しまくるわ、大変な週でした。。。
しかし脅かすわけではないのですが、
火星・天王星・木星ラインは今週も健在。
さらに脅かすわけではないのですが、
今週は魚座で満月が連動。
いやはや。
もう、なにがなにやら。あぶねー。

というわけでちょっとタイムアップ。
ここの続きは、今晩か明日の朝やりますー。
ひとまず、12星座占いをお楽しみ(ごたいくつ)いただけましたら
うれしいっす(涙)

-------

さて、週もあけましておめでとうございます。
引き続き、すずしいー(にっこり)
そういえば、大反響を頂きました(?)石井ゆかりダイエット計画。
どうなったかともうしますと、
体重は、ハッキリ言って

かわってない(爆沈)

でも、なぜかですね、ジーンズが、
ゆるくなったー!!!!/(>o<)/バンザーイ
あきらかにゆるくなったのです、
ぱっつぱつだったのが、さらさらーん。
というか、ぶっちゃけ、靴のカカトで踏んじゃうようになりました。裾を。
つまり、今まではお尻とモモ肉でつっぱってたため、
そこで「ヒップハンガー」になってたのですね。
この状態で適性丈だったのですが、
その「ハング」がうしなわれた結果、
ジーンズちゃんは地球の重力に従って素直に下方に
ずりおちた(祝祭)
と。
というわけで、体重が減らない(体脂肪率もノー変化)ことを訝りつつも、
今週もダイエット計画続行(予定)。

で。今週の空模様ですね。
上記にもちょっとだけ触れましたとおり、
まだつづいています、
キケンのニオイがする火星・天王星・木星のライン。
事故やケガには十分注意が必要だと思います。
更に言えば、今週は水星と冥王星が90度を組むところへ、
満月がびしっと角度をつくっちゃうような
ちょっと激しい週でもあります。
冥王星は、なにかを焼き尽くすような力があるのです。
今週、焼き畑農業のごとく「焼き払われる」なにかがあるかも。
どういう意味か。
つまり、データはバックアップして下さい。
失いたくないものは、とりあえず退避。
焼き払われるのは、基本的には不要物であることがおおいです。
それも、
その人にとって不必要だったり邪魔だったりするにもかかわらず、
なぜか本人の認識がゆがんでいて、
その邪魔モノにしがみついているような場合。
焼き払われます。
でも、焼き払うのには意味があるのです。
一度焦土にしなければ、その後の再生も高度経済成長もありえません。
でも、
孤独や喪失感、こわいですね。
でもね、それをこわがっていると、
一生、今目の前にあるいやなきらいなこまったものとつきあってなきゃいけないわけで、
そんなの、どうよ。
単に焼き払われ、失うのではないのです。
「そのあとのおおいなる再生」
という目的があるのです。
その目的のために、失うという儀式が発生するわけなのだ。

こわい
と思えるものの中には、
重要ななにかがひそんでいることがあるようです。
どうしてそんなに怖いのか。
他人が怖がっているのを見ていると、
おかしくおもえること、ありませんか。
なんでそんなものがコワイの?
貴方に暴力を振るい、さんざん酷い目に遭わせ、
お金を巻き上げてふみつけにして、あげく、
外に女を作って全然貴方のところにかえってなんかこない男と別れるのが、
どうしてそんなに、いやで、コワイの?
そのひとのなかには、それを怖がる理由があるのです。
でも、その理由、本人にはほとんどわかっていないのです。
愛してるの、とか、どうしても別れられないの、とか、
そういう答えしか、でてこない。
コワイものをちゃんと見つめるのは、
おそろしいことです。
自分の「おそれるきもち」と向き合うことは、
かなり勇気が要ります。
それは、夢の中に出てくる怪獣や真っ黒な影のようなものです。
でも、コワイもののなかに、
その人が本当にシアワセになるためにはどうしたらいいか
の解答が、しっかりくみこまれている、らしいのです。
何をうしないたくないのか。
どうして失いたくないのか。
今週、乙女座第2期の場所の太陽を中心に起こる
太陽・水星-冥王星-月
のハデなTスクエアと呼ばれるライン、
どうもそんなことが扱われるのかな、という気もします。

魚座は、精神や目に見えないモノ、信じることを扱うと言われます。
乙女座は、理性です。意識していろいろと考える星座です。
今週の満月、
この2つの星座の間で、光のやりとりがおこなわれるわけです。
短絡的に解釈するなら、
無意識の中のことが意識にひっぱりあげられる
或いは
無意識の中で起こっていることが意識に感知される
などと読めるかも知れません。
不安や悲しみのなかで生きている私たちですが、
その不安や悲しみ、実は自分の体内で製造されているものです。
解放されるためにはどうしたらいいか。
今週の満月、何かのヒントをくれるのかも、っておもいます。

今週、もう一つ起こるのは、
乙女座第3期付近で起こる、水星と金星のかさなりです。
水星は、コミュニケーション・移動・知・言葉。
金星は、愛情・楽しみ・金銭・うつくしいもの。
なんか、たのしそうですね。
このかさなり、ちょっとビミョーなんですけれども、
牡牛座のドラゴンヘッドと120度を作ります。
なんだか、たとえば、イメージとして、
中学校の時の友人と仕事で偶然出逢って、
たのしく会話を重ねているウチに、恋に落ちてしまった
みたいな展開が連想されたりされなかったり。
乙女座の星は、
失敗しないために、状況や相手の人格について、
ほんとうにイヂワルなくらいに責任持って分析し尽くそうとします。
でもね、いったん、裏切りや傷つくコトへの
「恐怖感」
から解放されると、
その分析力は、もっとちがうほうに向けられるんじゃないかとも思うんです。
相手の良いところや才能が、誰よりもよく理解できる。
そして、その理解したところを、
だれよりもしっかりと表現できる。わけです。
もしかしたら、あんまりそうしたいとおもわないかもしれないんですが、
乙女座はすごいおだて上手になれる才能を持っているのかも。
で、魚座とチャネルが開いている今、
相手が乙女座のおだて(とおもえるような冷静な分析)をひとたび信じたなら、
ものすごい、つきぬけるようなエネルギーが生まれるような感じがしてならないのです。

まだまだ明るい火星、また一昨日見てしまいました。
あの赤い色を見ると、
なにかいろんなきっかけが目の前にあって、
そのことを着々と掴まなきゃいけないんだ、とおもいました。
ダイエットも、日々の仕事も、占いも、目標も、
なんか、こう、「生活」なんだよなあ。。

今週はそんな感じです。




2003/9/1〜2003/9/7のホロスコープ

こんにちはー、石井ゆかりです。
今日はなんというか、正味2時間近く歩きっぱなしだったので、
なんかこう、疲れてます。。。ぶふう。
なので、ここは明日やりますね^^;)
こんじょなしでスマン。

----------

うーん、、実は、石井ゆかり、今ダイエットしてるんです。
企画して1週間経って、
わりと決めたことはやれてるんだけど、、、、
痩せない(涙)
なんでだろー??
リクツからいけばカンペキに痩せるはずなんだけどなあ。。。
カロリー計算して、運動量を画期的に増やしたのですが。
月曜と金曜で、体重が変わらない(号泣)
もともと代謝がすごく悪いので、
もうすこし続けないとだめなのかなあ。
ひとまず来週、もっかい頑張ってみます::)
いや、占いと関係なくてスマン。
ん、でも関係なくもないです、
乙女座にいま星が集中してますが、
乙女座は、現状をただしてあるべき姿にしたいとおもう星座だし、
健康やダイエットにも縁が深いからね。
もうずいぶん前からアロマテラピーってはやっているけれど、
今は魚座と乙女座が強調されていて、
特にソウイウコトが流行りそうだなーとおもっていたら、
昨日ふと見たニュース記事
「米軍軍用レトルト食料にニオイをつける」。
つまり、あまりにもまずいので、
戦闘員が戦地でそれを食わないのが問題になっているわけだった。
「車に轢かれた動物の死体のような味がする」
と書かれていた。
(ちなみに一番不人気で「埋葬率」がたかいのが、ハム。
軍人さんはこれを見ると、問答無用にそのへんの地面に埋めてしまうらしい(汗))
ある学者さんによれば、
「コーラのニオイのする豆腐はコーラの味を感じる(すごくいやだ)」
というような実験結果もあるごとく、
ニオイがするしないで、味の感じ方って、ちがいが出るそうなんです。
そこで考え出されたのが、着色ならぬ「着臭」。
ベーグンではそれをやるきだそうな。本気だそうな。
うーん。。でもでも、なんか、そんなの、
やっぱりたべたくないぞ(汗)
ま、たべもののニオイはさておき、
フレグランスなんかは、今の時期、おすすめかもしれませんね。
手強い彼も、鼻からノーサツ。どーん。

で(号泣)
すみません。もう少し先まで書いてたんだけど、
マシンが落ちたToT)

気を取り直して、続きです。
まず第1期。
木星-天王星・火星が直線上に並ぶような感じになります。
魚座で重なった火星と天王星に対し、
乙女座の木星が180度の位置にくるわけですね。
なんだかすごいなあ。。。
というのも、天王星と火星というのが、キケンなのです。
どちらも、なんかこう、社会的なルールや常識の範疇を越えてしまう星なのです。
で、木星ってのは、
なんでも拡張させる星なのです。
木星自身は、わりと社会性とか、大らかさとかあるんですが、
他の星と結びつくと、楽観的になり、肯定的になり、
まあ、いっとく?
ってかんじになることもしばしば。
金星と木星って、星占いの世界では「ベネフィック」っていったりして、
なんかラッキーやハッピーを運んでくれそうな言われ方なんですが、
悪く使うと、怠惰・甘ったれ・イイカゲン・お人好しなどなど。
気軽に連帯保証人のサインをして他人の借財を背負って自分も夜逃げをする
などということにも、金星・木星が大活躍。だったりする。
わるいことばかりってのもないように、
いいことばっかりってのも、やっぱ、ないのよな。
今週は、だから、まず、
キケンに注意。
疑心暗鬼の思いこみによる当てつけ裏切りひねくれひがみ
が、
なにか頭の中をさくっと出てきて、現実にコトを起こしそうな気配があるのです。
自分の弱さにも注意が必要です。
このくらい良いだろう、ばれないだろう、っていうのが、
キケンです。
金魚すくい選手権で「名人」のひとが、
すくいあみを途中でこっそり取り替えていたことが発覚し、
それまでの勝歴を剥奪されて永久に参加禁止になったそうですが、
多分、そのひとだって、迷ったと思うんだよね。
やっちゃイケナイって解ってるけど、
どうしても勝ちたいし、
勝つには、網を途中でとりかえればどうかな、でもそれはルール違反か。。
でも、まあ、ばれないだろう!それ!やっちゃえ!
で、やった、と。
多分ちょっとした弱さや甘えだったと思うんです。
ほんとにちょっとしたきっかけではじめたことが、
えらーい騒ぎになる。
べつに、それでヒトは死んでいないワケなので、
たいしたこっちゃない
といえばそれまでです。
でも、なんかこう、後悔が残るかも知れないよね。
人生、守りにばかり入ってはおもしろくないわけですが、
ルール違反には、それなりの覚悟が必要かも知れません。
ルール違反、たまに、しなきゃいけないこともあります。
でも、それがとがめられたとき、
ちゃんと「ごめん!」っていって(大なり小なり)社会的に傷つくこと、
意識していなければいけません。
その傷を引き受けてでもやりたいことなら、
やはり、やるしかないのかもしれません。
やって後悔することと、やらないで後悔すること。
躊躇するときは、目の前の2タクがこのどちらに属するのかを、
ちゃんと見定める必要があるのかもしれません。
人生一度きり。
どんなに辛い恥をかいてでも、
どんなに誰かを傷つけてでも、
それでもどうしても実現したい瞬間的な「何か」って、ありますか。

第1期は、土星がそろそろちょっと出ていくので、
気持ちがすこし軽くなっているかも知れません。
まあ、またちょっとすると戻って来るんだけどね^^;)
いままでに、今回土星がもたらすことの「気配」は
結構感じ取れたと思います。
6月からここまでの約3ヶ月間、
総括して、どんなことがありましたか。
その前の状況と比べて、
結構大きく様変わりしていることも、あるんじゃないでしょうか。
この状況でこのまま安定して等速直線運動
ではなくて、
この先もう少しメンテナンスが加わりますので、
今ちょっとざっと道を開拓したところで、
もいちど道ならし、ってのも、いいかもね。

次、第2期。
今週は第2期もてんこもりです。
まず、蟹座の土星と乙女座の太陽・金星がそれぞれ追い風な角度を作るのです。
この角度、60度なのですが、
調和の角度ですね。セクスタイル。
星占いでは、おおざっぱに言いますと、
360度の奇数等分がめでたい角度(ソフト)
360度の偶数等分がキケンな角度(ハード)
と言われています(すげーおおざっぱ。鵜呑みにしないように)。
前者は福々しく安定してスムースでときにおっとりしていてイイカゲンです。
後者は緊張感があってとげとげしく摩擦がおおきいけれど強い動機を作り出します。
だから、
偶数等分のときはしばしば「幸運」って書かれるのですが、
これははっきりいって、読み手をナメた書き方です。
「今現在イヤな気持ちにはなりにくい」
っていうのが、この占いで言う「幸運」の正体であって、
漫然としてればぬるま湯状態、何も起こらないからむかつかない
ってだけのことだったりもするワケなんですよね。
まあ、以上はわりと極論なのですが、
今週は、ソフトな角度なのだ。
なにかやればうまくいくけど、なにもやらなきゃ水の泡。
そういう時期のような気がします。
特に、太陽・金星のような、
自分が好きなこととかしたいことと、土星が角度をつくるときって、
その力が無駄になりやすいような気がする。
「好きなことなら何時間でもできる」
「相手のすべてが大スキで愛してる」
って、幻想だったりします。
好きなことの中にも嫌な努力をしなきゃいけないときってあるし、
相手の中の嫌いな部分ともつきあわなきゃいけない。
それを乗り越えたときに、もっといいもんが見えてくる。
土星と太陽・金星のソフトな角度って、
そのことを意識的にやるとき、初めて役に立つ力かなーとおもうわけなのです。

金星は特に、今週おなじ第2期のエリアで、
冥王星と90度を組みます。
愛情関係にホンネが出てくる角度だとおもいます。
ホンネというのは、自分でも解っていないことがおおいのです。
冥王星が扱う「ホンネ」っていうのは、
特にそういう色目が濃厚。
「衝動」「内面の強迫」
みたいな、自分ではどうにもコントロール不能な感じのパワーだったりします。
その力にうながされてやってしまったことについては
「一時の気の迷い」
とか自分でも思って、
なんであんなことしちゃったんだろう、二度ともう絶対しません
とか言うのですが、
実際、またやるのです。
なぜか。
実はそれ、ホンネだからじゃないでしょうか。

で、つぎに第3期。
第3期、今、予感レベルではざわざわ動いてるかなーという気がするのですが、
なかなかもどかしい雰囲気に包まれているかもしれませんね。
水星が乙女座のおわりのほうで逆行中なんです。
でも、今週、この水星が
不思議な角度を作ります。ドラゴンヘッドと120度。
ドラゴンヘッド、
宿命とかこの世での課題とか人間同士の「縁」そのものを扱う点といわれますが、
これが逆行する水星と120度というコトはだよ、直訳すると
別れた彼から手紙が来る
とかね(爆)
まあ、そんな陳腐なことではないかも知れませんが、
人間同士のつながりというのは、
お互いが頭で考えて「こういう位置づけにしましょう」と取り決めたことなんかより、
もっとふくざつでナカミが濃いもののようです。
切れたと思ってもつながってる。
なにかのかたちでは、エネルギーが流れている。
なんだかはわかんないけど。
もちろん、今の時期、
ふと思い出したこと、ふと気づいたこと、
過去にさかのぼる何かのつながりを見つけたら、
自分からメッセージを発信してみるのも、いいかもしれませんね。
ま、なんにもないかもしんないけどな(爆)

今の時期、水星も火星も逆行していて、
元来がこの2つの星はスピードを作る星なので、
何事も前にさくさくと進みにくい感じもします。
それに、乙女座も魚座も、
一度悩み出すと、なかなかとまらないのよね。。
もやもやくちゃくちゃ、牛歩戦術のように、うごかない。
重箱の隅をつつきかえして一日が終わったり終わらなかったり。
まあ、そういうときも、あるわけです。
みんなでせいぜい詳細に分析してみて、
新たな発見を待つのも、面白いかも知れません。
書類の整理とかは、いいっすよ。
なにかなくして不便していたものが出てくるかもよ。

今週はそんな感じです。




2003/8/25〜2003/8/31のホロスコープ

ここは日曜日か月曜日(爆)更新します。
いや、できるだけ日曜日の夜にはやります。やりたいです。
意欲はマンマン。
ひとまず12星座分けをどうぞ。
--------

さてー。すでに月曜日夜(爆)
予定は未定。
みなさん、スローライフ楽しんでますか。
(↑遅くてもイイという意味ではないらしい。誤用。)

さて、今週の空模様ですが、
木星が乙女座入りいたします。
思えば今年3月頃、天王星が魚座入りした後、
けっこういろんな激動に見舞われた方、多かったみたいですよね。
土星が蟹座に入ってすこししてからも、
そういう感じの大イベントを経験された方、いらっしゃったようです。
かくいう石井ゆかりも引っ越ししたり、
他にもイロンナコトがありました。
ここでいう大イベントというのは、
一時的なショックとかアタックとかいうことではなく、
それこそ、引越とか転職とか家族の数の変化とか、
ある長期的な「状態の変化」を含んでいたようです。
過去にも、たとえば3年前、6年前、に、
それぞれそういうこと、あったかも知れません。
今掲示板に、おいおい天秤3期 さんやまゆさんがカキコしてくださってるみたいに、
(レスできてなくてごめんなさい;_;)
ものごとのうごくサイクル、周期、って、あるみたいです。
毎年、から始まって、
2.5年、5-6年、12年、28年、その他諸々。
28年までいくと、人の人生ではどうもよく分からないわけですが、
12年くらいまでは、追える感じ、あります。
うちのユーザ様で小学生とか10代とかはあまりいらっしゃらないとおもうんで、
(さすがに年齢だけはオトナ・石井ゆかりとハナシがあわないもんね^^;)
24歳以上は12年サイクルを2回、やっているわけです。
で。
木星が扱うのは、1年サイクルと12年サイクルなんです。
(太陽も1年サイクルですが、周期は多分、シンクロしないことが多そう)
木星は1つの星座に、
だいたいおおまかに言って、1年滞在します。
昨年夏から今月まで、獅子座にいて、
この月末に乙女座にうつるわけですね。

前回この場所に木星が来たのは、
1991年9月から1992年10月まででした。
この時期、ご自身のなかで、
どんなことが「成長」しましたでしょうか。
この時期に獲得したことや発展したこと、
この8末から来年9月までのあいだに、
不思議なシンクロの仕方で刺激されるかもしれません。
まったく同じできごとが起こる
ということは、人生は螺旋状ですので、多分ありえないですが、
同じ様な問題点が刺激される、とか、
なにかにた側面を持った出来事が起こる、とか、
あのときやりそびれた、やりのこしたことに再度、トライするチャンスが来るとか
そんなこと、あるかもしれませんね。
オイラはどうだったっけな。。。
ん?。。。うわー(汗)
たいへんだー(意味不明)
しかし、ダイエットに成功しました、確かあのとき。
よし。(怪気炎)

今の時期、それこそ、
12年前のあれこれについて思い出してみると良いんです。
なぜなら。
今週以降、水星が逆行します。
9月22日くらいまで逆向きにハシリます。
気合い溜めの時期です。
といっても、過剰に怖がることはないのです。
むしろ、せかされないのですから、安心できる時期とも言えます。
やってみて、なんか同じ様な雰囲気のつまづきがかさなるようなら、
ちょっと小休止すればよいわけです。
オファーの続報がはかばかしくこなくても、
べつにポシャるわけじゃない、おくれるだけ、って思っていて大丈夫なわけです。
今、星が乙女座に集まっているので、
特にあれこれ想像して神経質になりそうで怖いんですが、
乙女座に星が集まったときは、
技術的に、テクニカルにリラックスしなければなりません。
意識的に、意図してリラックス。
アロマでもマッサージでも運動でもなんでもよいです。
あらゆる健康グッズで頭を休ませないと、
自己犠牲というババをひきつづけながら、
進まない事柄の責任をみんな背負っているような顔をして、
世界中のことは全部自分のせいみたいに嘆き続けねばなりません。
電柱が高いのもポストが赤いのもみんなわたしのせいよ
といっているうちはまだいいのですが、
よく考えてみると、そうなったのはみんなあいつのせいだ
ってなっていくと、もう誰もシアワセになれません。
貴方のせいではないのです。
だれのせいでもないのです。
なることはなるように、
ならんことはならんようにしかならんものさ。ケセラセラ。
そう書いてカベに貼っておいてください。
悲しいのは頭の中にそういう物質が流れているからです。
嬉しいのは頭の中にそういう物質が流れているからです。
ながれなければ
べつにどうってことないのかもしれません。
こんなケミカルな考え方も、
乙女座のネガティブなドツボにはまらないためには、けっこう効果あったりして。
世の中、どんな才能も諸刃なのです。
冷静で繊細な乙女座の卓抜した発想力・分析力・処理能力を十全に発揮させるには、
疑心暗鬼ドツボスパイラルあれこれ
にはまらないよう、くれぐれも用心すべきなのです。

この、乙女座入りのタイミングで、
木星と天王星が180度します。
たとえば、あさがおの双葉が出てきた時点で、
あんなつるをくるくるまく、
スペードみたいなハッパを持つ、
青や赤の花が咲く植物になるだろう
なんて想像できませんね。
栴檀は双葉より芳し
などともうしますが、
やっぱ、それは、ニオイはしてても、姿はねえ。想像つかないです。
だいたい、栴檀って、木なのよ。
芽が出たばっかでは、木になるなんて、
ほんと、わっからへん。
なにをくだくだしく書いているかと言いますと、
木星とは、成長・拡大の星です。
だから、人を試すようなこと、たくさんしてきます。
幸運の星とかいわれるけど、
幸運なときに幸福かどうかなんか、だれにもわからないわけですよ。
むしろ、プレッシャーのしたで辛がって泣き叫んでいる「幸運期」の方って、
実はわりとしばしばみかけます。
で。
天王星は、改変・改革・意外性の星。
成長というのは上記の通り、何が起こるか解らないわけですが、
この乙女座入りという「スタート」的イベントに天王星がからんでくると言うことは、
なにかこう、とても意外な、予測のつかない
新しいこと
が起こってくる可能性が大きいのではないかと。
袋が破けたとき、
あわててその裂け目を塞ごうとする場合と、
他の袋を探す場合とがあります。
どちらの反応も、周囲から徹底的に否定されたりは、しません。
だいたい、軍配は五分五分なアドバイスだとおもいます。
でも、私が思うに、
今の流れ的には、
あたらしい、もっといい袋がすぐに、少なくとも向こう一年間には
みつかるはずです。
袋がやぶけるということは、
なかみとふくろがつりあってない、ってことだもんね。
裂け目をふさいだって、またすぐやぶけます。
なかみとふくろのあわなさ加減というものを
このさいキッチリ把握して、
ほんとうにナカミにあった袋をみつくろう時期に入るのだとおもいます。
あわなさをよく見もせずにやみくもに新しい袋につめこもうとしても、
やっぱり同じようにあとあと、破裂しちゃうもんね。

愛情関係は、
現実が見えてきて幻想がゆらぐ
という感じがします。
土星と金星は調和の角度なのに、
金星と海王星は葛藤の角度だからなのです。
いままで「結婚したらシアワセになれる」と確信していたのに
実際の結婚の中の苦悩と負担にびっくりするとか、
いままで「ある」と確信していた相手のミラクルロマンティックな気持ちが
実際はもっとちがう、具体的実際的なもんだったとか、
そんなぐらぐらが起こるかなーとおもうのです。
でもね、これ、はたから見れば、よいことなのです。
幻想が崩れて現実に、それもポジティブな現実に接触できるわけですので。
でも、本人にとってはえらい「傷」と受けられる可能性もなきにしもあらずなのです。
だっていままでは夢見てて、その夢が崩壊するわけですから、
ガーン
なのです。
でもさ、夢をずっともってっても、
自分はシアワセかも知れないけど、相手はそうでもないよね。
やっぱ、みんなで本質的にシアワセになんないと、ダメよね。
というわけで、真のシアワセを受け入れる度胸が必要かも知れません。
壊れた夢のことをうらむあまり、
現実の方のラッキーが置き捨てられるのは、もったいないこと限りないです。
地に足のついた本当にシアワセをもとめて、戦っていただきたいのです。
今の幻滅やかなしみは、
本質的な不安の源泉にするには、インチキすぎます。

今週は、こうみえても、
けっこうハデなんですよ。
太陽・金星・木星と火星・天王星が
びーんと一直線に乙女座と魚座第1期のあたりで拮抗するんです。
緊張感があるし、神経質で繊細です。
感受性がキリキリ刺激されて胃が痛くなりそうです。
神経質になると、どうもそっちのほうにどんどん気持ちがとんがりがちですが、
その気になればネガティブなとんがりの緩和策もいっぱい持っているのが、乙女座。
自分のなかの「現実の中でキッチリ生きていく力」を伸ばす時期であり、
「他者へのピュアなおもいやり」を育てる時期でもあると思います。
そういうキックの時期に、今週は、できるんじゃないでしょうか。
生活改善とかの開始にも、いいかもね。

今週はそんな感じです。




2003/8/18〜2003/8/24のホロスコープ

うーむ。もうそろそろログ化せねば(汗)
というわけで、ひとまず12星座分けをお楽しみ下さい。

-------
はい。思い切りよくログ化完了。
あらためましてこんにちは、石井ゆかりです。
雨じゃんじゃんぶり、いかがお過ごしですか。

NY大停電、いやー、驚きましたね。
明かりのついている場所で
「あそこ停電だってよ!」
とうわさしている分にはたいした事無いような感じがするんですが、
暗闇ってのは、コワイものです。
長野の善光寺にいらっしゃったことのある方も多いと思うのですが、
お戒檀巡り
ってご存じですか。
トンネルのような建物があって、そこは真の
暗闇
なんです。
ただ真っ暗にしてある通路を歩くだけなんですけれど、
非常にコワイです。緊張します。
まず、なぜかだんだん腰を低めてしまうんです。
別に天井が低いわけではないんですが、
こう、かがんでしまうんですね。
で、大声できゃーきゃー叫びたくなる。
なぜかは解りません。
「こういうものだ、くらいものだ」
ってわかっていてもそうなんですから、
昨日の停電のように
なにがなんだかわからない
状態では、その恐怖たるや、尋常のモノではなかったと思います。
NYではみなさんテロ慣れ、といってはよくないのですが、
イイ意味で911のおかげでキケンに対する耐性が強くなっていたようで、
みんなで助け合いながらおちついて過ごせた例が多かったようです。
今の東京でそうなったら、どーでしょうね。
。。。コワイね。

この日の事件がどういう意味を持っていたのか、
私なんかにはよく分からないんですが、
月はちょうど魚座にあり、土星-火星のリンクを刺激していたみたいです。
魚座っていうのは、
人間の決めた境界線を曖昧にする機能を持っているとおもいます。
契約とか人事とか規定とかルールとか、そういう、
実は便宜上決めてるだけなんだけど社会的に至上命題みたいにおもわれているもの
のウソを見破る星座です。
まっくら
ってのは、人を不安にしますが、その不安感って、
浮気されているんじゃないかとかウワサになるんじゃないかとか
そういうみょーな、生きて行くには本質的に意味の薄い不安とはわけがちがう。
生存に関わりますし、
自分の生を生きる上での習性そのものに関わる不安です。
だから、もしかしたら、
暗闇の中で、
いろいろな見えない何かが解体された経験をしたひとも、
多かったかも知れませんね。
ちなみにですが、
上記の印象は、この日の水星と冥王星の90度のイメージにも近いような気がします。
とするとだよ、
この水星、あとで逆行して戻って来るんだよね。。。。
9月末。なにかあったりして。

で、今週の空模様なんですが、
まず第1期と3期に星が集中しています。
じゃあ2期は何にもないかというと、
特定のデーク(期)だけにカンペキに星を集めて生まれた人ってなかなかいないので、
多分なにかはあると思います(爆)
で。
まず第1期なんですが、
入ってきます。
なにが?って、もう、エッチ。(ちがうちがう)
そうではなくて、
太陽と金星が乙女座に入ってくるのです。
入ったとたんに、魚座の天王星と180度を組みます。
これは、すごく意外な感じがする角度です。
なにかのきっかけが、
卵の殻のヒビのようにびしっと走るのですが、
たまごのなかになにがはいっているのかは、
わかりません。
ウズラがでてくるのかニワトリがでてくるのかその2つのキメラがでてくるのか、
さっぱりわかりません。
さっぱりわからないのに
どうにかしてあらかじめわかっておこう
とおもう乙女座水星には、ちょっと黙っておいてもらって下さい。
不安に駆られても、おおらかにかまえていても、
起こることは同じですし、
対応も、べつにそんなに変わりません。
いざというときできるだけリラックスするする方法ってのがありますが、
できることと言ったらそれを習得しておくことくらいです。
あとは、過去の失敗の中で
自分のなかの否定的なしくみによって引き起こされたことがあれば、
それを修正できるよう、自己暗示をぐりぐりかけておくことです。
例えばかつて、
どうせ私じゃダメなんでしょ!
と言い続けて彼を疲れさせて逃げられた方、
同じ間違いを繰り返さないよう、
「私が一番、なんだかわかんないけど私が一番」
と唱えて、腹筋背筋30回でもしておく。
本当に効果的な対応策というのは、
事前に選択肢を用意しておくよりも、
瞬発力や柔軟性を発達させておくほうが、土壇場で出て来やすいのです。
太陽・金星と天王星という組み合わせは、
自己肯定と楽観主義とユニークさ自由さの組み合わせなのです。
面白いことが起こったとき、
怯えて後ろ向きにならなくて済むよう、
できるだけ捨て身の自分を整えておくと良いんじゃないでしょうか。

次、第3期。
上記の太陽と金星が乙女座にうつるのは、
実は週の後半です。
前半から中盤は、
実は第3期でバリバリ活動していてくれるのです。
さらに、第3期には、木星がおります。
木星も金星も、とても暖かくてポジティブな星です。
物事の量を増やし、楽しみも増やし、
それから、愛を増やしてくれます。
なにかを楽しむには、能動的な態度がたいせつ。
目の前にあるもののマズいところばかりほじくり返していても始まりません。
転んでもタダで起きなくて済むのが金星や木星のよいところ。
なにか面白くないことがおこったとしても、
それは、最終的には
「ラッキー」
として位置づけられる種類のものです。
使い方1つで人生様変わり。
特に木星は、12年に一度しか同じところを通りません。
その上に金星が重なってくれるなんて、
とってもマレです。
卑屈にならず、相手を責めず、
深呼吸してのびのびと振る舞うと、
獅子座のパワーが金星と木星のいいところをどんどん強めてくれる様な気がします。
乙女座でも、第3期の場所に水星がいるんですよね。。。
自分と全く違う性質のものの良いところ
って、見えやすいようで見えてないこともあります。
全ての電磁波が目で見えるのではないです、
肌が焼けて始めて「紫外線キョーレツ」ってわかるとかいうこともあります。
物事をキャッチするセンサーをすこし変えてみると、
意外とのめり込めること、あるかもしれませんね。

地の星座に星が移りはじめるので、
みんな自分の感覚に忠実になってくるかもしれません。
一方で風の要素が少なくなり、
感情的にガンコになり専横的になってくる反面、
コミュニケーション能力が著しく落ちる
なんてことは、ちょっと困るかも。。。。
なるべく、相手の気持ちに共感してあげる、ってのが、
今週も必要なのかも知れません。
火と地の星座の力って、みたまんま、他者と妥協しにくい星座なんですよね。
そんなわけで、なるべくソフトにいきたいかも。

今週はそんな感じです。



topをねらえ。

if you want to say anything to:::iyukari@st.sakura.ne.jp