2005/11/7-2006/3/5の空模様

その週の星の運行状況や、全般的な運気の流れについて、石井ゆかりが散漫に書き殴ったものです。
ちなみに、「今週」と言っているのは、ほんとの今週でなく、タイトル部にある週のことです。

「第○期」って何だ。>>
過去ログmenu>>

2006/2/27〜2006/3/5のホロスコープ


こんにちは、石井ゆかりです。
もう春めいてますねー
私はこないだパーマかけてみたのですが

もっと早くやれば良かった・・・

と、ちょっとだけ思いました

なんたって
あったかいのです(クビまわりが)

とかいいつつ
3月は水星逆行ということで
矯正かけたり(したりしなかったり)



で
今週の空模様ですね。
今週はまず、魚座で新月が起こります。
この新月、天王星と重なっておりまして
大変にビビッドです。
なんかこう
ものすごくびっくりなことのスタート
っていう感じがします。
じわじわと変わる
というんではなくて
スコーンとつきぬける!
みたいな感じ。

でも、水星は今週から逆行なのです。
すでに「留」の状態なので
逆行ムードになっている方も多いと思います。
魚座は、「過去」に関係の深い星座です。
ここで天王星新月、更に水星逆行。
今週はドラゴンヘッドと火星の角度があり
更に冥王星と水星の間にもアスペクトができますので
どうも
 過去
 目に見えない関わり
などがクローズアップされる感じがするのです。

星占いなんかやっていると
「時間」
ってどうも
一方通行に直線的に進んでいるモンでもないなー
なんて思わされます。
先に進んだり、戻ったり。
遅れたり、スピードアップしたり。
同じ円を周回しているようで
実はすべての円が鎖のようにつながって未来に向かっていたり。
なんだかそんな
くるくるうねうねしたものを感じます。
別に星占いじゃなくても
そういうモノを感じている人は多いようです。
古来
「人生の曲がり角」
とか
「人生という名の旅」
とか
「時間の輪・時間の矢」
とか
「因果は巡る糸車」
とか
いろーんな言葉があって、それらはすべて
時間は単調に一方向に進んでいるのではない
という感覚を示唆しているような気がします。

今週の新月は、どうも
そんなことを実感させてくれるタイミングになるようです。
過去と未来がつながるような、
不思議な扉です。
思うに、未来に切り開きたい!という思いを持つことが多いわけです。
日常は苦しいことや辛いことの連続で
できれば早くこの場所を脱出したい!とおもうことのほうが
「できるだけ長くここにいたい」
と思うことよりも、多いだろうと思うのです。
少なくとも、私個人はそういう気が・・・・(爆
なのでつい
「新しい未来を!」
と思ってしまうのですが
実のところ
未来は、過去をネタにして成り立っているだけです。
過去がなければ、現在も未来も、どうにもなりようがないわけです。
金メダルを取った荒川選手をマスコミはこぞって褒め称えていますが
マスコミファ過去に彼女に対してどういうふうに報道していたかというと
・・・・・
っていう感じが、わたしは、します。
過去においてはその時点が「現在」だったのですから
なんというか。。。
人間って、なんだかなあ
「喉元過ぎれば熱さを忘れる」
「勝てば官軍」
とはよく言ったものです。

今週はそんな
「喉元過ぎれば熱さを忘れる」
が許されないというか
あの熱さを思い出すことでしか作れない未来
というのに出会ってしまいそうな感じがします。
どういうことかはわからないのですが
未来と過去が勢いよくぶつかり合って
そこから、すこし過去をたぐり寄せていく段階が始まる
という感じがします。

今週はそんな感じです。



=====

、おかげさまで、好評発売中です!
どうぞよろしくお願い致します!

あと、セブンイレブンのネットプリントコンテンツで
2006/2/10-2006/4/9の12星座占い、好評発売中です!
どうぞよろしくお願いします!


2006/2/20〜2006/2/26のホロスコープ

こんにちは、石井ゆかりです。
このところ週報更新が土曜日気味です。
これが日曜になり
月曜になり
火曜になり・・・・とだんだんずれていって、
また金曜日に戻るかな
などと

ウソです(爆



で
今週の空模様ですね。

今週は、まず火星と太陽がそろって星座を移動します。
これはなかなかこう・・ビビッドです。
なにかドキュンなことが起こるかも・・と
ちょっとわくわくしてます。
今までは水瓶座にあった太陽
今までは牡牛座にあった火星
がそれぞれ、魚座と双子座に進むわけですので
全体的に
「ガンコ・不動・不変・変わるとなったら徹底的にぶっこわれる」モード
から
「柔軟・変化・受動・変わっても元に戻ったり更に変わったりする」モード
へと
雰囲気が変わるのでは、と思います。
ガチガチに凝り固まった肩をほぐして、
フットワークよく柔軟に構える、という感じでしょうか。

この2星の星座移動もそうですし
木星と海王星の90度もそうなのですが
「思いこみ」
がコワイ時期です。
疑い、想像、そういうのが膨らんで
誤解は大きくなりやすい時期なのです。
あれこれ考えていると、どんどんヤバい方向に道順がずれていきます。

「方角は合っているから一本くらい手前の角を曲がっても目的地に着くだろう」
と思って適当に進んでしまって
気がついたら全く違う場所にいた!
という経験、皆様おありかとおもいます。
全体的には合ってるから、
ちょっとくらい手順が違ったってイイ
ということが
最終的に大失敗につながる。
お料理なんかでも、上手な人は「適当に」ができるのですが
どこを端折ってもよくて
どこは端折ってはいけないか
が解らないシロウトが「適当」にやると
必ず失敗します。
ちいさな差が、大きな間違いにつながっていく。
この時期は特にそういうことがありそうな気がします。

双子座はコミュニケーション、交通、知
魚座は感情、過去、傷を癒すこと、境界を越えること。
交通
と
境界越え
がむすびついているということは
なんとなく
「いつもは行けない場所にいける」
というような雰囲気もありますね。
そうそう
普段は見られないような貴方の表情
なんて
ちょっとイイですね♪
いやん、見てみたーい(爆

。。。。
すみません
少し暴走しました。

いつもは行かない場所だからこそ
道順が大事。
ひとつひとつ、小さなことでも丁寧に押さえていくと
ぱっと目を上げたときに素晴らしい景色が見える!
というような
そんな感じがいたします。


3月アタマから水星が逆行するので
この週くらいから、そろそろ水星が減速を始めます。
逆行開始ズバリの日から逆行ムードになるのではなく
「ちょっと早めに来て、ちょっと早めに終わる」という体験談が多いので、
もうそろそろなにかこんがらがり始めるかもしれません。
物事が遅滞し始めても、決して焦らないで下さい。
体調が悪ければ、この際休んでしまいましょう。

たぶん、物事の流れのインパクトとしては
来週の方が強そうです。
なので、今週は変化の風を感じつつ
邪魔になりそうなモノを片っ端から整理しておくとイイかもしれません。
金星が山羊座を出て行くと、
しばらく地の星座がからっぽになってしまうので
モノ、つまり物品関係は早めにお片づけしておくと
あとがラクだと思います。
道筋をつける、という感じ。
いれものがガンジョーだと
中で多少波立っても、おちついていられるはずです。
お金のことや手続き問題など
実質的な生活基盤、行動基盤をかためておく、ってことですね。
後回しにしがちな自分!

そうだ・・・確定申告だ!!!!(爆


今週はそんな感じです。


見事にオチがついちゃったなあ。。。--;)

=====

、おかげさまで、好評発売中です!
どうぞよろしくお願い致します!

あと、セブンイレブンのネットプリントコンテンツで
2006/2/10-2006/4/9の12星座占い、好評発売中です!
どうぞよろしくお願いします!


2006/2/13〜2006/2/19のホロスコープ


こんにちは、石井ゆかりです。
月例の微熱であらゆることが滞っております・・・・・
早く人間になりたいTT)

つらいさだめも
ふきとばせー

べむ!
べら!
べろ!

妖怪人間(どーん)


。。。。

で、今週の空模様ですね。
まず今週は、13日に獅子座で満月となります。
この満月、地球からカナリ遠い場所で起こります。
月の軌道は楕円です。
そして、地球はこの楕円の中心から少し離れたところにあります。
ですので、おなじ「満月」でも
地球から遠い場所で起こる場合もあれば
地球に近い場所で起こる場合もあるのです。
今回の満月は、地球と最も遠いポイント(すなわちリリス)と
とても近い場所で起こります。

地球から遠い満月というのは
いくつかの本によると
「エネルギーが押さえられる」
「開放度が小さくなる」
などと書かれています。
それがホントかどうかは解りませんが
私が思うに
「心の中の、普段触れ得ない場所に触れる」
という感じがします。
分かり切ったことではなく
「自分のことなのに自分でも意外なこと」
にアクセスしやすい感じがするのです。
今回の満月は特に、
冥王星と120度、さらに、火星と90度の関係になっています。
冥王星も火星も、どこか
「暴く」
「力を持って開く、壊す」
というイメージがあります。
硬い殻でまもっていたものがあったとして
その殻を壊し、新しい世界に出る
という意味合いを持っている星です。
ですから、
心の奥底に隠されてあらわれなかったなにか
そんなモノがあってはイケナイと思って必死に守っていたなにか
が
そとがわにぺろんと出てきてしまう、
そんな出来事が予測されたりするわけです。

折しも
水星と天王星が今週、重なります。
水星は情報・移動・交通・コミュニケーション・ビジネスなどの星。
天王星は、突発的変化、革命などの星です。
旧習をぶちこわして新しいルールや体系を作るような星です。
この2つが重なることで
旧来のルール体系に混乱が生じ、
新しい交通が生み出されようとする
というようなイメージが湧きます。
もちろん、水星は毎年空を1周しますので
毎年少なくとも1度はこの現象が起こります。
去年はちなみに、2月の20-21日あたりに起こりました。
なにがあったか思い出してみると
ちょっとおもしろいかもしれません。

ただ、今回の水星ですが
このあと、3月に盛大な逆行を控えています。
逆行するということは、
行って
ちょっともどって
また行く
という段取りになります。
今週、天王星に水星はヒットし、
そのあと、しばらく先まで行ってから
また戻ってきます。
しかし。
天王星のいる場所に再び重なることはなく
ギリギリのニアミスで再度、順行にうつることになります。

たぶん、なにかをぶちこわしたあとで
なにかを「新しくつくりあげる」ほうが
ずっと難しいのです。
たいていの場合は、
結局、壊れたモノと似たようなモノを持ってきて
それで代替させてしまいます。

たとえば。

ある、自分にとても自信の持てない女性がいました。
彼女はふとしたことから男性に優しくされる機会があり、
そのとき、「恋人を持つ」ということで
非常に大きな充足感を味わいました。
本当は、この関係の中で、
彼女がなにか、彼女自身の才能とか生き甲斐とか、
ここにいてもいいんだ!という自分の肯定感とか
なにかそういう「自分の実体」に気づければ良かったのですが
彼女はそれを少し取り違えてしまいました。
恋を通じて、自分自身を知り、相手を知る、という体験ができる人もありますが
そうはゆかないひとも、中にはあります。
彼女の場合は後者でした。
男性に評価されるということは、自分に価値があるのだ。
男性に好かれなかったり、ちやほやされなかったり
誰も恋人がいなかったりすると、バカにされるのだ。
恋人さえいれば、幸せになれる。
自分の居場所が、確かになる。
そういうふうに思いこんでしまったのです。
つまり、男性との関係の中だけに自分の価値の証明があると思い
その証明の心地よさに圧倒され、のみこまれ、すがりついてしまったのです。
でも、彼女は、相手の男性の中に、
「愛されている自分」の姿だけを探していましたから
男性はそれに気づいて、だんだん彼女に飽きてしまい、
結局、彼女の縛り付ける力の強さに辟易して
最後には離れていってしまいました。

彼女は深く傷つきましたが、
すぐに次の彼を見つけました。
その彼とも、最初は良かったのですが、結局似たような結果にたどり着きました。
でも彼女はあきらめませんでした。
次、次。。。。できるだけはやく!
中毒みたいに、「あいて」を探しました。
どんな相手にでも何かいいところがありました。
彼女は、彼女を大事にしてくれる人なら
そして、友達に見せても恥ずかしくない程度の人なら
誰でも良かったのです。

今度こそ本当の相手に違いない!
前の恋愛がうまくいかなかったのは、彼が「本当の相手」じゃなかったからなんだ!
と自分を説得しながら、やみくもに次のチーズを探し回る。
これの、繰り返しをつづけました。

たぶん、彼女の場合
「恋愛関係が壊れる」
ということが起こったときに
「自分の価値を確かめるために『恋人』という立場の存在を利用する」
という悲しい心のしくみも壊れてしまえばよいのですが
それは容易に壊れません。
その構造は、彼女が他のことをしなくても良いようにしてくれているからです。
彼女を度重なる失恋という体験で傷つけながらも、
本当に遂げるべき大変化からは、守ってくれているわけです。
そんな変化は、大いなる苦痛です。
人が遂げる正しい変化は
しばしば「傷を負う」ことと全く同じようなインパクトを持っています。

バレンタインだというのにものすごいたとえ話をしてしまってごめんなさい(爆
掲示板でもおしかりを受けました。
でも、私は、
塩水をがぶがぶ飲むような恋愛を繰り返している方に、
こんどこそ!ホンモノをつかんで頂く絶好のチャンスだと思うので
(いえ、毎日が絶好のチャンスなんですけどね)
あえてキワキワのハナシをさせていただきました。
私がオススメするのは、あくまでも
撤退ではなく、飛躍です。
アグレッシブになるべきなのです。
対象は、相手だけではなく、時には自分が相手になります。
彼女の場合、つぎつぎと彼を見つけるアグレッシブさ、「前向き」さはあります。
でも、それはほんとは、厳密に言えば
「後ろ向き」
なのです。
本当の意味での「前向き」は
もっと違うところにあります。
ある「前向き」から逃げるために
人は時々、ちがうことに必死に「前向き」になります。
勉強しなきゃイケナイと思うと
とつぜん
いつもは絶対にしたくなんかならない掃除がしたくなったりするのと
少し似ています(たはー

もしかしたら
物事が壊れるときはおそらく
どっちが先かは解らないのですが、
2段階に壊れるモノなんだろうと思うのです。
そうでない場合は
1段階だけの崩壊が起こっても
また最初と同じ、壊れやすい構造のモノが再生するだけ、なのでしょう。

思うに今回の形。
壊すなら徹底的に壊す
もう後ろを振り向かなくてイイというくらいに
後先考えたりしないぞというくらいに
収拾つけようとかつぶしがきくようにしようとかそんなこと思いも寄らないくらいに
そのくらい徹底的に、ぶちこわしてしまえばいいのではないかと思います。
壊す対象
は、人によって違うと思うのです。
折しもバレンタイン。
自分をガードする守りのカベを破壊して片思いの相手にぶつかっていく人もいれば
しがみついてしまっていたつながりを徹底的にぶちこわすひともいるでしょう。
あれこれ想像して自己完結して相手とちゃんと関わらないできた人が
その自己完結を粉砕して相手の意志をうけとる覚悟を固めたり、
「・・・でなければならない」症候群や
「・・・するしかない」症候群や
「・・・させられている」症候群を粉砕したり
もっとさまざまに、なにか「壊す」体験を、徹底的にやる。
前に踏み出すことでも、なにかを断ち切ることでも
本質的には同じことのように思います。
やらなければと思っていながら
ずっとやれずに来たことを、
思い切ってやってみる。
「なぜ『やれなかった』のか」
というその、やれない理由を自分のなかに見つけ出して
それを粉々に破壊する。
そういうことがあってよいのじゃないかなと思います。

一方。
山羊座の金星と蠍座の木星の間に、
60度という角度ができます。
60度は、「棚からぼた餅的なラッキー」ではなく
「意識して使えばとっても使えるさわやかな追い風」と言える角度です。
山羊座と蠍座には、質はちがえど、
とある共通点があります。
それは、
「支配欲」
です。
完全確実に自分のモノにしたい
のです。
金星と木星はともにめでたい星でして
金星は愛や楽しさ、美しさやお金など、
木星は成長や財や福々しさ、膨張などをそれぞれ扱います。
この2つが支配欲の強い部屋で追い風的に結びつきますから
なんとなく
今年のバレンタインに締結された恋人関係は
かなりこう・・・・ねちっこく続くというか(爆
長期性が望める感じがするのは私だけでしょうか。
ドラゴンヘッドと土星の120度なんていうのも
「縁の長期性」
を感じる角度ですね。

長期的な愛
は
それを運営するのがなかなか難しいのです。
なぜなら、ひとつひとつの個別解に自分の足でたどり着かなければならないからです。
山羊座や蠍座は、それをちゃんと請け負う星座です。


なんだか今日は一団ととりとめがなくてすみません・・・;;)


全国の恋する乙女の健闘と幸福を祈り、
応援の言葉を送りたいと思います。

「最大の敵は いつも自分自身」

人生は旅であると同時に 1つのリングなのです。
ファイト一発!!オロナ○ンC!(リポ○タンD?)(いや、、、アリ○ミンEX??)

壊れ気味で
すみません。


今週はそんな感じです。


=====

、おかげさまで、好評発売中です!
どうぞよろしくお願い致します!

あと、セブンイレブンのネットプリントコンテンツで
2006/2/10-2006/4/9の12星座占い、好評発売中です!
どうぞよろしくお願いします!


あ、あと
冒頭のダラが解らなかったお若い皆様
googleで「妖怪人間ベム」と検索してみて下さいねv



2006/2/6〜2006/2/12のホロスコープ

こんにちは、石井ゆかりです。

う・・・ウマイ(感涙

いえ
昨日いただいたチョコレートの話です(S様ありがとうございます!!)

世間ではすっかりお高級なチョコレートが定着しましたが
チョコ好きの私といたしましては嬉しい限り。。。
昨年も何度かチョコレートを頂き
そのたびに感涙にむせびながらも
どうも、なくなるのが早すぎるのをいぶかしんでおりました。
たぶんウチにはチョコ好きの小人がいるのだろう
そして夜な夜な私の大切な入手困難素敵チョコレートを喰いあさっているとは
なんと大胆不敵な、浅ましくも理不尽な所行・・・・
ゆるすまじ!ゆるすまじ!

・・・と
現実逃避は
やめましょう(←自分)

人の心には自分でもコントロール不可能な小人さんが住んでいるモノなのです。ふ。

・・・
しかしこのチョコは早食いにはもったいなさ過ぎる!!
今回ばかりは誰がなんと言おうと絶対に来週末まで死守するぞ!
1日1粒!!
2日で2粒!!
3、4がなくて
5日で12粒!(何でだ)

・・・空白の一日が コワイ。



で。
今週の空模様ですね。
週明け13日が獅子座で満月なので
今週は「寸止め」って感じなのですが
いえ、そうでもないですね。
星と星の作る角度がとてもクッキリハッキリしていて
メリハリが強いです。

まず、火星と冥王星が150度。
こちらから取り上げたのにはうっすら理由があります。
冥王星は「破壊と再生」
火星は「攻撃、闘争、エネルギー」。
この2つが角度を作るのですから
大変鉄火です。

おそらく
勝負における「勝ち負け」と本質的な「獲得」って
ちがっています。
冥王星のある射手座も、火星のある牡牛座も
ある「獲得」を意味する星座です。
でもその意味合いは、だいぶ違っているように思います。
射手座の「獲得」は、狩猟のイメージですから
チャレンジしてそれをものにする、という
自分の行動範囲を広げるような、力を外に放出する「獲得」です。
一方、牡牛座の「獲得」は、
モノそのものが重要です。
実質的に手に入れることに重きが置かれますし
そのものをどう使っていくか、ということにも力点が置かれます。
外側にひろがるというより
内側がゆたかになる、ふくらむ、という感じです。

この2星座の間に、非常に闘争的な星同士で角度が成り立つわけです。
ぜったいにゆずらない
勝つまで負けない
みたいな、激しい思いが感じられるわけですが
同時に
何が目的なんだか解らなくなってくる
という可能性が高そうです。
ケンカのためのケンカをして
ケンカに勝ったけど全てを失った、という人、たまにいます。
あるいは、
具体的獲得物のためにしゃかりきになった結果
名誉も信頼もだいなしにしてしまった
という人もあります。
本当に失いたくないモノはどれで、
失ってもイイものは、何なのか。
今週は「肉を切らせて骨を抜く」という冷静さがないと
後悔しやすい事態が起こる感じがします。
美しい薔薇を咲かせるには
いくつかのつぼみを切り落として、養分を集中させる、とききます。
まさにそんな感じがする配置です。


さらに
太陽と海王星が重なったところへ
木星が90度しています。
先週はここに水星が関わっていました。
太陽は意志と行動。
木星は膨張、拡大。
海王星はイメージ。
これが90度という、非常に突き抜けた、ある種過剰なエネルギーの状態になります。
過剰さ
というのは、それ自体では良くも悪くもありません。
一切過剰なところがない状態は、安定はしていますが
めりはりのない、よどんだ、動きも変化もない状態です。
これはあまりいい状態ではないです。
一方、過剰なパワーというのは
しばしば私は個人占いで申しますが
才能とも欠点ともなるものです。
よく、履歴書なんかに
 長所:活動的なところ
 短所:落ち着きがないところ
なんて書きますが
まさにこれです。
運勢というか、今の流れを見るなかででも
これはあてはまります。
よく使えば幸運のタネ、悪く使えば不運のタネ、です。

上記の星の組み合わせを見て頭に浮かぶのは
 イメージ先行
 スケールの大きいビジョン
 自己肥大
 不安醸成
などです。
先週は水星が関わって大模様ができていたので、
コミュニケーションとか思考の段階でこれらが収まっていたのですが
今週は、これが無意識に行動に出そうです。

小公子
という小説があります。
児童文学なんですが、おもしろいです。
陰険そのもの、邪悪と言えるほどの老貴族が
一度もあったことのない孫を引き取り、後継者として育てようとする
というお話しです。
この孫は天使のようにかわいくて、
人を疑うと言うことを知らない子供です。
この孫に深く強く信頼されるという経験を通して
老貴族がだんだん真人間になっていく、という
心温まるお話です。
今週の配置を見ていて
どうもそれを思い出しました。
人は、だれかに
「いい人間だ」「才能があるのだ」「一生懸命な人だ」
と思いこまれ、そう褒められると
たとえホントはそうじゃなくても
その期待(?)に応えようとしてしまう生き物のようです。
だれかが信じてくれるとき、その信頼にふさわしい人間になろうとするのです。
その「信じている」ことが、
たとえ現実のその人とはかけ離れたビジョンでも
ある本質的なポイントを突いていれば
それは、ウソにはなりません。
さらにいえば「信じる」というのは
言葉だけで作為的にできるものではありません。
なにかをホントに心から信じている人に
「それはうそでしょ」
って、なかなか言えないものです。
信じることには、そういうパワーがあります。

どうせ「イメージ」が膨らみやすい時期なんですから
できるだけ良いイメージを膨らませてしまうのがいいと思います。
だれかについて、その人の助けになるようなビジョンを心に描く方が
その人を疑ったり見下したりするよりもずっといいと思います。
浮気している人だって
心からパートナーに信頼されれば、やっぱり胸が痛みます。
胸が痛めば、浮気相手につい邪険にしてしまいます。
「北風と太陽」
ってそういうことです。
相手を詰問したり追いつめたりするより
いっそ事実とは関係なくても
最高にイイ状態の「そのひと」を一点曇りなく愛して信じてしまうことで
その人自身が変わることも、あるのですね。

水星が魚座に入りますが
これも、上記のような
「ビジョンによって真実が生まれる」
みたいな感じがあります。
ギリシャ神話で、
ある神様からちょっと理不尽な理由で「盲目になる」という罰を受けた人が
他の神様から哀れまれて「心の目」を授かった
という話があります。
物事を理解するには
いろいろな手段・経路があるようです。
論理・因果関係一辺倒の思考回路では、しばしば
見なきゃイケナイのに見えないこと
というのが出てきてしまうのかもしれませんね。

今週はそんな感じです。


=====
、おかげさまで、好評発売中です!
どうぞよろしくお願い致します!

あと、セブンイレブンのネットプリントコンテンツで
2006/2/10-2006/4/9の12星座占い、10日頃にリリースです!
今回は1部280円です、こちらもどうぞよろしくお願い致します!


浜の真砂は尽きるとも・・をお待ちの皆様、
ごめんなさい、ブログをご参照下さい^^;)



2006/1/30〜2006/2/5のホロスコープ

こんにちは、石井ゆかりです。
なんかどうも風邪、しつこいです。ぐほぐほ。
派手に熱が出たりすれば寝込めるんですが
セキが出るだけなので
なんとなく
会社も行き、家事もし・・となってしまうわけで
なんかソンした気分。

とかいってないで
今週の空模様ですね。
今週は、なんかこう
極論
ということばがまずおもいうかびました。
水瓶座で海王星と水星がかさなり
そこへ蠍座木星が90度を作るのです。
水星は、通信・情報・知性・思考の星。
海王星はビジョン・イマジネーション。
木星は、拡大・成長・膨張の星です。
想像がいきすぎる
妄想が空を飛ぶ
そして
固定する。
そういう感じがします。
あれこれ想像して、その想像を「思い込む」とき
それがどんな局面だろうと
はっきり言ってろくなことがありません(涙) (←なんか思い出したらしい)

心配になったり不安になったりすると
人はあれこれ想像してしまう生き物です。
そしてその想像がこうじると
なぜかその想像は「真実」として心の中に根を生やします。
そして、現実の中にその「真実」の裏づけとなりそうなものをたまたま見出したりすると
もう、全然ほかの人の言うことなんか信じられなくなったりします。
今週はこの
「不安に飲まれてあっぷっぷ現象」
には
十分注意が必要です。
「思い込みスパイラル現象」
に一度はまると
なかなか抜け出せないものですが
今の星回りを見る限り
今それをやってしまうと、かなーりあとあとまでひきずります。
心配性を自認する、そこのあなた!
不安になりがちで困っている、そこのあなた!
今週はその羽ばたく想像力を
映画や音楽、絵画などにぶつけてみてください。
決して現実をあれこれ想像して
それを信じたりしてはならないのです。
大事なものがあればあるほど
それを失うことを恐れないでください。
失うことを恐れることが
それを失う危険性を一番高めてしまうのです。

一方、クリエイティブなお仕事に携わる皆様には
今週はとっても刺激的な週になりそうだなーと思います。
また、「相手のことを本当の意味でおもいやる」ことの意味を知り
ほんとに誰かを支援することができる形でもあるなとおもいます。
ほんとの支援
というのは、たぶん
必要なら無視したりしかったりすることでもあると思います。
子供の望むことを何でもやってやるのが「支援的な親」ではないように、
大人になってもやっぱり
自然な人間関係のなかで
「相手へのほんとうの支援とは何か」
を考えてしまうことってありますね。
相手のことを、過去と未来まであわせて考え、
自分がどう思われるかなんて一切かえりみずに
本当に、「相手のために」してあげられること。
そんな、海のような叡智と慈悲を感じる配置でもあります。

で。
今週、とうとう金星が巡行にもどります。
金星は昨年12月からずーーーーっと逆行していましたが
とうとうこれがおわるわけです。
単純に、昨年12月後半くらいから
もぞもぞもぞもぞ悩んできたことがあった方は
今週を境にけっこうすっきりすることが
たくさんあるのではないかとおもいます。
金星なので、主に
愛情関係、子供の関係、そして、金銭関係でしょうか。
金銭といえば、今、
株式市場は大変なことになってますね。
このあたりも、だいたいデトックスしちゃったのかもしれません。
東京三菱とUFJも、こんな金星逆行期に合併スタートしちゃうなんて
根性あるなと思いましたが
うまくいくといいですね(←一応メインバンク)

水瓶座に3星、そして
牡牛座、獅子座、蠍座の星星。
でっかい固着宮のグランドクロス(アスペクト的にはゆるゆるですが)で
ぎしぎしとラディカルな変化が進んでいるかっこうです。
例に漏れず私自身も
かなりすごいことになっております(汗
しかし、不思議と
絶望したり放棄したりという気にならないのが
固着宮Tのすごいところかなとおもったりします。
なんか生命力というか
ゆるぎない力があるんですね、この感じ。
歩いていくしかない
自分は自分として進んでいくしかない
と
そんな雰囲気をみんなが持っている感じがします。
失敗や赤っ恥、悲しみや苦しみも、すべて人生のひとつ。
誰もがこういうことを体験し乗り越えるのだ
という、
なんかふしぎな当たり前感、土台のようなどっしり感が
感じられてならないんです。


今週はそんな感じです。


=====
、おかげさまで、好評発売中です!
どうぞよろしくお願い致します!

あと、セブンイレブンのネットプリントコンテンツで
2005/12/10-2006/2/9の12星座占い、好評発売中です!
今回は1部280円です、こちらもどうぞよろしくお願い致します!


2006/1/23〜2006/1/29のホロスコープ

こんにちは、石井ゆかりです。

いやー、東京にもとうとう雪が降りましたねー。
雪道を歩くのは得意なんですが
いつもと違う筋肉を使ったようで
ちょっと足がだるいです。

で
今週の空模様ですね
なーんていうと
いかにも天気予報みたいですが
ちがいます。

今週はまず、水星が水瓶座に移動します。
先週、太陽が水瓶座入りしているので
今まで山羊座集合だったのが解消されます。
山羊座は権力や組織を扱う星座ですが
ちょうど、権力や組織をテーマにした問題がいろいろ起こってましたね。
水瓶座は、権力や組織を体験したあとに出てくる「個」をテーマとする星座です。
ちょうど、牡牛座・獅子座・蠍座の3星座に星があり、
そこへきておなじ固着宮の水瓶座に星が集まるので
固着宮的傾向が強化されるし
そこで大きな動きがありそうだなという気がします。

固着宮というのは、
なにかこう、
関係性の中から抜け出した「自分」の手応え
というのを感じさせられます。
 だれかに褒められたり必要とされたりするから自分に価値を感じられる
のではなく、
 自らの充足のために自らを立たせる
というような、自立した姿勢を感じるのです。

人は、成長したり変化したり自分のカベを乗り越えたりしますが
それをするには、まず
「自分」を作ることが必要になります。
変わるためには、そもそも変わる前の自分というのが何らかのカタチで
びしっと存在しなければならないわけです。
乗り越えるべき自分の中のカベ
なんていうのもそうで、
そもそもカベがなければ乗り越えることもできません。
新しい世界に出会い、その世界を自分の手で自分のものとして完成させ、
完成したところで、何か新しいものを発見し、
変化しながら次の新しい世界に入る。
この繰り返されるプロセスの中の真ん中、
「今の世界を完成させる」
「なにがしかのかたちで、確固たる自分をつくる」
ところが、ちょうど、今促されていることなのでは、と思うのです。

金星はまだ逆行中で、今週火星と120度を組みます。
とはいえ、2月の頭に順行になるので
だいぶ減速してきています。
そろそろ、金星逆行「明け」を感じ始めている人も
多いかもしれません。
牡牛座と山羊座の火星と金星、というのは
なにかこう
「具体的実現」
を感じる組み合わせです。
ちゃくちゃくとモノになっていく。
結果が出てくる。
あるいは、結果に向かってコツコツと進んでいく。
そんな感じがいたします。

今回の金星と火星のトラインは
火星牡牛座滞在中最後のヒットとなりますので、
インパクト強そうです。
前回はちなみに、11月18日頃でした。
度数もおなじくらいのところですね、、、
おなじかたち、ということで
昨年11/18前後に起こったことを考えると
今、何か参考になることがあるかもしれません。

山羊座の金星って、最初は非常に緊張感が強くて
傷つくことから自分を守る傾向があったり
非常に悲観的だったりするのですが
ひとたび信頼関係ができると、
とても強烈にむすびつく、という印象があります。
少し叩いたくらいでは壊れない愛を感じるのです。
これと牡牛座火星がトライン、というのは
「確かなつながりの具体化」
をイメージさせられます。

「今週」というとなかなかこれを書くのが微妙なんですが
29日の夜中23時頃に、水瓶座で新月となります。
この新月には水星が重なっていて、対岸に獅子座土星があるという
なんだか強烈なモノを感じます。
水星、土星、水瓶座、というこのラインナップは
「理(ことわり)」
という言葉を連想させられます。
この新月は、地球からとても近い場所で起こるので、
そのあたりでも、
インパクトの強い出来事が起こりそうだなあと思わされます

理屈って難しいなと思うのは
それが感情と結びつくからだろうなとおもいます。
正しくありたいとか尊敬されたいとかバカにされたくないとか
恥ずかしさや傷つくことを恐れる気持ちと
「思考」「論理」は
不可分に結びついてしまうことがあります。
「自分」というものと、
「思考したこと」ということが
感情の上でハッキリ切りはなれている人ほど、
議論が上手だったり、勉強がうまかったりするような気がしますし
意見もクリアーだなと思います。
「自分が言ったことが間違っていたからといって、
自分の人格に傷が付いたり、自分がだめなモノだと思われたりすることはない」
とおもっているひとほど、
とても柔軟で明快な意見を語ることができるように思うんです。
マチガイを認めるときも、とてもさわやかにできます。

「自分」が確固として感じられていて、
思考したことや意見は「自分」とはひとつはなれたものだ
ということが解っている人ほど
冷静に、理性的でいられるのかもしれません。
この新月は、ちょうどそんなことを感じさせるかたちになってるなー
と思った次第です。

ちょっと風邪気味でぼーっとしているせいか
内容がめちゃくちゃでごめんなさい--;)

今週はそんな感じです。



=====
、おかげさまで、好評発売中です!
どうぞよろしくお願い致します!

あと、セブンイレブンのネットプリントコンテンツで
2005/12/10-2006/2/9の12星座占い、好評発売中です!
今回は1部280円です、こちらもどうぞよろしくお願い致します!



2006/1/16〜2006/1/22のホロスコープ

12星座分け更新しました。
今週は、ちょっと緊急な事情がありまして、
こちらはおやすみです。

あ、でも、いっこだけ書きます。

水星と逆行金星が山羊座で0度になります、
失ったと思ったものやネガティブに思えること
制限されているように思えていることなど、
それそのもの
の中から、何かが出てくる感じがします。
ハングリー精神とか
何もないところからこそ生み出されたアイデアとか
「ナイ」ことと「ある」ことの意味が反転して
本当に価値あるものの姿が浮かび上がってくるような
そんなことがあるかもしれません。

日本は豊かだけれども貧しい国だ
と言う人がたくさんあります。
そんな「反転・逆転」って
「持っているか、持っていないか」
ということに関しては
常につきまとうもののように思えます。

今週はそんな感じです。

=====
、おかげさまで、好評発売中です!
どうぞよろしくお願い致します!

あと、セブンイレブンのネットプリントコンテンツで
2005/12/10-2006/2/9の12星座占い、好評発売中です!
今回は1部280円です、こちらもどうぞよろしくお願い致します!


2006/1/9〜2006/1/15のホロスコープ

こんにちは、石井ゆかりです。
マシンのトラブルや会社でのゴタゴタ他
年明け早々揺さぶられ気味です。ぶんぶん。

で。
早々と今週の空模様です。
今週はまず、獅子座土星-山羊座水星-魚座天王星の
ヨード
ができます。
獅子座土星と山羊座水星は
ジャンルこそ違えなんとなく
ガンコ
アタマかたい
という雰囲気がありますね。
誇り高く、自分の意志はかたくなにまもりとおす!
みたいな
そんな印象があります。
だけど魚座天王星。
これがなかなか、インパクト強いです。
境界越えの旧習破壊
という
なんとも超越的な星が、
この2つの個人的に・社会的にかたくなになった状態にカツを入れる
という雰囲気。
行ってみれば
霞ヶ関で役人と大企業重役が深刻な会議をしている席に
いきなりHGが表れた!
みたいな感じ(どんなやねん)。

フツウは、ヨードの場合
60度の関係にある星(この場合は魚座天王星と山羊座水星)が仲良しで
頂点の星(この場合は獅子座土星)が乱入する
という図式になるように思うのですが、
今度の組み合わせはなんか、
獅子座-山羊座連合と
ちょっとフライングですが魚座天王星-蟹座満月の乱入
という雰囲気がいたします。
プライド・パワー・論理・エゴ
の世界に
感情・共感・超越・破壊
のエネルギーが入り込んでくる感じです。

この2つの流れって、ヘンにタッグを組まれると
ものすごく協調的に働いてしまうので、怖いのです。
ネガティブな、或いはちょっとずれた感情を守るために
ひたすらに論理やパワーを駆使すると
恐ろしい魑魅魍魎が生まれます。
多くの場合、論理やパワーで勝負する人を前にすると
人は論理やパワーで対抗しようとします。
でも、根元的には、論理やパワーが動機・エンジンになっているわけではないので
単なる表面的水掛け論で誰も勝たない
という結果に終わるしかなくなってしまうのです。
「おまえは論理的に間違ってる」
と言われても
そもそもその「論理」の動機である気持ちがおさまらないうちは
絶対に
「そうか、自分が間違ってた」
とは、腑に落ちたりしません。
さらに新論理をあみだして相手を攻撃したりします。
これが世に言う「へりくつ」です。
こうなると
なにもうまくいかない
どころか
状況はいっそうの迷宮入りになります。

逆に、論理とパワーでコチコチになってしまった状況を
思いの力でゆるやかに壊していくなら、
この配置はとてもダイナミックに、みんなが幸せになれそうな方向に働く気がします。
たとえば。
「絶対にいい成績をあげなければ自分だけじゃなくみんなのメンツに関わる!」
と肩肘張っていたスポーツ選手が、
なかなか良い成績を上げられない状態にありました。
その選手が、ある日、近所の子供と一緒にあそんでいたとき
「ああ、楽しむ心をすっかり忘れてた、、おれ、そもそも楽しいからやってたんだよね」
と思った瞬間、
なんか調子が戻る
というようなハナシ、よく耳にします。
プレッシャーやストレスでコチコチになってしまうこと
誰でもよくあると思うのです。
そこを、なんとか根元的なところまで戻って
本当の動機に触れることができれば
状況が驚くほど変化するのでは、と思ったりいたします。
このあたりは
山羊座-獅子座
魚座-水瓶座
蠍座-射手座
の3本のミューチュアルリセプションからも連想されることだったりいたします。

で。
14日、夕方に、蟹座で満月が起こります。
このときちょうど、山羊座で逆行中の金星がからんでいます。
さらに射手座の冥王星と魚座天王星が
これにとってもビミョーなカタチで参加しています。
一見して
なんか、、、フクザツな曲がり角だなあ
と思ってしまいます。
イイコト
と
悪いこと
が
すぱっと白黒つかないような雰囲気。
たとえば
だれかの善意が不思議な具合に作用して
思いがけない「全体が持っていた膿」がでてきちゃう、とか。
逆に
守りたくて仕方がないモノを大声あげてけんか腰で守っていたら
バランスが崩れて守りのカベが壊れ、中から思いもかけないモノが出てきた、とか。
蟹座と山羊座は「まもる」というテーマを共有しています。
でも、魚座の天王星や射手座の冥王星は、
そのような守りのカベを壊したがる星々です。
植物でも動物でもそうだと思うのですが
ある状態に守られていないと育たない段階と
風雨にさらされて強くなる段階と
両方があると思うのです。
交互に来る場合も多いと思います。
その2つの段階を、一方から一方に移るとき、
とってもおおきなエネルギーが必要になります。
そんなエネルギーが、この満月で、
何らかのカタチで働くんじゃないかなとおもうのです。
だから
「イイコトが起こるか、悪いことが起こるか」
ではなくて
見た目理解不能なことが起こるけれども
そのことが壊したカベの中に
何か
が入ってる
と考えると、もしかしたらわかりやすいかもしれません。
その
「何か」
というのは
どこかから来た未知のものではなく
あくまで自分自身だったり、その人自身だったりするので
びっくりはしても
理解不能
では、ナイだろうなと思いました。


何か今週は例のヨードといい、
火星-木星のダイレクトヒットといい、
リリスと冥王星のからみといい、
どうも・・・・
「なんか出てくる」
っていう感じの空模様ですねー。
最近は「デトックス」って流行ってるらしいですが
この配置から感じるのは、
「溜まった不要な毒素を出す」
というイメージは、あまりありません。
多分、何か毒素というものが体に溜まるとしても
それは、一時は何らかの理由で「必要だったから」溜まったのかもなあと思ったりします。
いいものだからって
同じモノを常に必要としてしまうモノではないです。
病気の時は
副作用があっても、薬を飲むことがあります。
元気なときに飲んだら逆に具合が悪くなるようなものでも
病気の時はそれが必要だったりします。
「イイモノ」と「悪いモノ」も
そのときの状態によって、変化するのでしょう。

最近読んだ本で、
精神科医が患者に「意識」のことを説明するとき
紙に大きな円を描いて
その円周にほんとにちいさなくぼみを書いて
「このくぼみが、貴方の意識からみえる範囲で、このくぼみ以外の部分が
 貴方の心の全体です」
と言うのだそうです。
「このひろい場所になにが隠れているのか、一緒に探してみましょう」
というのだそうです。
誰の心にも、人生にも、過去にも、
世の中にも、
そんなたくさんの「かくれたもの」があるのだろうなとおもいます。
一時はそれを隠さなければいけなかったけど
しまったなら出して来なきゃいけない時もあるわけで
これはちょうど、そんなことなのかなーと
想像したりしました。


今週は、そんな感じです。

=====
、おかげさまで、好評発売中です!
どうぞよろしくお願い致します!

あと、セブンイレブンのネットプリントコンテンツで
2005/12/10-2006/2/9の12星座占い、好評発売中です!
今回は1部280円です、こちらもどうぞよろしくお願い致します!


2006/1/2〜2006/1/8のホロスコープ

あけましておめでとうございます!石井ゆかりです(ってもう書いちゃうぞ!)
旧年中はホントにお世話になりました!
今年もどうぞよろしくお願いします!(カナリフライング)

で、
いきなりで申し訳ありませんが
今週は年末年始ということで
簡易版です。

年間占いはすでに例年同様メルマガ読者様に先行公開しておりますが、
年明け数日しましたら、トップページからリンクします。
(ま、バックナンバー見ればいけるワケなのですが(意味なし))

・・・・・虚礼?(汗


今週は全体の空模様も簡易版です。
ピックアップするのはただ一つ!
山羊座太陽と牡牛座火星の120度!
なんか、やる気十分ですね。
それも、地の星座というのがいいですね。
勢いだけでない。
年頭は皆様毛布・・・じゃなかった豆腐、じゃなかった(しつこい)
抱負をいろいろならべられるとおもうわけなのですが
だいたいがこう・・・
三日坊主織り込み済み
という
甘えの心理をはらんでいたりしませんか(しないですかそうですか)

でも。

今年は新年早々のこの120度のおかげさまで
なかなかやめられない
けっこう続けられる
という気配が濃厚なのです。
これは
嬉しいv

なので私も、いろいろと実現可能性のできるだけ高そうなヤツを
並べてみたいと思っているわけです。
なにがでるかな、なにがでるかな、、、、

「できるだけケガをしないようにする」

まずは
これでいこう。。。
(↑さっき指切った)

今週はそんな感じです--;)

皆様、今年もホントにどうぞよろしくお願いいたします!

=====
、おかげさまで、好評発売中です!
どうぞよろしくお願い致します!

あと、セブンイレブンのネットプリントコンテンツで
2005/12/10-2006/2/9の12星座占い、好評発売中です!
今回は1部280円です、こちらもどうぞよろしくお願い致します!

2005/12/26〜2006/1/1のホロスコープ

メリークリスマス! 石井ゆかりです。
っていうか、、この冒頭の日付、見ました?
なんですか
もう年明けですか・・・(TT)

はやいっつの。

と
毎週同じようなことばかり言ってないで
今週の空模様ですね。

今週は、まず、水星と冥王星の0度があります。
冥王星がからむとどうも
「隠されたモノが出てくる」
というイメージが浮かぶんですが、
最近はなんとなく
「隠されていた可能性が、条件が整ったところで思いがけなく出てくる」
という感じがします。
生命の進化!とかいう特集番組を見ると出てくる
「生命のスープ」
っていうのがあります。
タンパク質とか、有機物がどろどろと水の中でまざったところから
これとあれとが連携して、原始的な生命の「モト」みたいのができた
というハナシです。
どろどろのごちゃごちゃ
というところから、まさか
「なにか意味を持ったモノが出てきたりはすまい」
と思いますが
ときに、そのドロドロゴチャゴチャ加減そのものが
何かが生まれてくるための前提条件、必須条件だったりする。
そういうことって
あるような気がします。
煮詰まるところまで煮詰まったときに「ぽこっ」と出てくる
とても意外でシンプルな回答。
これじゃダメだ、これじゃダメなんだとぼこぼこに否定し尽くしたところで出てくる
絶対的な肯定。
冥王星にはそういうイメージがあります。
今週、水星がこれにぶつかることで
今まで考えつかなかったようなことが考えついたりするかもしれません。
あるいは
今大雪で、地方によってはとても大変だろうなと思うのですが
その雪が積もったところから開かれる新しい交通や交流
みたいなものも、あるのかもしれません。
隠し立てしていたことがばれる
というイメージではなく
潜在的に起こる可能性を持っていた出来事が、あるきっかけのモトに起こるべくして起こる
というようなイメージです。

で。
大晦日といえば
行く年来る年
でして
1年が終わって新たな1年が始まる、という節目なわけですが
今年は、おもしろいことに
星占いでも
「ある流れが終わって新しい流れが始まる」
とされる、
新月
が重なります。
大晦日に
新月となる
のです。
すげー。
それもこれ、ただの新月じゃなくて
太陽と土星が絶妙の濃い関係になっています。
さらに、牡牛座の火星とも深い仲になっている。
いわば、非常にハデな新月なのです。
もう、ハデに勢いよく何かがはじまる。
断定的に何かが切り替わる。
そんな感じがいたします。

たとえば。
土星が獅子座で、これは「個人」の追求を感じます。
山羊座の太陽と月の重なりは
人々がたくさん集まってできている社会での、人間のありかた
をイメージさせます。
牡牛座の火星は
「生きていくための、自分の取り分」かな、と思います。
誰もが、何らかの形で、
他人の集合体である「社会」に所属し、
そこで他者と様々なモノをやりとりしながら命をやしなっています。
だれかの命の一部を養ってやり、
だれかに命の一部を養ってもらう。
これは、仕事とか家事とかそういう浅薄な意味ではなくて
たとえば、リタイアしたおじいさんで、毎日、新聞読んで盆栽いじっているだけであっても
ご飯を食べるということひとつとっても
そのご飯を作った人
そのご飯の材料を作った人
などに、その仕事を提供していて、
更に言えば、
その仕事をした人の居場所を提供しているということになります。
人間は、生きてるだけで
だれかに何かをしています。
対価ナシでも、それが社会的に正当なことだと見なされている場合は
やっぱり、
何かしてもらったとき、おのずと、相手に何かしてあげているのです。

このような
「個人として生きていること」
と
「社会の中で生きていること」
のあいだに、この年末年始、
特別な変化が生じそうな気がします。
個人がまず最優先に尊重されなければ、社会は成り立たない。
社会をしっかり成り立たせなければ、個人も生きていけない。
卵と鶏のようなこの2つのテーマの間に
モノ
が介在するとしたら
どんな形なんでしょうか。
なかなか難しい問題です。
たくさんカネ持ってるヤツが偉くて
セレブは素敵な持ち物とファッションでできている
と
昨今のマスコミは無意識にそう思っているようですが
そういう言い方していると
なにか致命的にマズイことがおこってくるのでは、と、心配です。
たしかに
メーカー等の企業というスポンサーがいて
そこからお金もらって番組作ってるのですから
お金持っててスポンサー企業にいっぱいお金を払ってくれる人がエラい
という論理になるのは当然なんですが
そんなもん見て洗脳されたくない
とおもいつつ
会社に行けば結局そのスポンサー側に、超絶間接的にでも荷担しているこの矛盾。
この世って
生きにくい(TT

ちょうど金星が逆行を始めていて
愛情問題、お金の問題、物質的なことや美しさを扱う分野などは
混乱が起こりやすくなっています。
愛情表現は特に、ひねくれっこになりがちです。
年末年始、お互いに忙しくて
「めいわくをかけたくない」
などと気持ちを抑えなければならないことも増える時期ですが
そういうふうに
「抑えた」
ものが、だんだん溜まっていって怒りや憎しみになったりしてしまうと
なかなか辛いモノがあります。
出口がちょっとでもあったなら
自分をあまりキツキツに縛り上げずに
弱いところも見せておいていいんじゃないかと思います。

自分が生きていくためには
人の力も借りなければならないのが、世の中だと思います。
でも、自分だって
人にたくさん力を貸しているし、
やろうと思えば、もう少しおせっかいしてもいいのかもしれません。
このあたりの力加減は、だれしもけっこう悩むところだと思います。
獅子座の土星、蠍座の木星、牡牛座の火星など
「個人」
の力をイメージさせる場所にいま、星が集まっていて
「やりとり」
のイメージが浮かびにくい為に
よけいに遠慮がちになったりガンコかたくなモードになったりしている人も
多いかもしれません。
でも、本来
「自分が自分として生きていく」
ことには
何らかの形で「他者」の存在が必ず前提になっています。
たとえば
一人でミュージシャンになってやる!
と心に決めたとしても
それを聴く「観客」の存在があってこそ、のことです。
誰か
の存在を認めたり、その人に力を借りたり貸したりしたところで
自分
が命を吹き込まれる。
ほんとうは、そういうやりとりに、とても大きな
場
を与えるのが、
山羊座という星座なのではないかと思います。
この年末年始はここで新月が起こり
今「個人」の場所に配されている星々と関わることは
そんな可能性を示唆しているような感じが、いたしました。

今週はそんな感じです。

年末、できたらもう一回更新するかもしれません。
年報で力尽きたら、お休みかもしれません^^;)
なんとかフルラインナップでUPできるよう
ご希望の向きは是非
・・・
天に祈って下さい!!(他力本願)

=====
、おかげさまで、好評発売中です!
どうぞよろしくお願い致します!

あと、セブンイレブンのネットプリントコンテンツで
2005/12/10-2006/2/9の12星座占い、好評発売中です!
今回は1部280円です、こちらもどうぞよろしくお願い致します!


2005/12/19〜2005/12/25のホロスコープ

こんにちは、石井ゆかりです。
日曜日、と言っておきながら
土曜日にやってしまった。ふ。

遅刻するときは電話しますが
予定より早く着きそうな時って
電話した方がいいんでしょうか・・・
いや、客先なら時間つぶして、合わせますが
オフィスに出る時間だと・・・どうでしょう。
いつも
ちょっと悩みます。

しかしこのところ容赦なく寒いですね。。
日本海側や東北・北海道では大雪だということですが、心配です。

雪って、台風と違って音もなく降ってくるから
気がつかないでうっかりしてると
いつの間にか大変なことになっていて驚きますね。
私も子供の頃、しばらく豪雪地帯に住んでいたので
あのしてもしても終わらない雪かきの感覚を思い出します。
ご飯を何度食べてもしばらくするとまた腹が減る
みたいなネバーエンディング・労働(意味不明)

雪かきというのはどう考えてもその内容から言って
労働
なんですが
何の成果物も生み出さない上
春になればあの積み上げたはずの雪山が「消える」という
とても哲学的というか
諸行無常っていうか
いかにも般若心経的な世界だとおもうのです。
色即是空・空即是色。一切皆空。
なんにもない
なんにもない
まったくなんにもなーい。

。。。なんか
悲しくなってきたな(TT


。。。
で。
今週の空模様ですね。
今週は、水星がおもしろいなー、と思うんです。
魚座天王星・牡牛座火星・獅子座土星・蠍座木星が
それぞれビミョーにおんなじような度数にあるのですが
これにそれぞれ、射手座水星がびしびし角度を作っていくのです。
水星は
コミュニケーション、取引、仕事、言葉、移動
などを扱う星です。
上記に挙げた4星は、
それぞれ社会的な、外向けの、具体性の強いイベントを抱えている星々なので
これに対してびしびしと水星が角度を作っていくということは
単純に
「このところずっと直面している問題が、何らかのカタチで動く」
という雰囲気を感じます。
動く
というのも
「解決する」「結論が出る」「最終的な段階にうつる」
ということではなく
なにか
「展開がある」「起こるべき事が起こる」「動きが出る」「ヒントが来る」「見るべき人が見る」
というような雰囲気なのです。
「途中経過なんだけど、見せ場」
みたいな感じでしょうか。
さらにいえば、この
「つぎつぎと角度を作る」
というのがおもしろいなあとおもうのです。
普段タテ割りで、横のコミュニケーションがなかった数個の部署に
ある人がそれぞれのキーマンと接触して情報共有のチャネルを作り
もう一段階上の仕事を可能にした!
みたいなことをイメージさせます。
たしかヒューレッ○○ッカードだったか、アク○○チュアだったか、わすれましたが
部署とか部門をとびこえた個々人のネットワークを積極的に仕事に使う
という制度を持っている会社の話を聞いたことがあります。
何かそんな感じです。
古く言えば、薩長連合を実現した坂本龍馬的な水星、って感じかもしれません。
薩摩と長州は古くから犬猿の仲だったわけですが
それを中へ入って精力的にコミュニケーションさせた龍馬が、
結果的に幕末の膠着的だった状況を一つ先へ進めた、みたいな感じ。

木星、天王星、土星などは
時代
を作り出すような、とても大きなテーマを担っています。
これらが今、ゆるやかに連携をしつつ
火星や水星などの「具体的イベントとして動かす星」に刺激されているので
社会的に大きな出来事や動きが起こりやすいんだろうな
という気がするのです。
それも、一朝一夕に起こってぱっと終わるような
それ単体でクローズドの「事件」ではなく
時代そのものの動きや方向性を象徴するような、一連の
「出来事群」
が社会に認知され
多くの人が自分のこととしてそれを検討する、ということが
焦点を1にしやすい感じがするのです。
天王星と木星は、時代の象徴とか流行とか、
あるトレンド(潮流)に関わりがあります。

個人の生活の中では
このような星を意識してバリバリ使うとき
外の世界にどんどんコミットしていくんだろうとおもいます。
このことがどんなことを表すのか
私はまだよく考え切れていないのですが
自分一人の頭の中に展開されることと
広くたくさんの人たちが関わり合って生み出されている状況とが
より強い相互作用によってかさなりあっていくとき
その人の生き方はどんどん変わっていきます。
頭の中のしくみが変わっていくんだろうな、とおもうのです。

あと、水瓶座に金星が入りました。
これ、一度はいって
「あ!まちがえた!」
みたいに
年末にまた山羊座に戻ります。
まだ逆行してないのですが
すでにやたら進み方が遅くなっています。
止まったように見える、いわゆる「留」の状態です。
年末に山羊座に戻って、そのあとずーーっと逆行してから
2月くらいにようやく、順行なります。
で、そのあと改めて、水瓶座に入ってくるわけです。
金星は、
愛情やお金を扱う星です。
その金星が今、動きをゆーーーっくりにしているので
もうそろそろ、愛情や金銭の流れについて
不思議な停滞感や
「いつもとちょっと違う感じ」
を感じている方も多いかもしれません。
でも、くれぐれも忘れないで頂きたいのは、
これは「終わり」「不運」ではない、ということです。
食べ物でもそうですが
ハンバーグみたいに柔らかくてすぐ飲み込めるたべものと
するめみたいにしっかり噛んで味わわなければいけない食べ物とがあります。
この時期は、しっかり噛む時期なのです。
そうすることで、
味もよくわかるし、唾液が出てガンも防げるし(←ほんとう)、アゴも発達するし、
と、いろんなよいことがあるのです。
ファーストフードみたいに、
さくさく料理が出てきて、ぱくぱくほとんど無意識に食べて
さっさと出て行く
みたいなことも、悪くはないのでしょうが
でも、愛情とか、喜びとかみたいなことは、そんなふうに
「たくさん・早く」
では、なんだかどんどん貧しい感じになってしまう気がします。
愛や喜び、お金も本来そうですけれど
「ほんとうに豊かであること」
ってどういうことなんでしょうか。
靴や服を何百も何千も持っていて、すべて1回しか身につけなかった
みたいな豪勢な話がありますが
その人は幸せで、満たされていたんだろうな
とは
あまり思えません。
そういうテーマが、この時期、問われるし
そのことに気づいた人は、人よりもずっと多くの
「実」
を手にすることができるんだろうな、と思います。

おお、、折しもクリスマスですね!
今年は三連休、どこもかしこも混みそうなクリスマスだなあ・・・
天秤座に月が来るので、
人間関係にスポットが当たりそうですね。
牡牛座の火星はズバリ「モノ」。
クリスマスといえば、プレゼント。
人間関係
だの
プレゼント
だの
わりと直球勝負な雰囲気ですねえ。


今週はそんな感じです。

=====
、おかげさまで、好評発売中です!
どうぞよろしくお願い致します!

あと、セブンイレブンのネットプリントコンテンツで
2005/12/10-2006/2/9の12星座占い、好評発売中です!
今回は1部280円です、こちらもどうぞよろしくお願い致します!


2005/12/12〜2005/12/18のホロスコープ

こんにちは、石井ゆかりです。
先日、ショックなことがありました。
googleで
「筋トレ」
と検索すると
いつも断然トップだったウチが
2位に転落していたんです・・・・(号泣)

最近は
SEM(Search Engine Marketing)とかいって
検索エンジンでいかにサイトのヒットをあげるか
という手法の研究が盛んなのだそうです。
企業やいろんなサイトがこぞってそれを競っているんだそうです。
だからまあ
なーんにも気にしてナイ
ウチみたいなサイトは、おいてけぼりをくらうのはアタリマエなんですが
でもなんか
クヤシイ(涙

かといって
メタタグだの、サイトの構造だのをいじって
「『筋トレ』のキーワードで一位をめざすぞ!」
という気分にもならないんです。
そもそも
筋トレのサイトじゃ、ない、、
どっちかというと、星占いのサイトだよね、、、
じゃあ「星占い」でヒット上位をねらうか、というと
何となくそんな気もしない。。。。

で
結局
ほっぽらかし(爆


努力しないことは
実にはならない
の
典型みたいなハナシです。


で。
今週の空模様ですね。
今週はいろいろイベントが多いんです、
まず、双子座満月。
これは、射手座の太陽・冥王星の0度で起こります。
これはどうもなんかこう、、キワドイですね。
衝撃的。
なにかかくれていたものがぐわっとでてくる、という感じがします。
それも「月満ちて」でてくる。
ある種のものは、ある程度のボリュームにならないと
認知されない
ということがあります。
何かが隠されて、隠れた状態で蓄積されていって
そして一定量になったときにはじめて
ぽん!
と出てくる。
これは、悪いことでもイイコトでもあり得るとおもいます。
秘めた恋心が、相手との時間を重ねるウチに
いつかいっぱいいっぱいになって、とてもじゃないが秘めていられなくなった!
とか。
小さなウソを重ねていったら、いつか大問題になった!
とか。
射手座-双子座間で起こるこのカタチ、
なにか情報や思想、思考のやりとりを感じさせます。
取引なんかもそうですね。
既に起こってしまっているみずほ証券のアレとか
まさにそんな感じ。
ちょっと早すぎますが。


10日頃に火星が順行になり
木星・土星・火星のTスクエアがかなりタイトになってきています。
今週は土星と木星がガチンコ90度になりますし
とても緊張感があります。
獅子座は「個人」の星座で、蠍座は「だれかから受け取るもの」の場所とすると
なにかこう、権利関係がこんがらがりそうな感じもしますね。
それぞれ個別に事情がある。
だから、たとえば単純になにかを折半したからって
即「公平」とはならなかったりする。
ずっとおばあちゃんの面倒を見てきたのは嫁の私なのに
お見舞いにも来なかった旦那の妹がこの家を持っていくなんて許せない!
みたいな。
「公平さ」
というのはあくまで、当事者間のコンセンサスですが
それぞれが見ている「現実」の姿は
千差万別百人十色、まったくちがっています。
これでもか!
というくらい、現実の認識って、ちがう。
馬か鹿かくらいにちがう。
この「違い」が、このTスクエアでは
ガチンコ勝負になってしまうんです。

でも、ここにおもしろいかっこうで作用しているのが
魚座の天王星です。
魚座は元々、ひととひととの「差」を超えてしまうところがある星座ですが、
そんな「超える」作用が
天王星によってものすごくシャープに、ストレートに働きそうな気がします。
天王星自体は、論理的な(時に論理的すぎて受け入れられなかったりするほど)星なんですが
魚座は、論理を超えた真実みたいなものを見てしまう星座です。
両方とも
「フツウ」「常識」
からは
少しズレているところがあります。
だいたい、個人と個人のガチンコ勝負になったときって
常識や「これがフツウよね」っていうのは
通用しなくなります。
みんな、自分がルールブックになります。
そんなときの膠着状態を粉砕してくれるのは
実は、そんな
「論理を超えるほどの論理」「境界を越えるほどの真理」
こそが
機能するのかもしれません。
利害関係のない、全くイノセントな、そしてどこか天然ボケな第三者。
利害やスジミチ、意味のある受け答えなど
この際どうでもいい!
みたいな
ぶっとんだ結論が
今週、みんなの「ため」になるのかもな、なんて想像します。

水星も金星も今週、それぞれ星座越えを果たします。
金星は水瓶座へ、水星は射手座へ、それぞれ移動します。
この2つは、相前後していますが
金星はこのあと、逆行でもう一度山羊座に戻ります。
水星は、先月逆行した場所にもう一度戻っていく格好になります。
要するに
何かが繰り返されている
繰り返されるべき何かが始まる
というような雰囲気が濃厚なのです。
金星マター(恋愛や金銭取引など)は
このあと、少し歩みが遅くなり、
ゆっくりした流れの中でなにかを育てる時期に入ります。
そして水星マター(コミュニケーション、移動、仕事、段取り)は
今まで足止め食らっていた部分がきちんと前に進み続けることになるでしょう。
この2つの流れの変化をごっちゃにしないことが大切だと思います。
何か一つが滞ると、他のこともみんな滞りそうな気がすることがありますが
決してそうではありません。
今成すべきコト
を、何ラインかに分けて、それぞれに考えてみると
意外と不安が解消されるかもな、とおもいました。

今週はそんな感じです。

=====
、おかげさまで、好評発売中です!
どうぞよろしくお願い致します!

あと、セブンイレブンのネットプリントコンテンツで
2005/12/10-2006/2/9の12星座占い、好評発売中です!
今回は1部280円です、こちらもどうぞよろしくお願い致します!


2005/12/5〜2005/12/11のホロスコープ

こんにちは、石井ゆかりです。
久々の曇天です。
微熱で意識朦朧としています(ぽー)
風邪じゃないんですけどね。ええ(月例)

で
ダラもそこそこに
今週の空模様ですね。
今週はまず、ビビッドなのは
木星と火星と天王星の調停
そして週末の火星順行
です。
蠍座木星と牡牛座逆行火星のガチンコ対決の末
「わかったわかった、そういうことなら、君の気持ちももうすこし汲もう」
と火星がオープンになった
みたいな感じがします。
そのオープンのきっかけとして、
魚座の天王星がちょっとトリックスターな茶々を入れたかな、ともおもいます。
だれかの意外な爆弾発言、天然発言が
おもわぬ効果と展開をもたらすような雰囲気があるのです。

火星は10月ごろから逆行してたので
この2ヶ月
けっこうもどかしかったことが多かったのじゃないかと思うんです。
特に11月末はひどかった!
火星・水星・土星の順につぎつぎ逆行が重なり
停滞中の停滞
混乱中の混乱
を体験した人も多かったかと思います。
この間、株がとっても上がっていたのが何か不気味なんですが。。。
まあ
それはとりあえず
おいておこう(汗

先週の新月・水星順行に引き続き
今週末の火星順行。
順行・逆行の転換点は
その前後の「留」の期間から流れの変化が感じられますので
週の半ばから、この火星順行チックな空気を感じる方も
少なくないと思います。
重い荷物から解放され
うだうだしたもどかしさから解放され
すかっ
と先に進めるタイミングだと思います。

蠍座の木星は個別具体的な事情を包み込み解放する感じ、
牡牛座の火星は感性の強化と獲得への意志を感じさせます。
これはどちらも、とても
「個人」
という印象の強い星です。
「みんなのため」
といっても、その「みんな」はあくまで個々の人間でできているわけで
「みんなのしあわせ」イコール
「その構成員個別の心の奥底の幸せ」
であるわけです。
たとえば、バリアフリーとかユニバーサルデザインとかいうのは
「弱者と強者」を分けないようにしましょう、という考えではなく
今日は健常者だった人が明日突然障害者になる
という、この明快な事実をちゃんとうけとめる社会を作ろう
という考えなんだろうと思うのです。
目の見えない人がいて、目の見える自分がいる
のでははなく
「元々生まれたときから目が見えない人」
「かつては見えていたけれど、今は見えないその人」
「今は見えてるかもしれないが、次の瞬間にもいきなり見えなくなるかもしれない自分」
だけが、いつもここにいるんですね。
「未来永劫健常者」
ってのは
全ての瞬間において、どこにもいない、というわけです。
この「個人」の姿をリアルに、個別に、確率や統計でなく見つめる視線を
牡牛座と蠍座は常に、持っています。
水瓶座と獅子座はイマジネーションや理念という、
架空のもの、形而上的なもの、バーチャルなものにも関わりが深いので
同じ固着宮でも、この牡牛座と蠍座の徹底した「個」「絶対性」の世界は
共有してはいません。
具体化し、個別に考え、それぞれの本性を見る。
現在の火星と木星はそんな活動を担っているのかもしれません。
自分に当てはまることが相手にも当てはまるとは限らない。
世間一般に言われていることが自分たちに当てはまるとは限らない。
この「自分の目で見るしかないどうしようもなさ」という緊迫感は
今週を境に、むしろ突き詰められていくだろうと思います。
既存の価値観や一般論では、
解決できない世界にいるのだと、思えるのです。

で。
次に
金星と冥王星と水星のセミヨードです。
セミヨード
とは
セミヌード
にちょっとにていてどきどきしますね(バカ)
これは
水星と冥王星と金星が、ちょうど飛び石みたいに
30度おきに並んでいるのです。
この形は
「ヨードのちょっと弱いの」とか言われたりします。
ヨードは
「自分の意志だけではにっちもさっちもいかない状態」
「いくつかの完全に矛盾する条件を、昇華させなければならない状態」
を意味すると言われます。
私が思うに、ヨードの「膠着状態とその昇華」っていうのは
そのテーマがハッキリ当事者に意識されやすいようなんです。
一方、セミヨードは
本人同士、何が起こってるのかよくわかってない
問題点もつかめないし、その状態がたもたれやすい
という気がします。
でも、今週は
水星と金星
の真ん中に
冥王星
がはいってる、というあたりが、ミソです。
水星は「伝える」星で、
一度逆行してこの場所に戻ってきた状態なんです。
ですから、今までの経過の中で
「今どういう状況か」が、比較的よくわかっています。
山羊座の金星は
「愛を守り育てる」
ことを意図していて、
とても誠実です。
この両者が、冥王星という
「で、ほんとのところ、どうなんだ」
という、ある種「タテマエを許さない」態度の星に貫かれることで
「うまくおさめようとして作り続けてきたルールや関係性を一度壊し、
 本質的なところで再度、コミュニケーションを作り上げる」
というような雰囲気を感じるのです。
射手座と蠍座は特に
「タテマエはいいから、本音で、ありのままでいこうよ」
という雰囲気の濃厚な星座です。
そのような態度が、山羊座の金星という
少し緊張感の強い愛のカベを突き崩し
もっと温かい流れを引き出してくれるのでは、と思えるのです。

今週はそんな感じです。

=====
、おかげさまで、好評発売中です!
どうぞよろしくお願い致します!

あと、12/5の月曜日、セブンイレブンのネットプリントコンテンツで
2005/12/10-2006/2/9の12星座占いをリリースします♪
今回は1部280円です、こちらもどうぞよろしくお願い致します!


2005/11/28〜2005/12/4のホロスコープ

こんにちは、石井ゆかりです。
もうすっかり、冬晴れ!ですねー。
冬晴れとネタバレってにてますね。
うそです。

もう12月なんて
ウソだと言ってくれ(涙


で
今週の空模様ですね。
今週はまず、2日の0時ちょうどくらいに、新月です。
射手座です。
これの場所がいかにもなんというか
なにかありそう
という気がするんです。
他の星と、たくさん角度ができている。

この新月、
太陽と天王星が90度になる直後
です。
この90度は、
社会的に「何かある」角度
という気がしています。
大きめの事件が起こりやすいようなのです。
これに絡んだ新月。
新月は状況の変化の節目になることが多いので
どうも、気になります。
水星はまだ逆行していて
蠍座の後半に入ったところなので
すぐに外に現れず、
順行に移る4日以降に表面化する
なんてことも考えられるかな、、などと。

射手座の星は、「距離をつなぐもの」というのをイメージさせます。
あるいは、距離そのもの。
マークからしてやじるしなんですが
「ベクトル」
っていうイメージがあります。
海外とか法律とか哲学とか旅行とか専門知識とかスポーツとか
を表すと言われていますが
なるほど、なんかベクトル的なモノが
中に入ってる気が、しませんか、どうでしょう。
ここで新月
そしてその新月は魚座の天王星と90度あたり、
さらにいえば
牡羊座ドラゴンヘッドと獅子座土星とで
ほぼ、グランドトラインを形成している。
さらには牡牛座火星と150度、蠍座木星と30度。
うーん。
うーん。
何となくですが
「草原が燃え広がる」
っていう気がします。
今まで徴候として見えていたモノ
火種を抱えていたモノ
が
静かに広がっていく感じ。
今は風の星座に星が少ないので
論理性とか、理性とかよりも
直観や感情、感覚的な分野が走りやすい感じがするんです。
音もなく、何かがずばーっと広がる。
原油価格とか、鳥インフルエンザとか
なんとなく「潜行拡大」するようなものをイメージさせられます。

個人の生活の中で考えると
火の星座は「自分がどうしたいか」を優先させる感覚を持っています。
他人の世話を焼く場合でも
「そのひとのためにやる」
ではなく
「自分がそうしたいからする」
という感覚を持っています。
なので、火の星座の人に頼るのはとても気分がよいです。
恩着せがましい火の星座、って、いないからです。
土星と太陽の120度、
とてもマジメで誠実な雰囲気ですね。
ちゃらちゃらしてない。
情熱的なところや、意志の強いところ、ちゃんと扱われたエゴが
びしっと前に出る
という現れ方をするなら
すごく良い使われ方だな、と思います。

一方
誇り高く、自分のプライドを守るためならどんな勝負でもする
という傾向もあり。
今は獅子座に土星があるので、この
「誇りを傷つけられるのではないか」
という恐れや怒りに、火がつきやすい状態になっている気がします。
今は牡牛座と蠍座に木星と火星が拮抗しているため
いったん怒ると手がつけられない
という雰囲気も濃厚。
態度は強硬になり、なにを言おうが全然受け付けず
心の中で怒りにドンドン油を注いでいくような
そんな「こもって濃くなる状態」もイメージされます。
こっちに出ると、少々展開がコワイなー
と思います。

長いことやりたかったことに静かにチャレンジを開始する
とか、
どうにも苦手だった相手に、静かな情熱を込めて素直に接する
とか
そんな感じもします。
あれこれ考えてうまくいかなかったことについて
原点に戻って素直に、1から始めてみる
というふうにも読めます。
傲慢さや思いこみが消えて
子供みたいに素直で元気な気持ちになれたとき
イメージしていたのとは全然違う形で状況が進む。
そういう方面にこの配置を使えるといいなあ、と思いました。

週末、水星が順行にうつるので
週の半ばからもう、空気が変わった感じがするだろうと思います。
順行・逆行の前後は、星の動きが止まったように見える
「留」
の状態になりますが
既にこの段階から流れの変化が体感できる方が多いようです。
火星が順行になるのは11日頃ですが
このころまでには2段構えで
11月の停滞感から一気に飛び出せるだろうなー
と
ワクワクしておりますところですv

牡牛座火星、山羊座金星、そして天王星と太陽。。。
地震とかがこわいなっと思っていたのですが
中国で大きいのがありましたね。
アメリカでも、地震地帯じゃないところで小さな地震が続いている、と何かで読みましたが
なんかなあ、、コワイです。
怖がっていてもしょうがない、
日々粛々と、自分の信じるように生きていくしかない私たち、
では、あります。
もう俎板の上の鯉として
開き直っているしかないんだよね
と
ショウガナイモードになってます。

今週はそんな感じです。

=====
、おかげさまで、好評発売中です!
どうぞよろしくお願い致します!


2005/11/21〜2005/11/27のホロスコープ

こんにちは、風邪はバカにしたらミケランジェロ、石井ゆかりです。
。。。
いえ
ミケランジェロ
っていうのが
土佐っぽのいわゆる
「いかんぜよ」
に似てるなー
と
思っただけです。
すみません。
ひとりよがりで(今更)
ひとりよがりついでに
どうでもいいんですが
「ほっしゃん。」
の
「。」
はどうしても
要らないような気がするんですが
それは私だけなんでしょうか。
どうなんでしょうか。
ねえ。

。。。。。
風邪でちょっと
ダメになってます。(風邪じゃなくてもですねはいはい)


で、今週の空模様ですね。
。。。
何か書き出せないなー
とおもったら
ホロスコープが手元にありませんでした(爆

はい
今見つけました。
気を取り直していってみましょう。ふ(涙

今週は目立つイベントが2つ。
いや、厳密には一つですが
私としては2つ。
まず、獅子座で土星が逆行します。
いつまでか、というと、来年の4月です。
星が逆行する
というと
何かがうまくいかなくなる
と考えてしまう方も多いのですが、
決してそういうことではないです。
世の中は、自分と、それから自分以外の人でできています。
それぞれ、バイオリズムというか、調子が違います。
それらが関わり合って、干渉し合って、物事が動いていきます。
自分は宝くじも当たるしノリノリでゴンゴン前向きなときでも
メンバーのウチのだれかは、失恋して落ち込んでいるかもしれません。
それらは、分離してはいなくて
お互いにちょっとずつ関わり合って、「全体」ができています。
その調整は、「足して2で割る」ようなことではなくて
どこか「波の干渉」みたいな
ふしぎな形状になるのですね。
自分以外の人たちと、自分との関わり
というのは
生きてることそのもの
みたいなことなので
順行と逆行
っていうのは
イイコトと悪いコト
ではなく
自分と他人の違いによって刻まれるメロディーやリズム
みたいなことだとおもえる、ような気がする、わけです。

で。
土星は物事を「制限する」といわれます。
ジョナサンのところ
http://stars.metawire.com/
を見たら、
「あなたを抑えつけている力が見かけほど強くはない」
という言葉がありました。
今は火星も水星も逆行していて
確かに
「いくぞいくぞいくぞ!」
というノリではなく
「じりじりちょっとずつ」
な雰囲気が濃厚です。
じりじりちょっとずつ
というのは要するに
「明日できることは、明日やればいいや」
ってことかな、とも思えます。
火星が「意気込み」で
土星が「責任感や義務感」で
水星が「能率や効率」
であるなら
それらをゴリゴリ追求し、すぐに結果を出そうとしても
逆行というのは
「そうもいかんばい」
と、押しとどめてしまう雰囲気があるんです。
おじいさんとか、村の長老とかが、血気にはやる若い者に対して
「まあまあ、おまえら、ちょっとまてや」
と話すとき、
長老は、その若い者の勢いの正当性も、解っているわけです。
その上で
「彼らは自分の勢いに飲まれて、見落としているところがある」
と見抜いている、わけです。
今、多くの面でそういった
「見落とし」「気負い込みすぎて見えなくなっている部分」が
発見されようとしている気がします。

有名な作家とか映画監督とかが
「本当に素晴らしいアイデアが浮かんだときは、誰にも言わずに粛々と構築する」
「ある程度、自分のなかで形になるまでは、人には言わない」
と語るのをしばしば聞きます。
これは、
ネタをパクられるのがやだから
とかじゃなく、
口にしたとたんに、形になりかけたモノがぐじゃぐじゃになっちゃう
っていうコトがあるからではないかと思います。
人間には逆に
「だれかに話しているウチに自分の気持ちがハッキリしてきた」
「しゃべりながら新しい考えを思いついた」
っていう現象も、たまに起こります。
でも、これは多分
既にいくつか選択肢がある場合、なのではないかな、と思います。
全く新しいアイデアを自分のなかに生み出したりするプロセスでは
おそらく
黙ってもくもく進めていく
ということも、必要なのかもしれません。

あと、今週、もうひとつおもしろいな、とおもったのは
水星と太陽のすれちがい
です。
太陽は今週、射手座に入ります。
水星は今週、蠍座に戻っていきます。
このとき、すれ違うんです。
これでどんなことが起こるんだろう、って
想像するのはなかなか難しいのですが
射手座と蠍座の境目
のことを考えると
本当に興味深いです。

蠍座は「洞察」で射手座は「哲学」と言われます。


今、射手座と蠍座は
「ミューチュアル・リセプション」
という状態になっています。
蠍座の支配星である冥王星が射手座に
射手座の支配星である木星が蠍座に入っています。
このクロスした状態は
お互いの結果がお互いに流れ込んで、
結果、お互いの中でスジミチが環流し
それによって、この2つの星座の意味合いが大きくなる、と言われています。
コンジャンクションに似た力が生まれる、と書いた本もあったような気がします(たしか)。
この状態で、この境目に置いて
水星と太陽がすれちがう
ってのは
なかなかどうして、刺激的なカンジがするのです。

ベタな想像をしますと
「『男』とは何か」
というとても普遍的・哲学的なことと
「目の前にいるコイツと関わるということは、自分にとってどういうことか」
ということが
具体的なできごととして現れてくる、みたいなことかもしれません。
この2つは、別々のことのようでいて
実は
その人の世界観を作るものと、その人の世界観を変えるもの、という意味で
同じテーマを内と外から戦わせているだけだったり、するのですね。


今週はそんな感じです(どんなだ)

======
、おかげさまで、好評発売中です!
どうぞよろしくお願い致します!


2005/11/14〜2005/11/20のホロスコープ


こんにちは、石井ゆかりです。
めっきり冷え込んできましたね。
この年になると末端が冷えやすくなるのですが
ココアだの きなこだの コーヒーだの ひじきだの
今年もいろんなモノのお世話になりそうです。。
なんとなくみんな
黒っぽいのが
ミソ。
ミソも赤ミソ。

。。。。
で。
今週の空模様いきますね。
今週はなんと言ってもあれです
水星逆行開始、です。
といっても、先週から既に減速モードなので
早くも「何か滞ってるぞ」と感じている方も多いようです。
この水星、12月4日頃まで逆行します。

水星逆行については毎度お騒がせしているので
繰り返しのようでなんなのですが
初めていらした方のためにも敢えていつもと同じことを書かせて頂きます。
水星逆行中は、一般に
 ・物事が遅延しやすい
 ・通信において、返事がなかなかこない
 ・旧友や元彼との再会、課したモノが戻ってくるなど、「返ってくる」ものがある
といわれています。
契約ごとなんかは「よくない」と書いてある教科書が多いようですが
ジョナサンは「いい」って言ってるみたいですね。
これは多分、私が思うに
「書くことの奨励」
があるからかなあ、と思います。
水星逆行中は何でも「書面にする」「紙に書く」ことが、向いてる、とされるのです。
書くと言うことは、出しっぱなしにせずに
「反芻する」
ことです。
書くという出力に、必ず「自分でその文字を見る」という入力がくっついてきます。
この「出して・戻す」というプロセスが
水星逆行にたいへんマッチしているのです。
契約というのは、口約束じゃなくてちゃんと紙に書くぞ、そして残すぞ
ということですから、
大変よろしい、と、言えなくもないだろうと思います。

でも、手続きは多分、ゆきつもどりつするのです。
でも、ここで間違えちゃいけないのは
「遅延する」イコール「悪いこと」でしょうか。
水星逆行時には、確かに
やりなおしが起こります。
そして、待たされます。
体調が悪くなる人もいます。
でも、それは、絶対に必要なことなのです。
むしろ、さくさく進んではうまくいかないことだって、あるわけです。
日本社会は今、なんでもかんでも「思った通りさくさくうまくいかなきゃダメ脅迫症」という病にかかっている気がします。
しかし
順風満帆、何の悩みもトラブルも傷もない、期待通りに進む人生
って
どうでしょう。
これ、、ほんとうに、おもしろいでしょうか。

人間は本当は多分
ケンカしたり問題が発覚したり障害を乗り越えたり、したいのです。
それが、どうも、必要なのです。
でも、「それはダメよ症候群」がはびこっているので、
多くの人が、「遅延」や「やり直し」と聞いたとたんに、
悪いことが起こる!やばい!と思うのではないかな、おもうんです。
遅れたりやり直したりすることは
確かに面倒だし、イライラします。
でも、それを「悪いこと」と捉えてしまうのは、どうもなんか、おかしなことだよね
と思います。
以前にも書いたような気がするんですが
私のかつての上司は
絶対的に必ず! 水星逆行の時、私に新しい仕事を振りました(爆
で、必ずそれらの仕事は、
長いこと手待ちになったり、あるところまで進んだと思ったら振り出しに戻ったりしたのですが
でも
それでも
別に「悪い結果」には、なりませんでした。
プロセスは確かに、煩雑だったり、振り回されたりしましたが
それはそれで、べつに、「良かった」のです。

なので、水星逆行。
これは、悪いことが起こるんだ
というよりも
「いつもと違うことが起こるんだ」
「予測通りにはいかないんだ」
と捉えると、なんか、つかえそうかな、と思います。
ちょっと遅刻してでもしたい寄り道があれば、それをやってしまえ!とか
そういう発想も、アリではないかとおもう、わけです。


で。次。
牡牛座で満月が起こります。16日です。
今牡牛座はとてもホットなので
なかなか気になるところです。
さらに、この満月、冥王星とも角度があるんです。
射手座の冥王星と、牡牛座の満月。
なんかこう、性質的には接点が薄いんですが、
「獲得欲求」みたいなものが
ちょっとつながるなあと思いました。
射手座は、ハンティングスピリットです。
牡牛座は、コレクター魂です。
なにかこう、手に入れたい、っていうところが、ちょっと重なります。
似てる、というのとはちがうんですが、
趣旨に合致する点がある。
冥王星も、支配したり飲み込んだりするイメージのある星ですし
今牡牛座にあるのは攻撃力バンバンの火星ですから
うーん、、、楽天とTBSって今どうなってるんでしたっけ(爆
まあ、そんなようなイメージですね。
個人の中でも
獲得したい、手に入れたい、っていう思いが強まるのではないかという気がします。
何かを手に入れて
そこから変化が起こる、というふうにも、読めます。
よく、スポーツを始めるときなんかに
「オレ、形から入るほうだから」
っていって
まだ1度もやったこともないのに道具の一切を大枚かけてそろえる人があります。
それで3日坊主だと悲しいですが
そこからうまくいっちゃう人も、います。
或いは
最初はただたんにライバルに対抗心を燃やして
ライバルの彼女を追い落とそうとしていたんだけど
だんだんその子に本気になって来ちゃって
しまいにはミイラ取りがミイラになった、なんていう展開もあったりする。
なにかこう
「手に入れることから生まれる、予想外の展開」
というのが
この形から連想されます。

で。
さらに、今週は天王星が逆行から順行に移ります。
天王星、5月頃から逆行を続けていたんですが
今週を境に、前に向かいます。
この場所がなかなかオツでして、
木星と120度という、大変スムースな角度になっています。
天王星は革命・改革の星
とされ、
旧習を打ち壊したり、全く新しい道を開拓したりする星です。
同時に、トレンド、流行など
時代の流れ
を作り出す星とも言われています。
この星が木星と一緒になって進み始めることで
。。。。
一体何が起こるんだろう(爆
うーん、、、、
むりやり連想しますと、たとえば、
過去からずっと隠されていたモノが劇的にあらわれる
などという展開、あるかなあ、、等と思います。
魚座の天王星は
劇的な境界越え
ハッキリした領海侵犯
をイメージさせます。
ものともの、ひととひと、世界と世界をへだてるものを
おもいきってぶっこわす!
という印象なんです。
蠍座は「隠れたもの」を扱う星座なので
なんかこう、隠れたモノがフタを蹴破って出てくるぞ!
みたいな感じがしますね。
とはいえ、天王星も木星も、スピードはゆっくりなので
今週!ピンポイントでその動き!
というのではなくて
大きなプロセスが開始する、というような感じだと思います。

最後、火星と土星が90度です。
このかたち、大変厳しくてガンコな感じがします。
獅子座の土星も、牡牛座の火星も
どうもなんか、
押してもだめ、引いたらもっとダメ
みたいな、うごかなさがあります。
どかっとすわっていて
非常にキビシイ。
それも、論理というより、好き嫌いで判断しているフシがある。
ほとんど「オレがルールブックだ」「俺の名前は印籠代わりだ」みたいな世界です。
リクツが通じない。
むしろ、リクツをこねると
「リクツをこねるヤツは下賤な輩だ」
みたいに見下されちゃったりする。
「言い訳するヤツは卑怯だ」
みたいに思われちゃったりする。
そのくせ、けっこう見た目に左右されやすく、イメージ戦略に弱かったりします。
多分、この時期のトラブルは
この点を逆手に取るとうまくいくかもしれません。
要するに
論理的な正しさやスジミチのすばらしさよりも
良さそうに見えるか
強そうに見えるか
正しそうに見えるかどうか
を追求するわけです。
潔く謝るだけ、のほうが、ちゃんと理由を述べるよりも効果的だったりする。
リクツは通ってないんだけど、パッションをぶつけることによって
ガンコオヤジに気に入られる。
そんな雰囲気が感じられます。

逆に、誰もが相手をなんとなく「断罪」したい雰囲気になりやすいので、
部下を叱ったり、だれかを批判したりするときは、十分注意が必要だと思います。
獅子座の土星は、自尊心を大切にします。
自分の自尊心を大事にしようと思ったら、まず
相手の自尊心をも、尊重しなければならないってことかな、と、思ったりしました。

今週はそんな感じです。

======
、おかげさまで、好評発売中です!
どうぞよろしくお願い致します!


2005/11/7〜2005/11/13のホロスコープ

こんにちは、石井ゆかりです。
突然ですが皆様

300万ヒットありがとーーー!!!!!!(大感謝大会)

まさかここまでこれるとは、、予想だにすらさえ(汗
本当にうれしいです。
本当にどうもありがとうございます。
いや、多分
300万のうちの100万くらいは
本当に筋トレのことが調べたくて間違えちゃった人なんじゃないか、、な、、なんて、、
思ったり思わなかったり(爆

でもサイト名は
この際だからもう
変えませんv

これからはもっとがんばろう!
と
気合いも新たに
今週の空模様いってみましょうね。

まず、
今週は、ハデーな大模様ができあがっています。
火星・海王星・太陽のTスクエアです。
土星、ビミョーにずれてるけど、これも入れると
グランドクロス
になります。
でっかい十文字になる。
土星と火星と太陽ってのは
みんなごりっと男っぽい、意志が前に出る、行動的な星です。
厳しさとか自己主張とかケンカとか
そういうのをイメージさせられます。
このイメージの仲間からはずれてるのが、海王星です。
海王星は、曖昧な、ぼわーとしたイメージの星です。
理想とか、夢とか、疑いとか信じる気持ちとか
そういうのを扱います。
きりっとごりっと手厳しく行動的
な星のガチンコ勝負の中に
一つ、カラーが異なる海王星が入る。
これはなかなか、おもしろい感じです。

グランドクロス
っていうのは
ハードな角度をこれでもか!って具合に組み合わせたみたいな
非常にハードな形とされています。
ハードな形
とは、
悪い形
というのではなくて
出力がばーっと出る
というふうに、私はイメージしています。
その勢いが強く、するどい。
水でも、ちょろちょろ出すのと、勢いよく出すのでは
ぜんぜん意味合いが違ってきます。
ハードな形というのは、良くも悪くも、勢いよく出るのです。
膠着状態を打開するには、ハードな形でなければダメです。
気分良くスムースに、うまくやろうとおもうと、ソフトの方がイイです。
悪事をはたらくとき、
前者だとすぐばれるけど、後者だとばれずに雪だるま式に悪事がでかくなったりします。
勇気を出して一歩前に出る
やろうと思ってやれなかったことをおもいきってやる
今まで言えずにガマンしてきたことを、ガマンしきれずに叫ぶ
みたいなことは
ハードな角度でないと、なかなかやれないのです。

がんばる
努力する
勇気を出す
一歩踏み込んでものを考える
集中してやる
ちょっとムリしてやる。
こんな、
日々どちらかというと「ほしいな」と思えるパワーは
ハードな角度から出てきます。
海王星という、理想や夢を扱う星がこの形に加わっているのですから
情熱や行動力や根性を
自分の夢や理想の方へ向けて、ブレイクスルーさせる
には
このグランドクロスは、とても良い具合に働くのではないかと思うのです。

とはいえ、
今、すでに水星は11月半ばからの逆行に向けてスピードダウンしていますし
火星は逆行真っ盛りなので、
思い切って一歩踏み出したのに
思うような結果がさくっとでない場合があるかもな、とは、思います。
思い切ってやったのに反応が鈍い
と
なんだかガッカリが倍増って言うか
ものすごく後悔したり恥ずかしくなったりしちゃうこともあると思います。
でも、今は絶対に
「結果」
を焦らないことが大事ではないかと思います。
というか、どちらかというと
結果を当て込んでなにかする
よりも
結果なんかどうでもいいからこれだけは言っておかないと腹の虫が治まらない
くらいの自己完結な意気込みの方が
なんか、流れに合っている気がしたりもします。
自分のために、腹の底から前に出たことが
12月くらいになって、
やったあ、やっぱりオレ、正しかったあ
ってなるのではないかなーと
想像したり、しています。

で。
もうひとつ。
山羊座に金星が入りました。
山羊座の金星、大和撫子、って感じですね。
芯の強い、控えめだけど行動的で情熱的な
パワフルな愛を感じさせます。
地の星座(牡牛座・乙女座・山羊座)の愛って、
「育てる」っていうイメージがあります。
滋養に満ちていて、
目の前にあるものそのまま、だけでなく
その変化の可能性とか
成長の余地とかまでぜんぶひっくるめてぽかぽかあっためていくような
そんな厚みがあるんです。
今交わされる愛情には
そんなものがあるんだろうな、と思わされます。
変化の可能性までつっくるめて愛する
というのは
魚座の天王星、蠍座の木星と
この金星が今週、立て続けに関わっていくことで
もっと強調されるのかな、と思いました。

今週はそんな感じです。

=====

、おかげさまで、好評発売中です!
どうぞよろしくお願い致します!


topをねらえ。