2008/3/31-4/6,2008/7/7-2008/8/10の空模様

その週の星の動きについて、石井ゆかりが散漫に書き殴ったものです。
ちなみに、「今週」と言っているのは、タイトル部にある週のことです。
全体の空模様、2006年8月7日以前と、2007/9/30以降のログ>>
全体の空模様、2008年/4月〜6月は「筋トレ回覧場」>>
NP日記・全体空模様ログ(2006/8/7から2007/9/30までの分)>>
「第○期」って何だ。>>


2008/8/4〜8/10のホロスコープ。
こんにちは、石井ゆかりです。
暑いですねー、夏ですね。

夏は、お盆とか終戦記念日とか
なんかこう、死んだ人たちとの距離が近くなる気がします。
「あの世」とか「前世」とかそういうものは
私は、ないといいなあ、と思っています。
あるかどうかわからないけど、ないといいなあ、と思います。
死んだら意識も何もかも一切がなくなってしまうのがいいなと思います。
でも、
死んだらあの人と是非再会したい、というような思いは強くあります。
あの世なんかないほうがいい、あってほしくない、
けれど、もう一度会えたらなあ、というのは
やっぱり、思ってしまうわけです。矛盾してます。


で、今週の空模様です。
回覧板メルマガで間違えたのですが
今週の月は「満ちていく月」です。
すみません--;)
乙女座から出発して、射手座へ向かいます。


この乙女座に、今週は金星が入ります。
この位置どりは
昨年の秋口を思い出します。
土星の乙女座入り、食、そして金星逆行〜順行が
たしかダンゴになって起こっていたと記憶しています。
9月から10月にかけてです。
今週、あのころのダンゴっぷりを彷彿とさせるような
そんな配置になっているわけです。
8月1日の食は去年の9月11日の食とおなじく
ドラゴンテイルの食だぜ
というネタを筋トレメールマガジン(回覧板じゃない方)でやったのですが
ちなみに去年の9月11日は、
阿部元総理が「明日、やめよう」と思った日でした(で、12日に辞めました)。
今年は「内閣改造」でした。
・・・・いえ、たまたまそうなっただけだと思います(爆


あれから1年弱経ったわけですが、
その間、何が起こったか・・
とつらつら考え起こしてみるに
少なくとも私の環境は
大きく変化したなと思います。
いろんなことが違った意味を持つようになったというか、
そういう気がします。
生活自体も変わりました。
あのときのベクトルに、今少し修正がかかっているなあ
というのが、実感してるところです。
あのころ、びゅん!と真東に向かって真っ直ぐ飛び出したものが
いろいろなものと接触し、ぶつかりつつ
いつの間にか南東に向かってた、みたいな感じです。
・・・・いや、どっちだろう・・東か、南西かな・・
いえ、深い意味はありません。


金星は、愛情とお金に関係の深い星です。
この星が移動することで、
これらのテーマに変化が出る
と読むことができます。
星が星座から星座に移動すると、
ある部屋に入ったり、外に出たりするように
空気の変化が感じられることがあります。
今週はそんな感じがあるかもしれません。
その「空気が変わった」感じは、
去年の秋頃からの流れと、一つのストーリーの展開として
結びついている、と思うのです。


で。
そんな、
去年の秋からの流れを一本で考える
というイメージが浮かぶ乙女座の様子に加え、
もうひとつ目に入ってくるのが
金星と冥王星の120度
水星と冥王星の120度
です。
冥王星は、木星・土星とともに
「今年の顔」
です。
1年かけて射手座から山羊座に移動するので、
「顔」なのです。
その冥王星は、一度山羊座に入って、
その後逆行して今は去年と同じ、射手座の最後の方にいます。
これもやっぱり、
「去年から今年への流れ」
を考えさせられる配置のような気がするわけです。
冥王星には「再生」という意味合いがあって、
死んだものが新しい命を得る
という解釈がよくなされます。
失われたものが再生する、戻ってくる
というイベントが、起こりやすいかなと思います。
120度というのはスムースな角度なので、
なんかこう、
「スムースに復活」
という感じがします。


さらに。
今週は星と星の角度が結構たくさんできています。
上記水星は、海王星と180度になります。
水星はコミュニケーションや思考を扱う星で、
海王星はイマジネーションを扱う星です。
この2星が関わると、
「誤解」
というイメージが湧きます。
幻想的なことやインスピレーションが大切なことについては、
この2星の組み合わせはとても有効なのですが
間違っちゃいけないこと、
ミスがゆるされないこと、
などに携わっている人にとって、
この2星の組み合わせは要注意、と言わねばなりません。
ウソはばれやすいですし、
思い違い、カンチガイ、思い込み、などが考えられます。
今週不安になったり、ガーンと落ち込むような情報を受け取ったりしても
「話半分」
にした方がいいと思います。
ウワサはたいていガセです。
あとで「なーんだ、そうだったの!ぜんぜんちがうじゃん!」みたいなことが
起こりやすいだろうと思います。
食品の産地偽装とか、
顧客情報の流出とか、
機械の誤操作とかには特に、気をつけたい配置のように思います。


で。
もうひとつ目立つのが、
火星と天王星の180度です。
この組み合わせは相当鉄火です。
事故に注意
というのがまず思い浮かぶフレーズです。
天王星は突発的な出来事を、
火星は攻撃力やスピードを扱います。
なので、いきなり事故が起こる、という感じがするわけです。
なにか、旧弊をぶっ壊したいとか、
言いたいことを言ってケリを付けたいとか、
ハッキリ別れたいとか、
そう言う向きには「使える」配置だと思います。
もやもやをふきとばしたり
躊躇していたことをぱーんと前に押し出したりするには
この形は、勇気と無謀さをくれるんじゃないかと思います。
でも、守りたいものがある人は
勢いでやらかしてしまわないよう、
気をつけた方がイイかもしれません。
普段、黙ってガマンしている人が
つもり積もったものをバクハツさせてものすごく攻撃的になる
という雰囲気もあります。
日頃迷惑かけてしまっているなあ、ごめんね
と思える人がいる場合は
フォローが必要かもしれません。


今週はそんな感じです。



2008/7/28〜8/3のホロスコープ。
こんにちは、石井ゆかりです。
新しいキーボードにもだんだん慣れてきました。
なんというか、タッチが軽いし、浅いので、
今までより関節への負担が軽くなって
良かったのかもしれません。


で。
今週の空模様ですね。

今週は、なんといっても、
獅子座の日食です。
日食とは、新月のスゴイヤツです。
1年に日食と月食が
だいたい2回ずつあるのですが
来年はもう少し多い・・・
というのも今、「星ダイアリー2009」の原稿をやってるので
なんか今年の話だか来年の話だか、ごっちゃになりつつあります。

話がずれました。
今週の日食です。
獅子座で日食、
つまりホロスコープ上では、
月と太陽が重なる格好になります。
この位置は水星と大変近い位置です。
水星と月と太陽がダンゴになっているような
そんなかたちになるわけです。
今回の食は8月1日なんですが、
ついたちというのは、「朔日」と書きます。
この「朔」という文字、
朔望
という言葉の通り、
朔月:新月
望月:満月
で、
つまり、旧暦時代の1ヶ月の第1日を意味するわけですね。
スタートです。
ちなみに
八月朔日さん
という名字が存在しまして、
はっさく、ほずみ、ほそみ さん
などと読むのだそうです。
早稲の穂を摘む日だったところからくるそうで
「ほづみ」さんと書く方がよいですね、とすると。


どんどん脱線していきます。
元に戻しますね。
いっぴ
というのは何かと「スタート」なのですが
今年の食という印象的な出来事が
カレンダーの上でのスタートと重なっているのは
なんかとっても幸先良いような気がします(気のせい
水星は
コミュニケーション、伝達、言葉、移動、ビジネス、思考
等を扱います。
この星がこの食に関与しているところから、
なんか良い報せが来そうだ!
という気がしないでもないです。
獅子座はなんか元気でハッピーな感じです。
たのしむことがすき
な星座です。
あかるく、表現力に富む星座です。
ですから、なんか派手な宣言とかがあってもよさげです。
ぱーんと打ち上げ花火、というか
それがのろしになってるみたいな
そんな感じですね。
満月・新月・食なんかは
その前後のつながりの中で意味を持ってるという気がします。
そのときいきなり起こる単発のイベント
ではなくて
経緯があって、その先の物語がある、
その結節点、転換点、曲がり角
という感じがするのです。
食の前後は特に、そういうイメージがあります。

食や満月・新月というと
それは何日の何時に起こりますか
ということを気にする方がいらっしゃいます。
でも、これはいわば
3時ジャスト(ぽーん)
みたいな感じのことで、
なんというか・・・・・・・・・
「出来事」というのは時間帯的にとらえるほうが
体感としては合っている気がするんです。
「それはいつ起こったんですか?」
「昨日の午後、そうですね、三時頃ですよ。二時から三時半のあいだくらいかな」
みたいな、こう、幅があると思うのです。
なので、満月や新月、食というのは
その前後数日間の幅を持って捉える方が
体感として、現実的だなあという気がします。
もうそろそろ(これを書いてるのは土曜日なわけですが)なんかあるかもしれないぜ
ってことですね。
・・・・ちょっと早い・・・か・・・


さらに。
これも獅子座に位置する金星が、水瓶座の海王星と
180度という角度を作ります。
金星は愛や金銭にまつわる星で、
海王星はイマジネーション、夢、信じることなどを扱う星です。
この2つの星が強力な角度を作るため、
なんかこう、愛やお金について
ぼわーっ
としそうです。
あまり現実的でない。
キラキラしている。
儲け話に騙される、みたいなイメージもあります。
アーティスティックな活動をしている人にとっては
突破口のようなインスピレーションがもたらされそう!
みたいな感じもします。
水星・食とこれの合わせ技で
いつも何も言わない彼が、突然愛情表現してくれた!
みたいなことも
あったりなかったり。
不器用な男ほどロマンティストだったりするわけで
「むっつり黙り込んでると思ったら、少女マンガ大好き男だった!」
みたいなことが発覚したりとか。

なんかワケわかんなくなってきました。

要するに
ロマンティシズムやイマジネーション、理想などが
キラキラと美しく広がりやすい
ということだと思います。
だから、例えば
悲恋のイメージをロマンティックだと捉えている人が
いつの間にかこのイメージに支配されて
現実に進行中の恋愛を悲恋のイメージ通りに進めようとしてしまう
というような
不思議なことも起こりかねないわけです。
悲しみは不思議と、美しく感じられます。
この美しさに酔ってしまって
起こって欲しくないことを引き起こしてしまう
ということがないように
気をつけたい、かもしれません。
信じることや愛することの美しさのほうをイメージするなら
そのイメージに飲み込まれて、幸せな時間を
共有することができるかもしれません。


今週はそんな感じです。



2008/7/21〜7/27のホロスコープ。
こんにちは、石井ゆかりです。
キーボードを新調して
なかなか良い調子・・・・なのかどうか
まだ慣れてません。
なんでも、水をはじくということで
そそっかしい私のためにあるような製品です。
さらに、静かです。
私のキータッチは筆圧同様、ものすごくうるさいのですが
これは大きな音が出ない仕様になっているようで
静かです。
なんと
すばらしい。
ご近所思い(そこまですごい音なのか(掃除機並み



で。
今週の空模様ですね。

今週は、太陽と水星が獅子座に移動します。
いままで蟹座にダンゴになっていた状態が
週末に獅子座にうつるわけです。
といっても、水星は蟹座の17度から獅子座の0度までを
一週間で一気に移動します。
移動し尽くします。
逆行後はそれを取り返そうとするみたいに早く動くわけですが
ぎゅんっといきます。
その間、天王星や海王星、冥王星と、
120度・150度を形成します。
不思議な具合に、気持ちと気持ちのやりとりが発生する
という感じがします。
そんな気持ちだったの?
とびっくりさせられるような形かなあ、と思います。
思いがけないことを喜ばれていたり
思いがけないことが傷つけていたり
そんなことがわかって、
状況が変化するかもしれません。
水星は「メッセンジャー」です。
蟹座は、感情の星座です。
だから、気持ちのこもった言葉を通して
何かが起こる
というイメージが湧くわけです。


さらに。
木星と火星が120度を組みます。
山羊座と乙女座の間でこの形ができるわけですが
なんだかとても「実質的」です。
木星も火星も、
どちらかと言えば内側よりも外側に向かう力を扱う星です。
家の外、社会。
多くの人たちが集まる「外界」で起こる出来事
に関係の深い星です。
エネルギー問題、環境問題、食料、年金の問題などが
なんとなく思い浮かびます。
個人の生活に置いては、
仕事や生活環境、コミュニティとの関わりなど
「外向け」のテーマにおいて
なにかがスムースかつ明確に動いたり決まったり
という雰囲気があります。
乙女座と山羊座は地の星座で、
実質的ですし、物質的でもあります。
土地とか、なにか財に関わること、
実体のあるもの、そういう分野で「動く」気配があるわけです。


金星と木星の間にも、150度という形ができます。
2つとも、楽観的でハッピーな星ですが
150度というのは少しこんがらがった角度です。
全く傾向の違うもの同士が絡む
という意味合いが出てきますので、
話がなかなか噛み合わなかったり
矛盾したりする
という気配があります。
2人ともいい人なんだけどなんか噛み合わないんだよね
と言った場合、
それぞれの「前提」みたいなものが違っている
という可能性が考えられます。
違うもの同士が関わる時に問題になるのは
違いに気づいていない場合、だと思います。
違っていても、
両者がその違いに気づいていれば
大丈夫なわけです。
実際、150度の関係で引かれあうことがあるのですが
その場合は明らかに
「お互いの違い」に惹きつけられているわけなのですね。
違っているかどうか、ということは
直接の問題にはならないんだと思います。
問題なのは、
違っていることに気づかず、同じようにすることを期待する
場合だと思います。
今週はそんなわけで
「ラッキー」を楽観しすぎると混乱する
みたいな感じがあるかもしれません。
物事のズレや矛盾、相違を前提として見るようにすると、
おもしろいことが起こるんじゃないかと思います。


今週はそんな感じです。



2008/7/14〜7/20のホロスコープ。

こんにちは、石井ゆかりです。
もう7月も半ばになって参りました、
だんだん夏です。

暑いのは苦手なのですが
かーっと汗をかくのはけっこうキモチがよいです。


で。
今週の空模様ですね。
今週は、まず、山羊座で満月があります。
18日です。
山羊座には昨年末から木星がおはしましましており、
この満月では去年の年末から来年年明けまで、
つまりだいたい2008年一杯を通しての
「年間テーマ」
に「ライトが当たる」と読める気がします。
ちょうど年の半ばということもあり、
「中継地点」みたいなところですね。
「マイルストーン」と言ってもイイかもしれません。
折り返し地点で今、何位くらいか
ということがチェックできる。
そんな出来事が起こりそうな気がします。

満月は「満ちる」タイミング
と言われます。
山登りで言えばちょうど
山頂
みたいなところじゃないかと思います。
のぼりが終わって、
次の山に向かうまでの下りを下る
みたいなところです。
こっから下り坂
という意味ではなく、
ひとつのミッションが盛り上がりの最高潮に達し、
更に次へむけて動き出す、というような
転換点に当たります。
なので、自然と重要なイベントが予定されることも多いようです。
女子はセイリが始まりやすいと言われてますが
「満ちた」わけですな。
何かが失われたりジリ貧になったりする、ということではなく
単に局面が変わるというだけのこと、と解釈できるとおもうのです。

山羊座の満月は、「守ろう」という気持ちが強くなります。
で、攻撃力が高まるわけです。
なんかこう、
失うかもしれないとか
傷つくかもしれないとか、
そういう恐怖心が募って、その結果
つんけんしちゃったり辛く当たっちゃったりする
という気配もあります。
満月前後は感情が不安定に揺れる人も多いようです。
この時期「過剰防衛」に注意、かもしれません。


で。
満月より前なのですが
蟹座の太陽が、
魚座の天王星、水瓶座の海王星などと角度を作っていきます。
さらに、蟹座の水星も
乙女座の土星・火星と角度を作っていきます。
蟹座の2星の動きが、
それぞれアクションを起こしていく
という格好です。
これらはなかなか機動的です。
木星のテーマを満月が照らす
と上に書いたのですが
そういう言い方をするなら現在、
土星のテーマに火星が火を入れる
というタイミングとも言えます。
土星のテーマ
とは、昨年10月頃からスタートした例の件なわけですが
(例の件、とは、みなさんお心当たりを個別にたどって頂きたいわけですが)
(何もお心当たりがなかったら済みません)
そのテーマに、ぐいんとドライブがかかった状態になってるわけですね。
先週、それをどーんと後押しするような出来事が
起こったかもしれません。
引き続き、今週もそれに関する動きが出そうなのですが
この「動き」は、「お知らせ」系のものではないかとおもいます。
先週具体的に起こった出来事について
今週、それについての追加情報が入ったり、
声がかかったり反応が送られてきたり
という流れなのかなと思います。

金星は獅子座でぴかぴかしています。
今の時期、風の星座に星が一つしかないため、
なんとなくコミュニケーションに冷静さを欠くようなイメージもあります。
火星・土星・木星と3星を集めて更に山羊座満月、と
大きな流れは依然、地の星座にテンションがかかっているわけですが
地の星座は
「持論」
がしっかりハッキリしています。
価値観が骨太だからです。
なので、なにかこじれた問題があるならば
ちょっとほぐすのが難しい時期なのかもしれません。
妥協できにくいのですね。
風の星座は異質なもの同士でもなんとか橋を架けようとする力を扱うので、
それが今は弱い、というあたりで、
優しさや温かさ、寛容さなどを
うまく使っていければと思ったりしました。

今週はこんな感じです。


2008/7/7〜7/13のホロスコープ。

こんにちは、石井ゆかりです。
いやあ、暑いですね・・・・・
もう夏ですね、7月だもんね。


こちらで全体の空模様書くのは久々なので
なんか緊張します(爆


で
早々に今週の空模様です。

先週も何かとハデだったんですが
今週もけっこうハデです。
先週は切り替えとか仕切直しとか、
「スイッチ」
っぽかったんですが、
今週は
「イベント」
っぽいです。
出来事が多そう
という感じがするのです。
折しも、3日の新月から満ちていく月になっておりまして、
段々パワーアップしていく、ところへ
まず気になるのが火星と土星のアクセスです。
この2つの星が重なるわけです。

土星は去年から乙女座にいまして、
今着々と前進を続けている最中です。
そこで火星という、アクティブで熱い星がかさなる、ということで
「火が入る」
という感じがいたします。
ずっと懸案だったことにびしっと力がこもって一歩前進
ブレイクスルー
という感じですね。
火星は怒り、
土星は厳しさをそれぞれ、扱う星でもあります。
なので、
言うことはびしっと言ったれ
しっかり叱ってちゃんと解らせる
というような雰囲気もあります。
言いたいこと言わんとアカン
という感じなのですね。
でも、
言い過ぎ、やりすぎ、断罪のしすぎ
という気配もある形ですので、
びしっとやりすぎて失ってはならないモノを失う
とかにならないよう、
十分ご注意下さい。
ケンカに勝って人生に負ける
というのはあまりよくないです。
建設的目標のためのケンカは奨励される配置ですが
ケンカのためのケンカ
断罪のための断罪
になってしまうと、
あとで「やりすぎた!」となる可能性もあります。
なにより自分でよくよく気をつけたいと思います(←わりとキレキャラらしい


で。
木星と太陽の180度
冥王星と水星の180度
という形も見えます。
これもなかなか、ばーんとどーんと来る感じの形です。
木星は「1年のテーマ」で、
冥王星の射手座→山羊座移動というのも今年のテーマと言えると思います。
そんな「今年のテーマ」に
対岸から刺激が加わるわけです。
180度というのは、そうとうに刺激的な形です。
ばしっとうごく
ナアナアで済まない
という気配の形です。
ですから、ここにも
「去年末・年明けから進んできたことに
 明解な一つのジャンプアップが起こる」
というふうなニオイがただよっているわけです。


水星は、上記冥王星ヒットの後、
蟹座に移動します。
蟹座には太陽と金星が待っていまして、
蟹座に3星があつまるかたちになります。
蟹座は、感情を軸に、味方や世界を作ろうとする星座です。
身内意識が強まる感じですね。
ここまで書いて
気がついたんですが
サミットですね・・・・・・
蟹座-山羊座(木星)のラインはナショナリズムの香りがプンプンしてまして
乙女座の土星と火星って、なんかきな臭いんだよなあ。
なんか誰かがいきなり怒り出したりつかみ合いになったりしないといいんですが・・
円満に終わったとしても
舞台裏では相当激しい応酬があるのでは
という感じもします。

環境問題と食糧の問題、そして石油価格高騰の問題が今回、
注目を集めているようですが
乙女座-山羊座の、地の気配としっかり符合してる感じです。
蟹座は「テリトリー」の星座で、
そこに3星集まっている状態なので
なんか「陣取り合戦」みたいにならなければいいのですが。
身内にはベタベタにやさしく、
他人には他人だと言うだけの理由で敵対するほど排他的になれる星座が
蟹座という星座だということになっております。
「みんなわかりあえるさ、同じ人間だもの」
というような理想論が通用しないのが
山羊座-蟹座ライン、といえるかもしれません。
わかりあえないからこそ、時間をかけてじっくり対話をする。
そういうことなんだろうな、とおもったり、しました。

全体的に見て、
風の星座と火の星座が手薄です。
地の星座と水の星座に星が集まっている
というイメージの配置になっております。
水は感情、地は実利。
天下国家や外交問題はさておき、
個人のレベルで言うならば
自分の利益を優先して、感情的に攻撃する
という人に接触したくないなあ
という気分になりますが
共感し、与え合う
というふうになれれば、すごくいいなあとおもいます。
地の星座も水の星座も、
リクツや正義の前にまず
「生身の人間」
を見いだす傾向があります。
良いところも悪いところもある、
強いところも弱いところもある、
それが人間じゃないか
という、「現実を直視する力」が
水の星座と地の星座には、ゆたかに具わっています。
この2つの力が機能して、
より建設的な未来をぐいっと、引き寄せられればいいなあ
等と思ったのでした。


今週はそんな感じです。




2008/3/31〜2008/4/6のホロスコープ。

こんにちは、石井ゆかりです。
東京はすっかり桜が満開です。
今日はこれから雨だそうですが
降らないうちにひとっ走り見てきたいです。

あちこちで告知して参りましたが、
今回の更新をもちまして
「筋トレ」及び石井ゆかりの占い記事執筆活動は
休止モード
となります。
詳細はこちらです(この日のコメント欄は制限容量いっぱいでもう書き込めません。皆皆様ほんとにありがとうございました)。
石井NP日記 2008/3/13 ラブレター。
7月に復活します。
勝手でほんとにすみません。。。

活動休止といってもなにを休止してなには続くのだ
というあたりの詳細は、以下の空模様のあとに書きました。
スクロールしてみて下さいね。



で。

今週の空模様ですね。

今週は、まず、水星が牡羊座に移動します。
そして週末、牡羊座で新月が起こります。
牡羊座にポイントがある
という雰囲気です。
牡羊座は、「スタート」の星座です。
12星座は必ず牡羊座からスタートなのです。
牡羊座スタートで、魚座ラスト。
魚座は全てがたどり着く海のような雰囲気の星座で。
牡羊座はそこからぱあっと貝が出てきてビーナスの誕生!
みたいな(どんなだ
まあ、ビーナスは牡羊座とは関係ないわけですが
絵面的にあの絵が合う気がする、わけです(こじつけ


で。
牡羊座に水星と新月、
新月ということはここで太陽と月が重なるということです。
星占いの入門書とか見てもあまり書いていないので気づかないんですが
ホロスコープを読む
ということを練習していると、
月と太陽のコンジャンクション
というのが出てきます。
これが即ち「新月」なのですが
出生図を読む
とかいう記事の中では滅多に「新月」って書いてないんですね(記憶が正しければ
おもしろいなーとおもいます。
しばしば
「新月や満月は星占いと関係あるんですか」
というご質問を頂くのですが
新月は星占い語にすると(いや、新月ってのも星占い語の一種のような気がするのですが)「太陽と月のコンジャンクション」で、
満月は「太陽と月のオポジション」で
食は「ドラゴンヘッドやテイル(月のノードともいう)と近い位置での満月や新月」
となるわけです。
つまり
関係アリアリ
なわけです。


で。
脱線しました。
要するに、今週は
「スタート」のムードが強い、と言えます。
まあ、当たり前と言えば当たり前です。
4月の第一週ですから。。
入学や入社の季節ですものね。
星占いと関係ないじゃん
と言われるかもしれませんが
暦と星占いはそも出所が一緒なので
まあ、そんなふうになるのも当然と言えば当然なんです。
海の向こうでは9月から新学期
だったりしますが
あれも事情は似ています。
牡羊座が何故スタートか、というと
牡羊座のスタートライン、春分点を太陽が通る日を基準としているからです。
9月は秋分の日があります。
昼の長さと夜の長さが同じになる日
を基準としているということでは
にてるわけですね。


で。
何の話しをしてるんだ。
そうだ、今週の空模様ですね。
そんなわけなので、今週は「皮切り」なわけです。
さらに。
木星と天王星がおもしろい連動を見せます。
60度という角度を作りつつ
ずずずず
っと動いています。
木星と天王星は速さが全然違います。
木星の方が基本的には動きが速いです。
軌道が内側ですから、当然です。
でもこの時期、木星はスピードが落ちていて
一方の天王星は若干、スピードが上がっています。
ですから、手を繋いだ状態で動くように見える
ということです。
60度というのは、星占いでは
わりと円満な角度とされています。
使えばすごく使える
というもの、だそうです。
木星は成長・発展・膨張。
天王星は改革・変化・自立・ハイテク・突然の動き。
おもしろいことが起こりそうです。
この2つの星は時間をかけて回る星々ですので
今週起こる出来事は突発的でも
その出来事が今後引き起こすことというのは、
長期性を帯びているのではないかと思います。


さらに。
冥王星が今週、逆行をはじめます。
冥王星は年明けに山羊座に移動しました。
冥王星の星座移動は12年ぶりだったので
けっこう大きな変化を体験した人も
多かったかもしれません。
動きの遅い星(太陽から遠い星、特に土星より外の星)
が示唆する変化というのは
一瞬でカタがつくようなものではなく、
ある期間を経て、大きな潮流の変化のように体験されます。
変化があります
と占いに書かれていると
「何月何日何時何分地球のどこで?」
と小学生がケンカしてるみたいな気分になることもあるわけですが
実際、大きな変化ほど
長い時間をかけて着々と育まれて
曲がり角をゆっくり回ることになるわけですね。

冥王星に示唆される変化については
ここまである程度、
目に見えて前に進んできただろうとおもうのですが
ここからすこし「熟成期間」に入ります。
この「熟成期間」を抜けるのは、9月ごろです。
このあと冥王星は一旦射手座に戻り、
さらに、年末にもう一度、山羊座に戻ってきます。


「1年」というスパンで見て、
けっこうハッキリした曲がり角の頂点になっているのが
今週、かなあ、という雰囲気を感じます。
だいたい、生活というのは
たった一つのことに取り組んでいる
ということだけで成り立ってる人も勿論あるかもしれませんが
いろいろあるわけですね。
仕事一つとってみても、
人間関係に取り組む時もあれば、
新しい仕事がメインテーマになることもあれば、
取引先が変わるとか、組織の問題に手をつけるとか、
そのときそのときで
「メインテーマ」
がちがっています。
生活全体を見渡して
引っ越しがメインテーマになったり、
恋がメインテーマになったり、
親のことがメインテーマになったり、
生活を見渡した上での「優先順位」というのは
時期によってどんどん変わっていくわけです。
今週はそんなふうに
優先順位が変わる
新しくスタートすることと、一段落させることと、が入れ替わる
みたいな雰囲気に包まれています。


今週はそんな感じです。


----


石井ゆかり3ヶ月(4月〜6月いっぱい)占いお休みモード
の詳細は、
以下の通りです。


(1)筋トレ週報・12星座分け は週末更新(月曜までにはやります。)
(2)月間占いは、携帯サイト「星読み」のプチ占いをのぞき、すべて休止
(3)この「全体の空模様」は、「筋トレ回覧板」で公開
  (上の通りバックナンバー公開してますので登録しなくても読めます)  
(4)「筋トレメールマガジン」は不定期発行


「7月復活」の意味合いは、

・MYLOHAS.netの月間占い復活
・筋トレ週報の金曜更新復活
・携帯サイト「星読み」の週報と月報更新復活
・全体の空模様ほか、元通りのページ更新に正常化
・「筋トレ回覧板」の質疑応答復活
・「筋トレメールマガジン」正常化

です。
あと、新しいコンテンツも企画しつつあります。

さらに、今まで公開しておりましたメールアドレスですが
もうスパムメールでいっぱいいっぱいで、
スパムとそうじゃないのを見分けるだけですごく時間がかかっちゃう
みたいな状態になってしまいました。
なので、今後はメールフォームで対応したいと思います。
ご質問ご意見ご感想は、これまでのメールアドレスではなく
メールフォームからお願いします。


さらに、来週更新の「全体の空模様」なんですが、
どうもここにアップすることができない状況なので、
別ページに飛ばします。
ここです。
筋トレ週報・テンポラリ更新
12星座ワケのページから行けるようにリンク張りますので、
そちらをご参照下さい。
できるだけわかりやすいようにしておきますので、大丈夫です。
「いつもとちょっと雰囲気違うかも」とだけ
思っておいて頂ければ大丈夫なはずです。
ややこしくて申し訳ないです。



----


石井ゆかりの新刊「星なしで、ラブレターを。」好評発売中です!

今回は星占いの本じゃないので
ガッカリ
の方も多いかもしれませんが、
星占いを書く時の石井ゆかりのスタンスみたいなものが
みっちり詰め込まれた一冊になっております。
どうかどうか、よろしくお願い申し上げます!





topをねらえ。