2002/2/18〜2002/4/7の空模様




その週の星の運行状況や、全般的な運気の流れについて、石井ゆかりが散漫に書き殴ります。
ちなみに、この内容はえるぱーくの星占いの内容の
補足のようなところがあります。二つあわせて見ると、尚良し。
ちなみに、「今週」と言っているのは、ほんとの今週でなく、タイトル部にある週のことです。

メニューに戻る


2002/4/1〜2002/4/7のホロスコープ

最近ジョナサン入ってきたといわれたりしております、石井ゆかりです。
おそれおおいことです。
やはり影響を受けているアーティスト、みたいなことなんでしょうか。
Grayとなんとか、みたいなことなんでしょうか。
いや、なんか、ジョナサンはね、
「あそこまで自由に書いてもいいのね、占いって」
的な、ある意味「やってもいいことのボーダーライン」
のように思えてます。
っていうか、ちょっと唖然とさせられる時もあります。
いやー、やっぱアリスとかマザーグースとかジャミロクワイとかだし、
奥深いよな、イギリス文化。

で、今週の空模様ですが、
土星と海王星が120度を組んでいるのはもうだいぶ前からなんですが、
この2つの星のちょうど真ん中を、太陽と水星が通るんです。
これってどういうことかなあ。
なにがあるんでしょう。
土星と海王星の組み合わせは、何だか自己犠牲なんです。
自分を押さえて相手につくすような、
自分を削って何かに耐えるような。
この形に、太陽と水星というイベントキックな星が刺激を加えるので、
どうもそのような気持ちが具体的行動になりやすいんじゃないかと思います。
今の太陽と水星は牡羊座にありますから、
激情に身を任せやすいのです。
つまり、激情に身を任せて犠牲的行動に出る、のかなあ。
情報を疑うあまり怒り狂う、とも読めますね。
あるいは、疑惑を行動で暴く、とかね。
いずれにせよ、ある期間固定的な状況が形成されているところへ、
その状況に光を当てるような具体的な動きが発生するわけです。
たとえば、2人の愛し合う男女がいたとして、
その愛し合っている状態は、一種の「状況」ですね。
で、そこへ他の男が現れるとか、
彼が長期出張でしばらくあえないとか、
会社が倒産するとか、
ボクシングを始めるために勝手に上京するとか、
ある種目立ったイベントが引き起こされると、
ああ、やっぱり私たちの愛は深いのね、とか、
私たちの愛はにせものだったのね、とか、
そういうことがわかりやすくなるわけです。
何の波風も立たない日々だと、
固定的に横たわっている状況って
渦中にある人間には特にみえにくいもんですが、
ちょっと波風が立つと、いろいろ問われてくるわけで、
そこで答えを出す過程において、
もっと大きなテーマなり問題なりが再認識されると。
ゆーわけだ。
今週は、ここしばらく抱えていた問題に、
そういう「再認識」が可能になるようなイベントが起こりやすいのです。
この影響を最も受けやすいのは、
牡羊座・水瓶座・双子座の前半から中盤、
射手座の前半から中盤、
天秤座と獅子座と乙女座の前半から中盤、
と、そんなところです。
ほかの星座でも、前半から中盤生まれの人は特に、その傾向がつよまります。

今週は、金星が牡牛座に入ります。
金星は牡牛座でとても居心地がよいようです。
食べること飲むことなにかきれいなものを買うこと、
これらは今、総じて幸運を呼ぶでしょう。
金星が牡牛座にはいると、木星と素敵な角度になるのです。
だから、今の投資は長続きするだけでなく、
末広がりなのです。
この傾向は恋愛運にももちろん影響します。
牡牛座と乙女座の前半は、絶好調通り越して気分悪くなるくらいです。
蟹座の前半もかなり良いです。
ちょっとハードさが含まれますがやはり幸運なのは蠍座、山羊座。
このハードさというのは、
あるものを得るが、そこにはすったもんだがちょっと伴う、ということです。
殴り合いの末無二の親友となる、みたいなことですな。
魚座もかなり良さそうです。

星座の後半の方々は、
今週はちょっと注意が必要です。
なんかアブナイ形ができていて、
貴方自身の衝動や他人の衝動に揺さぶりがかかりそうです。
男運もそうですし、
事故とか怪我とか、そういったアクシデントにも縁ができます。
何事も、無理をしないことが一番です。
スピードの出しすぎとか競争心のだしすぎとか、
くれぐれもご注意を。
牡牛座・水瓶座・蠍座・獅子座の後半の方々は、
特に要注意です。
脅かすわけではありません。
ちょっとだけ転ばぬ先の杖をお持ち下さい。
男で死ぬこたーないけど、
クルマとかでは、どうしよもないからね。ほんと。

今週はそんな感じです。



2002/3/25〜2002/3/31のホロスコープ

星占い的には、先週新たな年が始まりました。
私もいろんな新しいことが起こりそうで、
でもほんとのところどうなのかな、な感じです。
そういえば、彗星が近づいているようですが、
やっぱり影響って、あるんだろうなあ。
ジョナサンはあるって言ってるみたいですが、、
去年「天体観測」っていう曲が流行りましたが、
あれ、いいよな。すきだな。
でもあのバンド(未だ名前がよくわからない)が最近(?)出した曲、
「ハルジオン」。
・・・・。
「ハルシオン」
というくすりや
「ハルジョオン」
という花(草?)のことは知っているのだが。混乱気味。
ちなみに、ハルジョオンは、
「貧乏草」
「ペンペン草」
などといわれており、
さらに「ペンペン草」は
ナズナの間違いといわれております。
こうきゅうなはなのことはわからないけど
ざっそうにはくわしいの。
なんたってオイラの人生、
がっくりきてみちばたでしゃがみこみたくなるようなことばっかりだからさ(涙)

などと湿っぽくなったところで今週の空模様なんですが、
今週は恋愛関係がとても動的な感じがします。
お金もそうなんですが、
思いがけないことや大きな変化が、ガツンと起こりそうな気配があります。
それというのも、
火星と冥王星が150度
金星と天王星が60度
をそれぞれ組むからなんです。
150度というのは、
ホラリーでは「物事の変化」を、
出生図では「葛藤の末の習得」を示すとされています。
150度は、物事の違いに気づいて、
その関係をあるべき姿に修復しようとする、
あるいは違うモノ同士がどんな関係を作ることが可能なのかを模索する角度といえます。
一方で、この火星と冥王星という星は
非常に強力な破壊力をもっているので、
事態が徹底的に変化する可能性がでてくるというわけです。
この影響を最も強く受けるのは
牡牛座の中盤、射手座の中盤の方々です。
あとは蟹座中盤、乙女座中盤、
魚座の中盤、水瓶座の中盤なんかにも影響があるでしょう。
転職、出会い、別れ、性愛の高まり、野望の追求。
財の取得に関しても、何かが起こりそうです。
徹底的に何かを失う人もいるでしょうが、
これは焦土から新たな何かを生み出すための準備と位置づけられます。
なぜなら、
冥王星は破壊だけでなく再生の星でもあるからです。

金星と天王星の60度は、
ハプニングやイレギュラーな、
場合によっては社会的常識の範囲を逸脱するような
愛や金銭を示します。
ほしいモノが明確な人は、
変化にひるまず人目にめげず、
チャンスをモノにしていきましょう。
変化やトラブル、ハプニングというのは、得てしてチャンスなのです。
波風が立たないところからは、いいことも悪いことも起こりにくいのです。
予想外のことが苦手なのは牡牛座や獅子座、蠍座や水瓶座ですが、
今週のこの変化運、
これらの星座の方々、特に後半生まれの方々を、
強く刺激してくるようです。
メインは水瓶座と牡羊座と乙女座の後半生まれが強い力を受け、
さらに獅子座、射手座、双子座、蟹座、蠍座、天秤座の後半の方々に、
この金星と天王星のキックがかかります。
新しいこと、年若いものに縁が出やすいので、
なにか選択する場合はこれを基準にしても良いでしょうね。

今週以降、
双子座の前半に居座っていた土星が、
静かに双子座中盤にうつっていきます。
今をさかのぼること何ヶ月かな?の2000年8月下旬から今月まで、
いろんな辛く苦しいことがあったのではないでしょうか。
自由が糧であるような双子座に、
多くの手枷足枷がかかり、大きな体験をされたと思います。
そんな苦しい思いを経て、
今ではずっと大きくなり、見違えるようになった貴方です。
今週以降、貴方の人生は新しい世界に入っていきます。
それがなんなのかは、
貴方にはもうよくわかっているはずです。
この1年半ほどは、
30年スパンでみた貴方にとってのお誕生日といえるようなモノでした。
次の30年をはじめるにあたって、
石井ゆかりから貴方にこころより、
おめでとうございます、といわせていただきます。
もし良かったら、
今週、この新たな旅の始まりを祝って、
ささやかに祝杯をあげてみられてはいかがでしょうか。

今週はそんな感じです。



2002/3/18〜2002/3/24のホロスコープ

ホワイトデーなんにもなかった、どころか、おなかが劇的に痛くなって、
修羅場の職場から敵前逃亡したあげくうちで寝てました、石井ゆかりです。
みなさまはたのしくおすごしになれましたでしょうか。
なんか最近の週報をみていると、
なんだよ、占いなんかしてても
けっこう不幸なんじゃん、
無駄じゃん。
と思われる方も多いかもしれませんね。
私もそう思います(自爆)

さて、救いがないところで今週の空模様でございますが、
いままでがちがちに角を度作っていた土星・海王星・木星のラインに、
すこしゆるみが出てきています。
誰かのため、状況のために自分の身を削り、犠牲にして、
多くの苦労をされていた方々、
状況にすこしやわらかさが出てきた気がしませんか?
まあ、慣れただけとか、気のせいとかお思いかもしれませんが、
そう言うわけでもないのですよ。
とくに双子座前半、水瓶座前半、蟹座前半の方々には、
そういう気配がつよくありますし、
それ以外の方でも星座の前半に生まれた方々は、
空気がふわっとしてきた感じなんじゃないでしょうか。

今週強力な運気なのは、
中盤、えるぱーくで「第2期」と申しておりますところの
星座中盤に生まれた方がたです。
角度が集中してきまして、
どの星座でも中頃、
特に牡羊座、牡牛座、魚座、射手座の方々は、
非常にイベントフルな運気になっているようです。
魚座の方は、発したコトバに破壊力が出てきます。
貴方の表現したことが、強い影響力を持って真実を動かします。
牡羊座は、愛情関係が本質的な進展をはたしそうです。
性的な面も充実するか、あるいは一新されるかもしれません。
牡牛座の方は、これもセクシュアルな部分が活性化してきそうです。
一見あぶなそうなきっかけを、
チャンスと見るか回避すべき危険地帯と見るかは、
まったく貴方次第となっている感じです。
射手座の方は。。
なにがあってもおかしくないだろう!
すくなくとも、上記の3つのことは全く貴方に関係があります。
天秤座・蠍座・乙女座も、中盤生まれは特に、
上記のような事態が起こってくるかもしれません。
この3星座については、
対人関係を介して上記のような出来事が浮かび上がってくるようです。
各星座後半の方々はちょっとお休みの感じがあります。
ですが、心配しなくても大丈夫。
来週以降俄然忙しくなってくるのです。

今週は太陽が牡羊座に入り、
星占い的には一年の「始まり」の時期となります。
これまでにいろいろと失ったこともあるかもしれませんが、
ここから新しい世界がまた、スタートしていきます。
世の中にもいろいろ新しいスタートを切ることを強要されているひととか、
いるみたいですが^^;)
そういう季節だということですね。
そういや、
この春はフリフリの可愛い洋服が流行ってるようですが、
夏以降はゴーカで高飛車な派手こいのがでてくるはずだ。
たぶんきっと。



2002/3/11〜2002/3/17のホロスコープ

なんだか疲れ気味の石井ゆかりです。
疲れて泥のよーになってるときにかぎって、
なんか傷つくこととかショックなこととかって、
かさなるんだよね。
そういうときは、やはり一杯飲んでねてるのがいいんでしょうか。
あー。
だれかなぐさめてくれよー。うう。(涙)
↑いいとしこいてなにいってるんだ。

今週は、星座の前半に生まれた方々にてんこもりな運気です。
どの星座でもなんかめあたらしいというか、
まず半年くらいは思い出せるような大きめのイベントが持ち上がるんではないでしょうか。
星と星が連携しあうと「なにか」が起こりやすくなるんですが、
今週は水瓶座・魚座・牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座
の全ての星座の最初の部分に星があるんです。
これらはすべて連携しています。
石井ゆかりがよくいう「角度ができている」です。
このうち、調和の関係にあるのは
海王星-土星:幻想・犠牲心と現実・義務感
木星-水星:発展する知性(魚座蟹座で感受性も強い)
金星-土星:愛情の長期化・真実の愛・障害の中にある愛
水星-火星:勢いのある知性、頭脳勝負、スピードのある移動、肉体表現
金星-海王星:幻想的な愛、ロマンス、理想の投影、創造
などです。
「:」以降に書かれた意味みたいのは、
テキスト的に言ってるおもいつきですので、
経験に基づく何とか、ではないです。
それに、やっぱり自分の星座から見てどのあたりにあるか、
っていうので何が起こるかは変わってきますので、
上のが「占い」になるかっていうと、
ちょっとちがるよね。
影響が強いのはそれぞれの星のどっちかを自分の上に持っている星座の人で、
海王星:水瓶座の前半
水星:魚座の前半
金星:牡羊座の前半
火星:牡牛座の前半
土星:双子座の前半
木星:蟹座の前半
となっております。
で、次に強い影響を受けるのは、たぶん対岸の星座。
水瓶座の対岸:獅子座
魚座の対岸:乙女座
牡羊座の対岸:天秤座
牡牛座の対岸:蠍座
双子座の対岸:射手座
蟹座の対岸:山羊座。
で、こうみるとおわかりでしょうが、これで12星座です(笑)
だから、星座の最初の頃のうまれの人は、
どう少なく見積もっても、なんかあるよ。
おたのしみに。

では、星座の中盤の人はなんにもないかというと、
そうでもないです。
上記のうち、火星と金星は週末、中盤のエリアに入っていきます。
ですから、
週末以降は中盤に上記のような影響がもたらされると言うわけです。
でも、
幻想性やら発展やら義務やらというのはちょっと違うかも。
海王星・土星・木星は、しばらくは前半エリアから動かないからです。
代わりに、冥王星が連携してくるので、
恋愛関係に「徹底的」な動きが生じることが予想されます。
でなければ、金だ。

星座の後半は、蠍座・蟹座に妙味があります。
なんとなく好調な気分が続いていることでしょう。
これは牡牛座・山羊座もそんな感じなはず。
あとは水瓶座・双子座・天秤座は、
おもしろい、たのしめる忙しさが続いています。
これは牡羊座・射手座にも共有されることでしょう。
あとの後半は、ちょっと待て状態ですね。
ばたばた忙しかったり問題が次々に発生したりしても、
今週末にはおさまってしまって、
あとは上の星星が巡ってくるのを待っている感じになります。

この時期、みなさん事故と酒・病気にはご注意を。
なんかそう言う意味では危険な配置なのよね。。
直感的に「なんかやばい」とおもったら、潔く退くことです。

今週はそんな感じです。
なんか手抜きだなーと思った方、
「この星座はどないなっとる」
と掲示板へどうぞ。



2002/3/4〜2002/3/10のホロスコープ

風邪は治ったんですが何だか忙しい今日この頃です。
みなさまいかがお過ごしですか。
うちのリンク集からもリンクしてある「ジョナサン・ケイナー」の占いですが、
今週はジョナサン、休みなんだよね。
で、ジョナサンが休みの時は代打の人がでてくるんだけど、
この人の占いって、
私のと似てます(笑)
文体じゃなくて、星の見方が、というか。
っていうか、たぶん手の内が同じなんだよねー、きっと。
ジョナサンの方は、
実は「え?なんでそうなるの?」と思わされることが多いです。
単にアスペクトの解釈の違いなのか、
それともなんかのミラクルシステムをつかっているのか、
わかんないですな。
だから、毎週楽しみなんだけど。
代打の人のは、「しってるよそんなの」ってかんじなんだよな!(笑)

今週、火星が牡牛座に、
週末金星が牡羊座に、それぞれ入っていきます。
去年の春先、牡羊座には金星が2ヶ月くらいいたなー、
と思い出します。
去年の春に何があったか、
蠍座の人は牡羊座の人に聞いてみて下さい。
今年の冬には、蠍座にも同じような状況がおとずれるかも。
で、今週の話ですね。
先週も火星の牡牛座入りにはちょっと触れましたが、
牡牛座の前半に生まれた方々は、
やる気が出てきて勝負強くなってくるでしょう。
でも、牡羊座の時ほど「すごくいいよ!」といえないのは、
牡牛座はもともと「いけいけどんどん」な星座ではないからなんです。
どっちかっていうと、
待ってる方が落ち着くし、
自分から行くのは恐いし、
人見知りも激しいし、
自分の好き嫌いが一番の判断基準で、
新しいものはなんかなじめないし、
そもそも状況が変わるのが不安だしおっくうだし。
こんな星座に、
いけー!すすめー!
と号令をかけるような戦いの星が入ってきても、
なんかなー、やだよ、って思われちゃいそうですよね。
でも、火星の影響下にあるときに
その力に反抗すると、けがをします。
アシモ(ホンダの、どこかとおくつれてってくれないか、な2足歩行路ロボット)
を作るときに、転ばないためにはどうしたらいいか、
っていうのが非常に難しかったそうなんです。
試行錯誤の末、
結局、バランスを崩したときは、
その崩れた方向にさらに体を進めるようにすると、
バランスを取り直すことができると言うことだったんです。
ようするに、
がくっといったときですね、
そのがくっと行く前の状態に戻ろうとするよりも、
がくっといった先にさらに進んでみると、
そっちの方が安定するって事ですね。
逆らうからいかんのだ。
そっちに一緒に行けば、なんとかなるのだ。
老荘思想みたいですが、
星占いってこういう事が基本のような気もします。
ようするに、「悪い」運気っていうのは、
その人が逆らいたくなるような運気、ってことだ。
受け入れちゃえば、そっちの方向に押すことになるので、
流れに乗ってうまくいく。
そういうことではあるまいか。
牡牛座は、これから数週間、
あまり変化やごり押し、スピードを怖がらないようにして下さい。
このことは、蠍座・水瓶座・獅子座といった星座の方々にも言えることです。
この4つの星座の中では、
牡牛座はむしろ恵まれてるんだけどね。
木星がいいとこにあるからね。
慣れないことして不安な貴方を守ってくれるものもちゃんとあります。

魚座と蟹座、摩擦も多いけど蠍座、この3つは好調をキープしています。
蟹座なんかすごくいい感じです。木星は巡航だし。
牡羊座は恋愛運が上がってきますし、金運もあるでしょう。
射手座と獅子座もつられてラブラブになってきます。
どの星座でも後半生まれはわりと忙しいはずですが、
特に水瓶座後半は突発イベントで手を取られるようです。
柔軟に対応するとチャンス、なんですが、
これも上記の「前倒れ理論」に基づく感じでしょうか。
水瓶座と天秤座と双子座前半は、自分をかわいそがってはいけません。
そやってきもちよくなってはいけません。
もっと夢を描いたり大空をかけるための羽を作る布を開発したり、
するのです。
乙女座はここにきて俄然調子がいいはず。
問題に対して立ち向かうための気力と運が沸いてきます。
山羊座もかなりやる気の鬼なはず。
前半生まれは特に、人間関係はかまびすしいものの、
やることなすことうまくいく気がするでしょう。

今週は全体的に、
星座の前半に生まれた人にイベントが多くて、
最終週に生まれた人にもハプニングが多くて、
中盤の人はそれなりに元気があるけど悪いことは起こりにくい、
安定的な運気といえるでしょう。

というわけで、働きに行って来まーす。




2002/2/25〜2002/3/3のホロスコープ

風邪ひいてます、石井ゆかりです。
ねつがでて、ぼーっとしてます。
でも先週はなんだか調子よかったんだよね。
金星のおかげさまで。
体調が悪いのをすごく悪いことと受け取る人がおりますが、
私は、ひとにいじめられたりするよりは、
むしろ体調が悪い方がいいです。
具合が悪いのは、精神的にはぜんぜんストレスじゃないです。
あは。

今週は、太陽がおもしろい場所におります。
とはいっても、太陽は毎年今頃このあたりを通るので、
べつにそれ自体がおかしい訳じゃないんです。
むしろ環境がおもしろい、のか。
きびしいこととやわらかくおおらかなことがないまぜな雰囲気とでも申しましょうか。
水瓶座海王星-双子座土星-蟹座木星のつながりあいは、
このところずっと存在しておりまして、
それぞれの星座の最初の方に生まれた方々は特に、
この影響を重く受けているはずなんですが、
これらの星は比較的動きが遅く、
「なにかの状況が作られている」といった感じがあります。
この基本的な準備の上にいろんな引き金を引いてくるのは、
太陽・月・水星・金星・火星などの動きの早い星なんですが、
今週は太陽系の中でもっとも強い影響力を及ぼす太陽が、
この「引き金」を引くわけです。
上記影響をダイレクトに受けるのは、
水瓶座・魚座・双子座・蟹座
それに乙女座、牡羊座、天秤座、蠍座の、
それぞれ最初の方に生まれた方々です。
その他の星座でも、最初の方の生まれの人は、
なにかはあるでしょう。

ではどんなことがおこるのか、ともうしますと、
すいませんわかりません(笑)
でもちょっとは言うよね。
まず「キモチとコトバ」「理性と感情」が交錯するのです。
このキモチもコトバも、あまり一般的な規範にはとらわれていません。
貴方の深いところに眠る一切の現実と妥協しない真実が、
厳しく現れ出てきます。
貴方自身もそんなことは否定したいかもしれません。
でも、明らかにそれは存在します。
たとえば、気がつくとある歌を口ずさんでいる、ということはありませんか?
なぜその曲を思い出したのかはよくわからないけど、
なんとなく口をついて出てくる、と。
実はこの曲の中の歌詞に、
貴方の気持ちの中にある一番大きなテーマが眠っていたりします。
で、
ふつう鼻歌って、曲の最初からはじまんないですよね。
サビとか、なんかわけわかんないところからはじまりますよね。
そのあたりが、実は貴方の本意を代弁していたりする、らしいです。
今週の運気って、そういうのです。
♪でも恋じゃなーい、ギリギリのー
嘘でごまかす 心の中はー♪
そんなかんじです。

今週、恋愛関係は強烈です。
イベントが起こりやすいのは
魚座後半、牡羊座後半、射手座中盤、水瓶座後半なんかですが、
蠍座後半や蟹座もよさそうです。
ただ、「良い」というのを
予定調和のまったりほんわかのことだと思っている方には、
どっちかというと悪い週かもしれません。
まあ、上記の方々は水瓶座を除き、
そんなことは思わないだろうと思いますが。。
もめ事と摩擦とチャンスとキックの週です。
貴方の努力次第では、深化の週です。

今週から、木星が逆行をやめて巡航になります。
このタイミングで太陽が120度などとは、
まったく幸運です。
今まで停滞していたことが、輝きを持って前に進みます。
魚座、蟹座、蠍座のみなさま、お待たせいたしました。
去年、あちこちの占いで、
今年はいい今年はいいと言われ続けたのに、
「よくてあんなもんか!」と思ってがっかりされていたかもしれません。
これからが本番です。
夏までにきっちりオトシマエをつけられますよ。
牡牛座、山羊座の方々も、状況が前方に動き出すのを感じることができるでしょう。

牡羊座は火星が今週で出てしまいます。
うまくキックはかかりましたか?元気に始動できましたか?
あとは続けて行くだけです。
来週になれば金星が入ってきて、恋愛運が急上昇してきます。
牡牛座は今週末から火星が入って、一気に活性化します。
かせいだけに。
でも、派手な動きを嫌う牡牛座には、
火星のパワーはちょっとしんどい面もないではありません。
この時期は貴方は他の星星に温かく守られていますので、
心配したりおそれたりすることをやめてください。
腰が退けると、返ってころびやすくなりますが、
おそれがなければチャンスをモノにできます。
双子座はあいかわらず忙しいでしょうね。
もう少したつともっと忙しくなります。
今の貴方の処理能力・創造力は特筆モノですので、
じゃんじゃんばりばり仕事をして下さい。
蟹座はとうとう木星が巡航で、運気が上向きます。
魚座にある金星と太陽が、貴方のどんな願いも叶えてくれそうです。
肝心なのは、自分でもうごくこと。
獅子座は相変わらず対人関係がにぎやかです。
火星が牡牛座に入って少々摩擦が多くなってきますが、
あまり横暴になってはいけません。
乙女座も対人関係がにぎやかですね。
今週末からは仕事運が急上昇しますし、
男運も劇的に上がります。
天秤座は、ひとまずお疲れさまでした!
貴方を悩ませていたあの対人関係も、ようやく一段落です。
今週はプライベートなお出かけを企画して大吉。
蠍座は魚座・蟹座の動きの恩恵を受けて
気持ちの良い週を過ごせるでしょう。
恋も仕事もうまくいくなんて、うそのよう。
射手座はコミュニケーションを大切にして下さい。
人間関係自体は摩擦が多いのですが、
これをスムースにとりまとめる、
あるいは新たなモノにつくりかえるエネルギーを与えられた週です。
山羊座は対人関係が動き出します。
いままでずっと気になっていたあの人との関係も、
修復方向に動き出すでしょう。
積極的にコミュニケートをはかること。
相手は戻ってきてくれます。
水瓶座は多忙期にあります。
特に中盤生まれは忙しくて死にそうかもしれませんが、
仲間にヘルプを求めれば結構動いてくれます。
同僚とか上司とか言う関係性で助けてもらうんじゃなく、
もっと情緒的なつながりをたいせつに。
相手は立場上ではなくて、貴方への純然たる好意で動いてくれるようです。
魚座はもう超絶ラッキーです。
ただ、貴方の意識しないところでうごめくものがあります。
単に不倫しているだけかもしれませんが、、、

今週は12星座にコメントしてみましたが、
いかがでしょうか。




2002/2/18〜2002/2/24のホロスコープ

手書き星占い見習い、石井ゆかりです。
メール環境は確保できたものの、
やはり旧データの回復はできず、
さらに今まで使っていたホロスコープ作成ソフトがMacでは使えないので、
何年ぶりかで手計算してます。
なんか新鮮です(自棄)
あ、えるぱーくの12星座占いが、
会員登録なしでも見られるようになりましたので、
お暇のむきには見に行ってやって下さい。
36だと無理な状況なので、圧縮しました。
妥協の渦の中におります。いかんいかん。

今週は火星と天王星が60度を組みます。
さらに、別口で金星が冥王星との90度に近づいていきます。
なんだか恋愛がらみで大変そうな雰囲気です。
射手座中期から後半期に生まれた方々は、
ハプニング系の出会いやトラブルがありそうですし、
牡羊座後半・水瓶座後半も絶対なんかあるぞという雰囲気です。
バレンタインで起こしたアクションに対し、
どんな方面からどんなリアクションがあるか、ということかもしれませんが、
たとえば彼に渡すところを誰かに見られていて
そのひとがみんなに言いふらしたら
あなたをこっそり愛していた男性が彼を社会的に失脚させようとたくらんだりとかね。
それかあなたの彼にこっそりチョコレートを渡した女の子がいて
その子の彼にそのことの悩みを相談されて、
なんかその男といいかんじになっちゃうとかね。
こんな陳腐な例しか思いつかないなんて
石井ゆかりドラマ脚本家デビューは来世のこととなりそうですが、
まあ、そんなかんじで、何があるかは、わっからないですな。
いや、別に目指してるわけじゃないです、トレンディドラマ脚本家。

水瓶座前半、双子座前半は、
不思議な運気に見まわれています。
いいか悪いかと言えばよくすることもできます。
嘘をついてもばれないので、
なんかごまかしたくなるかもしれませんが、
そう言うのはやめた方がいいでしょう。
なんか考えが散漫になったりするように感じるかもしれませんが、
こういう風に使えばいいのです。
要するに、
非現実的なことを思いついたり、
上の空で空想の世界に遊んだりしてしまいがちですが、
そのことをなんとか現実世界におけるアイデアとして位置づけるのです。
今のあなたの持っているイメージの世界、
将来図というのは、すごく正しいのです。
だからそれについて疑いを持つことなく、
一番現実的な実現手段を模索することが、
今週以降なすべき事と言えるでしょう。
これが自信をなくしたり自分の理想を疑ったりする傾向にむすびつくと、
せっかくの運気を悪い方に利用していることになるのです。
水瓶座は思いこむと後に退かないところがありますし、
双子座はとかく人の意見に対して素直なので、
自分に自信をなくしやすいところがあります。
こういう点は、
自分の行動範囲や到達点を狭めたり縮めたりする結果につながりやすいのです。
自分の理想を信じることが幸運の鍵です。
この運勢は、天秤座・牡羊座・獅子座・射手座に言えることです。
でも、獅子座はちょっと人の話も聞いた方がいいけどね。
あと、みんなメモを取ろうね。
今週はみなさん、忘れっぽくなっていますし、
肝心なところを勘違いしがちです。
自分の勘違いにも相手の勘違いにも十分ご注意を。

太陽と金星が今週魚座に入っていきますので、
単純に魚座・蠍座・蟹座は好調な雰囲気のはず。
特に前半に生まれた方々はいろんな星の影響を受けるので、
大きめの動きがありそうです。
といっても、決して悪く受け取らないで下さい。
大吉星木星と吉星金星が120度という調和の角度をとり、
太陽が連動してくれているのですから、
あなたの愛や夢を実現するには絶好のチャンスといわねばなりません。
牡牛座もこの恩恵を楽しく享受する事ができますが、
牡牛座は来週以降、火星が入ってくるので
非常に忙しく、かつハプニングが多くなってきます。
状況の整理と方向の確定は
できれば今週、恵まれた空模様の中で済ませておくと良いでしょう。
山羊座はこのところイヤな雰囲気でしたが、
今週以降ようやくその状況を脱し、
前向きな嬉しい運気に乗っていけます。
蟹座の後半生まれは、事故や突発的な体調の異変が気になります。
でなけりゃ、男関係でもめそうです。

乙女座は、2つの方向からの変化の要求にずっと耐えてきたかもしれません。
今週から来週にかけ、硬直状態は最終局面に入ります。
来週以降は、非常に好調な運気に恵まれます。
土星の巡航への移行、
火星の牡牛座入り、そして木星の巡航への移行。
物事は徐々に、段階を追って好転していきます。

今週はこんな感じです。




星占いのtopをねらえ。

topをねらえ。

if you want to say anything to:::iyukari@st.sakura.ne.jp