2011年 しし座の空模様。






清らかで熱烈な向上心と、
秘められた可能性に見合った、ダイナミックなチャンス。
丈夫な骨格をもつ城郭のように、しっかりと拡張していく知性。
2011年の獅子座の世界は
こうしたものでできています。

「現実」という言葉はしばしば、
ありふれていて常識的なもの、とか、
望み通りにはいかないシビアなもの、など
どこか否定的なイメージを付与されています。
「夢」「希望」という言葉と対置されることもあります。
でも、叶った夢は現実ですし、
希望も、現実の中に花開いてこそ、です。
現実は確かに、人間の想像や期待を裏切ることがありますが
それだけが現実ではありません。

2011年の獅子座は、
強い向上心と高い理想をいだきます。
これらは、ちっとも儚いものではなく、
非現実的でもありません。
かといって、
矮小だったり「簡単にできそうなレベル」だったりするわけでは、
けっして、ありません。
知的にも物理的にも、
しっかりした現実感がある、限りなく「目標」に近い、夢。
夢というと、触れられないふわふわしたもの、とか
妄想や無根拠な期待、というイメージがありますが
2011年の獅子座の夢は
手応えも手触りもあり、てがかりもちゃんとあり、
人に語ったときにも、説得力をもって響く、
およそ夢らしくない夢なのです。

年明け、「なにも夢なんかない」という人も
2011年の前半には、
なにかしら、目標や夢をつかむでしょう。
これは、「やってみたいこと」とか「やりたいこと」とかいう
個人的な欲求レベルのことではなく
「成し遂げたい」「世界に向かって打ち出したい」という
どこかオフィシャルな、対外的なテーマです。
自分の充足のためだけではなく
外の世界に向かって自分の力やヴィジョンを表現したい
という動機に基づく目標です。

こうした目標を視野に入れると同時に
貴方は非常に知的に動き出すことになります。
必要なことを学び、必要な人に会い、
必要な材料を集めるために移動を重ねるでしょう。
自分のアイデアをこってりと語ったり
相手からたくさんの宝物を引き出したりする作業も
重なっていくでしょう。
これらは、直線的に進む道のように、ではなく
薄い層を幾重にも重ねていく地層のように、体験されるはずです。
重層的に重なった知的体験は、
そのまま、しっかりした地盤となり、土台となります。
この上になら、いくら大きなお城を建てても
びくともしないはずです。

喩えるなら、
2011年の前半は、脚本や演出家やなかま達に出会って研鑚を重ねる、
お芝居の上演準備のようです。
練習をくりかえし、舞台装置を創作し、
ありとあらゆる「必要なこと」を吸収していきます。
そして、2011年の後半から2012年の前半にかけて
貴方は、舞台に立っている状態を経験します。
ある有名な芸人さんによると
「一年稽古を続けた人と、
 10日舞台に出た人とでは、
 後者の方が勝つ」
のだそうです。
2011年後半以降、貴方は
「結果を出しながら大きく伸びる」ことになるのだろうと思います。

2011年に貴方を訪れるチャンスは
貴方のこれまでの経験と、
貴方の中にいまだ秘められたままの可能性、
その両方を引き出して融合させ、形にし、それをさらに進化させる
という役割を持つ「容器」であり「溶媒」です。
いわば、懐の深いチャンスであり、
自由度の高いチャンス、とも言えます。
「コレできる?」といわれたことを全うするようなチャンスではなく
まっ白なキャンバスと画材を与えられるような、
そんな、貴方の個性を生かせるチャンスだろうと思います。


時期的なことを少し申しますと、
まず年明け、「自分でなければ出来ないこと」を
強く意識することになりそうです。
これまで意識していなかったけれど
そういえばこれは自分にしかできないのだ!
ということを、誰かに指摘されたりするかもしれません。
1月下旬、上記に述べた貴方の向上心に火がつきます。
師と呼べるような人物に再会したり、
新しい師匠に巡り会ったり、
遠く旅に出る計画が持ち上がったりしそうです。
2月は人との接触が多くなります。
熱い関わりにタフに踏み込んで行くことで、
より深く解り合える関係を作ることができるでしょう。
3月は何かを「請け負う」状況が発生するかもしれません。
誰かの力を借りたり、誰かに力を貸したりすることで
自分のありかたをリフレッシュできそうです。
4月はゆきつもどりつしながら、
ゆっくりと、かつ力強くすすむ時期です。
迷子になったように感じる事もあるかもしれませんが、
迷子になることで「フィールドを理解する」ことができます。
直線的ではなく、平面的に、あるいは立体的に
自分を取り巻く世界を把握していける時期です。
5月から6月は、非常にパワフルな展開となっています。
大きなチャンスが訪れたり、
自分からハデにプロジェクトを起ち上げたりすることになるかもしれません。
「勝負に出る」決意をする人が多いだろうと思います。
7月は、人的ネットワークが大いに広がる気配があります。
新しいコミュニティに所属したり、
パワフルな仲間に出会えたりするかもしれません。
8月は調整期間となります。
リラックスし、今までのことを整理したり、
自分の調子を整えたりする夏となるでしょう。
文字通り「夏休み」を満喫し、十分に充電する時です。
9月になると俄然、勢いが出てきます。
ここからは多忙を極めますし、
先頭に立って道を切りひらいていく、いい緊張感に充ちています。
この勢いは10月まで続いていきます。
11月下旬から、
「自分のやりたいことはこれでいいんだっけ?」という
ちょっと原点に立ち返りたいような気分になるかもしれません。
ここまでガンガン進めてきた分、
自分の本音に沿わない部分も出てくる時期です。
それらを丁寧に拾い上げ、つなぎ合わせて、
自分の本来の動機と、現在の状況とを、整合させていくことになります。
12月中旬からは、また元気な勢いがもどってきます。
ここから年明け以降、目標を確実に「形にしていく」プロセスを
走っていくことになるでしょう。


2011年を通して起こる大事な動きは、もうひとつあります。
それも、2011年だけで完結するわけではなく
2012年にまたがって起こる動きです。
過去10年くらいの中で
貴方は、他者との1対1の関係を、どこか
見失っていた、のではないでしょうか。
そこには、深い悲しみがあったり、
不可解な疑念が消えなかったり、
誰かを救えない無力感が漂っていたりしたかもしれません。
どうにも逃れられないおかしなパターンや、
自分の想念で相手を飲み込んでしまって、結局
いつも何かが手に入らない失望を味わっていたかもしれません。
そんな不思議な、漠然とした憂いが
2011年から2012年にかけて、静かに晴れていきます。
他者に対する誤解や不安感、認識のゆがみのようなものが
徐々に消えていきます。
そして、今までよりずっとまっすぐに
相手の心に触れられるようになっていきます。
このことは、貴方にとって
どうしても開かなかった玄関を開けるような出来事と感じられるかもしれません。
これは、外部の変化のようでいて
実は、完全に貴方自身の変化だと思います。
このもやのようなものの中で、
蚕が繭の中に自らを育てるように、育ててきたものがあるのです。
あたたかな繭の中から一歩外に踏み出したとき、
今まで得られなかったリアルな関わりの手応えを
新鮮な形で、不思議になつかしく、思い出せるはずです。


上記のことは全て、
2011年の獅子座の愛情関係に当てはまります。
恋愛に追い風が吹くのは
1月、4月から5月半ば、8月、11月、12月後半です。
さらに、4月から8月頭という期間は、
過去数年間のトンネルからいきなり抜け出すような
不思議な感覚が得られるかもしれません。
フリーの人もカップルも、
特別な絆の誕生を体験できる瞬間がやってきそうです。








2011年占いのtopをねらえ。

topをねらえ。