2011年 てんびん座の空模様。






幼いときに仲が良かった二人が、
何かの理由で離ればなれとなり
その後10年20年をかけて成長し、
それぞれに自分の人生を開拓したあとで
思いがけず再会する、というストーリーがあります。
再会した二人は、旧知の二人です。
でも、もはやあのころとは、
全く別なものを持った二人となっています。
彼らはお互いの名前や幼い頃のあり方を知っていながら、
子どもの頃とは全く違った関係を
ゼロから作りはじめることになります。
あるいは、場合によっては
もはや接点を見いだせず、一瞬の接触だけを残して
こんどは永久に、別れてしまうだけになることもあります。

小説や映画にありそうなストーリーですし、
現実にも、似たようなことはけっこう起こります。
幼なじみと時を経て再会したり、
一度も顔を出したことのない同窓会に出てみたり、と
わりと、ありふれたシチュエーションなのかもしれません。

2011年、天秤座を巡る星回りを見たとき、
このようなストーリーが思い浮かびました。
でも、このお話と一つだけ違うことがあります。
それは、「10年20年を経て」という点です。
2011年の天秤座に起こる事、それは
自分の変化と、相手の変化が、
急激に、それぞれに、並行的に起こり、
その結果、関係自体も
全く別のものとして、ゼロから営まれ始めるのではないか
ということです。
あるいは、誰かと新たに出会い、
そのような、それぞれの変化と、それに由来する関係の変化を
驚くようなスピードで
体験することになるのかもしれません。

人間の変化には、緩急があります。
天秤座の人は2009年頃から
かなりの急ピッチで、成長と変化を経験し続けて来ています。
この時期はとても密度が濃く、
男女を問わず「士別れて三日なれば刮目して相待すべし」という具合です。
顔を合わせてから三日後に再会したなら、
もうそこにいるのは三日前のその人ではないほどに成長を遂げているのだから
目をこすってよく相手を見なければならない、という意味です。
たった三日で、
「前からよく知っているその人」ではなくなっているのです。
そのくらい、成長のスピードが速く、内容が濃いのです。

2011年の天秤座にとって不思議なことは
自分だけではなく、
自分と相対している「他者」もまた、
著しい成長を遂げ続けていることです。
人は、自分のことはなかなかよくわからないので
「人がどんどん変わっていっている!」
ということだけが、意識に上るかもしれません。
でも、そうではなく、
貴方自身もどんどん、相手以上に変化しているのです。
お互いがお互いの、イメージの枠を越えて、変化していくのです。
それにともなって、お互いの存在の意味や距離も、
次第に変化していくでしょう。
この変化は、貴方と誰か一人の間に起こる可能性もありますし
幾人かとの関係が別々に、そのように進展する可能性もあると思います。
最初はお互いにイモムシ同士だったのが
蛹同士になり
やがて、それぞれが個性ゆたかな色の蝶々になって相まみえるような
そんな展開が2011年の天秤座の世界に
繰り広げられるのだろう、と思うのです。

2011年は、天秤座の人にとって
コミュニケーションに魔法がかかる年でもあります。
今まで繋がらなかった回線が不意に、繋がったり
混線した回線から聞こえてきた声が、
実は、新しく繋がっていける相手のものだったりと
語り合える相手との間に「ミラクル」が起こるかもしれません。
さらに、過去に訪れたこともないのに
「ここは、自分と関わりのある土地だ」
と思える場所にたどり着くような気配もあります。
誰かの心の中や、どこか遠い世界に
「自分の欠片」を見つけて、心がふるえる
という出来事が、待っているのではないかと思います。
そして、その出来事は
その先の未来につながっていく「伏線」となってもいるようです。


時期的なことを少し申しますと、
まず、年明け、「居場所」の力を実感するような出来事が起こるでしょう。
自分のルーツが個性に及ぼしている力の強さや、
普段「あたりまえ」と思っていることの潜在的なパワーなどを
強く意識することになりそうです。
1月下旬、冒頭から述べたような
「成長と関係の変化」の濃いプロセスがスタートします。
この流れの兆候は、すでに2010年の夏に少しだけ
感じ取られていたかもしれません。
この流れは6月頭まで、一気に走り抜けるようなスピードで進みます。
2月は熱い情熱が心に湧いてきます。
自分のワガママを軸として、貪欲に進んでいく時期です。
3月は忙しい時期ですが、楽しさもあります。
この時期、自分の責任範囲を変更したり、
転職や異動を決意する人も多いかもしれません。
4月になると、人間関係がヒートアップしてきます。
本音をぶつけ合ったり、
何度も議論したりする中から、
とても大切な結論を導き出すことができるでしょう。
一見、混乱しているように見えても
それは、単なる混乱ではなく
新しい状況を作り出すための「産みの苦しみ」です。
丸く収めようとするより、「その向こうに突き抜けようとする」姿勢が、
最終的には、正しい判断となるはずです。
5月はギブアンドテイクが成り立たない時期です。
なんとなく、受けとりすぎているように感じたり
あるいは、与えすぎているような気がしたりするかもしれません。
ここでは、無償の「贈与」がキーワードとなっています。
相手の都合や自分の事情に一歩も二歩も踏み込み合って、
タテマエや立場をとっぱらって
人間としての本質的な関わりを実現していける時なのです。
6月から7月は、遠出する人が多そうです。
一足早く夏休みをとったり、
出張や留学などの計画を実行に移したりすることになるでしょう。
遠く離れた場所で、魅力的な目標に出会える気配もあります。
8月から9月は「勝負」のタイミングです。
大きなチャンスが巡ってきたり、
自分からプロジェクトを起ち上げたりすることになるかもしれません。
9月半ばから10月は、人脈が広がっていくときです。
知人の知人からさらにその先の人間関係へと、
ネットワークが拡大していくでしょう。
11月以降は、いくつかのテーマを自分の手元に引き寄せて、
それにじっくり取り組んでいくことになります。
こんがらがったネックレスのチェーンを、
丁寧に、壊さないようにほどいていくような
そんな作業が発生します。
自問自答を重ねる中から、
意外な自分の本音や、潜在的に抱え続けていた恐れを
発見できるかもしれません。
この冬から始まる一連の出来事は、
貴方の心の奥に対して、強い影響力を発揮します。
この時期、テーマも、解決すべき問題も、目標も
どこかしら「内側」にあるのです。
そして、そんな貴方の「内側」にあるものが
誰か他者の「内側」にあるものと
目に見えないトンネルや地下茎で結びついてしまいます。
そこは鉱脈のような場所で、
貴方と、貴方以外の誰か、あるいは幾人かが
その鉱脈から、幾多の貴重な鉱石を
掘り出し始めるのだろうと思います。
この発掘作業は、2012年の中程まで続いていくでしょう。
年末、貴方のこの作業が素晴らしい意味を持っている、ということを
信頼できる存在に、認めてもらえるだろうと思います。

愛情関係については
とても意味の深い出来事が起こりそうです。
今までずっと目をそらしてきた矛盾と向き合ったり、
愛情やパートナーシップについての考え方を
大きく転換したりすることになりそうなのです。
どんなに個人的な人間関係にも、
なにかしら、社会的な定義や意味づけがまとわりついています。
恋愛という個人的な感情にも、
結婚という社会的な枠組みがつねに、からみついてきます。
友情とも仲間意識とも呼びたくないような親和感に
仕方なく「友達」などと名前をつけなければならないこともあります。
そんな、社会的慣習や一般的な枠組みに対して、
2011年の貴方は、何らかの反抗心を抱くのかもしれません。
自分という個人にとって一番大事なものを、
なぜ、クッキーの型抜のように、関係性の名前という型で
切り取られたりしなければならないのか、
そのことに強い疑念を抱くのかもしれません。
もっと全体として、もっと自分のやり方で、
人を愛し、人と結びついていけないのだろうか。
このことが、2011年の天秤座の愛情におけるテーマとなるような気がします。
突然、今まで見たこともないような不思議な人物と出会ったり、
これまで全く射程外だった相手に惹きつけられたりするのかもしれません。
カップルは、お互いをもっと人間的に扱うようになったり
あるいは、お互いを「見直した!」というふうに
新しい眼差しで見ることができるようになったりするかもしれません。
過去数年間にわたって「愛ということの意味がわからない」と
懐疑的になっていた人にとっては、2011年から2012年にかけて、
その懐疑の雲が晴れていくでしょう。

恋愛に追い風が吹くのは、
3月、4月半ばから5月半ば、6月、9月から10月上旬、
そして12月下旬です。


ここ数年間のなかで、
自分が心からやりたいと思えることはなんなのか、
それを、見失っていた人も多いかもしれません。
自分のクリエイティビティに自信が持てなかったり、
自分が何が好きなのかわからなくなったり、
心の中に「これだ!」というものを
つかみにくい状況が続いていたのではないかと思います。
2011年は、そんな「創造性のトンネル」の
出口が見えてくる年です。
もともと、とんがった審美眼を与えられている天秤座ですが
見失っていたそのパワーの流れ出す「先」を
とうとう、再発見し始めることになるだろうと思います。






2011年占いのtopをねらえ。

topをねらえ。