2011年 さそり座の空模様。






2010年、間違いのない「芯」を手に入れたでしょうか。
その感触がない、という人もきっと、もう少し後で、
それを作ってこられたのだという手応えを
感じるだろうと思います。
貴方が、自分の心の中心に
果実の種を硬く強く膨らませるように育んできたその「芯」は、
ここから、大いにその威力を発揮することになるのです。

激しい練習や出口の見えない試行錯誤を重ねるとき、
人は、ただそれに「耐えて」いるだけではありません。
耐える力だけでは、
それは乗りきれないと思うのです。
面倒な道のり、ややこしい手続き、
それらを人間に正面から受け止めさせるのは
ほかならぬ、その人の「芯」です。
甲子園に行きたい!という気持ちが、
毎日のハードな訓練を耐える根拠になります。
彼が大好き!という気持ちが、
デートの朝の、苦手な早起きを可能にします。
心の中心にあるものが確かであればあるほど、
辛さが辛さにならず、苦しみは苦しみと認識されないようになります。
愛する人の看病なら、肉体的には辛くとも
「望むところ」です。
愛するミュージシャンのライブのためなら、
夜行バスで日帰りでも苦になりません。
そうした心の「芯」は、完全に個人的な思いです。
完全に個人的な強い思いが、
人間を行動のほうに突き動かします。
行動が起こると、それは、個人的なだけの枠を越えて、
他者に関わり、外界に働きかける力に変化していきます。
「甲子園に行きたい」というごく個人的な憧れが、
「甲子園に行く」という、多くの人を巻き込むイベントに到達するとき、
それは、個人の心の中心に端を発していながら
既に、社会的な出来事となっているのです。

2011年の蠍座は、
2010年に手に入れた、心の「芯」の声にしたがって、
動き始めます。
この「動き」は、上記の例のように
社会的な出来事の方に向かっています。
個人的な思いが、社会的な出来事に変化していくには、
様々な手段やプロセスが必要となります。
2011年、貴方はそんなプロセスを
かなり短期間に、集中的に、ひといきに突き進みます。
そして、その先の到達点としての
「外界へ働きかける出来事」にまで、たどり着くのです。
この「外界へ働きかける出来事」というのは、
いわば「デビュー」のような趣を持っています。
社会において「自分はこういう存在です」ということを
客観的に定義することになるのです。
「自称・○○」ではなく、
自他共に認める肩書きなり、立場なり、関係性なりを
貴方はそこで、手にすることになるのです。

核となる強い個人的な思いがあり、
それがいくつかの手段を経て、
最終的に、自他共に認める形ができあがる。
これが2011年の、大まかな蠍座の展開です。
道の途中では、
「自分はこういう役割を果たせばいいのだ」とか
「自分の責任はこういうことだ」といったようなかねてからの感覚が
がーんと一気に変化するような事も起こるかもしれません。
貴方がこれから担っていこうとしていることは
いかにも新しく、もしかすると
自分の周囲に、そうした前例をあまり見たことがないかもしれません。
前例のないところに、1から自分の役割を作っていくような、
そんな選択を下していくことになるかもしれません。


時期的なことを少し申しますと、
まず年明け、とても素敵なメッセージを受け取れそうです。
あるいは、貴方からとても大事なメッセージを
誰かに向けて、発信するのかもしれません。
1月下旬、非常に実務的なプロセスに入っていくことになります。
思いを現実化し具体化するために、
試行錯誤と創造の世界に突入するのです。
このプロセスは、6月頭までに一段落するだろうと思います。
2月、環境を大きく変えるような出来事が起こるかもしれません。
引っ越しや家族のメンバーの変化など、
なにかしら、身近な「あたりまえのこと」が
変化を見せるだろうと思います。
3月はとても情熱的に過ごせる時期です。
やりたいことを思いっきりできますし、
自分の創造性やワガママを解放することで、
生きる環境をゆたかにクリエイトできるはずです。
4月はなにかしら、
「慣れないことに慣れていく」作業が発生するため、
少し不安感もあるかもしれません。
すぐには上手くいかなかったり、
行きつ戻りつする作業が出てくるかもしれませんが
ここは焦らず、自分の体感に合わせて、
じっくり進むべき時です。
5月から6月にはそうした不安感は収まり、
今度は人間関係が大いに活性化していきます。
刺激的な出会いや、本音での熱い交わりなど、
ナカミの濃い時間となるでしょう。
7月は人から受けとるものが多い時期となっています。
力を借りたり、逆に、無償のサポートを提供したりと
誰かとの密な関係を引き受けていくことになるでしょう。
8月から9月は、出張や旅行など
遠出する機会が多くなりそうです。
そこでの出会いも、貴重なものとなるでしょう。
ここでは、冒頭に述べた
「デビュー」のようなイベントが起こるかもしれません。
9月後半から10月は、大きなチャレンジを選択する人も多いでしょう。
チャンスが巡ってきたり、勝負に出たりするタイミングです。
ここは、自分から選んだことによって
とても忙しくなるはずです。
11月になると、未来のことが視野に入ってきます。
少し先に、大きなイベントやプロジェクトを成功させるべく
静かに動き出すことになりそうです。
この動きは、ここから2012年の初夏まで続くプロセスです。
12月、何か素敵な贈り物を受け取れる気配があります。
それは、貴方の生活の幅を拡げ、
幸福をたくましくしてくれるようなものではないかと思います。

愛情関係については、
不思議な変化が起こる時期です。
今までずっと、凛々と開拓してきた場所に、
不意に、渾々と、枯れない泉が湧き出すようなタイミングなのです。
愛するということには、
やわらかい面と、硬い面とがある気がします。
努力して相手を理解しようとしたり、
お互いの差をなんとか受け止めようと頑張ったり、
自分を変えたり、相手に粘り強く指摘したり、と
こうした努力は、理性的でなければできない、
愛の「硬い面」です。
一方、どういうわけか気持ちが温まったり、
一緒にいるだけで幸福感にひたれたり、
護られているような感じ、安心できる感じ、
相手のためならおしみなく時間を使えると思えたり、
なんだかんだ言っても相手がいちばんだなと思えたり、
思い出すと涙が溢れてきたりする、
そういう面は、愛の「やわらかい面」と言えます。
2011年の前半は、特に、
この「硬い面」のほうが目立つかもしれないのですが
年の全体を通して考えると、
どうもこの後者の方、
愛の「やわらかい面」のほうが、
右肩上がりに多くなっていくのではないか、
という感じがするのです。
2010年に愛を得た人は、
2012年に向けて、婚約や結婚が成立する可能性も高いと思います。
フリーの人も、2011年後半から、
出会いのチャンスが多い時期となっています。
恋愛に追い風が吹くのは、
1月頭、3月から4月、5月半ばから6月、そして10月です。


もう10年近くも、
「自分の居場所はどこにあるのだろう」
という思いを抱いてきた人も、多かったかもしれません。
あるいは、ちゃんと温かな居場所があるのに、なぜか
「自分はここにいていいのかな?」
という思いを、しばしば感じていたかもしれません。
自分の本心がわからなかったり、
本当はなにか、見逃してしまっている大事なことがあるのではないか
という感覚が拭えなかったりしたかもしれません。
身近な人に本当に必要とされているのか。
自分がいるべき場所は、いったいどこなのか。
そうした、漠然とした不安感を抱えてきたかもしれません。
このような思いが、
2011年から2012年に、静かに消えていきます。
自分がいる場所と自分の愛情の確かさを
2011年以降、徐々に、信じられるようになっていくでしょう。
このことは、
これから貴方が新しい役割を自ら創造していく上での
大事な基盤となるはずです。







2011年占いのtopをねらえ。

topをねらえ。